Search

検索したいワードを入力してください

金融コンサルタントになるには?必要なこと5選|有利な資格や年収も紹介!

初回公開日:2019年09月28日

更新日:2019年09月28日

記載されている内容は2019年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

金融コンサルタントはお金に関する相談に対して的確なアドバイスをする仕事です。近年では企業だけでなく個人からのニーズも高まっています。この記事では金融コンサルタントになるのに必要なことと資格、年収について詳しくみていきます。

金融コンサルタントになるには?必要なこと5選|有利な資格や年収も紹介!

金融コンサルタントとは?

金融コンサルタントとはお金に関することについての相談を受け、相談に対して的確な助言をする仕事です。

金融コンサルタントは相談を受ける相手が、企業なのか投資家などの個人なのかによっても仕事の内容が大きく異なります。

金融コンサルタントの仕事内容

金融コンサルタントの仕事内容は相手が企業であれば企業の資金調達の手助けをしたり、企業買収や上場に関する戦略を練ったり、会計や税務に関する業務を行ったりします。

仕事相手が個人である場合には、個人の持つ預貯金などの資金運用についてのアドバイスを行うのが仕事のメインになる場合が多いです。

金融コンサルタントは大手企業はもちろん、新しい金融商品が増えていくなかで個人からのニーズも高まっています。

金融コンサルタントになるには?必要なこと5つ

金融コンサルタントを名乗るのに必要な資格はありませんが、金融コンサルタントは個人向け・企業向けのどちらでも信頼を得ることが必要不可欠です。

ここからは金融コンサルタントになるにはなにが必要か5つ紹介します。金融コンサルタントになるにはどうしたらいいのか興味のある人は確認しておきましょう。

金融コンサルタントになるには?必要なこと1:4年制大学を卒業する

金融コンサルタントになるには4年生大学を卒業することが必要です。金融コンサルタントと名乗るのには大学を卒業する必要はありませんが、信頼を得るために取得したい資格の中には大学を卒業していないと取得できないものが多くあります。

金融コンサルタントになりたいという明確な理由をもって大学に入学するのであれば、経済や経営、国際関係の知識を深めていける学部に所属するのがおすすめです。

金融コンサルタントになるには?必要なこと2:難易度の高い資格を取る

金融コンサルタントになるには難易度の高い資格を取ることが必要です。公認会計士や税理士、司法書士などの資格を取得しておくと信頼を得やすくなります。

また最近ではITに関する知識も必要とされる場面が増えているので、ITに関する国家資格やベンダー試験で知識の幅を広げておくと、金融コンサルタントとして働く上で役に立つことが多いです。

金融コンサルタントになるには?必要なこと3:現状分析力や問題解決力がある

金融コンサルタントになるには状況分析力や問題解決能力があることが必要です。金融に関する業務を行っているとさまざまな問題が発生し、問題に対してはすばやい対応が求められることが多いです。

状況分析力や問題解決能力は経験によって培われるものが大きいですが、ビジネスに関するフレームワーク研修に積極的に参加したり、普段から見聞きする情報に対して自分の意見をもつ習慣をつけることも大切です。

金融コンサルタントになるには?必要なこと4:論理的思考ががある

金融コンサルタントになるには論理的思考が必要です。金融に関わる人は感情的にならず、物事に対して冷静な目を向けておく必要があります。

物事を冷静に見て論理的思考をもとに金融コンサルタント業務を行うことができる人は、信頼を得やすいためキャリアを積みやすくなります。

金融コンサルタントになるには?必要なこと5:コミュニケーション能力や交渉力がある

金融コンサルタントになるにはコミュニケーション能力や交渉力が必要です。金融コンサルタントは企業や個人と対話をする機会が多くあり、その中で相手を納得させなければいけません。

企業の金融コンサルタントを行う人材になるには英語でのコミュニケーションや交渉ができる必要があるので、日本語だけでなく高い英語力も求められます。

金融コンサルタントに有利な資格5つ

金融コンサルタントとして仕事ができるようになるには信頼が大切です。ここからは金融コンサルタントが信頼を得るために有利な資格を5つ紹介します。

金融コンサルタントになるにはどうしたらいいか分からない人は金融コンサルタントとして働く上で有利な資格を積極的に取得するようにしましょう。

金融コンサルタントに有利な資格1:公認会計士

金融コンサルタントになるには公認会計士の資格を取っておくと有利です。

公認会計士は会計に関する国家資格であり、公認会計士の資格をもっていると財務に関するスペシャリストであることを証明しやすくなります。

公認会計士の資格を持っていると個人だけでなく企業をクライアントにしやすくなるので、金融コンサルタントとしての経験を企業に所属しながら積んだ後、独立しやすくなります。

金融コンサルタントに有利な資格2:税理士

金融コンサルタントになるには税理士の資格を取っておくと有利です。税理士は国家資格で合格率の低い難しい資格ではありますが、取得しておくことで税に関するスペシャリストであることを証明しやすくなります。

税理士を持っていると金融コンサルタントとして戦略を立てながら節税に関することも、クライアントに寄り添いながら提案することができるようになります。

金融コンサルタントに有利な資格3:不動産鑑定士

金融コンサルタントなるには不動産鑑定士の資格を取っておくと有利です。不動産鑑定士は不動産評価に関する国家資格で司法試験と並ぶ難易度の高い資格です。

不動産鑑定士を取得しておくと不動産の価値判断を下すことができるので、不動産分野での資金調達や税金・法律に関する金融コンサルタントを行うことができるようになります。

金融コンサルタントに有利な資格4:TOEIC

金融コンサルタントになるにはTOEICで高スコアだと有利です。

企業の金融コンサルタント業務を行っていくようになるには、英語でのコミュニケーションや交渉が必要なことが多くあるので、TOEICで自分の英語能力を示すことができると有利です。

TOEICのスコアは800点以上でビジネスで活用できるレベルとを判断されることが多いですが、外資系企業では900点以上のスコアがないと信頼を得られないこともあります。

金融コンサルタントに有利な資格5:国際法に関する資格

金融コンサルタントになるには国際法に関する資格を取っておくと有利です。

金融コンサルタントに役立つ国際法に役立つ資格には米国公認会計士や日本国外の弁護士資格などさまざまなものがありますが、どれも難易度がとても高いです。

難易度が高いぶん国際法に関する資格を持っておくと、たくさんの企業からオファーのある金融コンサルタントになれる可能性が高まります。

金融コンサルタントの平均年収

金融コンサルタントは近年企業だけでなく個人からのニーズも高い仕事なので、金融コンサルタントになるにはどうしたらいいのかはもちろん、年収について気になる人も多いのではないでしょうか。

ここからは金融コンサルタントの平均年収について詳しくみていきます。金融コンサルタントになりたいと考えている人は確認しておきましょう。

20代の場合

金融コンサルタントの仕事は顧客からの信頼を得ながら行っていかなければいかなければならず、その信頼を大学を卒業して間もない20代のうちに獲得し仕事をするようになるには努力と才能が必要です。

金融コンサルタントの20代の平均年収は400万円ほどといわれています。しかし能力が高い人は20代でも倍以上の年収を稼いでいる場合もあります。

30代の場合

金融コンサルタントとして働き30代になると、より能力による年収格差が広がっていきます。30代の金融コンサルタントの平均年収は500万円ほどです。

平均年収は高くはありませんが金融コンサルタントとしての能力が高く、30代で独立して働いている人は年収が1000万円を超える場合も多くあります。

40代の場合

金融コンサルタントとしてのキャリアを重ねた40代の平均年収は700万円を超える場合がほとんどです。

40代の金融コンサルタントには長い期間の付き合いの顧客が多く、自分自身の能力も高まっているので仕事に安定感がでてきます。

外資系の場合

金融コンサルタントとして外資系の企業で働く場合、一般的な金融コンサルタントよりも年収が高くなります。

外資系の企業の金融コンサルタントとして5年以上仕事をすると年収が1000万を超え、役職が付けば年収が2000万を超える場合も多くあります。

しかし外資系の企業は実力主義であり、一般企業よりも厳しい目で業務をみられるので外資系の企業の金融コンサルタントになるには経験と高い能力が必要です。

金融コンサルタントになるには難易度の高い資格を取ろう

今回は金融コンサルタントになるには何が必要なのかと、年収について詳しくみてきました。金融コンサルタントは誰でも名乗ることができる分、資格や能力で顧客の信頼を勝ち取る必要のある仕事です。

顧客から求められる金融コンサルタントになるために難易度の高い資格を取り、自分の能力を証明していきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related