Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

開業の税理士になるには?|開業税理士が年収に差がある理由3つ

開業税理士になる場合は、生活できるだけの資金と経営に関する知識を学んでおきましょう。開業場所も高年収の条件になり、より人が集まりやすい場所に事務所を構えることで顧客を集めやすくなります。しかしほとんどの事業者が、最初は資金の関係で自宅で開業しています。

開業の税理士になるには?|開業税理士が年収に差がある理由3つ

税理士とは?

税理士を目指している人は、資格を取得した後に独立開業を志望している人が多いです。昔は事務所を開業しただけで依頼人が勝手に集まってきましたが、現在は税理士の人口と企業の数が反比例しているため、依頼人が少なくなってきていることが問題視されています。

現在はただ独立開業しただけでは難しく、夢が叶いにくくなっているのが特徴的です。事務所を繁盛させ、多くの年収を確保することが税理士としてのゴールとなります。

税理士の仕事内容

税理士の仕事内容は、個人や法人の税務をサポートすることです。これは独立開業した場合と会社勤めの両方に共通しますが、年収はそれぞれの業績で変わってきます。主に行うことは税務書類の作成、税務代理、税務相談の3つです。

納税書類の作成は確定申告の書類を作成することです。税務代理は納税者の代わりに税金の申告を行う業務でを指します。税務相談は依頼人の節税をサポートする業務で、資格を持つ人だけが行える業務です。

税理士のパターン別年収5つ

昔の開業税理士は最低でも年収は1000万円以上で、高所得税理士は年収3000~5000万円でした。1億円越えも稀にいましたが、現在の開業税理士平均年収は2500~3000万円が妥当です。

しかしせっかく開業しても年収300万円以下の人も多く、開業税理士の間でも年収に差が出ている状況です。そのため開業後は顧客をどう確保していくかが重要となります、ここからは、税理士の年収をパターン別に見ていきましょう。

税理士のパターン別年収1:実務経験5年以上

事務所や起業に勤めている場合は、勤続年数が収入に大きく関わります。実務経験が5年未満の場合は年収が低めになりますが、5年以上の勤続になると年収500万程度になるでしょう。

20代から税理士として仕事をすることができ、企業勤めしていた場合は他の職種より年収が得られる傾向にあります。なるべく高収入を望む場合は、管理職や中規模以上の会計事務所に勤める必要があるため、ハードルが高くなってしまうでしょう。

税理士のパターン別年収2:一般会計事務所の場合

一般の会計事務所に就職している税理士は、コンサルティングや税務に関する監査などの色々な業務に携わります。会計事務所に勤めている場合は専門性が高くなるため、一般企業に勤める人より収入が高いです。

一般の大企業は平均年収は約600万円程で、会計事務所に勤める場合は平均年収は800万円以上を確保できるでしょう。福利厚生はどの企業も手厚く、介護や育児での休暇を取ることができるのが特徴的です。

税理士のパターン別年収3:大手会計事務所の場合

大手の会計事務所に就職すると、1年目で年収が500〜600万円程を確保することができるため生活も安定させられるくらいの年収を確保できます。

税理士は実力勝負の世界なので、努力次第で1000万円以上の年収を確保できるでしょう。大手企業に就職すると昇進することができ、独立して個人で開業するチャンスを得られる場合があります。また税理士からコンサルティング業界に進出することで、高収入を得られます。

税理士のパターン別年収4:法人に勤務する税理士の場合

法人企業に勤めている税理士は、約500万~1,000万円程の年収を確保できます。大手事務所の役員クラスに昇進すると、1,500万円以上の年収を確保できる場合があるでしょう。独立開業した場合は、依頼人や仕事の数で年収に差が出やすいです。

自分で顧問料を設定して営業活動を行えることから、実力次第で1,000万以上の年収を確保できるでしょう。税理士として働く場合は、一般企業より高収入を得られます。

税理士のパターン別年収5:税務署の場合

税務署は規模が小さいケースが多いため、年収300万円以下になることが少なくありません。税務署で成功している一番偉い人が富豪並みの日常生活を楽しんでいるとしても、税務署に勤務する税理士は低年収である場合があります。

税務署は一番偉い人が得をする理由として、一番偉い人が責任が伴う仕事を行っている場合が多いです。トラブルは全て上の立場の人が責任を背負い、損害賠償は全て上が対応しなければいけません。

税理士の年齢別年収5つ

開業税理士の平均年収は、約3000万円程です。税理士は資格を取らなければいけないため、高収入を確保することができます。開業してから年収3000万円をすぐに稼げるほど現実は甘くなく、自分から進んで仕事を行わなければいけません。

自分で仕事を進めて、依頼人を確保する必要があります。税理士としての知識を身に付けるだけでは成功しづらいので、ここからは年齢別の税理士の年収について詳しく見ていきましょう。

税理士の年齢別年収1:20代

20代の開業税理士の平均年収は約650万円で、月収は約40万円です。税理士は納税者の代わりに、資料を作成したり申告を行ったりします。税理士が記入漏れや記入ミスをした場合は一大事に繋がる場合になり、脱税や申告漏れに繋がる可能性があります。

法人や銀行を調査し、書類ミスなどが発覚した場合は税理士の信頼を失うことに繋がるでしょう。それだけでなく、依頼人の信用までもを失う場合があります。

税理士の年齢別年収2:30代

30代の開業税理士の平均年収は約900万円で、月収は約50万円です。税理士試験に合格した後に、2年以上の実務経験がなければいけません。試験は年に1回しかなく、全11科目ある中の税法3科目と会計2科目の計5科目に合格する必要があります。

税理士試験は難易度がとても高いので、数年で資格を取る人が多いです。資格を取るまでは大変ですが、試験対策だけでなく開業に必要な物も一緒に揃えておきましょう。

税理士の年齢別年収3:40代

40代の開業税理士の平均年収は約1,100万円で、月収は約70万円です。税理士試験を受ける場合は5月の中旬から下旬に申込を済ませ、8月上旬の3日間を使って試験を行います。試験の合否は12月中旬にあり、合格後は日本税理士会連合会に登録しなければいけません。

登録する場合は税理士法の決まりで、2年以上の実務経験が必要です。実務経験を始めた時期は、試験合格または試験免除決定の前後は関係ありません。

税理士の年齢別年収4:50代

50代の開業税理士の平均年収は約1,250万円で、月収は約80万円です。開業税理士は勤務税理士とは違い、自分の都合が良い時に仕事ができるため、開業することで自分の時間を取ることができるでしょう。

一方で勤務時間はなく、自分で事業を回さなければいけないので自己管理能力が必要になってきます。売り上げ次第で勤務税理士よりも高収入を望めますが、長い時間がかかるでしょう。

税理士の年齢別年収5:60代

60代の開業税理士の平均年収は約850万円で、月収は約50万円です。税理士の試験科目は、会計学に関する科目は簿記論と財務諸表論の2科目で、どちらも必須科目となってきます。

税法に関する科目は住民税、相続税法、所得税法、酒税法、法人税法、消費税法、事業税、国税徴収法、固定資産税の9科目で、そのうちの3科目を選択し、会計学の科目と合わせて全部で5科目を受けなければいけません。

開業した税理士の年収には差がある!

開業税理士の年収には差があり、場合によっては3,000万円前後の年収を確保できるため高収入を得るのは夢ではありません。個人経営をしている際は収入に差が開くため、数十人の従業員がいるような大きな事務所を構えていれば年収1億円を超える可能性があります。

逆に事務所が小さいと、年収300万円以下という場合も考えられます。ここからは、事務所の大きさごとでの税理士の年収について詳しく見ていきましょう。

小さい事務所の場合

小さい事務所の特徴は、税理士が一人だけで事業を回している状態です。規模は最も小さく、開業税理士の事業形態の中で最も多いでしょう。独立した際にまず行う事業形態で、一人なので事業を全部一人で行わなければいけません。

小さい事務所の強味は、依頼人との距離感を短期間で縮められることと、問題を解決するまでの時間が短いことです。逆に弱味は情報量が少ないことなので、自分一人で色々と調べなければいけません。

大きな事務所の場合

大きい開業税理士の事務所の特徴は、従業員を雇っているところです。従業員数が20〜30人いると、個人事務所としてはとても大規模と言えるでしょう。従業員が多くなると、税理士は経営に関する業務を主に担当することになります。

規模の大きさによっては法人化する場合もあり、税理士を2人以上雇う必要があるでしょう。規模がある程度大きくないと法人化は難しく、税理士が2人いれば従業員を雇わなくても設立できます。

開業税理士が年収に差がある理由3つ

税理士は資格を取っただけでは、高年収を狙えるわけではありません。開業して従業員を数人から10人程雇っている状態で、やっと500万円程度の年収を望める状態となります。それだけでなく、実務経験が5年程度以上は必要です。

資格の難易度から判断すれば、年収500万円は税理士には低い方です。しかし事業スタイルによってはもっと高い年収を望めるので、ここからは開業税理士の年収に差が付く理由を紹介します。

開業税理士が年収に差がある理由1:顧客獲得の努力をしているかどうかで年収に差がつく

開業税理士の年収に差がある理由は、顧客を獲得するために努力をしているかどうかにあります。顧客が必要としている物を的確に判断し、それに合っているサービスを揃えられていることが重要です。

他にはホームページを作ったりSNSのアカウントを設立することで、顧客の目に留まる物であれば契約をしてもらえるでしょう。

開業税理士が年収に差がある理由2:顧客単価が低い

年収が低い開業税理士の理由には、顧客単価が低いところにあります。有料の講演を行うことで顧客を集める方法もあり、自分の事務所の強味を上手くアピールすることで参加者の注目を集められます。仕事の依頼が増えるだけなく、知名度も同時に上げられるでしょう。

聞き手が参考にできるような成功までの道のりと、成功までに苦労した点や失敗談を上手く伝えることが大切です。

開業税理士が年収に差がある理由3:事務所の場所が良くない

年収が低い開業税理士の特徴は、事務所を設立した場所が良くないところです。事務所の営業成績が良くても、人の目に留まらない場所に設立したら人が集まりにくいため、設立する場所は都会や人が多い場所を選ぶようにしましょう。

高い年収を得られる開業の税理士になるための準備3つ

税理士の年収は差がとてもあり、法人化している人と顧客がいる人には差が大きく開きます。地域によって年収の高さは違い、本州の方が銀行や有力な税理士と繋がれる可能性が高いため、より年収を上げやすいです。

準備がしっかり整えられているかどうかで、事業が上手くどうかが違います。ここからは、高年収の税理士になる準備について詳しく見ていきましょう。

開業の税理士になるための準備1:経営についての知識を学ぶ

開業税理士になりたい場合は、まず経営に関する知識を学んでおきましょう。経営を行うには人間心理、マーケティング、ビジネスモデルの作り方の3つの勉強が必要です。会計の知識も大切ですが、初心者でもすぐに身に付けることができます。

開業の税理士になるための準備2:開業資金

開業税理士になるには、開業に必要な資金を確保しておくことが必要です。最低限必要な資金は、名刺作成や電話・FAX、マーケティングの費用、オフィスの賃料、当面の生活費に充てる資金です。事業を始める場合は必要な物が多いため、資金を多めに用意しておきましょう。

開業の税理士になるための準備3:開業場所の選定

開業税理士として安定的な年収を確保する場合は、立地面の考慮が大切です。駅前が最もおすすめですが、競争率が激しくなり事業の開拓が難しくなってしまいます。ほとんどの場合は、最初は事務所ではなく自宅で開業しています。

自宅開業の場合は、家賃が浮くため資金のやり繰りがしやすくなります。ただし自宅開業にこだわらず、営業戦略を考慮してベストな方法を選びましょう。

税理士として独立開業するなら高い年収を目指そう

開業税理士の平均年収は約3,000万円程ですが、場合によっては1億円以上稼ぐことができます。中には年収300万円に満たない事業者もいますが、創業したばかりというだけでなく依頼人を十分に確保できていないことが主な要因です。

年収が低いのは顧客単価の低さも関係しているため、高単価の案件を受けられるように努力することが同時に大切です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related