Search

検索したいワードを入力してください

アマゾンジャパンの評判・口コミ11選|経営状況と将来性

初回公開日:2019年07月10日

更新日:2019年09月06日

記載されている内容は2019年07月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職する際に気になるのは、会社の評判でしょう。アマゾンジャパンは知る人ぞ知る有名な会社ですが、不鮮明な部分があるのは否めません。そこでアマゾンジャパンの経営状態と将来性、口コミ評価について取り上げます。会社について把握すれば、ミスマッチも防げるでしょう。

アマゾンジャパンの評判・口コミ11選|経営状況と将来性

アマゾンジャパン

アマゾンジャパンの勢いは留まることを知らず、転職先として視野に入れている方も多いでしょう。

アマゾンジャパンは、説明不要のショッピングサイト・アマゾンを運営している会社です。しかし肝心の事業内容や経営状況について、「知っている振り」になっていないでしょうか。会社について曖昧になっていては、転職は難しくなります。

転職を成功に導く第一歩として、アマゾンジャパンの事業内容や経営状況について取り上げます。

アマゾンジャパンの事業内容

アマゾンジャパンの事業内容は、「Amazon.co.jp」の運営サポートです。

Amazon.co.jpは、アメリカの「Amazon.com」が国外で運営しているサイトの1つです。書籍・CDなどを取り扱っており、サイトから直接購入できます。最近は通販だけでなく、動画・音楽配信や電子書籍配信サービスも承っています。

アマゾンジャパンの経営状況

アマゾンジャパンの経営状況は、かなり良好と評判です。

小売業全体では訪日外国人が増加したこともあり、景気は安定しています。ただし業績が良い企業と悪い企業の差は大きく開いており、楽観視できない状態であるのは否めません。

アマゾンジャパンはというと、業績が良い企業のグループに属しています。合同会社の強みである機動力の速さを活かし、安定感があります。

アマゾンジャパンの経常利益

アマゾンジャパンの経常利益は12億5,920万円、アマゾンジャパン・ロジスティックス株式会社の経常利益は20億700万円でした。

ただしデータは平成28年時点の数字です。現在2社は統合されて、アマゾンジャパン合同会社となりました。だから、平成30年の最新経常利益についてはハッキリしていませんが、おそらく20~30億円前後と想定できます。

アマゾンジャパンの利益率・負債比率・借入比率

アマゾンジャパンの利益率・負債比率・借入比率は以下のとおりです。

・利益率2.53%
・負債比率24.5%

気がかりなのが、利益率の低さです。しかしアマゾン側の低利益率は、そこまで深刻には捉えていません。「利益率はいつでもコントロールができる」と、言わんばかりの様相を呈しています。

アマゾンジャパンの将来性

アマゾンジャパンの将来性は、大いに期待できるでしょう。

アメリカのアマゾンは、「商取引の世界で敵はなし」「世界の経済を牽引している会社」と評判です。また非常に若い会社でもあるので、現在進行形で成長を続けているのも、将来性が期待できる理由です。

ただし「100%絶対大丈夫」と、断言するのは難しいところではあります。「アマゾンが今後どう成長するか」が、将来性の鍵を握ります。

アマゾンジャパンの評判・口コミ11選

アマゾンジャパンで、実際に働いた人が寄せた口コミ評判を11個紹介します。

口コミ評判からは、外資系特有の特徴が滲み出ています。口コミ評判をしっかりと読んで、ミスマッチを防ぎましょう。

アマゾンジャパンの評判・口コミ1:年収・給与(給料)

アマゾンジャパンの給料や年収に関する口コミの評判は、そこそこ良好です。

給料は評価によって大きく決まり、完全な実力主義社会です。従業員全員には、レベルがつけられます。レベル1が倉庫管理のアルバイトで、レベル3からは正社員です。

アルバイトの場合は時給1050円と高い時給というほどではありませんが、役員クラスになればかなりの高収入が期待できます。

半年、又は一年毎に昇格、昇給のチャンスがあり、評価のフィールドバックがあるので、自分の弱いところ強みを知ることができる

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/1/ |

アマゾンジャパンの評判・口コミ2:ボーナス(賞与)

アマゾンジャパンのボーナスに関する口コミ評価は、賛否両論に分かれています。ボーナスはないものの、代わりとしてアマゾン・ドット・コムの株が支給されているからでしょう。

ただし株がボーナスとして手元に来るのはレベル4以上の従業員で、今すぐに現金化できる訳ではありません。株式を支給するアマゾンのボーナス制度に対しては、マイナスの口コミ評価も見かけました。

外資系企業の特徴である年俸制のため、ボーナスがないが、年俸の1/12が支払われる形態のため月額の給料は高い。

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/1/?pagenum=5 |

アマゾンジャパンの評判・口コミ3:労働時間・勤務時間・残業・休日休暇

労働時間に関する口コミ評価は、他の会社とほとんど変わりません。ただシフトに関しては、「融通が利かない」という評判が出ています。

シフトは入札制となっており、希望する時間帯に必ずしも働けるとは限りません。一方で、「アマゾンジャパンは働きやすい」の評判もあります。繁忙期になると残業はありますが、無理矢理な残業はほとんどありません。休暇も取りやすいと評判で、長期休暇の取得も可能です。

8時間勤務で平均残業は30時間くらいですね。普通な方だし、残業はきちんと支払われます。サービス残業はありませんよ

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/2/g/?pagenum=3 |

アマゾンジャパンの評判・口コミ4:人事制度・評価制度・社内制度

社内制度や人事・評価制度に関するアマゾンジャパンの口コミ評価は、完全実力主義です。

評価に関しては、上司だけでなく同僚や部下からの評判も対象です。一方だけ突出すれば良いという訳ではないので、シビアです。仕事の成果を目に見える形で示さなければ、居場所はなくなります。

ただ完全実力主義制度なので、働きがいを求めている人なら、居心地が良い会社と言えるでしょう。

やる気のない社員、のびしろのない社員はどんどん無視されていく。契約社員に至っては、本年度から一年契約になったらしく素行不良や欠勤が多いものはどんどんふるいにかけられて行く。

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/4/k/?pagenum=2 |

アマゾンジャパンの評判・口コミ5:女性の活躍・女性の働きやすさ

アマゾンジャパンの口コミ評判で最も多く見られたのが、「男女の差別はない」でした。

産休や育休も取りやすく、休みが明けても受け入れ体制が万全に整っているため、戻りやすくなっています。妊娠したからとは言え、退職に追い込まれることもありません。女性管理職も多く、女性にとっては働きやすい会社と評判です。

男女で特に差はつけられないので、バリバリ働きたいという方には働きやすいと思います。産休、子育てのための育休、時短勤務などもあり、活躍している女性社員は多数います。

出典: https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a09100000... |

アマゾンジャパンの評判・口コミ6:入社理由と入社後の印象

入社理由と入社後の印象に関する、アマゾンジャパンの口コミ評判は、スキルのギャップでした。

入社理由としては、知名度の高さ・キャリアアップ・自分らしく働けるなどがあげられます。世間一般に流れているアマゾンジャパンの評判はかなり高く、転職希望者はあとを絶ちません。

ただ入社後、入社前に聞いていたスキルレベルが違うという声が多くみられました。口コミからは、非常に高いレベルが要求されていることがわかります。

面接時に仕事内容は教えてもらえなかったため、入社後にえ!?こんな仕事するのって思った。入社前に仕事内容が分からないのは自分のやりたい仕事でなかった場合モチベーションを保てにくい。

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/8/ |

アマゾンジャパンの評判・口コミ7:転職・採用面接

アマゾンジャパンの面接に関する口コミ評価は、「非常に難しい」でした。

面接で難しい質問をする理由は、アマゾンに相応しい人物かどうかを判断するためです。難しい質問を問いかけられた時に出てくる、人間性を見ています。だから、答えがわからない質問が来たら、素直に「わかりません」と答えるのが最善策と言えるでしょう。

「難しかった質問」
ホワイトボードに良く簿記等で見る問題を書かれてそれを解くように求められた。かなり昔にやったような問題で解答の方法を忘れていたのできつかった。

出典: https://careerconnection.jp/review/57835/interview/ |

アマゾンジャパンの評判・口コミ8:やりがい

口コミ評判を見てみると、アマゾンジャパンでは結果が全てなので、仕事のやりがいはあります。しかし仕事内容はかなりシビアで、一部悪い評判が出ているのも事実です。

アマゾンジャパンにはRIP制度があり、業績がおもわしくない従業員に対して改善通知をします。見方を変えれば、優秀な人材を確保することに力を入れていると捉えられます。

ネットショッピング業界では業界一位ですし、USのテクノロジーや、アイディアは世界一だと思います。早いテンポの中で迅速に問題解決しそのペースについて行ける人はとても働き甲斐のある環境だと思います。

出典: https://careerconnection.jp/review/57835/kutikomi/filter-... |

アマゾンジャパンの評判・口コミ9:会社の強みと将来性

アマゾンジャパンの会社の強みと将来性に関する口コミの評判は、絶対王者と言わんばかりのものでした。世界経済を牽引している企業として君臨しているので、将来性も確かです。

しかし、不安要素が全くないという訳ではありません。「敵なし」と評判になっていた企業も、数年後には倒産してもおかしくない世の中です。安穏として企業に頼るのではなく、自分自身で動いて働くことが求められています。

現在、この会社が負ける理由が見当たらない。B to Cでインターネットをうまく利用した事業。まさに時代のトップランナー。合理的な仕事の進め方が日々の業務に詰まっており、この貨車で働くことはキャリアにとどまらず日常生活にも役に立つと思う。

出典: https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a09100000... |

アマゾンジャパンの評判・口コミ10:経営者(社長)の魅力・手腕

アマゾンジャパンの経営者に関する口コミの評判は、高いカリスマ性です。

経営者の動向は大きなニュースになるほどで、アマゾンの経営手腕に関する本も多く見受けられます。しかし高いカリスマ性が災いしてか、経営者との距離感の遠さにネガティブな評判も出ていました。

誰しもが知る大企業の経営者となると、距離感の遠さはどうしようもありません。経営者と従業員との距離感をどう捉えるかが、重要な鍵となりそうです。

グローバルのCEOは有名なカリスマ経営者で、やはり彼の話すことはみんな興味を持って聞く。会社が大きくなりすぎたから難しい面もあるが、ぜひまた日本に来て直接社員たちと話す場を設けてほしいと思う。

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/11/ |

アマゾンジャパンの評判・口コミ11:福利厚生・オフィス環境

アマゾンジャパンの福利厚生・オフィス環境に関する評判は、かなり高いです。

東京都目黒区にある本社は高級ホテルと見間違えるほど設備が充実しています。社内には社員専用のカフェまであり、ちょっとしたエンタメ施設です。

福利厚生に関しても、充実しています。アマゾンジャパンでは福利厚生を充実させることにより、従業員に働きやすい環境を提供しています。

フリーベンダー(無料の飲料自動販売機)があり、正社員もそれ以外も自由に利用できる。デスクは固定使用ではなく、その日ごとに自由に使える(例・エアコンの風が直接当たらないところが良いなど)

出典: https://en-hyouban.com/company/10053078202/3/ |

アマゾンジャパンの採用情報

ネットで検索すれば、アマゾンジャパンの求人はすぐに見つかります。しかし求人に詳しい採用情報までは、書かれていません。

転職を希望するのならば、採用情報は必ず抑えておくべきです。アマゾンジャパンの採用情報について紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。

アマゾンジャパンの採用職種

アマゾンジャパンの採用職種は数多くあります。

商品の仕入れを担当するリテール、物流ネットワークの運営を行うサプライチェーンマネージメントなど幅広い職種に募集があります。説明会で職種を選び、それぞれの部門で選考を行う形です。

応募する際に技術はあるに越したことはありません。しかし、アマゾンジャパンでは、現在流行の技術を習得していることよりも、先を見通す力があるのかを採用の基準としています。

アマゾンジャパンの労働環境

アマゾンジャパンの労働環境に関して、厳しい評判が出ています。

しかし、ただ結果を求めるのは、何処の会社でもあることです。アマゾンジャパンでは、結果を出すための環境が整っています。上手く合えば、良い労働環境になってくれるでしょう。

アマゾンジャパンの給与と福利厚生(待遇)

働きやすい会社かどうかを判断する指針材料として、給与と福利厚生があります。

アマゾンジャパンは知る人ぞ知る大企業だからこそ、給与と福利厚生は期待できると評判です。しかし、実際の待遇がどうなっているのか、はっきりしないのが現状です。

転職する上で押さえておきたい、アマゾンジャパンの給与と福利厚生について取り上げます。

アマゾンジャパンの給与

アマゾンジャパンの給料支給日は、毎月25日です。

5月1日に入社したら、5月25日に基本給が支給される仕組みです。ただし5月11日以降に入社した場合は、翌月6月25日が給料日となります。通勤手当は月額5万円までなら、支給されます。

ただし給料額は、従業員のレベルによって大きく変わります。実力が認められると、年収1000万円も夢ではありません。

アマゾンジャパンの生涯賃金

アマゾンジャパンに新卒で入社し定年まで働いた場合、生涯賃金はおよそ3億6000万円です。他の企業の生涯賃金が1億7000万円と考えると、およそ倍近くの賃金が得られる計算になります。

得られる生涯賃金が高いとなると、心惹かれるものがあります。入社後もスキルアップを欠かさなければ、高い賃金も夢ではありません。

アマゾンジャパンの福利厚生(待遇)

アマゾンジャパンでは、会社成功は従業員があってこその考えを持っています。従業員の健康維持をサポートするため、福利厚生の充実ぶりは評判になっているほどです。

社会保険や確定拠出年金は言うに及ばず、独自に「アマゾンジャパン健康保険組合」を設けています。

アマゾンジャパン健康保険とは、会社が独自に設立した健康保険組合のことです。厚生労働省から認可を受けているため、医療費削減などのメリットがあります。

アマゾンジャパンについて理解を深めよう!

今回はアマゾンジャパンの評判や口コミ、経営状況と将来性について取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。

有名な会社だからこそ、良い評判だけでなく悪い評判も出てきます。重要なことは評判ではなく、会社でどう働きたいかによります。働く目的がハッキリしていれば、転職成功は現実のものとなるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related