Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ

建設機械メーカーは工事現場で活躍する重機を製造したりリースします。身近な所で見る事のできる建設機械を設計して製造する事に憧れる人も多いでしょう。オススメの建設機械メーカーと建設機械メーカーの今後について調べてみましょう。

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ

日本の建設機械メーカーは世界的に見ても大きな影響力を持っている

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
建設機械メーカーは、工事現場で使われるクレーンやショベル、高所作業車などさまざまな種類の機械を製造しています。世界的に見ても日本の建設機械メーカーは高いシェアを誇っており、海外進出しているメーカーも数多くあります。

最近では建設機械にもICTの導入が進んでおり、自動制御機能を搭載した機械も増えています。作業面やコスト面で大きなメリットがあり、今後ますます需要が増えて行くでしょう。

オススメの建設機械メーカー15選

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
建設機械メーカーは建築現場で役立つ重機を製造している企業です。人の力では大変な場所を機械を使ってらくに作業します。多くの重機は専用の免許が必要で、テクニックも求められます。

工事現場で役立つ機械を製造するメーカーは、最新技術を取り入れて日々研究をしています。将来建設機械メーカーで活躍したい人は、どのようなメーカーがあるのか知っておきましょう。

オススメの建設機械メーカー1:コマツ

コマツは世界初のハイブリッドシステムを導入した建設機械を開発したメーカーです。建設機械業界をリードしています。2021年位は創業100周年を迎え、世界の建設や鉱山機械のメーカーとして発展していくでしょう。

2018年からはコマツ完全子会社3社が統合したことで最大規模でスタートしています。採用には年齢や学歴など不問で人物重視で採用します。やる気のある人はエントリーしてみましょう。

オススメの建設機械メーカー2:日立建機

日立建機は世界第3位の建設機械メーカーです。海外に子会社を多く所有しており、海外売上比率が7割に達します。アメリカやオーストラリアの企業も買収し独自に開発した商品を提供しています。世界を相手にした仕事ができる企業です。

福利厚生も充実しており日立グループとしての安心感もあります。有給休暇の他にリフレッシュ休暇もあり働きやすい環境と言えるでしょう。入社後は重機に関する免許を取得できる資格支援も行っています。

オススメの建設機械メーカー3:ニチユ三菱フォークリフト

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
三菱ロジスネクスト株式会社は、2017年10月にユニキャリア株式会社と統合し「三菱ロジスネクスト株式会社」となりました。経営統合により売上高世界第三位のフォークリフトメーカーになりました。

京都に本社を置き、国内450拠点で事業を展開しています。勤続年数は平均17年と、とても長く新卒者の離職率が低いメーカーです。経営統合を繰り返してきた歴史によって、世界レベルの技術力で躍進が期待できます。

オススメの建設機械メーカー4:タダノ

タダノは1955年に日本初の油圧式クレーンを開発した企業です。建設用クレーントップの企業として知られています。国内ではトップシェアがあり、1960年から海外に向けて輸出をしています。

海外ではその国に適した製品づくりを進めており、グループ会社を増やして世界No1を目指しています。若い世代が利用できる独身寮やクラブ活動も充実しており、社員同士でコミュニケーションを深める事ができるメーカーです。

オススメの建設機械メーカー5:竹内製作所

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
竹内製作所は建設機械を中心にしたメーカーです。ミニショベル、油圧ショベル、クローラーローダーを展開しています。ミニショベルはEUで第二位、北米では第五位のシェアがあります。

今後はより一層海外展開に力を入れて、グローバルな販売体制を目指しています。このメーカは福利厚生が充実しており、女性の育休取得率100%です。働きながら子育てしたい人に優しい企業です。

オススメの建設機械メーカー6:加藤製作所

加藤製作所は1202年の歴史を持つ建設機械メーカーです。開発技術力があるためオリジナルの商品を多数産出しています。大正時代には機関車開発を手掛け、近年ではトラッククレーン、油圧ショベル、ラフテレーンクレーンなど建設機械に力を入れています。

建設現場で良く目にする「KATO」の文字が入った黄色い重機はこのメーカーの商品です。多くの企業を子会社化して国内外の拡充をしています。

オススメの建設機械メーカー7:アイチコーポレーション

アイチコーポレーションは、高所作業用の建設機械で国内トップシェアを誇ります。工事現場で起こる問題を解決できる企業として高い評価を受けています。

道路で行われている電気工事に使われるバケットは、ほぼこのメーカーの商品でしょう。建設機械以外にも多くの事業を展開しており、フォークリフト、カーエアコン用コンプレッサー、エアジェットでは世界トップのシェアがあります。

オススメの建設機械メーカー8:キトー

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
キトーはチェーンブロックやレバーブロックを取り扱うホイストメーカーです。人の手では運べないような重たい荷物や生体を吊り上げて運ぶ機械を製造しています。自動車製造工場や食品工場、ミュージカル劇場、水族館など多方面で使用されています。

創業80年以上の歴史があるメーカーで設計から製造まで自社で行っています。一点物への受注にも力を入れています。近年は世界に販売網を広げており、トップシェアを目指しています。

オススメの建設機械メーカー9:前田製作所

前田製作所はクレーンの制作が得意なメーカーです。1968年に製造を開始し、高い技術を使った商品開発をしています。「かにクレーン」はコンパクトに運搬ができる事から、狭い場所でもラクラク運べてパワフルに活躍します。

高い技術力があるメーカですから、難しい場所での工事に最適な一品を受注製作する事ができます。機械加工や溶接の技術を活かした仕事ができるメーカーです。

オススメの建設機械メーカー10:北越工業

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
北越工業は、エアコンプレッサや発電機を製造しているメーカーです。環境に優しい安全なエネルギー「圧縮エネルギー」の高い技術が評価されています。「AIRMAN」のコンプレッサは国内の8割が北越工業の機械を使用しています。

コンプレッサのパイオニアとして世界No1を目指すメーカーです。近年は海外を対象にした事業展開をしており、世界を舞台に活躍できる人を求めています。建設機械の設計や開発に興味のある人におすすめです。

オススメの建設機械メーカー11:ヤンマー

1912年創業のヤンマーは、農業機械のイメージがありますが建設機械も製造しています。ミニショベルや油圧ショベルなどのバックホー、ホイルローダーなどを製造しています。

ヤンマーは、農業、船舶、都市でのインフラ作り、地球全体をカバーする事業展開で幅広く役立っています。キャリア採用を率先して行っており、社員の約7割がキャリア採用です。30代以上の社員が会社を牽引しています。

オススメの建設機械メーカー12:クボタ

クボタは農業機械や建設機械など幅広い事業を展開しているメーカーです。小型建機専業メーカーとして50年に渡り現場で働く人たちをサポートしてきました。1972年にミニバックホーを量産し世間にその名を知らしめました。

成長チャンスの多いメーカーとして魅力を感じ、転職を決定した人もいます。中途採用でもハンデが少なく働きやすい環境でしょう。社会貢献をしながら働ける安定したメーカです。

オススメの建設機械メーカー13: 極東開発工業

極東開発工業は「特装車事業」「パーキング事業」「環境事業」の3本柱で事業を展開しています。特装車事業では建設関連や環境関連で活躍する車を製造しており、国内トップクラスの実力があります。工事現場で活躍する散水車やコンクリートポンプなど現場で働く人に貢献しています。

極東開発工業では相手を思いやった採用方法をとっています。マンツーマンの面接で人間性を見て行きます。人とのつながりを大切にするメーカです。

オススメの建設機械メーカー14:ワキタ

脇田の建機事業では、商品開発から販売、リースやレンタルまで行っています。全国65か所にあるネットワークを駆使して、求めている機械を的確に判断し提供しています。経営は借金が無く自己資本率75%以上を誇る健全な企業体制が魅力です。

建設機械販売の他にも、商業事業や不動産事業も展開しています。多くの事にチャレンジをしたい人に向いているメーカーです。

オススメの建設機械メーカー15:北川鉄工所

北川鉄工所は建設機械の他にもコンクリートプラント関連製品など、幅広い事業を展開しているメーカーです。建設機械部門では、使いやすさと安全性にこだわった「クライミングクレーン」を製造しています。ビル建築現場の屋上見る事のできる建設機械です。

また、金属素材開発が得意なメーカーですから、自動車部品も数多く製造しています。世界中で生産される10台に1台はキタガワの部品を使用しています。

建設機械メーカーの動向3つ

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
建設業界は景気に左右されやすく、災害などが起こると一気に需要が高まります。先が読みにくい業界で建設器メーカーも需要によって状況が大きく変化します。これから先、どのような状況になり影響を受けて行くのか調べてみましょう。

建設機械メーカーの動向1:ITを活用した製品開発を強化している

建設機械メーカーではIT技術を活用した製品づくりが進んでいます。コマツでは、「コムコネクト」の名が付けられた最新システムを搭載した建設機械があります。

工事現場でドローンを飛ばして3次元測量データを取得します。そのデータを読み込んで作業計画を立てることができて従来のやり方と比較できます。この機能を搭載している機械は、熟練のオペレーターがいなくても動かせるので人手不足の解消にも繋がります。

建設機械メーカーの動向2:ソフトとハードの両面で付加価値を上げている

建設機械産業では、ITを活用した製品が多く開発されています。GPSや通信システムを活用して車両情報を遠隔管理できる製品も登場しています。

このようなシステム化搭載された機械は、保守契約や保証制度をセットで提供できるようになり、効率よく機械稼働管理ができる仕組みになっています。

製品のハード面とソフト面の付加価値が高くなることで利用者とメーカーの両方にメリットがあります。

建設機械メーカーの動向3:インフラ整備により継続的な成長が見込まれる

建設機械メーカーは、東日本大震災やオリンピック需要もあって成長傾向でした。しかし、2020年以降はそのような需要がひと段落し減少傾向になります。今後は、都市の再開発やインフラ老朽化対策、リニア中央新幹線の社会整備が基本になるでしょう。

継続的な成長か見込まれるかどうかはわからない状況です。環境変化に対応した経営が求められ、人材不足問題や海外事業の拡大など経営手腕によって状況が変わるでしょう。

建設機械メーカーで活躍しましょう

オススメの建設機械メーカー15選|建設機械メーカーの動向3つ
建設器メーカーの特徴が良くわかりました。どのメーカーも人の役に立つ製品を販売しており、世界を視野に入れた事業を展開していました。働く人には特別な技術が求められる業界ですが、メーカーによっては人柄を重視し学歴などは関係なく活躍できました。

建設機械メーカーで働きたい人は、会社の特徴を良く知ってエントリーしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related