Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ

現在は多くのメーカーからさまざまなペットフードが販売されています。選択肢が多くて迷うという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では、代表的なペットフードメーカーやペットフードの種類をご紹介します。ペットフード選びの参考にしてください。

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ

現在ペットフードメーカーは数が多すぎる傾向にある

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットが健康であり続けるには、人間と同じように食事に気を遣わなければいけません。食事をしっかり与えているつもりでも、ペットの体質に合っていないペットフードを与えていると、不健康になってしまう恐れがあります。

現在は、ペットフードメーカーの数が多いことが問題視されています。ペットの健康を気遣うためには、ペットに合った食事を作っているペットフードメーカーについて把握することも大切です。

代表的なペットフードメーカー14選

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットフードメーカーに就職するには、特に資格は必要ありません。しかしペットの食事に専門的に関わっているため、ペットフードに関われる場所に就職して知識を得ていきましょう。

メーカー以外にはアニマルカフェやペット用品店などがありますが、独立してフリーランスになったりコーディネーターとして活躍する人もいます。ここからは代表的なペットフードメーカーを紹介するので、参考にしてみてください。

ペットフードメーカー1:マースグループ

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
マースグループは世界最大のペットフードメーカーです。ペットフードのアイムスやロイヤルカナン、ニュートロの製造を手掛けており、上質な栄養と健康管理に注視しているため、栄養が偏っているペットにオススメの商品がたくさんあります。

ペットフード以外では、スニッカーズやエムアンドエムなどのチョコレート菓子を扱っています。他にはスキットルズやトゥイックスなどの、ココアの製品を扱っています。

ペットフードメーカー2:ユニ・チャーム

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ユニ・チャームはキャットフードにおける三つ星グルメや銀のスプーン、ドッグフードであれば愛犬元気やペットバランスなどを扱っているペットフードメーカーです。

ドライフードからウェットフードまで色々な種類があるので、噛む力が弱くなった高齢期のペットに食べさせられる商品が展開されています。他にもペット用品を開発しており、ペット用品のウェットティッシュやシートなども開発しています。

ペットフードメーカー3:ネスレ日本

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ネスレ日本は、1950年代にピュリナやフリスキーというキャットフードを販売しているペットフードメーカーです。食べやすい小粒タイプの物が多く、嘔吐しやすいペットでも嘔吐を全然することがありません。

安くて量が多い商品がたくさんあるため、ペットが複数いるご家庭にはオススメできるでしょう。 またペットフードの他には、ネスカフェやミロ、キットカットといったお菓子も取り扱っています。

ペットフードメーカー4:日本ヒルズ・コルゲート

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
日本ヒルズ・コルゲートは、ペットに向けた総合栄養食や療養食を製造している総合ペットフードメーカーです。プリスクリプションダイエットや、サイエンスダイエットというペットフードを開発しています。

どれも低カロリーであるため、糖尿病を発症したペットに向いているペットフードがたくさんあります。またペットのダイエット食品としても使えるので、最近太ってきたと感じた際に活躍してくれます。

ペットフードメーカー5:ロイヤルカナンジャポン

ロイヤルカナンジャポンは、フランスのロイヤルカナンという企業から製品を輸入している国内のペットフードメーカーです。何度食べても飽きないフードを多く製造し、総合栄養食の基準も同時に満たしています。

動物は本能的に、自分に必要な栄養が含まれている物を食べるのが特徴です。そこでペットが美味しさを感じる3大栄養素をベストバランスで組み合わせており、それがペットフードの飽きが来ない黄金比となっています。

ペットフードメーカー6:ドギーマンハヤシ

ドギーマンハヤシは「ペットフードはドギーマン」のCMで馴染みが深いペットフードメーカーです。主に犬用のガムや猫用のスナックを販売しており、それ以外にも爪切りやバリカン、リードなども販売しています。

国内ではとてもメジャーですが、猫に向けた商品だと爪切りやブラシの方が多いでしょう。ペット用の生乳が特徴的で、原料や産地、味にこだわっています。他にも、良質なタンパク質とグルコサミンを多く配合しています。

ペットフードメーカー7:日清ペットフード

日清はカップヌードルが最も有名なブランドですが、実はペットフードの事業も展開しています。日清ペットフードはキャットフードが有名で、輪の極みや懐石zeppin、まぐろの達人などの商品を展開しているペットフードメーカーです。

他にはLovelyチーズフードというペット用のおやつが人気です。最高級のチーズを使用しており、ご褒美やおやつに最適と言えるでしょう。また健康を考え、塩分控え目に仕上がっています。

ペットフードメーカー8:日本ペットフード

日本ペットフードは自社工場を持っており、COMBOやビタワンなどの製品を製造および販売しているペットフードメーカーです。約60年に渡り、日本初のペットフードであるビタワンを製造し続けてきました。

歴史はとても長く、犬や猫だけにこだわらず鳥や魚用のペットフードも製造しています。厳選された国産米が使用されており、毛や皮膚の健康維持にコラーゲンが配合されているのが特徴的です。

ペットフードメーカー9:ペットライン

ペットラインは国内で初めてドライペットフードを販売し、キャネットやメディコートなどのブランドを販売しているペットフードメーカーです。1967年にペットフード事業に携わっており、犬や猫だけでなく熱帯魚やフェレットなどに向けた商品も展開しています。

大人用に作られた商品は、肌に敏感になっているペットに向けられているのが特徴的です。国産の魚と米を使っており、ペットの健康生活をしっかりとサポートします。

ペットフードメーカー10:いなばペットフード

いなばペットフードは最近流行しているチュール系の商品をはじめとし、マルウオや金のだしカップなどのペットのおやつで大ヒットしているペットフードメーカーです。商品をペットとのコミュニケーションツールとして使用することができます。

シーチキンやフレーク系の缶詰系の商品をメインに取り扱い、柔らかくて食べやすいので抜歯をしているペットに安心して与えられるでしょう。また匂いも良いのが特徴的です。

ペットフードメーカー11:アイシア

アイシアは元々「マルハペットフード株式会社」いう企業名だったので、その名前の方が馴染みが深い人はきっと多いでしょう。漁業関係の事業があるため、金缶や純缶などの猫缶のシェア率が高いペットフードメーカーです。

シンプルなウェットフードもあり、味がしっかりしているためペットの食いつきも良いのが特徴です。安価で購入できる上に、量がたくさんあるのでペットの数が多い人におすすめです。

ペットフードメーカー12:森乳サンワールド

森乳サンワールドは犬や猫用のペットフードや健康食品、ペットの食事に特化した商品を展開しているペットフードメーカーです。栄養バランスがとても良く、少しなら量を与えすぎても太る心配がない上に元気なままでいると言われています。

中型犬向けのドッグフードとして最適で、他のフードは購入できないほど優良なペットフードがたくさんあります。また生まれた時から食べさせているご家庭では、ほとんど病気になりません。

ペットフードメーカー13:ネイチャーズバラエティ

ネイチャーズバラエティは独自の技術で生肉をフリーズドライし、穀物にコーティングしているペットフードを製造しているのが特徴的です。犬と猫はどちらも肉食性であるため、生肉を使用することで至高性を上げています。

通常の製法で失ってしまうビタミンや天然酵素を効率よく吸収できるため、肌と体毛の健康維持、また消化不良の改善にも最適な商品が揃えられているでしょう。

ペットフードメーカー14:ライトハウス

ライトハウスはソルビダという老犬用のペットフードを製造しているペットフードメーカーです。独自のレシピで嗜好性を実現しており、野菜類に加えてリンゴやクランベリー、海藻ミールを配合して免疫を維持し、健康をサポートします。

他にも、消化に良いサーモンやチキンを使用することで、味はそのままでカロリーや脂質を抑えているのが特徴的です。食品添加物や農薬が使用されていないため、安心して食べさせられます。

ペットフードの分類の種類4つ

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットが必要とする栄養は年齢ごとに異なります。特に気にしたことがない方は、年齢に適したフードに替えましょう。ペットの年齢や健康状態に合わせ、幼少期や成人期、高齢期に必要な栄養を与える必要があります。

幼少期にはタンパク質や魚油を、成人期には抗酸化成分を、高齢期には植物由来の栄養素やポリフェノールを含んだフードを与えると健やかに成長します。他にも分類の仕方は色々とあるので、参考にしてみましょう。

ペットフードの分類1:目的別での分類

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットフードは食事用とおやつ用に分類することができます。食事向けの物は総合栄養食で、水と一緒に与えれば栄養を摂取できます。おやつ用の物は間食と呼び、しつけや褒美に与える物です。

療法食はペットが患っている病気に合わせて、栄養素が調節されているペットフードです。メーカーごとに特化している物が分かれている場合があるので、メーカーもしっかり調べるようにしましょう。

ペットフードの分類2:ペットの種別での分類

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットの種別によっても、必要な栄養バランスは違ってきます。市場では犬、猫、魚、鳥、小動物の5項目に分類されています。まず犬と猫は共通しており、年齢や目的、犬種、猫種、素材で何が適正かを見分けることが可能です。

魚用は淡水魚や熱帯魚を対象としており、肉食か草食かなどで分類されます。鳥用の物は鑑賞鳥用の物が多いです。小動物用はウサギやハムスターなどに向けた物を指します。

ペットフードの分類3:成長段階での分類

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
犬と猫は、成長段階に合わせてペットフードを変えていきましょう。妊娠期と授乳期の生後4週間までは、犬と猫それぞれの母乳の成分に基づいたミルク用品がオススメです。幼少期と成長期は生後4週間~1歳で、発育に必要なビタミンやミネラルを多く含んだ物が最適です。

成人期は1~8歳の犬と猫を表し、種類や健康状態で色々と分類する必要があります。8歳以上は高齢期なので、低カロリーの物が最適です。

ペットフードの分類4:機能別での分類

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
機能別で分類する場合は、体重ケア用と病気対策用の2種類に大きく分類されます。体重ケア用は避妊や去勢手術を受けた後に最適で、太りやすくなっている時期に与えるのが良いでしょう。他の用途としては、太りやすいペットに与えるのも最適です。

病気対策用は、ペットの病気の原因となる成分が入っていない物です。病気にならないように、タンパク質を変化させた物を主に配合しています。

代表的なペットフードメーカーを一通り把握しましょう

代表的なペットフードメーカー14選|ペットフードの分類の種類4つ
ペットフードを選ぶ際には栄養素だけでなく、メーカーも必要な判断材料となります。動物ごとに専門としているメーカーがあるため、自分が飼っているペットはどのメーカーが最適なのか、どのペットフードを与えたらいいのかなどをしっかりと研究していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related