Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月10日

プリセールスの主な業務10個|プリセールスのやりがいや有利なスキル

プリセールスは営業担当者をサポートすることが主な仕事内容ですが、そのほかにもシステム開発も行います。やりがいを見出す頃ができれば充実したワークライフを送ることができます。ここでは、プリセールスについて詳しく紹介しています。

プリセールスの主な業務10個|プリセールスのやりがいや有利なスキル

プリセールスとは?

プリセールスとは、システムやソフトウェアを導入する際に企業側に説明を行う役職のことを示しています。営業職と一緒に考えてしまいますが、営業職は営業を主に行うことであり、販売しているシステムの詳しい説明や使い方を教えることができません。

しかし、プリセールスなら詳しい使い方を教えることができ、導入する際に営業職の人と一緒に赴き、実際に使い方を教えます。営業担当をサポートする役割があります。

プリセールスの仕事に就くには

プリセールスの仕事を行うためには、販売しているシステムやソフトウェアの特徴や使い方などを全て身に付き得ておくことが必要です。そのため、プリセールスは機械に対する知識が豊富にある人におすすめの仕事内容でもあります。

システムエンジニアとしての経歴や資格などを所持しているほどプリセールスの仕事をこなすことができ、ベテランのプリセールスとして活躍することができます。

プリセールスの主な業務10個

プリセールスの主な仕事内容を把握しておくことでプリセールスに転職した際の自身の姿を想像することができます。また、仕事内容を把握することで自身に適した仕事なのかの判断材料にすることも可能です。

次に、プリセールスの主な業務10個を紹介します。そのため、プリセールスとして働きたい人や仕事な内容に興味がある人は参考にしてください。

プリセールスの主な業務1:営業担当のサポート

プリセールスは営業担当のサポートを行うことが主な仕事内容になっています。そのため、システムやソフトウェアに対する知識はもちろんですが、営業担当者との話し合いやスケジュール管理をすることが必要です。

また、営業担当者とは長い付き合いになる場合やさまざまな営業担当者と仕事をすることになるため、コミュニケーション能力が求められます。コミュニケション能力が乏しい場合は仕事を任せてくれないこともあります。

プリセールスの主な業務2:顧客へのプレゼンテーション

プリセールスの仕事内容の中に顧客とのプレゼンテーションを行うことも必要です。上記で説明したように営業担当者と行動することになる場合が多いですが、プレゼンテーションは営業担当者ではなく、プリセールスが行います。

顧客とのプレゼンテーションで最も重要なことがより商品を詳しくわかりやすく説明できるかです。この能力の違いで商品への印象が大きく変わり、営業成績にも影響が出ます。

プリセールスの主な業務3:顧客への技術的な提案

営業担当者はシステムの導入が進めばあまり顧客との関わりが薄くなりますが、プリセールスの場合は定期的に技術的な提案やシステムの使い方を指導することがあります。システムの導入当初は顧客側もうまく使いこなすことができないため、プリセールスがサポートを行います。

また、万が一トラブルがあれば顧客への対策方法を伝えることもあります。人づきあいが必要となるため、コミュニケーション能力が必要です。

プリセールスの主な業務4:既存システムの改良

プリセールスはすでに商品化されているシステムの改良をする業務を行っています。既存のシステムでも使用することでさまざまな改良点を見つけることができ、よりよいシステムにすることができます。顧客からの要望などを参考にすることで顧客の要望にあったシステムに仕上げられます。

プリセールスは顧客のニーズに常に目を向けておくことが必要になり、顧客と定期的にコミュニケーションをとることが求められます。

プリセールスの主な業務5:システムの開発

プリセールスはシステムを説明するだけではなく、プリセールスのチームで新しいシステムを開発することも行います。新しいシステムを開発し、商品化することでより多くの利益を生み出すことができます。

使いやすさやニーズを考えてシステムを開発する必要があるため、システムエンジニアとしての技術はもちろんですが、どのようなシステムが求められているかを判断できる知識も必要です。

プリセールスの主な業務6:システムの提案

上記で紹介したようにプリセールスはシステムを開発することも行いますが、その前にシステムの提案を行い承認を得る必要があります。プリセールスだけでシステムを勝手に開発することはできず、自社の許可を得られなければ開発を始めることができません。

また、営業担当者側からシステム開発を依頼されることもあり、依頼通りのシステムを仕上げる必要があります。高い技術力と知識力が必要となる業務です。

プリセールスの主な業務7:スキルアップ

プリセールスはシステムの開発を行うことが業務内容に含まれているため、多くのシステムを開発していく必要があります。よりよいシステムを開発する場合はスキルを高める必要があります。

そのため、さまざまなシステム開発に加わり、自身のスキルアップを行うことが理想的です。スキルアップすることで自社のためにもなるため、仕事に対する意欲を忘れないように業務に当たることが大切です。

プリセールスの主な業務8:トラブル対応

導入したシステムが誤作動などを起こした場合はプリセールスが顧客の会社まで赴き、原因の究明や解決を行う必要があります。本来あってはならないことですが、必ずしも発生しないとは言い切れないのが現状です。

万が一トラブルがあれば早急に対応することが求められます。また、対応するとともに今後同じトラブルが発生しないための対策や開発を行います。スムーズに対応することでより顧客からの信頼を得ることができます。

プリセールスの主な業務9:営業担当者と話し合い

プリセールスは仕事を行う際に営業担当者と行動をともにすることが多く、さまざまな話し合いをする必要があります。話し合いをすることでコミュニケーションをとることができ、顧客にプレゼンテーションなどをする際にトラブルなく終わらせることができます。

営業担当者とのコミュニケーションの高さによって業績にも大きな影響があるため、しっかり話し合いをするようにしましょう。

プリセールスの主な業務10:開発スケジュールを作成する

新たなシステムを開発する場合は多くの時間と費用がかかります。そのため、新しいシステムを開発する場合はあらかじめどのくらいの期間で仕上げることができるのかや予算を提示する必要があります。

開発スケジュールを提出し、承諾されることで初めてシステム開発に手を入れることができます。スケジュールを決めると後はスケジュール通りに作業を行う必要があり、作業が遅れていれば残業などをして作業を速めます。

プリセールスのやりがい3つ

プリセールスを行う際にはやりがいを見つければ仕事に対する意欲を高めることができ、充実したワークライフを送ることができます。仕事をするうえでやりがいがあるのとないのとでは大きな影響があらわれ、仕事効率にまで及びます。

次に、プリセールスのやりがいを3つ紹介します。プリセールスを行うことでどのようなやりがいを見出すことができるのかを知りたい人は参考にしてください。

プリセールスのやりがい1:営業担当とクライアント双方から感謝される

プリセールスが営業担当者と顧客でもあるクライアントの両者に間に立たされている立場であるため、仕事をこなすことで両者から感謝されます。仕事をすることで感謝されることはやりがいの中でも最も嬉しいことであるため、仕事に対する意欲を高めることができます。

しかし、プリセールスとして仕事を問題なくこなせれた場合に限った話であるため、それぞれの伝達がうまくいかなかった場合は感謝されることはありません。

プリセールスのやりがい2:大きな業績改善に繋がった時の達成感

プリセールスの仕事ぶりによって開発したシステムの売れ行きにも大きな影響を与えるため、販売する数が増えれば業績を残すことも可能です。業績を残すことができれば達成感を味わうことができ、より業績を高める努力を行うことができます。

業績改善につながるような実績を残すためにはさまざまな経験を活かし、高い知識力と技術力が求められます。また、交渉術に長けていればより実績を残すことも可能です。

プリセールスのやりがい3:自身の提案が案件受注に繋がる

プリセールスは上記でも紹介したように自身で新たなシステムを開発することもあり、そのシステムが受注を受けることもあります。自身が提案した案件が受注されることで、世の中で使われるようになり、達成感や充実感を得ることができます。

開発チームとして加わっても達成することができるやりがいですが、自身が提案したシステムであればより強い達成感があります。

プリセールスの仕事に活かせる経験・スキル4つ

プリセールスの仕事は誰でも簡単に全うできる仕事内容ではありません。そのため、さまざまなスキルや知識を身につけておく必要があり、転職をする際などで有利にすることが可能です。

次に、プリセールスの仕事をするうえで活かすことができる経験やスキルを4つ紹介します。プリセールスの仕事に興味がある人や転職しようと考えている人は参考にしてください。転職する場合は早めに行動を開始しましょう。

プリセールスの仕事に活かせる経験・スキル1:エンジニア経験

プリセールスはシステムを開発することが主な仕事内容であるため、エンジニアとしての経験を活かすことができます。エンジニアの経験があれば採用される可能性が高く、中途採用でも入社できる希望が持てます。

どのようなエンジニアとしての仕事をしていたかにもよりますが、少しでもシステムを開発することを行っていれば即戦力として見てもらえます。そのため、履歴書や面接時にアピールすることをおすすめします。

プリセールスの仕事に活かせる経験・スキル2:コンペやプレゼンテーションの経験

プリセールスはシステム開発とは別に営業担当者とシステムの説明などを大勢の前で行う必要があるため、コンペやプレゼンテーションの経験があれば活かすことができます。システムのことをより詳しく知っていてもわかりやすく説明することは難しく、経験が活かされる場面でもあります。

人見知りの場合やコンペ未経験の場合は場の雰囲気に流されてしまいうまくシステムの特徴を説明できない場合もあります。

プリセールスの仕事に活かせる経験・スキル3:IT技術に関する知識

プリセールスはシステムを開発するため、IT技術に関する知識があればシステム開発に活用することができます。プリセールスが開発システムの種類にもよりますが、IT関係のシステム開発を行うこと多いです。

IT技術の知識が豊富であればニーズにあったシステム開発を行うことができ、顧客の要望に沿ったシステムを作り上げることが可能です。

プリセールスの仕事に活かせる経験・スキル4:コミュニケーション能力

プリセールスは営業担者や顧客の間に立って仕事を行うため、コミュニケーション能力があれば活かすことができます。コミュニケーション能力は性格による部分が大きいですが、人と関わりある仕事を行うことである程度身につけることができます。

コミュニケーション能力に優れていれば営業担当者や顧客と良好な関係を築くことができ、ミスなく仕事をこなせられます。

プリセールスには営業スキルだけでなく知識も必要!

プリセールスは営業職に近いと考えている人もいますが、営業スキルだけではなくシステムに対する知識も豊富でなければなりません。営業スキルと知識を身につけておくようにしましょう。

プリセールスはさまざまな知識やスキルが必要とされる仕事ですが、やりがいのある仕事でもあるため、興味がある人は転職を考えてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related