Search

検索したいワードを入力してください

年収650万円の手取り額と計算式|おすすめの転職サイトの紹介!

初回公開日:2019年06月24日

更新日:2019年06月24日

記載されている内容は2019年06月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

年収650万円というと、独身・既婚者の違いや企業の手当てにもよりますが平均すると手取り月収は41万円~43万円ほどになります。年収650万円があればどのような生活ができるのでしょうか。また、年収650万円の手取りの仕事を探す方法をしっておきましょう。

年収650万円の手取り額と計算式|おすすめの転職サイトの紹介!

年収650万円もらっている人の割合は?

年収650万円というとあまりピンとこないでしょうが、月収にすると手取りで41万円超になります。世の中の男性からすると年収650万円という金額は理想の月収ではないでしょうか。

では年収650万円をもらっている人は世の中でどのぐらいの割合がいるのか気になったことがありませんか。年収650万円は全体の9%ほどです。意外と多いことに驚かれることでしょう。

年収650万円の手取り額

給料が発生すると必ず税金が差し引かれます。所得税、住民税などがひかれると年収650万円を手取りで考えるといくらになるのでしょう。

独身男性の年収650万円の手取りは約500万円です。

年収650万円稼いでも税金が差し引かれることで手取りは大幅に変わります。また独身と既婚者とでは税金の惹かれる額が違いますので控除額により若干の差が生まれます。

手取り額の計算方法

稼いだ金額ではなく実際に手元に入る金額が手取りであり、給料から控除を差し引かれたものが手取りになります。手取りは給料明細を見れば一目瞭然なのですが、計算方法を知っておくと自分の目で確かめることができます。

収入額の75~85%が手取りになります。計算といってもとても簡単です。総支給額から保険・税金など控除を引いたものが手取りとなります。独身なのか、既婚者なのかによって手取り額は変わります。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目7つ

年収650万円は給料としては多いと考える人がほとんどかとおもいますが、実際に年収650万円あると一人暮らしの生活はどのようなものになるのでしょう。

贅沢だとおもうのか、それほどでもないとおもうのか、家賃・光熱費・通信費・食費・交際費・趣味・貯金など、今の自分の生活とどれぐらいの違いがあるのかを比べてみてください。

今までそれ程節約もせずに暮らしていた方も年収650万円の生活との違いにきっと驚くでしょう。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目1:家賃

一人暮らしなのか所帯持ちなのかによって家賃も変動するでしょうが、年収650万円の家賃相場は10万円~12万円ほどだといえます。一人暮らしでの家賃10万円と言えば、そこそこ十分な暮らしができるでしょう。

都心から少し離れるだけでもまたさらに良い条件の物件が見つかるでしょう。また家賃で10万円支払っても貯金は可能でしょう。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目2:水道・光熱費

水道代や光熱費は一軒家かマンションにより違います。さらに所帯数によっても大きく変わりますがここでは年収650万円の一人暮らしの水道代と光熱費についてです。一人暮らしの場合の住まいはほとんどがマンションかアパートでしょう。

もちろん一人なので、かかる水道代も光熱費も知れています。水道代や光熱費はお金に余裕があるからと無理に使うものではありませんので、全て合わせて1万円ほどでしょう。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目3:通信費

手取り40万円といえど、通信費に関しては節約をしたい項目です。もちろん通信費に関しても一人暮らしなのか家族で暮らすのかにより、金額が変わります。携帯代は、一人ならいうまでもなく一人分です。家族がいれば携帯代は人数分です。

というように、年収650万円の通信費は一人暮らしなら問題ないのですが、家族がいるとなるとあまり贅沢はできません。一人暮らしでの通信費は全てを含め、1万円までが妥当でしょう。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目4:食費

一人暮らしの場合、外食やコンビニで済ましてしまう人がほとんどでしょうが、年収650万円、手取り40万円の一人暮らしの人の食費は5万円ぐらいが妥当でしょう。

一人暮らしの独身者は家庭のある人に比べて、食費は割と贅沢に使えるクラスではありますが、自炊するなど、実は食費は最も節約ができる部分です。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目5:交際費

一人暮らしの交際費は家賃の次に多く取りたいジャンルでもあります。飲み会や旅行など一人暮らしをしていると自由な身です。年収650万円、手取り40万円の生活での旅行は、海外でも国内でも年間を通して数回はいけるレベルでしょう。

日々の飲み会などの交際費も、何回に1回という参加でもなく、頻繁に参加できるほどでしょう。ただ、年収650万円とはいってもそこそこ良い家に住んでいる場合はここで節約をすべきでしょう。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目6:趣味

皆さんは趣味にどれぐらいの金額を費やせますか。海に山、スポーツと様々な趣味をお持ちでしょうが趣味の種類にもよりますが年収650万円、手取り40万円の場合は趣味に費やせる金額は2万円~3万円ぐらいでしょう。

もしも道具の購入が必要ならボーナス時に購入し月々は2万円~3万円に抑えましょう。年収650万円といっても手取りにすると40万円ほどですので、あまり趣味に費やしすぎないことをおすすめします。

年収650万円の一人暮らしの生活費項目7:貯金

毎月必要なお金は家賃・食費・光熱費・交際費・通信費・趣味に使う費用です。いうまでもありませんが、残ったお金が貯金となります。年収650万万円で家賃からの毎月かかる費用を差し引くと10万万円ほどは貯金ができると言えます。

毎月10万円の貯金ができるということは、かなりの高収入だということがわかります。あればあるだけ使うのではなく、きちんと計画を立てて生活をすれば毎月貯金10万円も難しい話ではありません。

年収アップを目指してる人におすすめ転職サイト10

今の年収や手取りに不満があるという方は多いでしょう。誰もが夢見る年収アップのために転職を考える場合、数多くある転職サイトの中から選ばなければなりません。たくさんありすぎてすべてのサイトを隅々までチェックするのは非常に時間がかかります。

更にサイトによってさまざまなデザインで構成されていますので人によっては見やすいサイトも見にくいサイトもあります。相性の合うサイトを探してみるのも早く見つける手段でもあります。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト1:doda

dodaは求人サイトの中でも大手と言えるでしょう。dodaは1度は聞いたことがあるサイトで、非常に多くの求人数です。dodaの特徴は登録をすると専任でキャリアコンサルタントがついてくれます。

ひとりひとりのスキルや希望する職種どんな職場で働きたいのかなど、要望を聞いて適切な求人情報を提供してくれます。dodaに登録をすれば年収アップも夢ではありません。目指せ手取りアップ、年収アップです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト2:リクルートエージェント

求人は職種、年齢層など幅広く展開しており、転職サイトの中でも最も利用度の高いサイトです。30万人もの転職成功者を生み出したほどの有力サイトです。

また、リクルートエ-ジェンシーでしか見ることのできない非公開求人も多数取りそろっていますので、まずはのぞいてみる価値がある転職サイトです。優秀な担当エージェンシーのサポートがありますので、安心して転職に望めます。年収650万円もすぐに手が届くでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト3:ビズリーチ

CMでもおなじみのビズリーチです。管理職やグローバル人材などの高年収層の求人を中心に展開し、「即戦力人材」と「企業を結ぶ」というコンセプトのサイトです。安定した収入というよりは、高年収を望む方にとってはとっておきの転職サイトでしょう。

年収650万円どころか、超える年収が期待できる求人が数多くそろっていますので、今の年収に不満な方はぜひビズリーチで希望の職種を探してみましょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト4:JACリクルートメント

JACリクルートメントはあまり耳にしたことがない方もいることでしょう。ハイクラスエージェントの求人を取り揃えており、有料登録になるケースが多いのですが、JACリクルートメントはサイト内すべてが無料登録となっています。

もし応募したいとおもう求人が見つかったらコンサルタントが企業へ推薦をしてくれますので書類選考、面接も自信をもって挑めます。さらには面接の日程調整も行ってくれます。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト5:type転職エージェント

転職者の71%が年収アップに成功しているとされる転職サイトです。キャリアデザインセンター社が運営しいるサイトです。

type転職エージェントに関して注意をしなければならないのは、主に首都圏や東京都近郊の求人となり、面接拠点が東京の赤坂となっている点です。それ以外の地域の求人をお探しであれば、type転職エージェントでの仕事探しは難しい可能性があるので、他の転職サイトを利用したほうがスムーズでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト6:マイナビエージェント

転職サイトの中でも20代~30代をターゲットにしたサイトです。キャリアアドバイザーに何でも相談をすることができ、履歴書・職務経歴書の添削、さらには模擬面接も行ってくれますので、20代で転職を考える不安だらけの方にも安心な転職サイトだといえます。

良いところはまだまだあります。土日や夜間の模擬面接にも対応してくれますので、忙しい方にも何ら問題なく転職活動ができるサイトです。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト7:リクナビNEXT

会員登録をしていれば、条件にぴったり合えば企業側からアプローチをしてくれるという、待つだけの転職サイトとも言えます。嘘いつわりなく自分のアピールをしておくだけで自分にぴったりの企業が見つけてくれるのです。

職種は幅広く20代~30代の求人が特に多いので、手取り40万円以上、年収650万円と収入アップをお考えなら間違いなくぴったりの求人が見つかるでしょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト8:キャリトレ

スキル・職務経験・希望する条件などを登録することで自動的にぴったりの求人情報を集めては毎日紹介してくれるサイトです。

今すぐ転職したい方も、今の仕事や年収に不満があるという方も登録さえしていれば毎日あなたに合う条件の求人情報を紹介してくれるので、相性が合う企業があれば応募するだけです。

登録はとても簡単ですので、少しでも転職を考えているのであればまずは登録だけでもしておきましょう。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト9:転職会議

転職会議は、転職サイトでもあり社員や元社員からの企業の口コミ、評判、年収、面接対策などの情報も得られるサイトです。気に入った求人があればその場で申し込むことができますので、口コミを見てピンときたらすぐに応募しましょう。

求人情報は、DODA、インテリジェンス、マイナビ転職、マイナビと、大手の求人サイトが提供しています。転職会議の口コミを閲覧中に気に入った企業があればワンクリックで応募サイトにアクセスできます。

手取りアップさせるおすすめ転職サイト10:VORKERS

VORKERSは転職サイトではなく企業の評価口コミサイトです。企業の口コミが見れるということで、転職の際の大いに役に立つサイトだと評判です。社員、元社員が口コミしているので信頼のできるサイトです。

会員登録をしていない状態でも閲覧ができますが、会員登録をすると1日100件の口コミを閲覧することが可能です。

年収と手取りを理解し計画的に貯金をしましょう

年収が非常に少なく生活をするだけでギリギリの状態で貯金をするのは困難ですしストレスさえ逃れられませんが、年収650万円あれば手取りも多く十分貯金ができます。貯金がしたいのであれば年収650万円クラスの企業に転職を考えるべきでしょう。

貯金は年収や手取りが十分な金額になってからすればいいわけで、ギリギリの状態でする必要はありません。手取りと年収に応じて計画的に生活をし、計画的に貯金をしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related