Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

転職で失敗しないための注意点6つ|日本メドトロニックの評判と将来性

転職活動している中で日本メドトロニックという名前に遭遇したことのある人もいるでしょう。日本メドトロニックとは医療機器を扱う企業ですが、具体的にはどのような会社なのでしょうか。日本メドトロニックの事業内容や評判、待遇など転職する際気になる点についてご紹介します。

転職で失敗しないための注意点6つ|日本メドトロニックの評判と将来性

日本メドトロニック

医療機器の分野への転職活動を検討している人であれば、日本メドトロニックという名前に遭遇したことがあるでしょう。日本メドトロニックとは、ペースメーカーを中心とした医療機器や医療技術を扱う会社です。

この記事では、転職活動において日本メドトロニックなどの医療機器メーカーに関心のある人向けに、日本メドトロニックの事業内容や評判、採用情報などについてご紹介します。

日本メドトロニックの事業内容

メドトロニックとは本社をアメリカのミネソタ州に構える医療機器メーカーで、日本メドトロニックの本社は東京都港区にあります。1960年代後半に世界で初めて植込型心臓ペースメーカーを開発して大きく成長しました。

心臓ペースメーカーでは世界最大のシェアを誇り、売上高も利益率も医療機器メーカーの中でトップです。世界155カ国に250以上の拠点があり、社員数は8万5千人を超えています。

日本メドトロニックの経営状況

日本メドトロニックの経営状況ですが、メドトロニックというグローバルで見ると心臓ペースメーカーで世界最大のシェアを誇っています。2014年にはアイルランドの同業であるコヴィディエンを買収し、さらに規模を大きくしました。

本社機能をアイルランドに移して法人税の節減を図る一方で、事業本部はアメリカに残し、今後10年間で100億ドルを技術開発に投じるなど積極的な動きを見せています。

日本メドトロニックの経常利益

日本メドトロニックの2018年9月発表の経常利益は41億1400万円で、経常利益率は4.4%です。

経常利益率は、経常利益÷売上高×100で求められる値で、この値が会社の基礎体力を示しています。業界にもよりますが、一般的に経常利益率4%で普通の企業経営状態を維持できていると言われています。

日本メドトロニックの利益率・負債比率・借入比率

日本メドトロニックの利益率や負債比率、借入比率はどのような状況でしょうか。

日本メドトロニックの営業利益率は20.51%です。11パーセント以上で超優良水準ですので、日本メドトロニックは高い水準で営業利益を出せていることになります。

負債比率は50.56%で、100%を下回っているので健全です。また、研究開発へ積極的な投資を行っているものの新たに借入していないので、こちらも健全な財務状態と言えます。

日本メドトロニックの将来性

日本メドトロニックを会社の将来性の点で見るとどうでしょうか。メドトロニック本体では非常に大きな会社であり、業界自体に大きな変化がない限りは日本メドトロニックについて将来も安定しているといえます。

なお、外資系企業のため、売却や買収といった変化が起こる可能性はあります。

転職で失敗しないため注意点6つ

日本メドトロニックなどへ転職する場合、どのように転職活動を行うと失敗しないでしょうか。

転職活動での注意点として、在職中に転職活動を行う、自分の市場価値を高く設定し過ぎない、漠然としたイメージだけで活動しないという点に気を付ける必要があります。

また、辞めないという選択肢を残すことや優先順位をつけること、転職に必要なスキルを習得することも重要です。ここではこの6つの注意点について詳しく見ていきます。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職活動を在職中に行うとすると、どうしても面接の日程を調整するのに手間取ったり、時間が取りづらく、転職活動が長引いてしまうということがあります。

ですが、転職活動はできるだけ在職中に行う方が良いです。

在職中であれば、転職活動中の生活費などを確保しながら活動することができます。生活費を心配せずに活動することで心の余裕もできます。また、転職活動の結果、もとの仕事を続けるということも可能になります。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職活動で知っておく必要があるのが、自分の市場価値です。転職市場での需要に対して、自分自身の供給価値がどのくらいなのかを正確に知っておくことは転職をさせる上で非常に重要です。

市場価値は自分の実績や年齢、持っている資格やスキルなどで決まってきます。自分で価値を判断してしまうと実際よりも高いことも多いです。市場価値判断テストや転職エージェントを利用して、自分の価値を適正に知っておくとよいでしょう。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

転職活動をスムーズに行うためには漠然としたイメージや先入観をなくし、情報をしっかり押さえることが重要です。

「ベンチャー企業なので自分には合わないだろう」「あの企業の社風は体育会系という噂がある」など、漠然としたイメージや先入観だけで求人を見ていると、実は自分に合っているのに候補から外してしまったり、応募先がなかなか決められなかったりします。

まずはしっかりと情報を確認しましょう。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

転職活動中も、今の仕事を辞めないという選択肢を残しておきましょう。そのためには注意点1で触れたように在職中に転職活動をする必要があります。

新しい仕事をしたくて転職活動をしたとしても、活動してみた結果、今の会社よりも良い会社に出会えないということは珍しくありません。そんな時に、今の仕事をやめないという選択肢が残っていることは大きな安心にもなります。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職するとなると、新しい職場に求める新しい要望や条件が少なからずあるでしょう。希望の条件が増えれば増えるほど、条件に合う会社は見つけづらくなります。どちらか1つの条件しか叶えられない場合に備えて、希望の条件に優先順位をつけておくことも重要です。

あらかじめ優先順位を決めておくことによって、迷う時間も短くて済みます。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

行きたい転職先が見つかっても、現在自分が持っているスキルでは希望条件に合う転職ができないこともあります。行きたい先や就きたい職業が明確なのであれば、そこに見合ったスキルや知識を習得してから転職するという選択肢もあります。

今の会社で働きながらスキルアップすることで社内での評価も上がるので、転職しなくても希望の職種に就けることもあります。

日本メドトロニックの評判・口コミ11選

転職活動で気をつける点を確認できたところで、実際に日本メドトロニックという会社がどのような会社なのか、評判や口コミを見て行きましょう。

ここでは、日本メドトロニックの給与や労働時間、評価制度、女性は活躍できるのか、面接内容、やりがい、将来性、経営者、オフィス環境など11の項目に分けて評判や口コミをご紹介します。

日本メドトロニックの評判・口コミ1:年収・給与(給料)

日本メドトロニックの年収の平均は正社員の30代男性で875万円です。年収は他の業界や競合企業と比較しても、かなり高いです。

基本給として1年間の総額が固定で定まっていて、毎月その基本給の12分の1の金額が支給されますが、営業職はさらにインセンティブが四半期に一度支払われます。目標の120%を達成するとインセンティブだけで1000万円を超えることもあります。

年収は世間一般より高めだと思いますが退職金がかなり少ないのでそれを含めると平均的か少し安いくらいです。男女差がかなりあります。また、営業マンはインセンティブがかなり大きいので一定額ではないですが、それでも基本給は良い金額だと思います

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/1/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

営業職は給与以外にインセンティブがありますが、営業職以外の職種は、業績に応じて年に一度賞与が支給されます。

賞与は、管理部門についてはほぼ会社の業績を基準として算出され、個人の業績評価による差はあまりありません。

良くも悪くも金払いは良い。新製品のタイミングや実績を大きくあげることができれば20~30代でも1500万円以上、30~40代で2000万円以上貰っている人は2割以上は存在している。成績が最も悪かった社員でも900万円は貰っていた。この水準になれると外に出て行きづらくなる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/kuchikomi/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

勤務時間や休日は営業職と間接部門勤務によって異なります。

間接部門はほぼカレンダーどおりで休日に出勤するということがほとんどありません。決算時などに休日に出勤しないといけないことはありますが、ごくわずかです。勤務時間は9時~17時半と決まってはいますが、特にチェックされているわけではなく、自由に退社しています。

営業の場合は領域にもよりますが、イベントなどのために土日も休めないということも多いです。

営業と内勤とでかなり違います。内勤者はほぼカレンダー通りです。決算期やイレギュラーな事象が発生した時は出勤が必要になることもありますが大方大丈夫です。営業は診療科によってかなり違うようです。学会が多い事業部ですとなかなか休めない事もあるようです。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/2/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

日本メドトロニックの人事制度や評価制度、社内制度についてですが、営業職については事業部で製品の研修を行ったり、キャリアについてサポートしてもらったりすることができます。

内勤者については一般社員のうちは客観的な評価基準が存在せず、その部署の上司に裁量が任せられています。そのため、人によって評価の差があります。ただし、管理職に上がると研修などのサポートがあります。

男性優位です。営業と内勤とで会社の研修や手厚さが全く違いますが、営業なら事業部が製品研修してくれたりキャリアパスを考えてくれたりと色々手厚いです。内勤は待遇が男女差でかなりあり、女子の一般社員には研修やキャリアパスなど存在しません。人材を育てる、能力を伸ばすと言う対象に女性の一般社員は入っていません。管理職になったら色々と教育を受けられるようですが、そもそも管理職になるシナリオがないです。男性は良いと思います。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/4/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

Diversity Activity Reportによると日本メドトロニックでは女性の活躍推進の明確な目標として、管理職全体に対する女性が占める割合を2020年までに25%を目指していて、現在27.6%となっています。

育児支援制度にも力を入れていて、企業主導型保育事業との提携も行っています。また、ダイバーシティの一環として社員が企画する「ウーマンズネットワーク」というネットワーキングを推奨しています。

【女性社員の活躍】ウーマンネットワークというものが世界的にあります。女性の活躍働き方を女性が集まって考えるというものです

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

外資系企業ということもあり、英語力に自信があって英語と活かす目的で日本メドトロニックへ入社した人も多いです。入社後の印象としても、英語ができると社内で重宝される傾向にあります。

また、大企業ということもあり、入社している人は高学歴な社員な人が多いです。

学生時代から英語には自信があった。営業のことや医療のことが殆ど分からなくても英語さえ出来ればこの会社では重宝される。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/8/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ7:転職・採用面接

日本メドトロニックに転職するための活動や採用面接における評判や口コミはどのようなものがあるのでしょうか。実際に転職しようと考える場合、面接などの情報は知っておく必要があります。

現在、日本メドトロニックでは新卒をあまり採用していません。即戦力としての中途採用が多いです。また、採用面接は非常にスピーディーに進められ、なぜ日本メドトロニックを志望しているのかという点を聞かれます。

【新卒入社社員の活躍】新卒をあまり採用しておらず、採用しても初めは営業フィールドから経験となっているようです。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/5/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ8:やりがい

日本メドトロニックでは仕事に対するやりがいの評判はどうでしょうか。営業職は数字で成果がしっかりと表れ、部門によっても異なりますが、さまざまな表彰もあります。

内勤者に関しては、そもそも職責に対する指標自体がありません。また、評価については上司によって異なります。

社会的な使命感を持って仕事に取り組めます。ブランドもあり、顧客である医師からの会社に対する信頼度も高いと思います。キャリアについては、チャレンジ精神があれば幅があると思います。合併でより大きくなったので機会が増えたと思います。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ9:会社の強みと将来性

会社の強みや将来性の面では評判はどうでしょうか。

中途採用がほとんどで入る人も多ければ出て行く人も多い環境です、そのため、営業の人の知識はそれほど十分ではないですが、良い製品を出しているので売上も大きく、業界的にも安定はしています。

業界自体に大きな変化がない限りは将来的にも安心です。

企業全てでみるとかなり売り上げも大きく業界的にも安定をしていると思う。外資なので売却、買収などの変化もあるがおおもとが崩れることはないであろうという予想はできる。大きな変化が、業界におきない限り大丈夫であろう。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/5/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

日本メドトロニックの経営者についてはどのような評判があるでしょうか。社長との距離自体については、近いと感じている人もいれば距離があると感じている人もいてさまざまです。イベントで接する機会はあります。

人事評価などについての風通しがそれほどよくなく、それによって優秀な人材が流出しがちなところがあります。

【経営陣や社長との距離】どちらかというと近いと思う。社員規模(1000人)を考えれば階層は少なく、イベント(四半期ごとの業績報告、CSR活動)で接する機会はもうけられている。

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/11/ |

日本メドトロニックの評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

日本メドトロニックの福利厚生やオフィス環境についてはどうでしょうか。実際にその場所で働くとなると、環境について実際に働いている人の評判は重要です。

オフィスは全体的にキレイなビルに入っていて、備品の発注や管理を自由にできます。数年前にフリーアドレスになり、席数が人数分に満たないオフィスもあるため、手狭なところもありますが、特に本社は設備が充実しています。

福利厚生面では健康に配慮した制度もあります。

比較的どこのオフィスも綺麗めのビルに入っており、手狭であっても不自由はあまりないです。備品の発注や管理はかなり自由

出典: https://en-hyouban.com/company/10006943498/3/ |

日本メドトロニックの新卒・中途採用情報・転職情報

日本メドトロニックの事業内容や評判、口コミを見て、転職先として関心を持たれた人は多いでしょう。現在、日本メドトロニックで新卒や中途採用などの受け入れは行っているのでしょうか。また、受け入れを行っている場合、どのような職種でしょうか。

ここでは、日本メドトロニックへ新卒採用、中途採用された場合の職種などの情報について見て行きます。

日本メドトロニックの新卒・中途採用職種

採用には新卒採用と中途採用がありますが、日本メドトロニックでは新卒、中途採用でそれぞれどのような職種を募集しているのでしょうか。転職活動を検討している人はほとんどが中途採用ですが、中には若い人が第二新卒として転職活動をする場合もあります。

新卒採用での職種と中途採用での職種についてそれぞれ見ていきます。

日本メドトロニックの新卒採用職種

日本めとどろにっくでは現在、新卒採用をあまり行っていません。2018年度の採用実績によると、募集人数は20名ほどですが採用職種は主に営業職です。全国転勤を伴います。

営業で経験を積んだのち、培った経験や知識を生かして、マーケティングや臨床開発などの専門分野へチャレンジしていきます。また、一部では内勤者の募集も行っていますが、勤務地は東京と大阪のみです。

日本メドトロニックの中途採用職種

日本メドトロニックの中途採用についてはどうでしょうか。中途採用は営業職だけでなく薬事申請担当者、品質保証担当者、臨床開発担当者、マーケティング担当者など多岐に渡る募集を行っています。

いずれの職種も3年以上の実務経験が必要である他、グローバル企業だけあり、英語でのコミュニケーションに抵抗がないことや英文読解力があることが求められます。英語力を活かして転職を検討している人にはチャンスが大きいです。

日本メドトロニックに転職した場合の労働環境

日本メドトロニックに実際に転職した場合、労働環境はどのようなものでしょうか。週2回在宅勤務が可能でフレックス勤務もあり、裁量がかなり自由です。

子供のお迎えのために早く退社する人や、子供のお世話のために在宅勤務にする人もいます。また、休暇も長く取ることができます。

日本メドトロニックの給与と福利厚生(待遇)

日本メドトロニックに実際に転職すると、給与や福利厚生などの待遇はどのようになっているのでしょうか。給与や福利厚生は転職後の生活を左右する重要な判断材料です。

前項で実際に働いた経験のある人の評判や口コミも見ましたが、日本メドトロニックの給与や福利厚生についてもう少し詳しく見ていきます。

日本メドトロニックの給与

前述のとおり、日本メドトロニックの年収の平均は、正社員で働く30代男性の場合で875万円です。インセンティブ賞与700万円を含めての金額ですが、年収は他の業界や競合企業と比べてもかなり高いです。

なお、インセンティブのない職種の場合の年収はリーダークラスで600万円から700万円、営業部長クラスで年収は1200万円前後です。40代のセールスマネージャーの場合には年収が1500万円を超えてきます。

日本メドトロニックの生涯賃金

では、日本メドトロニックでの収入を生涯賃金で見たときにはどうでしょうか。平均年収.jpによると日本メドトロニックの生涯賃金は推定37,625万円です。日本の平均生涯賃金が17,845万円なので、平均の倍以上の生涯賃金です。

ただし、これは新卒から定年まで働いたものとして算出されています。日本メドトロニックは中途採用で入る人が多く、途中で退職する人も多いため、実際にこれだけの賃金を得る人は少ないです。

日本メドトロニックの福利厚生(待遇)

日本メドトロニックの福利厚生はどのようなものでしょうか。

日本メドトロニックは福利厚生が充実しています。住宅補助が手厚く、また社内にマッサージ室があってハリ治療を受けることもできます。

母体がアメリカの企業ということもあり、勤務時間が柔軟であったり在宅勤務があるなど女性が出産してからも子育てしながら働ける体制が整っています。

また有給休暇以外にリフレッシュ休暇もあり、リフレッシュ休暇手当も支給されます。

日本メドトロニックについて理解を深めて転職を検討しよう!

日本メドトロニックの事業内容や評判、給与などの待遇について見てきました。実際に転職したい先として関心を持たれた人もいらっしゃるでしょう。

転職活動で失敗しないためには、漠然としたイメージや先入観だけで活動してしまわず、しっかりとイメージや情報を押さえることが重要です。日本メドトロニックに関心を持った人はぜひ、日本メドトロニックをしっかりと理解し、転職したいかどうかを検討しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related