Search

検索したいワードを入力してください

コンサルティング職の仕事でつらいこと4選|向いている人の特徴とは?

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月12日

記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コンサルティング職の仕事でつらいこと4選を解説します。高いお給料がもらえたり、自分の能力を生かせる仕事ですが、どのようなことがつらいのでしょうか。そして、向いている人の特徴とは?コンサルティング職を目指している人は参考にしてください。

コンサルティング職の仕事でつらいこと4選|向いている人の特徴とは?

コンサルティグの仕事とは?

コンサルティングの仕事内容は、企業などから経営についての相談を受け、どのようにしたら経営が上手くいくのかなどのアドバイスや指導をすることです。経営が上手くいっていない企業の立て直しをする業務です。

相談を受けたらその企業がどうなりたいのかを聞き、さまざまな角度から分析を行います。そこから問題点を見つけ、企業の希望に沿うような結果になるように解決策を提案します。

コンサルタントにも種類がある

コンサルタントには、さまざまな種類があります。業務全体においてサポートする、専門的な分野をサポートするなどコンサルタントでも業務が変わってきます。ここでは、3つのコンサルタントの種類について説明します。

経営コンサルタント

経営コンサルタントとは、クライアント企業が抱える問題点を調査し、改善案を提示するコンサルタントです。顧客企業が使う経費の見直しや人事に関することなど、総合的に経営を上向きにさせるための計画を立てたり指導したりします。

経営コンサルタントになるためには資格は特にありません。しかし、経済・経営に関する知識やコミュニケーション能力、論理的思考などの知識および能力が必要です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、ITの部分でクライアント企業の問題を解決するコンサルタントです。企業の経営を上向きにするため、システムの開発や提案、最適化を行います。

ITコンサルタントになるためには高いITの知識が必要です。また、ITの部分を担う専門分野といっても、論理的思考やクライアント企業の業務への理解力も必要です。

建設コンサルタント

建築コンサルタントとは、建設に関する調査や計画、設計を行うコンサルタントです。建設コンサルティングを行えるのは、国土交通省に建設コンサルタント登録をした業者や個人だけです。

建設コンサルタントの業務は、道路や上下水道、川や公園などのインフラ整備に関する計画から管理までを行います。また、建設コンサルタントには「上下水道コンサルタント」「環境コンサルタント」など、細かな分野があります。

主に土木に関する21の登録部門の全部又は一部について建設コンサルタントを営む者が、一定の要件を満たした場合に、国土交通大臣の登録が受けられる制度です。
 なお、登録の有無に関わらず、建設コンサルタントの営業は自由に行うことができます。

出典: https://cms.gg-media.jp/admin/topics/1078692/edit |

コンサルティング職の仕事でつらいこと4選

コンサルティング職の仕事でつらいこと4選を紹介します。高度な知識が要求されたり、クライアント企業に最善の解決策を考えたりと、仕事内容もハードなコンサルティング職なのでつらいことはたくさんあります。

では、コンサルティング職に就いた人は具体的になにがつらいと感じているかを見てみましょう。

コンサルティング職のつらいこと1:期限が設定されているものが多い

コンサルティング職のつらいこと1つ目は、業務に期限が決められているものが多いことです。調査から解決案の提示、指導まで行うコンサルティング職は時間との戦いです。

大きな企業であれば、何年もかけてということもありますが、経営状況を改善したい場合や中小企業では短期間の場合もあります。

クライアントが納得する解決策が必要

コンサルティング職は最終的にクライアントが納得する解決策の提示が必要です。期限が短くてもその期限内に行わなくてはなりません。これも多くの人がつらいことだと感じています。

解決策を提示するまでには、クライアント企業の状況を調査したり、問題点を見つけたりと、さまざまな角度からクライアント企業を見る必要があります。また、しっかりとクライアントを納得させる解決策が出せないと信用に関わります。

長時間労働が基本

コンサルティング職は長時間労働が基本です。コンサルティング職はとてもやることが多く、仕事の量も並みではありません。

急に明日までの書類を頼まれたりすることも普通にある世界です。残業や家に帰れないことも多くあります。高い知識がありやりがいのある仕事ですが、多くの人は長時間労働をつらいことだと感じています。

精神的・肉体的負担が大きい

そして、最もつらいことだと感じるのは、精神的・肉体的負担が大きいことです。コンサルティング職は、仕事量の多さや高いスキルが要求されることで精神的にも肉体的にもつらいことに感じる人も多くいます。

また、たくさんの知識を持っている人や、とても仕事ができる人が周りにたくさんいることもプレッシャーになり、あこがれを持ってコンサルティング職についても、だんだん仕事がつらいことだと感じてしまう傾向にあります。

コンサルティング職のつらいこと2:上司が厳しい

コンサルティング職のつらいこと2つ目は、上司が厳しいことです。コンサルティング職は、確実な改善策を提示しなければなりません。思い付きや適当になどではクライアント企業を倒産させてしまう可能性もあります。

そのように責任の重い仕事なので上司は厳しく指導します。また、適当な仕事をすることでコンサルティング職自体の信用も失ってしまいます。つらいことですが、1人前になるためには乗り越えるべきことです。

コンサルティング職のつらいこと3:知識を取得するのに時間がかかる

コンサルティング職のつらいこと3つ目は、知識を取得するのに時間がかかる点です。基本的にコンサルティング職は、経営や経済の知識は所得しておく必要があります。

その他、クライアント企業によって業務内容が違うため、その企業に合った知識も所得しなければなりません。経営コンサルトでもITの知識が必要な場合もあります。多くの知識を必要とするので、いつでも勉強という点がつらいことに感じることもあります。

コンサルティング職のつらいこと4:資料作成やミーティングが多い

コンサルティング職のつらいこと4つ目は、資料作成やミーティングが多いことです。クライアント企業に調査の結果を報告したり、提案をするときには資料としてまとめたものを提出します。

もちろん、自分の社内でも資料は必要です。そして、コンサルティング職は1人ではなくチームで行うためミーティングが重要になります。また、提案や指導を行うのが仕事なので、クライアント企業でもミーティングは行われます。

コンサルティングに向いている人とは?

つらいことが多いコンサルティング職ですが、どのような人がコンサルティングに向いているのでしょうか。向いている人にはとてもやりがいがあり魅力的な仕事です。「やってみたいんだけど」と考えている人はチェックしてみてください。

経営に興味がある人

経営に興味のある人は、コンサルティングに向いている人だと言えます。コンサルティング職は、クライアント企業の経営状況を理解しないとできない仕事です。

経営に興味がないと理解することは難しく、つらいことだらけになってしまう可能性もあります。また、経営の話がすんなりできると、クライアント企業にも話が伝わりやすく信頼も得られます。

数字に強い人

経営は、いろいろなことが数字で分析されることが多いので、数字に強い人はコンサルティングにはとても向いています。また、結果も数字で示されるので、数字を見て早く判断できるのは有利です。

数字こそ苦手な人にとってはつらいことこの上ないでしょう。「自分は数字に強い、数字が好きだ」という人は長く続けられる可能性があります。

論理的な思考ができる人

客観的に物事を見られる論理的な思考ができる人は、その能力が生かせます。コンサルティングは、クライアント企業の経営状況を見るときには第三者の目線で全体を見渡す力が必要です。

また、きちんと順序立てて物事を考えたり、状態を正しく捉えたりすることも大事です。そのために論理的な思考ができる人は大切な業界です。

高いコミュニケーション能力がある

直接人と話すことの多いコンサルティングは、高いコミュニケーション能力が必要とされます。クライアント企業の状況を知るには、伝える力、聞く力の両方が必要です。

また、コミュニケーション能力が高く、知識も豊富であれば一緒に仕事をするパートナーとしてとても信頼されます。いい関係が築けなければコンサルティング職はできません。

コンサルティング職の仕事でつらいことを知っておこう

コンサルティング職の仕事でつらいことを知っておきましょう。とてもやりがいのある仕事ですが、その反面つらいことも多いのがコンサルティング職です。つらいことを我慢しすぎて身体を壊してもいけません。

しかし、つらいことを乗り越えられれば、大きな達成感が感じられるはずです。つらいことがあることを知っていればチャレンジするのも楽なのではないでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related