Search

検索したいワードを入力してください

PHPエンジニアが年収アップするために必要なこと

初回公開日:2016年12月14日

更新日:2019年11月27日

記載されている内容は2016年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

PHPエンジニアが年収アップするために必要なこと

PHPエンジニアが年収アップするために必要なこと
目次

     

    皆さんは現在、業務内容や活躍に見合った収入を得られているでしょうか?

    給与は仕事をする上で見逃せない要素の1つ。年収となると、結婚やローンなど、人生の仕事以外の部分にも深く関わってくるものです。「少しでも年収をアップさせたい」と考えている方は多いでしょう。

    今回は、エンジニアの中の「PHPエンジニア」に注目して、平均年収や年収アップに必要なことをご紹介していきます。

    PHPエンジニアの平均年収の現状。年収アップに繋げるには

    まずはPHPエンジニアの平均年収の現状を見ていきましょう。「FindJob!」の調査(※1)によると、2015年10月に発表されたPHPエンジニアの平均年収は、総支給額で456万円となっています。

    中には年収900万円以上という方もおり、一方で年収が299万円以下という方もいます。更に細かいデータを見ていきましょう(※1)。(※数値は手取りではなく支給額)

    • 299万円以下:1%
    • 300万円代:24%
    • 400万円代:38%
    • 500万円代:21%
    • 600万円代:10%
    • 700万円代:3%
    • 800万円代:2%
    • 900万円台:1%

    平均年収400万円台が一番層が厚いようです。その次に300万円台が続いています。

    ※1:「Find Job!」(手取りではなく支給額)

    PHPエンジニアという職業の将来性

    次にPHPエンジニアという職業の将来性について、見ていきましょう。

    PHPは、今やさまざまなwebサイトやシステムなどに使われていて、今後もPHPの利用は進んで行きそうです。現在では世界の2億4400万サイトにおいてPHPが利用されており、実に世界の39%に当たります(※2)。

    PHP Tlend(※2)

    トレンドとして見ても、若干の減衰はあるものの、依然として右肩上がりの傾向があり、PHPエンジニアの需要は、将来的にも上がっていくと見られています。

    ※2:PHP just grows & grows

    年収アップには「技術の向上」または「マネージャー的方向」

    年収アップについて、待遇の良し悪しを元に、求人条件を比較してみました。給与の高い求人条件とそうでない条件との間には主に「技術面」と「マネージャー面」という2つの違いがありました。

    待遇の良い求人では、PHP開発経験だけでなく、DBサーバーの構築経験や、はたまたJavaScriptなどのフロントエンド側の開発経験であったり、オープンソース環境での開発経験などを求められています。よりその企業での開発にマッチした人材、そしてすぐに開発に加われる人材を求めているようです。

    また、開発の技術を持ち合わせたうえでの、マネージャー職も求人において年収が高く設定されていました。開発全体を指揮する人材が求められているようです。

    現在PHPエンジニアの方が、今後年収アップを目指すのに必要なのは、他のPHPエンジニアに差をつけられる、αの技術や、作る中での1つ上のレイヤーに上がることです。

    年収アップの最前提:「正当に評価する会社であること」

    年収アップの前提として「スキルと実績を正当に評価する会社」で働くことがあります。もし評価する仕組みが社内にない企業に勤めている場合、スキルアップを行っても、年収アップには繋がりません。評価制度の整った企業に転職することで年収アップを実現することができます。また、「技術の向上」「マネージャー的方向」という企業の求人要望は、必ずしも「開発経験」を必須としていない場合もあるので、スキルアップを見込んでの転職も、1つの道と言えそうです。

    Related