Search

検索したいワードを入力してください

代表的な精密機器メーカー14選|精密機器メーカーの仕事のやりがい4つ

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月18日

記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

精密機器メーカーには色々な企業があります。任される仕事は研究や開発だけにこだわらず、事務や人事に関する職種もあるため、文系出身の人でも勤められるのが特徴的です。最先端の技術を見ながら仕事をすることができるので、物作りが好きな人にはとても向いているでしょう。

代表的な精密機器メーカー14選|精密機器メーカーの仕事のやりがい4つ

精密機器メーカーは多くの産業の発展を支えている

精密機器メーカーは多くの産業を支えています。過去の売上を確認すると、平成17年から19年にかけて上昇し、そこから平成21年まで下降気味でしたが平成22年になってから上昇していきました。

精密機器メーカーは時計、医療機器、計測機器の3分野に分類されます。医療機器メーカーの売上は増加傾向にあり、特に平成24年から27年にかけて大きく上昇しました。計測機器メーカーと時計メーカーも上昇気流に乗っています。

代表的な精密機器メーカー14選

精密機器は、小さい部品で組み立てられた精密な機器です。精密機器メーカーは昔、カメラや時計、オルゴールなどの精巧な機械装置を意味していましたが、現代では電子機器や医療機器なども精密機器と呼ばれています。

現代の精密機器は構造が複雑であるため、ソフトウェア制御や電子制御で動作する機器がとても多いです。ここからは代表的な精密機器メーカーを紹介するので、気になる方は参考にしましょう。

代表的な精密機器メーカー1:ニコン

株式会社ニコンは日本の光学機器メーカーで、カメラや双眼鏡、顕微鏡、ステッパー、望遠鏡、測定機、測量機、メガネ、光学素材、ソフトウェアなどの光学に関する機器を開発する大手の精密機器メーカーです。

三菱グループの仲間で、三菱広報委員会と三菱金曜会の会員企業です。近年ではヘルスケア事業を立ち上げており、風邪の予防や治療、診断などの医療ニーズに応える最新の精密機器や技術、サービスを開発しています。

代表的な精密機器メーカー2:オリンパス

オリンパスは当初から培ってきたデジタル技術と光学技術を活かし、医療機器の開発を主に行っている精密機器メーカーです。特に消化器内視鏡が最もシェアされています。他には映像分野やライフサイエンス、産業分野の研究開発にも力を入れています。

医療業界への貢献を仕事としているため、病気の原因を解明したり新しい薬を開発する事で、再生医療へ活用する事を目的としています。今後の医療業界を劇的に発展させるでしょう。

代表的な精密機器メーカー3:テルモ

テルモ株式会社は、医療機器を主に開発する精密機器メーカーです。がんの治療を中心に医療業界に貢献しており、カテーテルを中心とした医療機器の開発から生産までを一貫して行います。

代表的な精密機器メーカー4:HOYA

HOYAは、半導体の製作に必要なマスクブランクスを開発している精密機器メーカーです。マスクブランクスは写真フィルムに似た物質を作るための物で、これがある事でICを大量生産する事ができます。

ICはパソコンやスマートフォン、家電などに組み込まれています。ICが進化する事で、多くの精密機器が自動化および機械化されるでしょう。マスクブランクスは世界で一番シェアされており、さらにこれから発展していきます。

代表的な精密機器メーカー5:ニプロ

ニプロ株式会社は、人工透析で絶大に支持されているケアセットを開発している精密機器メーカーです。治療に必要な医療機器を、顧客ごとの要望に沿って開発するオーダーメイドで開発します。

消毒不足による院内感染を抑える事で、医療事故の削減に役立っています。医療現場において、従業員の負担を減らし、医療現場の安全をより高める事を目指しているでしょう。また医療機器は病院だけでなく、学校にも寄付されています。

代表的な精密機器メーカー6:シチズンHD

シチズン株式会社は、世界でも数少ない時計を製作している精密機器メーカーです。時計の企画やデザイン、営業・設計開発までの全ての業務を主体で手掛けており、独自の才能を活かして時計を開発しています。

時計業界を発展させるべく、常に技術革新に力を入れてきました。シチズンは現在、世界的に活躍する時計メーカーになる事を目指し、改善に改善を施す事で最先端の技術を発展させようとしています。

代表的な精密機器メーカー7:島津製作所

島津製作所は科学技術での社会貢献を目指し、医療や航空に利用できる機器を開発する精密機器メーカーです。「見えないものを見えるようにする」をモットーに、多くの人の安全と健康を支える機器を開発しています。

精密機器の開発だけでなく、食料品の安全性の評価、新しい薬の開発、輸送機や建物の耐久性の評価、航空機が安全に飛行するかどうか評価など、他にも色々な業界にも携わっているでしょう。

代表的な精密機器メーカー8:セイコーHD

セイコーは当初、腕時計しか開発していませんでしたが、現代では腕時計だけでなく電子部品や眼鏡なども開発している精密機器メーカーです。当初から「確かな品質」というテーマに沿って顧客に安心と満足を届けています。

「確かな品質」が顧客と社員を繋ぐ物だと考えており、現代は国内だけでなく海外でも活躍できる商品やサービスを展開しています。事業であれば国内外の営業や企画、販売を担当しています。

代表的な精密機器メーカー9:トプコン

トプコンは多くの人の生活を支える「医食住」において、色々な社会問題を解決し、豊かな社会作りを目指している精密機器メーカーです。企業が独自で作り上げた光学技術と、最先端のAI技術やICTを組み合わせる事で新しい精密機器を製造しています。

「医食住」の「医」は眼疾患を治す眼科用医療機器を開発する事、「食」は酪農および農業のIT化の実現、「住」は生活と産業の基盤である社会インフラの整備を意味します。

代表的な精密機器メーカー10:日機装

日機装は命と環境をスタート地点に、独創的な技術で世界に貢献している精密機器メーカーです。日機装が開発する製品は、日常生活にはとても欠かせません。腎臓の代わりになる人工透析装置を開発する事で、多くの患者の命を支えています。

文理のどちらも採用され、文系では法律や経済の知識や技術を活かし、理系では力学などの機械学、化学、電気電子、情報といった分野を活かす事ができるでしょう。

代表的な精密機器メーカー11:シャープ

シャープは物作りに特化しており、他社が真似したくなるような製品を作る事を目標に製品の開発を手掛けている精密機器メーカーです。次世代の必要な物を察知し、物作りで形にしていく事で社会貢献し信頼してもらえる企業を目指しています。

シャープは国内で最初にテレビやラジオ、カメラ機能搭載の携帯電話を開発した企業です。「初めて」を生み出すのが得意であるため、今後も誰もが想像していなかった製品を開発するでしょう。

代表的な精密機器メーカー12:京セラ

京セラはファインセラミック部品や電子部品、半導体部品、太陽光発電システムといった電子機器を開発する精密機器メーカーです。他にもセラミック用品や宝飾品などの開発を手掛けています。

ファインセラミック部品を主に開発し、携帯電話や電子部品、ソーラー発電のシステムなど色々な分野で技術と知識を活かします。電子デバイスなどの研究開発などの他に、営業や総務などの職種もあるため文系出身でも活躍できるでしょう。

代表的な精密機器メーカー13:パナソニック

パナソニックは家電製品だけにこだわらず、家電製品に組み込む電子部品や設備機器を開発する精密機器メーカーです。他にもサービス機能やシステム機器、さらには住宅地までの色々な製品やサービス提供する事で、暮らしを支えています。

物を作る前に人を作る事を基本とし、社会や日常の基盤となる製品を開発しているでしょう。また多くの人の願いを形にする事が目標であるため、世界的に色々な挑戦をしています。

代表的な精密機器メーカー14:三菱電機

三菱電機は創立以来、水道や送電、交通などの色々なインフラ作りに関わっており、社会の心臓部として活躍している精密機器メーカーです。変革を続ける事で、新たな価値を次々と生み出しています。

現代は社会の改革に伴い、環境問題にも目を向けなければいけません。社会の核の部分を支えてきたため、先進性と品質が世界で41ヶ国に評価されています。素晴らしい未来のために、開発と研究を繰り返しているでしょう。

精密機器メーカーの仕事のやりがい4つ

精密機器メーカーが人気なのは、メリットがたくさんあるからです。主な理由はやりがいを感じやすい部分と給料の水準が高い所ですが、他にもたくさんあります。業種には第一次、二次、三次とだい産業ごとで種類分けされていますが、メーカーそのものは第二次産業です。

メーカーがなくなると、商品が加工されない状態で購入者の手に渡る危険性があり、商品やサービスを提供する事が難しくなってしまうでしょう。

【精密機器メーカー】やりがい1:最先端の技術に触れることができる

精密機器メーカーのやりがいとして、最先端の技術に触れられる点が上げられます。国内の物作りに関して、品質の高さや技術力に注目されやすいですが、精密機器に関してもその技術力は評価されているでしょう。

精密機器と一言で表しても、色々な使用用途に使われる機器や、医療関係の場所で利用される精密機器など、種類が豊富です。最先端の技術に直面しながら、世の中に大きく貢献できる事がやりがいに繋がります。

精密機器メーカー】やりがい2:社会を支えるものづくりができる

精密機器メーカーのやりがいとして、社会を支える物作りができる点が上げられます。自分が製作を手掛けた精密機器が世の中に出ると、とても大きな感動を味わえるでしょう。また製品を完成させるために、チームで取り組む場合もあるため大きな達成感を味わえます。

世の中が何を必要としているかを常に聞き入れているため、最新の技術や素材についての勉強が常に必要です。最善の技術を考える人にはとてもオススメの業種です。

【精密機器メーカー】やりがい3:グローバルに活躍することができる

精密機器メーカーのやりがいとして、グローバルに活躍できる点が上げられます。「グローバル」というキーワードは、精密機器メーカーにはとても重要なキーワードです。

大手を中心に海外で活躍する精密機器メーカーが増えていますが、今後は世界とどう戦っていくかが課題となっています。海外に顧客や事務所がある企業の場合は、海外へ出張や赴任できるチャンスが得ることができ、世界の人と幅広いコミュニケーションが取れるでしょう。

【精密機器メーカー】やりがい4:スキルアップのチャンスが多い

精密機器メーカーは色々な業務があり、研究開発や品質管理、購買、生産技術などを行うことになります。総務や人事、経理の職種もありますが、それは文系出身の人の方が活躍しやすいでしょう。

自分の希望に沿った仕事を任される事は限りませんが、色々な業務に挑戦できる業種であるため、仕事を経てスキルアップが望めるでしょう。色々な専門技術を身に付けている人が多いため、多くの人と協力していく事が仕事で成功するコツです。

代表的な精密機器メーカーを一通り把握しましょう

精密機器メーカーには色々な企業があります。企業の大きさごとで提供するサービスや商品はバラバラで、どこに就職するかでワークスタイルが変わってくるでしょう。

少しでも興味のある精密機器メーカーがあれば、まずは業界研究を行う事が大切です。業界研究を行う事で、そこがどんな業界か、自分に合っている場所かどうかなどの理解が深まるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related