Search

検索したいワードを入力してください

転職時の業界研究の方法10選|転職時に業界研究をするべき人とは?

初回公開日:2019年07月05日

更新日:2019年08月16日

記載されている内容は2019年07月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職活動を行う上で、非常に重要な意味を持つのが業界研究です。業界をどれだけ理解できているかどうかが、面接の合否に大きく影響を及ぼすと言っても過言ではありません。今回は業界研究をどのようにやるか、そしてどんな人がやるべきなのかが記事の内容の中心となっています。

転職時の業界研究の方法10選|転職時に業界研究をするべき人とは?

転職時の業界研究は重要

人生において、皆さんが一度は必ず意識するのが転職ではないでしょうか。最近だと、日本人の2人に1人は転職経験があると言われており、昔と比べて転職することが普通の世の中です。日本企業を支えた終身雇用の制度が崩れた今、誰もが転職する可能性はあると言えます。

そんな転職をする際に、重要になるのが「業界研究」です。今回は転職時の業界研究の方法や、業界研究をした方が良いタイプを述べていきます。

転職時の業界研究の方法10選

それでは以下より、転職時の業界研究の方法10個を見ていきましょう。自分のバックグラウンドに業界の特色が合致しているか、その業界でキャリアパスを思い描けるかなど、持つべき視点は複数あります。

最初に述べたように、転職時の業界研究は重要です。時間をかけるべきところであり、妥協は絶対にいけません。業界研究の質が、転職の結果に大きく左右することは言うまでもありません。

転職時の業界研究の方法1:会社四季報を見る

転職時の業界研究の方法ですが、1つ目は会社四季報を見ることです。会社四季報と言えば、新卒で就職活動を行われた方にとっては必需品のアイテムでした。さまざまな業界の情報が網羅されており、求職者の教科書的な存在でもあります。

業界研究をする上で、情報量は重要度の高い要素となります。さまざまな業界情報が載っているので、新たな発見があるという点は大きな利点です。

転職時の業界研究の方法2:新聞・業界誌を読む

転職時の業界研究の方法ですが、2つ目は新聞・業界誌を読むことです。新聞には世の中の動きが細かく掲載されているので、転職時に業界研究を行う際にはうってつけのアイテムとなります。

また、業界の専門的な内容や詳しい構造を知るためには業界紙に目を通すこともおすすめです。こちらは日常生活だと目に入らないような情報も得られるので、業界知識を豊富に付けることが可能です。

転職時の業界研究の方法3:企業のウェブサイトをチェックする

転職時の業界研究の方法ですが、3つ目は企業のウェブサイトをチェックすることです。企業のホームページからでも、転職時に有益となる業界研究を行うことが可能です。その企業が業界内でどのような立ち位置なのか、今後の業界に対する展望などが確認できます。

業界に対する深い理解を得たいのであれば、企業のホームページもチェックして転職時の業界研究に役立てましょう。

転職時の業界研究の方法4:転職イベントに参加する

転職時の業界研究の方法ですが、4つ目は転職イベントに参加することです。転職イベントは、転職に関するさまざまな情報を集められるという点で上手く活用したいイベントとなります。もちろん業界研究に関しても例外ではないので、業界研究を目的に参加するのもOKとなります。

転職イベントでもさまざまな業界に触れることができます。興味の無い業界への知見を深めるには良い機会でしょう。

転職時の業界研究の方法5:口コミサイトを参考にする

転職時の業界研究の方法ですが、5つ目は口コミサイトを参考にすることです。

インターネットを活用することで、さまざまな企業や業界の口コミを確認できる時代となっています。つまり、さまざまな人の価値観や考え方に触れることができるので、業界研究をする際に大きな助けとなります。

口コミを使って自身が業界研究を行ったのであれば、今度は自分が口コミを書くのも良いでしょう。

転職時の業界研究の方法6:業界地図を見る

転職時の業界研究の方法ですが、6つ目は業界地図を見ることです。業界地図とは、業界ごとの最新動向や規模、トレンド情報、主要企業の業績や企業関係などを知ることができるものとなります。

地図と言う名前のとおりになりますが、業界ごとの主要となる企業がマッピングされていて、企業の規模感や関係性などを理解するのに役立つツールです。転職時の業界研究では、ぜひ活用しましょう。

転職時の業界研究の方法7:Twitterを活用する

転職時の業界研究の方法ですが、7つ目はTwitterを活用することです。Twitterを用いての業界研究も有効です。Twitterを使用すれば、さまざまな業界に関する情報が確認可能です。

ただし、情報の正確性には注意が必要です。特にTwitterなどの匿名で投稿可能なSNSには注意しましょう。発言に対する責任が発生しないので、ITリテラシーが必須となります。

転職時の業界研究の方法8:転職エージェントを活用する

転職時の業界研究の方法ですが、8つ目は転職エージェントを活用することです。転職エージェント言えば、転職活動におけるプロフェッショナルと言えます。各企業との連絡は密に行っているので、業界に対する知見も驚くほど深いです。

自分がどの業界に行くか、決めあぐねている段階であればぜひ転職エージェントの方に相談しましょう。あなたにとって、プラスとなる意見が頂けます。

転職時の業界研究の方法9:企業のIR情報を確認する

転職時の業界研究の方法ですが、9つ目は企業のIR情報を確認することです。IR情報とは、企業が投資家に向けて経営状況や財務状況などを発信する情報です。業績動向に関しても、公開している企業が多く存在します。

このIR情報を確認すれば、各業界の市況感を掴むことができます。業績動向を確認すれば、業界の動向も理解できます。転職時の業界研究にはぴったりの情報と言えます。

転職時の業界研究の方法10:業界研究セミナーに参加する

転職時の業界研究の方法ですが、最後は企業の業界研究セミナーに参加することです。業界研究セミナーは一般的に大学主催の学内セミナーが有名ですが、自治体主催のものや企業が主催するものなどいろいろなものが溢れています。

転職活動時の業界研究をする上では、自治体主催や企業が主催するものに積極的に参加すると良いでしょう。さまざまな視点から業界を見ることで理解が深まります。

転職で業界研究をするべき人のタイプ3つ

転職時の業界研究について、方法を10個見ていきました。今まで業界研究をやったことが無いと言った方は、上記10個の方法を参考に業界研究をやってみましょう。

何度も申し上げますが、業界研究において妥協するのはご法度となります。必ず自分の納得がいくまで、業界に関する知識を身につけましょう。

では続いて、一体どんな人が業界研究をするべきなのかについて見ていきましょう。

転職で業界研究をするべき人のタイプ1:やりたいこと・志望業界が未定

転職で業界研究をするべき人の最初のタイプは、やりたいこと・志望業界が未定のタイプです。いざ、転職を初めて見たは良いものの自分が何をしたいのか、目標が何なのかが定まっていない人は意外と多いです。

そういったタイプの方々は、まず初めに業界研究から取り組み始めると良いでしょう。それぞれの業界の違いや特色などを見ることで、自分の将来像がグッと思い描きやすくなります。

転職で業界研究をするべき人のタイプ2:志望業界以外に滑り止めがほしい

転職で業界研究をするべき人の2つ目のタイプは、志望業界以外に滑り止めがほしいタイプです。

自分の将来像はある程度思い描けているけれど、もし失敗した場合の保険も考えたい方が該当します。このタイプの方は慎重に物事を進める傾向にあるので、既に将来像が思い描けている方に多いタイプです。

他の業界に関してもしっかり研究をしておくと、自分の視野も広がるのでおすすめです。

転職で業界研究をするべき人のタイプ3:評価が高い志望動機などを作りたい

転職で業界研究をするべき人の3つ目のタイプは評価が高い志望動機などを作りたいタイプです。

こちらのタイプも、自分の将来像はある程度思い描けているタイプと言えます。加えて完璧者のハイスペックな方が該当します。常に完璧を目指すタイプなので、転職活動にも非常に強いです。

そういった方も、あらかじめ業界研究を綿密に行って、より完璧な状態で面接を迎えましょう。

転職時の業界研究の方法を押さえましょう

以上が、転職時における業界研究のポイントとなります。業界研究をどのようにやるのかというポイントの部分と、どんな人がやるべきなのかという業界研究をやるべきタイプの2つに分けて見ていきました。

業界研究は転職活動をする際、非常に重要なポイントとなります。今回の記事を参考に、ぜひ業界研究を行ってみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related