Search

検索したいワードを入力してください

シニアアソシエイトの仕事内容4つを紹介|向いている人の特徴とは?

初回公開日:2019年05月30日

更新日:2019年05月30日

記載されている内容は2019年05月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは、「シニアアソシエイト」という職業を聞いたことがありますか。この記事では、「シニアアソシエイト」の仕事内容や「シニアアソシエイト」に向いている人の特徴についてを、詳しくご紹介しています。「シニアアソシエイト」を知りたい方はぜひご覧ください。

シニアアソシエイトの仕事内容4つを紹介|向いている人の特徴とは?

シニアアソシエイトとは?

皆さんは、「シニアアソシエイト」という言葉を聞いたことがありますか。「シニアアソシエイト」とは65歳以上の外資系企業の中間管理職のことを言い、外資系ファームでは雇われ弁護士という意味で使う場合もあります。

今回は、この職業に向いている人の特徴や、仕事内容を詳しくご紹介いたします。将来この職業を目指しているという方は、ぜひ最後までご覧になってください。

シニアアソシエイトの別の言い方

65歳以上のアソシエイトは「シニアアソシエイト」と呼ばれるようになりますが、企業によっては呼び方が異なる場合があります。

「シニアアソシエイト」は、「シニアパートナー」や「パラリーガル」と呼ばれることもあります。

正確にはこ3つの職業は業務内容が異なってくるのですが、企業によっては同じ意味で呼ばれることもあります。自分の所属する企業では自分の肩書きが何になるのか、業務開始以前に確認しておきましょう。

コンサルティング会社で使われる

「シニアアソシエイト」は、コンサルティング会社でよく使われています。

「シニアアソシエイト」は、「ジュニアアソシエイト」からステップアップした先にある職業です。下積み時代があり、「ジュニアアソシエイト」の時点で頭も体力もかなり消耗します。

下積み時代を経て一人前になると、主にコンサルティング会社で活躍していくことになります。

シニアアソシエイト以外の役職

「シニアアソシエイト」以外の役職に、「シニアパートナー」や「パラリーガル」といったものがあります。

どれも法律関係に属しているという点は変わりありませんが、「シニアパートナー」は「パートナー」の中でも最も上位にいる人を指し、「代表パートナー」と呼ばれることもしばしばです。

「パラリーガル」は、弁護士の元で法務に関する事務的な仕事をする人を指します。

シニアアソシエイトの仕事内容4つ

ここでは、「シニアアソシエイト」の仕事内容についてを詳しくお伝えしていきます。ここまでこの記事をお読みになって、「シニアアソシエイト」と聞いてどのような仕事内容が思いつきますか。

以下で仕事内容を詳しく見ていき、もしあなたが少しでも魅力を感じたら、ぜひ転職や就職を考えてみましょう。以下の内容は、今の仕事に不満を持っている方にもおすすめです。

シニアアソシエイトの仕事内容1:マネージャーの指揮下でプロジェクトを遂行する

「シニアアソシエイト」の仕事内容1つ目は、「マネージャーの指揮下でプロジェクトを遂行する」ということです。「シニアアソシエイト」は、1人で何事も決めて仕事を進めていってもいいというわけではありません。

マネージャーが自分よりも年下という場合もありますので、仕事に対する協調性も求められます。マネージャーの存在はとても頼りになるので、困った時には必ず報告をしましょう。

シニアアソシエイトの仕事内容2:自らの判断に基づき必要な情報収集をする

「シニアアソシエイト」の仕事内容2つ目は、「自らの判断に元づき必要な情報収集をする」ということです。自分自身で集めた情報を整理してまとめていくという、地道な仕事も待っています。

この仕事は頭を使うだけではなく、情報を集める体力も使います。情報収集のために遠方へ出向いたり、必要な情報を得るために時間がかかることもあります。体力に自信が無いという方は、体作りを始めましょう。

シニアアソシエイトの仕事内容3:自らの判断の基づき分析を行う

「シニアアソシエイト」の仕事内容3つ目は、「自らの判断に基づき分析を行う」ということです。時には自分の判断に従って物事や情報を深く捉え、企業に応えられるような仕事の結果が求められます。

この仕事は、分析が得意な人にはピッタリの仕事です。自分の判断に従って分析を行い、仕事をスムーズにこなしていきましょう。

シニアアソシエイトの仕事内容4:自らの判断に基づき提案をする

「シニアアソシエイト」の仕事内容4つ目は、「自らの判断に基づき提案をする」ということです。マネージャーに頼ってばかりでは効率よく仕事を進めていくことができなくなり、企業からの信頼の獲得にはなりません。

この仕事では、自分が判断をしなければならない物事が多々あります。何事も自分自身で考え、提案していきましょう。ただ、マネージャーの指揮下で仕事をしないといけないことに変わりありません。

シニアアソシエイトの平均年収4選

ここでは、「シニアアソシエイト」の仕事に就いた場合の平均的な年収がいくらになるのかをご紹介していきます。

将来この職業に就いてみたいけれど、どの程度年収がもらえるのかと考えている方や、今の年収に不満がある方、転職活動をしている方もぜひ以下の内容をご覧ください。

現在働いている方は、ご自分の年収がいくらなのかと照らし合わせてみてください。

シニアアソシエイトの平均年収1:シニアアソシエイト全体

「シニアアソシエイト」の平均年収1つ目は、「シニアアソシエイト全体」についてです。「シニアアソシエイト」全体を見たときの平均年収は、1,200万円から1,400万円です。

この職業の全体の平均年収は、一般的な会社員と比べてみるとかなり高額です。現在の年収に不満がある方や転職を考えている人は、この職業も視野に入れて将来を考えてみましょう。

シニアアソシエイトの平均年収2:ボストンコンサルティング

「シニアアソシエイト」の平均年収2つ目は、「ボストンコンサルティング」についてです。「ボストンコンサルティング」の平均年収は、1,200万円です。

「ボストンコンサルティング」は、アメリカに本社を置くコンサルティング会社です。こちらの会社でも平均年収が1,000万円以上あるので、興味がある方はぜひ詳しく調べてみましょう。

シニアアソシエイトの平均年収3:マッキンゼー

「シニアアソシエイト」の平均年収3つ目は、「マッキンゼー」についてです。「マッキンゼー」の平均年収は、2,300万円です。

「マッキンゼー」は平均年収が2,000万円以上なので、一般的な会社員と比べるとかなり高額な年収となります。この会社も「ボストンコンサルティング」と同じくアメリカに本社がある経営コンサルティングファームです。

世界をリードする会社なので、仕事にも精を出すことができます。

シニアアソシエイトの平均年収4:アクセンチュア

「シニアアソシエイト」の平均年収4つ目は、「アクセンチュア」についてです。「アクセンチュア」の平均年収は、1,000万円です。

「アクセンチュア」は、社員数が世界最大級の経営コンサルティングファームで、「フォーチュン・グローバル500」に選ばれたこともある多国籍企業です。

上記3つの会社と比べるとやや少なく感じますが、年収の平均が1,000万円と聞くと十分満足できる額です。

シニアアソシエイトに向いている人の特徴3つ

ここでは、どのような人が「シニアアソシエイト」に向いているのか、その特徴をご紹介いたします。

「シニアアソシエイト」になりたいけれど自分は向いているのかと不安な方や、現在やっているけれど、自分はこのまま続けていてもいいのかとお悩みの方は、最後までご覧になってください。この職業に向いている人の特徴を知って、あなたも働いてみましょう。

シニアアソシエイトに向いている人の特徴1:何でもはっきり指摘できる

「シニアアソシエイト」に向いている人の特徴1つ目は、「何でもはっきり指摘できる」ということです。「シニアアソシエイト」を目指している人は、はきはきとした性格で周りをよく見ることができ、間違っていることには指摘できる人が理想です。

この職業では、自分よりも立場が上の人にも臆せず意見をしたり指摘ができる人材が求められます。自分が消極的だと感じている方は、積極的に発言できるようにしましょう。

シニアアソシエイトに向いている人の特徴2:分析力が優れている

「シニアアソシエイト」に向いている人の特徴2つ目は、「分析力が優れている」ということです。この職業では、弁護士や中間管理職と同じような業務内容が任されるため、物事を見極めてさらに追求していくことが必要です。

そのため、物事を表面上でしか見ることができない人には不向きな仕事だと言えます。あなたも分析力を身に着けて、より効率的に仕事をしてみましょう。

シニアアソシエイトに向いている人の特徴3:分析する事が好き

「シニアアソシエイト」に向いている人の特徴3つ目は、「分析することが好き」ということです。この職業は弁護士や中間管理職に値するため、物事を深く掘り下げて考えることが好きな人にはピッタリの業務です。

逆に、いくら分析力があっても分析すること自体は好きではないという方には、あまり向いていないと言えます。

シニアアソシエイト志望者が持っておくべき資格3つ

ここでは「シニアアソシエイト」を現在目指している方が、持っておくべき資格についてをご紹介いたします。

仕事内容や適している人物の特徴を知って、いざ「シニアアソシエイト」になりたいと踏み出す際に、自分が取得している資格が何もないと心許ないです。

志願者が持っておくべき資格を知って、現在自分がどの資格を持っているのか改めて確認してみましょう。

シニアアソシエイト志望者が持っておくべき資格1:MBA

「MBA」とは大学院で、経営に必要な専門的な知識とスキルを身に着けた人が取得できる資格のことです。

「MBA」は国家資格で与えられる資格とは異なるので、注意が必要です。「MBA」は、「ビジネス学位」とも呼ばれています。

一般的に「MBA」は、ビジネススクールで学ぶことで取得できます。アメリカのハーバード・ビジネススクールや、スペインのIESEビジネススクールで「MBA」の資格を手に入れる事ができます。

シニアアソシエイト志望者が持っておくべき資格2:TOEIC

続いては、比較的馴染みがある「TOEIC」という資格についてです。「TOEIC」は、英語のリスニングやリーディングの試験のことを言います。

「TOEIC」は、中学生や高校生でも資格を取得することができるため、比較的誰でも挑戦してみることが可能です。「TOEIC」は英語のリーディングやリスニングのテストなので、英語が苦手な方は「TOEIC」の過去問題を勉強しましょう。

シニアアソシエイト志望者が持っておくべき資格3:弁護士・税理士・公認会計士・中小企業診断士の資格

「シニアアソシエイト」は法律関係の仕事をしていくため、弁護士・税理士・公認会計士・中小企業診断士の資格は持っておいた方が有利です。

特に、弁護士や税理士の資格は少し勉強したという程度では試験に受かることができませんので、いずれの資格も1つずつ確実に取得していきましょう。これらの資格を持っていると、「シニアアソシエイト」としての信頼の獲得に大いに役立ちます。

シニアアソシエイトの仕事について知ろう

「シニアアソシエイト」の仕事内容や仕事に向いている人の特徴については、いかがでしたでしょうか。あなたも「シニアアソシエイト」の仕事を知って、知識として蓄えておきましょう。

この記事での年収や持つべき資格を参考に、就職先や転職先などさまざまな方面で自分の視野を積極的に広げていきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related