Search

検索したいワードを入力してください

手取り50万の実態11選を解説!|手取り50万の割合や男女比は?

初回公開日:2019年09月02日

更新日:2019年09月02日

記載されている内容は2019年09月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

手取り50万円といっても、給与には様々な決まり事が関係してきます。税金であったり、保険料・年金・生活費など考えるべき実態は色々あります。手取り50万円の割合と男女比も含め実際のところどうなのか?をご紹介していきますので、どうぞ参考までにご覧ください。

手取り50万の実態11選を解説!|手取り50万の割合や男女比は?

手取り50万の割合は?

日本における給与調査によれば、手取り50万円の割合はあらゆる給与額と比較すると「全体の2.9%程」だと言われています。人数にするなら「143万人程」であり、全体的には割合が少なく高収入の部類に入ります。

手取り50万の世帯の男女比

手取り50万円世帯の男女比は、「男性1282人」「女性143人」です。割合で言えば「男性4.4%」「女性0.7%」であり、手取り50万円の男女比は女性の割合よりも男性の割合の方が明らかに多いことが分かります。

手取り50万の実態11選

手取り50万円は高収入の部類ですが、他の給与額と同じように金銭的にはそれなりの事情があります。ではその実態がどうなっているのかを、11項目に分けてご紹介していきます。

手取り50万の実態1:額面

手取り50万円の実態、1つ目は「額面」についてです。額面とは総支給額のことで、この額面から税金や社会保険料などを差し引いた分が手取りとして手元に入ります。

手取り50万円の額面平均は約69万円であり、そこから諸々引かれて50万円になっているということです。ボーナスの有無によって額面が変化することもありますので、総支給額についての明細があるなら確認してみると良いでしょう。

手取り50万の実態2:年収

手取り50万円の実態、2つ目は「年収」についてです。50万の手取りを貰う場合の年収は「800万円~1000万円程」ですが、社会保険料・所得税・住民税を引くと「600万円~650万円程」になります。

そのため、手取り50万円の実質的な年収は600万円~650万円程です。ただしこれは年収800万円の時の算出ですので、900万円・1000万円の年収になる場合はもう少し実質金額が増えます。

手取り50万の実態3:手取り50万の仕事

手取り50万円の実態、3つ目は「手取り50万円の仕事」についてです。大方50万円の手取りを貰えると言われている職業は、「医師・大学教授・中小企業診断士・パイロット・マスコミ・商社・自営業(個人差有)」とされます。

それぞれ同じ職業でも、就職先などの理由で年収額には差が現れます。また、自営業の手取り・月収・年収には個人差が大きいため、その月や人により手取り50万円であったり無かったりする場合が多いです。

手取り50万の実態4:税金

手取り50万円の実態、4つ目は「税金」についてです。税金額は保険料と合わせて、大体20万円くらいになることが多いとされます。

額面から引かれる税金の種類は、所得税と住民税です。20万円の内約では住民税も所得税も割と高めの率となっているため、手取り50万円で差し引かれる税金分は小さくはないと言えます。

手取り50万の実態5:保険料

手取り50万円の実態、5つ目は「保険料」についてです。税金の項目でも触れましたが、税金と保険料は合わせて20万円程が額面から引かれることになります。

保険の種類は、健康保険・厚生年金・雇用保険・介護保険といった社会保険です。同じ保険料のくくりでも額面から引かれるものとしては保険料が最も低位(金額が低い)であり、年金が最高位(一番金額が高い)とされています。

手取り50万の実態6:貯金額

手取り50万円の実態、6つ目は「貯金額」についてです。年収750万円~1000万円を対象にした調査によれば、単身世帯は平均2000万円以上、2人以上の世帯は1人平均400万円程になると言われています。

単身世帯では月12万円を貯蓄に回し、2人以上の世帯では1人あたり月6万円を貯蓄にしているということになります。実際にはさまざまな家庭事情がありますので、同じ手取り50万円でも貯蓄額には違いが出ます。

手取り50万の実態7:1人暮らしの家計

手取り50万円の実態、7つ目は「1人暮らしの家計」についてです。単身世帯の貯蓄額が多かったように、1人暮らしであれば多少贅沢をしても問題ありません。

家賃は15万円くらいが限度で、土地によってはかなり良いところに住めます。都市部の場合は、希望通りの物件や構造に遮音性があって丁度良く無難に暮らせるようなところに住むことができるでしょう。

手取り50万の実態8:2人暮らしの家計

手取り50万円の実態、8つ目は「2人暮らしの家計」についてです。2人暮らしの場合は浪費しなければ、貯蓄を十分にしながら問題のない生活をしていけます。

貯蓄が十分にできるため、たまに贅沢をすることも可能です。また、家や車などの大きなお金が必要になるもののために貯蓄する計画も立てられますし、ローンを組んで購入することにも特別な無理はありません(ただし浪費をしない前提です)。

手取り50万の実態9:3~4人家族の家計

手取り50万円の実態、9つ目は「3人~4人家族の家計」についてです。3人なら貯蓄をしながらこれといった節約のない生活は遅れますが、4人になると意識的な節約が必要になってきます。

人数が増えるほど、手取り50万円では生活に無理や難しさ・節約の必要性などが出てきます。子供を大学までと考えてるなら3人でも多少の節約は要するため、4人以上となれば尚更現状に無理なくに貯蓄に回すための意識が必要になります。

手取り50万の実態10:家の購入

手取り50万円の実態、10つ目は「家の購入」についてです。年収が実質600万円程であっても、多くの場合はローンを組んで購入する方が多いと言われています。

手取り50万円を実質年収600万円程とした場合、適切な借入額は4000万円~4500万円くらいです。限度額はもっと高い金額になりますが、最高でも4500万円くらいにした方が生活に無理が生じる可能性を低減できます。

手取り50万の実態11:手取りを増やす方法

手取り50万円の実態、11つ目は「手取り増やす方法」についてです。一般的には資産運用が挙がり、資産運用に使用しても問題くらい貯蓄があるなら株取引・証券・信託といった方法もあります。

ただし、資産運用は誤ると経済的にかなりの損をする可能性があるものですので、見極めはちゃんと行うべきと言えます。また、資産運用の他に転職や副業という方法で手取り50万円を増やす方もいます。

副業で手取り50万を目指す方法もある

副業で手取り50万円を目指すことも可能です。しかし忙しい場合は空回りや過疲労を起こす可能性があるため副業は避け、就業規則により副業に制限がある場合は規則違反になり得るため用心してください。

手取り50万円の副業として挙げられるのは、エンジニア・デザイナー・Webマーケティングなどです。営業・経理・事務は業務面で難易度が高いため、エンジニア・デザイナー・WEBマーケティングなどを選ぶ方が多い傾向があります。

手取り50万の実態を参考にしよう

手取り50万円でも、金銭的実態は他の給与額と変わらず起きます。また、比較的に高収入であっても家庭の事情によっては貯蓄がイマイチであったり、資産運用や副業を活用している場合もあります。

自分のライフスタイルやキャリアのことを考える時には、手取り50万円などの実態を参考にすることで目安やビジョンが描きやすくなります。あくまで参考ではありますが、1つの情報として今後を組み立てる際に立てましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related