Search

検索したいワードを入力してください

年代別に見る税理士事務所の平均年収|年収をアップさせる5つの方法

初回公開日:2019年05月30日

更新日:2019年05月30日

記載されている内容は2019年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは、「税理士事務所」の年収について詳しくご存知でしょうか。この記事では、「税理士事務所」の平均年収や、「税理士事務所」の年収をアップさせる方法についてをご紹介いたします。「税理士事務所」に興味がある方は、ぜひご覧ください。

年代別に見る税理士事務所の平均年収|年収をアップさせる5つの方法

税理士事務の年収は低い?高い?3つの類似業界の年収

皆さんは、「税理士事務所」の年収がいくら程度のものなのか、詳しくご存知でしょうか。この記事では、年代別に見る「税理士事務所」の平均年収や年収をアップさせる方法について、ご紹介いたします。

現在「税理士事務所」の年収は、決して低くはありません。

現在「税理士事務所」にお勤めの方や、独立させようと計画している方、将来働きたいと考えている方もぜひ最後までご覧ください。

弁護士事務所の平均年収

「弁護士事務所」で働いた場合の平均年収にはかなりの差があり、約100万円から一億円だと言われています。

この数字だけで見るとかなりの幅がありますが、独立開業した「弁護士事務所」での平均年収は、約1,400万円程です。一般的な企業に勤める会社員だと、平均年収が約300万円なので「弁護士事務所」での年収はとても魅力的です。

自分が所属する事務所によって年収が大きく変わってきますので、注意が必要です。

社会労務士事務所の平均年収

「社会労務士事務所」で働いた場合の平均年収は、約400万円から600万円です。

「社会労務士」とは「社会保険労務士」と言われている、労働関連法や社会保障法令に関連する書類制作や、相談・指導をしている職業です。「弁護士」や「行政書士」などと並んで8士業の1つとされています。

こちらは一般的な会社員の平均年収よりもやや高い金額なので、資格を持っている方は年収アップを狙って転職を考えてみても良いでしょう。

会計士事務所の平均年収

「会計士事務所」で働いた場合の平均年収は、約450万円から1,000万円だと言われています。こちらもかなり金額に幅がありますので、所属先によって年収が左右されることになります。

「会計士」は監査や会計のエキスパートです。税務やコンサルティングの業務を行っている方も存在します。

一般的な会社員は年収1,000万円に届くことは難しいので、「会計士」の資格所有者は転職エージェントを頼るのも方法の1つです。

税理士事務所での給与体系はどのようなもの?

「税理士事務所」の給与は、それぞれの事務所が金額を決めて支払いを行っています。

顧問契約の料金は、平均金額が月額6,500円です。高いところだと、8,000円以上の場合もあります。必要であれば、別途報酬を加算する事務所もあります。

仕事量や仕事期間によって給与がその都度変わっていくため、固定給をもらえるというわけではありません。固定給に慣れている方は、不安定な収入だと感じる人もいます。

税理士事務の初任給はどれくらい?

初任給はズバリ、一般的な会社員の平均年収と同じ約20万円前後の手取りとなります。

社会人になって一番最初にもらう給与は誰でも心が躍るでしょう。「税理士事務所」に就職したからと言って、初めから大きな金額の給与がもらえるわけではありません。

また、初任給の金額は所属する事務所や資格の有無によっても変わってくるので、初任給から高額な金額を受け取りたいのであれば、資格の取得や事務所のリサーチが必要です。

4つの年代別に見る税理士事務所の平均年収

ここからは、年代別に「税理士事務所」に勤める人の平均年収をご紹介していきます。

新卒の20代での平均年収や、50代になった時にもらえる平均年収を知っておくと、実際に「税理士事務所」で働く際の目安になります。

自分の今の年齢や、自分が今もらっている年収と照らし合わせてご覧になってください。

年代別に見る税理士事務所の平均年収1:20代の平均年収

年代別に見る「税理士事務所」の平均年収1つ目は、「20代の平均年収」です。20代の平均年収は、450万円です。

20代で平均年収が450万円以上と考えると、現在勤めている会社から転職して「税理士事務所」で働きたいと考える人は多いです。

20代はまだ転職のチャンスがたくさん転がっていますので、この機会に「税理士事務所」に転職を考えてみませんか。

年代別に見る税理士事務所の平均年収2:30代の平均年収

年代別に見る「税理士事務所」の平均年収2つ目は、「30代の平均年収」です。30代の平均年収は、600万円です。

30代で平均年収が600万円と聞くと、一般的な会社員の平均年収よりも魅力的に感じます。30代の平均年収は20代のものと比べると確実に上がっており、年代的に仕事を覚えて楽しくなってくる頃です。

30代は結婚を考える人も出てきますが、結婚をする上でこの平均年収は武器になります。

年代別に見る税理士事務所の平均年収3:40代の平均年収

年代別に見る「税理士事務所」の平均年収3つ目は、「40代の平均年収」です。40代の平均年収は、760万円です。

40代の平均年収は、30代の平均年収と比べるとかなり金額が増えていることがわかります。40代は、周りのスタッフからの信頼も獲得し、社会的な地位も確かなものとなってきます。

40代を過ぎると家庭を持っている方も大勢働いていますので、この平均年収は十分なものと考えて良いでしょう。

年代別に見る税理士事務所の平均年収4:50代の平均年収

年代別に見る「税理士事務所」の平均年収4つ目は、「50代の平均年収」です。50代の平均年収は、なんと850万円以上です。

50代ともなると「税理士事務所」ではベテランの域なので、頼まれる仕事の量や内容が他の年代の方よりも重く、負担も大きくなっていきます。

それに比例し、平均年収はかなり高いものとなっているので、50代での転職は考えない方が得策です。

資格有・無によって平均年収に違いはある?

ここでは、「税理士」の資格を取得している方としていない方で、平均年収に違いがあるかどうかをお伝えいたします。

皆さんは、「税理士」と聞いてどのような資格を取るべきだと考えますか。「税理士」は、「税理士資格の所持者」・「税理士資格を免除されている方」・「弁護士の資格所持者」・「公認会計士の資格所持者」の内のいずれかに該当しなければなりません。

特に、「税理士」に必要な資格を持っている方は必見です。

有資格者の平均年収

まずは有資格者の平均年収をお伝えいたします。「税理士」関係の資格を持っている方の平均的な年収は、700万円前後です。

「税理士」関係の資格を持っている方の「税理士事務所」での勤務は、一般的な会社員の平均年収よりも400万円以上高いです。

「税理士」関係の資格は1つだけではないので、複数の資格を持っていると「税理士事務所」で優遇されます。

無資格者の平均年収

「税理士」関係の資格を持っていない方の平均年収は、約300万円程度です。

「税理士事務所」では、「税理士」関係の資格を持っていない方でも雇ってもらえる場合があります。しかし、無資格者の平均年収は約300万円と言われていますので、有資格者と比べるとかなりの差が開いてしまいます。

また、現在無資格の「税理士事務所」への就職はかなり難しいものとなっているので、就職が困難になると予想されます。

独立して税理士事務所を作った人の年収はどうなる?

独立して「税理士事務所」を作った人の年収の平均は、約1,000万円から3.000万円です。

「税理士事務所」を独立すると、「税理士事務所」で勤務している方よりも大幅に高年収を狙うことができます。一般的な会社員の平均年収は300万円から500万円程度なので、独立するとかなりの年収が見込めます。

「税理士事務所」に勤めることを考えている方は、ぜひ独立を視野に入れておきましょう。

年収をアップさせる4つの方法

ここでは、「税理士事務所」の年収を現在の金額よりもアップさせる方法についてを、具体的にご紹介いたします。

あなたは、「税理士事務所」の年収を上げていくと聞いて、どのような手段を思い浮かべますか。年収を上げる方法は、自分の努力次第でたくさんあります。

ここでは「税理士事務所」で働いた場合に年収を上げる、比較的簡単な方法の一部をお伝えします。

年収をアップさせる方法1:資格を取る

「税理士事務所」の年収をアップさせる方法1つ目は、「資格を取る」ということです。「税理士事務所」で働くにあたって、事前に資格を持っていると、初年で大幅な年収アップが狙えます。

「税理士事務所」では、資格を持っていなくても働くことは可能ですが、やはり「税理士資格」を持っていると将来独立を考えることができ、年収アップにつながります。

年収をアップさせる方法2:経験値を高める

「税理士事務所」の年収をアップさせる方法2つ目は、「経験値を高める」ということです。「税理士」として自分の経験を積むと、将来的に年収アップにつながります。

この職業は、どれだけ自分が経験を積んできたかが試されます。「税理士事務所」で働く場合、実務経験が高い方が他の「税理士事務所」でも優遇されます。

自分の経験値をたくさん積んで、年収アップを狙いましょう。

年収をアップさせる方法3:営業スキルを身に着ける

「税理士事務所」の年収をアップさせる方法3つ目は、「営業スキルを身に着ける」ということです。顧客の獲得に関わる営業スキルは、「税理士事務所」の年収アップに深く関係します。

「税理士事務所」は、どれだけクライアントとのコネクションを持っているかにかかっています。高い営業スキルを身に着けて、たくさんの顧客を見つけましょう。顧客が多ければ多いほど、年収アップにつながります。

年収をアップさせる方法4:専門性を磨く

「税理士事務所」の年収をアップさせる方法4つ目は、「専門性を磨く」ということです。

「税理士事務所」には、スタッフに当たり外れがあります。顧客にとって良い「税理士事務所」でなければ、顧客は次第に離れていきます。そのため、自分の持っているスキルの専門性を高めていくことが必要となってきます。

専門性の高い「税理士事務所」であることで、更なる顧客獲得になり結果的に年収アップとなります。

年収をアップさせる方法5:1つの事務所にこだわらない

「税理士事務所」の年収をアップさせる方法5つ目は、「1つの事務所にこだわらない」ということです。「税理士事務所」は、全国に多数存在します。

「税理士事務所」によっては、年収の高い・低いのばらつきが生じます。自分が所属している「税理士事務所」では年収が低いと感じたら、迷わず移籍しましょう。

年収によって所属する「税理士事務所」を決めていくのも、年収アップの手段の1つです。

平均年収を把握して年収をアップしよう

年代別に見る「税理士事務所」の平均年収や、年収をアップさせる方法については、いかがでしたでしょうか。「税理士事務所」の平均的な年収を把握して、自分の年収を上げていきましょう。

「税理士事務所」を持っている方や、これから「税理士事務所」を独立しようと考えている方などは、ぜひこの機会にご自分の年収についてをもう一度見直してみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related