Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月16日

転職で失敗しないための注意点6つ|東京コンサルティングファームの評判と将来性

1991年の設立以来、事業戦略・システム戦略を主たる事業領域として、日本国内の主要企業および官公庁・地方自治体等に対するコンサルティングを行なっています。正しい価値観に基づき、社会貢献に繋がる企業活動を徹底する仕組みの確立の支援に、一生懸命知恵を絞ります。

転職で失敗しないための注意点6つ|東京コンサルティングファームの評判と将来性

東京コンサルティングファーム

東京コンサルティングファームでは、ソフトウェア・情報処理、コンサルタント業務、人材業務などを扱っています。
転職活動をするときなどで、目にすることも多く、企業と求職者を繋いでいます。

東京コンサルティングファームは、世界にも進出しており世界27カ国44拠点、フィリピン、インド、インドネシア、トルコ、ミャンマー、ベトナム、メキシコ、バングラデシュなどにも拠点があります。
日本では東に本社がある会社です。

東京コンサルティングファームの事業内容

東京コンサルティングファームの主な事業内容は、コンサルティングです。
人事労務・組織コンサルティング、財務コンサルティング、常駐型コンサルティング、海外進出コンサルティング、ITコンサルティングなどを行っています。

その他にも人材紹介等も行っており、転職を行う方にアドバイスを含め、企業を紹介しています。
将来どんな仕事につき、何をしたいかも含め東京コンサルティングファームでは幅広い業務を行っています。

東京コンサルティングファームの経営状況

東京コンサルティングファームは6年連続売り上げがアップしており、経営状況は良好です。
今後もコンサルティングやIT関連の業界は伸びていく傾向があり、市場価値はあがる見込みです。

東京コンサルティングファームは少子化や人力不足と言われる昨今に対し、若手社員も多く、将来的にも成長が見込めます。
これから世界にも進出していきたいという方もチャンスが多く、スキル、知識、経験を会社と共に伸ばしていけるでしょう。

東京コンサルティングファームの経常利益

東京コンサルティングファームの売り上げ高は、2017年12月で16億6000万円でした。
現在のところ、東京コンサルティングファームは上場しておりません。

東京コンサルティングファームの資本金は、2017年の時点で、5,000万円となっております。
創業1998年、設立2006年の企業であり、これからも成長が期待できる注目の企業の1つです。

東京コンサルティングファームの利益率・負債比率・借入比率

東京コンサルティングファームは、非上場の企業のため、利益率・負債比率・借入比率の実際のところ詳細は不確かです。
一般的にコンサルの業界では、利益率は約35%と言われており、この数字を東京コンサルティングファームにあてはめると、約5億8000万円ということになります。

低いところで利益率は20%ほどであり、この場合だと利益率は、約3億3000万円ということになります。

東京コンサルティングファームの将来性

東京コンサルティングファームの社員の平均年齢は28歳ととても若く、将来に向けての人材育成も行われており、将来性は明るいと言えます。
人材不足や高齢化社会により、RPAなどを導入して人件費を削減する会社も多いですが、若い社員を積極的に採用し、人材不足に対応しています。

日本のみならず、海外にも拠点をおいているため、日本経済が衰退していても他国でカバーできる可能性もあるので、将来的にも期待ができます。

転職で失敗しないため注意点6つ

転職をお考えの方に、失敗しないための転職のポイントをご紹介しますので、ぜひともご参考にしてください。
今の職場に満足しておらず転職を検討しているという方は、まずは転職についてをよく考えてみましょう。

ステップアップや給料アップができ、現状よりも悪化しない転職をするためにも計画と準備が必要です。
今より好条件な職場を見つけて転職を成功させましょう。

注意点1:できるだけ在職中に転職活動を行うこと

転職を行う際は、できる限り在職中に行うことを頭においておきましょう。
面接の日程の調整など、在職中ですと難しい場合もありますが、在職中の転職活動の方が、企業からの目線も印象がよいです。

また、次の職場が決まる前に退職をしてしまうと、収入もなくなってしまい、すぐに転職ができなければ、生活費の確保ができないという問題を抱えるケースがあります。
万が一先に離職する場合は、十分な貯蓄を確保しておきましょう。

注意点2:自分の「市場価値」を高く設定し過ぎないこと

転職が失敗しないためにも、自分の市場価値を再確認する必要があります。
自分のスキルや経験以上に高く設定してしまうと、転職がうまくいかず内定をもらうことが難しくなります。

転職は企業も即戦力を求めているため、自分の能力に満たないジャンルや職種に応募しても書類選考で落ちてしまうということも珍しくはありません。

注意点3:漠然としたイメージや先入観だけで仕事を選ばないこと

転職を検討するときには、何をしたいのか、将来設計、条件、特に職種についてはできる限り具体的に絞って探しましょう。
漠然とただ転職したいというだけでは、的が定まらず成り行きになってしまいがちです。

なんとなく転職ができても、ただ再就職ができただけというだけで、成功したことにはなりません。
転職後に働き出してから成功したがわかります。

注意点4:今の仕事を「辞めない」という選択肢も捨てないこと

転職で失敗しないため、転職をきちんと検討した上で、転職しないという選択肢もあるということも頭においておきましょう。
転職したからといって、必ず希望の職に就けるとは限りません。

また、転職を考える理由が一時のことであったり、改善可能な問題もありますので、本当に転職がベストなのかを今一度考える必要があります。
転職理由によっては、転職をしなくてもよいケースがあります。

注意点5:何が自分の優先条件なのか明確化しておくこと

転職で失敗しないためにも、優先する条件を明確にすることが大切です。
条件を考えるときには、将来のことも含めて考えることがポイントです。

例えば、転勤の有無や育児休暇などの福利厚生なども、働くにあたって必要な項目です。
求める条件にランキングをつけることで、自分にあった職種を探すことができるため、転職が成功しやすいです。

注意点6:転職先で必要となる知識やスキルの習得を行っておくこと

転職で失敗しないためにも、自分自身のスキルアップのための勉強を行いましょう。
転職先で必要になる、資格などは今のうちに取得しておくことをおすすめします。

その資格があることで、希望の企業に転職できる可能性が高まることがあります。
自己啓発を行うことはとてもよいことなので、転職の有無にかかわらず、心掛けるようにしましょう。

東京コンサルティングファームの評判・口コミ11選

東京コンサルティングファームの口コミや評判についてご紹介します。
コンサルティング業務に挑戦しようとお考えの方にも必見です。

部署にもよって条件が異なることはありますが、ご参考にしてください。
条件別でご紹介しますので、どの条件を重視して転職活動するかによっても、口コミと評判はとても役立ちます。

東京コンサルティングファームの評判・口コミ1:年収・給与(給料)

東京コンサルティングファームの口コミでは、年収に不満がある方が多く、良いとは言えない結果となっています。
給与面を重視する方には向かない可能性が高いです。

給与が全てではありませんが、結婚をして子供ができると実際には金銭面は欠かせないものです。
さらに、マイホームや車を購入したり、休日には家族で海外旅行などに行きたいという方には、給料が低いと生活が厳しと感じる方も少なくはないでしょう。

最低限のみの給与しか出ない。社内規定で階級ごとの給与が定められているが、全く守られておらず、階級があがり責任へ付けられるが、給与は全く上がることはない。なので、全く結婚には向かないので、結婚を考える人は殆ど退職し、働いている人は独身者かつ若い人しかいない。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/2716... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

ボーナスに関しては、年収の口コミから考えると、同じく良いとは言えないでしょう。
管理職や代表が決めている可能性が高いという口コミがあるように、ボーナスは評価によって定められていないのでしょう。

新卒の時には、ボーナスも企業によってそこまで差がないものの、社会人歴を重ねるに連れて、ボーナスの金額の差は企業によって大きく広がってきます。
ボーナスが悪いとある程度の年齢になると転職する方も増える可能性があります。

【昇給の頻度や金額】昇給は資格に応じて行われます。額面に関しても特に定まってはいないようですので、代表、管理職の方々が決めていると思われます。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/422381/ |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

休日はカレンダー通りで、土日祝がお休みです。
有給も取れやすいとのことですので、お子様がいる方も運動会などのイベントも有給を取って参加ができます。

また、旅行がお好きな方も有給が取りやすいことはとてもメリットになります。

カレンダー通りに、必ず休みがとれます。有給もとりやすく、滅多に休日や祝日に出勤することもありません。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

東京コンサルティングファームでは、自由でチャレンジ精神が強い仕事のスタイルで、評価は過程よりも結果が重視の傾向が強いです。
どのようなやり方でも、結果を出すことで評価されています。

しかし、研修なども充実しており、社内制度は比較的、満足度が高いです。
コンサルティングのスキルは、知識というよりかは、経験やプレゼンテーション力のアップが重視されています。

"10日間の入社前研修
あさけん
の制度がある。10日間の入社前研修では3分間スピーチを毎日やり、人前でしゃべる訓練をしたり代表の著書を毎日のように読みなおす。
あさけんも基本的にはスピーチの練習。一応主旨が3つあり、
・相手に気づきや感動を与える
・話手のスピーチ力の向上
・聞き手の質問力の向上がある "

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/2388... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

東京コンサルティングファームの口コミでは、女性が働きやすい印象を受けます。
男女に差がなく、女性も即戦力として活躍できる環境になっております。

女性が得意とする分野や仕事をうまく活かしながら、経験値をあげることができ、長く働くにも適していると言えます。

女性であることをメリットだと考えて行動したり、何があっても毅然とした態度でいる必要はある。代表との関係に苦労しなければ良い環境だと思う。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

東京コンサルティングファームでの口コミでよく見られる、新しいことにチャレンジができる、自分の裁量で自由に仕事ができるというように、外資系企業のような社風を感じられます。
決められたことをこなすよりも自分で仕事を進めていきたいという方におすすめです。

実際に入社前に受けた口コミでの印象と、入社後の仕事の進め方にそれほど差異はないように感じられます。

【新しいことにチャレンジしやすい環境か】派遣では期間設定があるため、様々な業界をみることができます。社内コンサルタントも挙手や意欲で希望のポジションにいくことができます。もちろん人が充足してるときもあるし能力が足りてないときもありますがあきらめなければ叶います。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/2103... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ7:転職・採用面接

東京コンサルティングファームに転職をお考えの方は、自分で仕事を企画したり、新しいことにチャレンジしたいという意欲を伝えるようにしましょう。
マーケティングや企画が得意な方に向いていると言える企業の1つです。

ルーティーンワークよりも独創性のある仕事をすることが好きな方や、はっきりと意見を持っている方などに好まれています。

自由なので何でもしたいように出来る。売り上げはえ上がればいいので、自身で企画して実行が出来る。また、上長の管理を緩く、全くないのと遜色ないので自由に進められる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/2716... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ8:やりがい

東京コンサルティングファームでは、自分自身の意欲によっては仕事のチャンスはいくらでもあります。
上層部の方と一緒に仕事をすることもあり、仕事を学ぶことができるため、次の目標も見つけやすくやりがいを持てます。

やりがいを感じることはやる気と比例するため、仕事をすることが楽しいと感じる社員も珍しくはありません。
能力を十分に活かせる環境が多いため、自分の仕事の幅を広げることができます。

ある意味望めば、人が辞めれば、あらゆる仕事に空きが出るため挑戦し放題になる。代表と仕事をすることも、能力ややる気があればすぐにチャンスが回ってくる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ9:会社の強みと将来性

東京コンサルティングファームの口コミでは、研修もあり日々の仕事のなかで教育を受けられるため、自分の成長を感じることができます。
そのため、将来的にどうしたいのかとステップアップができ、自分の強みを伸ばすこともできます。

これらのような社員が多く在籍する企業の将来は明るく、長期で務めるにも適しているといえます。

他人に与えること、社会に価値を提供しつづけること、仕事をする上での心構えに対する教育が毎日の研修で行われているため、常に意識することができる。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

経営者がかかげる経営理念に関して不満を抱える社員もいるようですが、コミュニケーションや思考の幅を増やすことで改善も可能であるといえます。
個人の意見と全体の意見では別々の目線での着眼点に至るケースもありますが、東京コンサルティングファームの口コミでもそれらの状況が感じられる意見もありました。

理念の浸透と個人の考え方は分けて考えて、納得いかないことも徐々に思考を改めていかないと、苦痛に感じてしまうことがあるかもしれない。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

東京コンサルティングファームでは、現代的なオフィス作りがされており、社員同士のコミュニケーションが図りやすい工夫もされています。
社員同士の仲がよくなると、仕事でもよい効果をもたらすと言われています。

特に東京コンサルティングファームの口コミで多かった意見が、有給の取得が可能であることです。
ワークライフバランスを保つためにも、有給取得などの福利厚生を重要視する方にはおすすめの企業です。

オープンオフィスでグループ法人同士の社員の顔が見える。毎日社員で清掃を行う習慣があることが自らの躾にもなっていて良いと思う。

出典: https://en-hyouban.com/company/10097224574/kuchikomi/3859... |

東京コンサルティングファームの新卒・中途採用情報・転職情報

東京コンサルティングファームでは、社員の平均年齢が低く、新卒者も積極的に採用しています。
また、口コミでみている中でも、離職率も決して低いとは言えないため、中途採用者の採用も行っています。

コンサルティング業務では、他業種などの経験を活かしてユーザーに企画の提案をすることも多く、中途採用者の経験を活かせる場も少なくはありません。
採用に関しては、人物重視という印書が強いです。

東京コンサルティングファームの新卒・中途採用職種

新卒者や中途採用者であっても、経験にかかわらず、基本的にはコンサルティング業務を担う可能性が高いです。
東京コンサルティングファームでのメインの業務はコンサルティングなため、新卒者でも将来のコンサルタントのエキスパートになるために業務を行われています。

コンサルティングと聞くと、難しく聞こえる方もいますが、企業の発展を助けるお仕事です。
多数の業種の企業に携われるため、やりがいを感じられるお仕事です。

東京コンサルティングファームの新卒採用職種

東京コンサルティングファームでの新卒者向けの求人は、コンサルティング業務がほとんどです。
新卒者は入社後、研修を終えたから先輩社員の動向で企業訪問やプロジェクトの進行に携わっていきます。

仕事を受け持つ企業の日常業務を理解して、問題定義や問題解決案を出し、未来の発展のためのコンサルティングを行っていきます。

東京コンサルティングファームの中途採用職種

東京コンサルティングファームの中途採用者も新卒者同様にコンサルティング業務に従事します。
中途採用者はこれまでの職務経歴があるため、即戦力になれることが多く、得に、製造、販売、調達、会計、IT関連の経験がある方が有利であると言われています。

顧客は資金関連に対してのアドバイスや助言も求めている方も多く、それらの職種に携わっていた方の意見は説得力もあり、理想のアドバイスができる可能性が高いです。

東京コンサルティングファームに転職した場合の労働環境

東京コンサルティングファームでは、基本的に自由な職場作りであるという口コミが多く、スケジュールなども自分でアレンジができるでしょう。
コンサルティング業務には企業からのヒアリングも大切な業務なため、外出も多くなる見込みです。

クライアントとのコミュニケーションをする機会も多く、デスクワークはあまり多くない環境となるでしょう。

東京コンサルティングファームの給与と福利厚生(待遇)

転職の際に最も気になる、東京コンサルティングファームの給与や福利厚生、待遇などをご紹介します。
給与や福利厚生などがよいことで仕事のやりがいにつながることもあります。

東京コンサルティングファームの求人を見てみましょう。
転職をする際には、仕事の環境だけではなく、福利厚生などの会社の待遇でプライベートとの両立をうまくできるかも左右されるためとても大切なことです。

東京コンサルティングファームの給与

最近では、新卒者が売り手市場となっており、多くの企業で人材不足を感じています。
リーマンショックのときから比べると、新卒者の初任給はあがっています。

東京コンサルティングファームの新卒者の求人では、職種にもよりますが、約23万の月給となっています。
他社に比べると特別、悪い金額ではありません。
しかし、口コミなどでは28歳の平均年収が約290万円とやや低めとなっています。

東京コンサルティングファームの生涯賃金

東京コンサルティングファームでは、福利厚生の1つとして、厚生年金があります。
その他に近い制度としては、退職金がありますが、会社の規定に基づき支払われます。

最近、よく耳にするようになってきました「前払い退職金制度」も導入しています。
前払い退職金とは、毎月の給料から年金を差し引かずに、掛け金を先に支払われることを言います。

東京コンサルティングファームの福利厚生(待遇)

東京コンサルティングファームの福利厚生は一般的であり特別悪くも、よくもないでしょう。
しかし、有給は取りやすいため、プライベートを充実させたい方には待遇がよいと感じる方も少なくはありません。

また、待遇の1つとして、海外にも拠点があるため、語学が得意で海外出張や駐在を望む方は、希望が叶う可能性があります。
新卒者であっても海外勤務を希望することは可能です。

東京コンサルティングファームについて理解を深めて転職を検討しよう!

東京コンサルティングファームのご紹介はいかがでしたか。
東京コンサルティングファームに転職をお考えの方は、きちんと調べて理解した上で、応募を検討しましょう。

しっかりと調べずに入社した場合、おもっていた内容と違うということもあり、転職に失敗したと感じることもあります。
転職をするのであれば、安易に考えずに、今よりも好条件で満足ができるところを探しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related