Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月11日

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収|年収をアップさせる5つの方法

会計事務所は、有資格者と無資格者で年収が異なり、無資格者の人は年収が低い傾向にあります。そのため、資格を取得したり経験値を高めることで年収をアップしていきましょう。この記事では、年齢別の会計事務所の平均年収を中心に記述しています。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収|年収をアップさせる5つの方法

会計士事務の年収は低い?高い?3つの類似業界とその平均年収

会計事務所の年収は約400万円前後と言われており、一般サラリーマンの年収は約430万円と言われています。この数字から見ても明らかなように、会計事務所の年収は一般的に低い水準にあります。

そこで、「弁護士事務所の平均年収」「社会労務士事務所の平均年収」「税理士事務所の平均年収」の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

弁護士事務所の平均年収

弁護士事務所の平均年収は、個人事務所で約600万円、中堅事務所で約700~800万円、大手事務所で約1,000万円前後と言われています。会計事務所の中でもかなり高い年収をもらっている傾向が高く、1年目に入った人でも一般サラリーマンよりも多くもらっています。

ちなみに、弁護士事務所のボーナス支給額は、年間で約130~270万円と言われています。

社会労務士事務所の平均年収

社会労務士事務所の平均年収は、約400万円前後と言われています。社労法人では約450万円、社労士講師と開業社労士では約600万円ほどです。会計事務所に勤務するだけでなく、講師や開業することで、一般サラリーマンよりも多くもらうことは可能です。

ちなみに、社会労務士事務所のボーナス支給額は、年間で約130~200万円と言われています。

税理士事務所の平均年収

税理士事務所の平均年収は、約300~400万円と、会計事務所の中ではかなり年収が低い傾向にあります。その分、独立や開業をし、営業努力をしてクライアントを獲得すると、年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。

ちなみに、税理士事務所のボーナス支給額は、年間で約130~250万円と言われています。

会計士事務所での給与体系はどのようなもの?

一般企業の給与体系は、主に基本給制や固定給制のところが多いです。会計事務所の給与体系は、事務所によって異なりますが、基本的には、固定給+歩合制になります。

一般的には、資格を持っていない人が固定給+歩合制であり、資格を持っている人が完全歩合制のところが多いです。そのため、仕事の成果次第で給料が多かったり少なかったりするので、不安定になりやすいです。

会計士事務の初任給はどれくらい?

会計事務所の初任給は、20~25万円の人が多く、年収にすると300万円です。しかし、個人事務所や中堅事務所の場合、年収300万円以下というところもあります。

一般サラリーマンと比べてみても、業種によっては、会計事務所の方が低い場合もあります。ですので、資格を取得するなり自分なりに努力しなければなりません。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収

会計事務所は、前述したように、他の業種と比べて年収が低い傾向にあります。ですが、独立や開業をすることで年収1,000万円以上稼ぐことも可能ですが、仕事やクライアントの競争が激しいため、個人の営業努力がかなり重要です。

今回は、会計事務所の平均年収として、「20代」「30代」「40代」「50代」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収1:20代の平均年収

会計事務所の20代の平均年収は、約250~300万円です。前述したように、他の業種と比較すると少ない傾向にあります。初年度で年収が少ない人もいれば、会計事務所に勤めているが資格を持っていない人も年収が少ないなど、さまざまなケースがあります。

ちなみに、会計事務所の20代のボーナス支給額は、年間で50~100万円です。また、一般サラリーマンも50~100万円と言われています。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収2:30代の平均年収

会計事務所の30代の平均年収は、約400~500万円です。他の業種と比較するとほとんど同じかやや高い傾向にあります。30代になると士業の資格を持っていたり、独立や開業する人もいるので、中には年収1,000万円クラスの人もいます。

ちなみに、会計事務所の30代のボーナスは、年間で100~150万円ほどです。また、一般サラリーマンは80~120万円ほど支給されています。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収3:40代の平均年収

会計事務所の40代の平均年収は、約550~600万円です。他の業種と比較すると高い傾向にあります。会計事務所で役職に就いたり独立や開業する人が増え始めるため、年収も一般サラリーマンと比べて高くなる傾向にあります。

ちなみに、会計事務所の40代のボーナスは、年間で150~220万円ほどです。また、一般サラリーマンは100~150万円ほど支給されています。

4つの年代別に見る会計事務所の平均年収4:50代の平均年収

会計事務所の50代の平均年収は、約700~750万円です。他の業種と比較すると高い傾向にあります。独立や開業をして安定している人もおり、年収1,000万円やそれ以上稼ぐ人も出てくるため、年収の差が大きいです。

ちなみに、会計事務所の50代のボーナスは、年間で200~300万円ほどです。また、一般サラリーマンは150~200万円ほど支給されています。

資格有・無によって平均年収に違いはある?

会計事務所の平均年収は、資格を持っているか持っていないかで変わります。資格を持っていないと仕事の補助を中心とした業務になるため、年収が低くなる傾向にあります。一方、資格を持っていると、ある程度の業務をこなすことができるため、年収が高くなるでしょう。

今回は、有資格者の平均年収と無資格者の平均年収について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

有資格者の平均年収

会計事務所の有資格者の平均年収は、約400~500万円です。有資格者の人は、ある程度の業務をこなすことができ、また、すべての業務を1人でできるようになります。そうすることで、年収500万円近くの年収をもらうことが可能です。

ちなみに、年収500万円以上稼ぐためには、一般的な業務を十分にこなし、管理職になる必要があります。また、ハイレベルな業務を行うところに転職するのも1つの手です。

無資格者の平均年収

会計事務所の無資格者の平均年収は、300~400万円と言われています。無資格者の人は、有資格者と異なり、データ入力や電話対応など、誰にでもできるような業務を行うことが多く、年収が低い傾向にあります。無資格者の多くは、実務経験を積むために働いている人も多いです。

一方で、資格試験にすべての人が合格することはできません。そのため、勉強に挫折したり諦めてしまった人がそのまま会計事務所に働いていることもあります。

独立して会計事務所を作った人の年収はどうなる?

独立して会計事務所を作った人の年収は、約300~1,000万円と言われています。独立し始めで仕事が少ないという人は年収300万円台になることがあります。仕事やクライアントを獲得できない人も同様です。

一方で、仕事やクライアントをしっかりと獲得し、安定した収益を出すことができれば、年収1,000万円以上稼ぐことも可能です。独立して生活するためには、自分の努力と営業次第といっても過言ではありません。

年収をアップさせる5つの方法

会計事務所は、一般企業よりも年収が低いと言われることが多いですが、資格を取得したり、大手の事務所に転職することで年収を上げることができます。また、資格を取得できなくても、会計事務所で働いた経験を活かして独立したり、別の業種に転職したりなど、さまざまな方法で年収を上げることが可能です。

今回は、年収をアップさせる方法として5つ紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

年収をアップさせる方法1:資格を取る

年収をアップさせる方法の1つに「資格を取る」ことが挙げられます。資格を取得することで自分で行うことができる業務が増え、会計事務所でも十分な評価を受けることが可能です。資格手当なども付くところが多いですので、必然的に年収がアップします。

このように、資格を取ることで会計事務所で十分な評価を受けることができ、業務をこなしていくうえで年収をアップさせることが可能になります。

年収をアップさせる方法2:経験値を高める

年収をアップさせる方法の1つが「経験値を高める」ことです。今行っている業務に加えて、業務の効率化を図ったり、クライアントに行う提案を工夫したりするなど、少しずつ経験値を高めることで年収アップにつながります。

このように、経験値を高めることで規模の大きい顧客やクライアントの対応を担い、年収アップにつながっていきます。会計事務所だけでなく、他の業種に転職したとしても役立つと言えるでしょう。

年収をアップさせる方法3:営業スキルを身に着ける

年収をアップさせる方法の1つに「営業スキルを身につける」ことが挙げられます。会計事務所の営業スキルとは、相手のニーズをくみ取ることで提案するスキルであり、仕事をしていく上でも重要になるので、身につけることで年収を上げることが可能です。

既存クライアントだけでなく、新規のクライアントにも同様のことが言えます。このように、営業スキルを身につけることで年収を上げることが可能になります。

年収をアップさせる方法4:副業をする

年収をアップさせる方法の1つに「副業をする」ことが挙げられます。副業をすることで、いまの年収を上げることができ、余裕のある生活を送ることができるようになります。しかし、会計事務所によっては副業禁止というところもあるので確認しておきましょう。

このように、副業をすることで年収アップすることができ、2つの収入体系をもつので、万が一の状況になった場合でも、リスクを軽減することができます。

年収をアップさせる方法5:同業界で転職する

年収をアップさせる方法の1つに「同業界で転職する」ことが挙げられます。今の会計事務所の年収に満足できない場合、思い切って転職することで年収を上げることが可能です。また、働いた経験を活かして良いポストに就くことができる場合もあります。

このように、同業界に転職することで年収を上げることができ、働いて得た経験や経歴によっては、良いポストに就くことができる可能性もあります。

平均年収を把握して年収をアップしよう

会計事務所は、一般サラリーマンの人よりも年収が低いと言われることが多いです。有資格者は、ほとんどの業務を行うことができるため、ある程度の年収を稼ぐことができます。

無資格者は、データ入力や電話対応など、誰でもできるような業務をすることが多いので、年収が低くなりがちです。

ですので、年収を上げるために、資格を取得したり経験値を高める必要があります。そうすることで、必然的に評価も上がり年収も上がります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related