Search

検索したいワードを入力してください

年収500万円の手取り・割合と年収500万円の職業5つを紹介

初回公開日:2019年05月23日

更新日:2019年05月23日

記載されている内容は2019年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

年収500万円の手取りは、毎月約30万円前後と言われており、税金や諸経費などで差し引かれた金額になります。しかし、年収500万円になると比較的余裕のある生活を送ることができます。この記事では、年収500万円の手取りや割合を中心に記述しています。

年収500万円の手取り・割合と年収500万円の職業5つを紹介

年収500万円の手取り

年収500万円の手取りは、税金や諸経費を差し引いて約395万円と言われています。節約をすれば毎月5万円前後貯蓄することができます。比較的安定した生活を送ることができるので、年収500万円の仕事をしたいと考えている人が増えつつあります。

今回は、年収500万円の月手取りや年手取り、所得税や住民税について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

月手取り

年収500万円の月手取りは、約30万円前後と言われています。前述したように、税金や諸経費を差し引いて、毎月約5万円前後の貯蓄をすることができる余裕があります。特に、独身で一人暮らしの方は、趣味に費やすことができるお金にも余裕が生まれると推測できます。

このように、年収500万円の月手取りは、比較的生活に余裕ができる24~25万円をもらっていることになります。

年手取り

年収500万円の年手取りは、前述したように、約395万円と言われています。税金や諸経費を差し引いても年間60~80万円ぐらいの自由に使えるお金があることになります。ボーナス支給額を合わせた時、切り詰めることなく生活することができる収入があると推測できます。

ちなみに、日本全体で年収500万円の稼ぎがある人の割合は、約10%と言われています。

所得税・住民税

年収500万円の所得税と住民税は、所得税が約21万円、住民税が約31万円と言われています。年収500万円以上になると、所得税と住民税は上がっていき、年収600万円になった場合は、約30~40万円かかることが予想されます。

ちなみに、所得税は累進課税制度により毎月徴収され、住民税は配偶者の収入によって支払う金額が変化します。

年収500万円の割合

前述したように、年収500万円の人の割合はかなり低いです。しかし、近年、副業解禁されたことを受けて、今後数年間で本業と副業の収入が上がり、年収500万円に届く人が増えてくると予想されます。

そんな中で、今回は、「平成27年の年収500万円の割合」「平成28年の年収500万円の割合」「平成29年の年収500万円の割合」「平成30年の年収500万円の割合」について紹介します。

平成27年の年収500万円の割合

平成27年の平均年収は約400万円と言われており、年収500万円の割合はかなり低く、10%未満と言われていました。そのため、多くの家庭で家計が苦しいと言われていました。

ちなみに、男女別で見てみると、男性の平均年収は511万円、女性の平均年収は272万円でした。この数字を見てみると、男性の方が高く、まだ女性に不利な社会環境だったことが分かります。現在では、働き方改革によって改善されつつあります。

平成28年の年収500万円の割合

平成28年の平均年収は405万円と言われており、年収500万円の割合はかなり低く、10%未満と言われていました。ですが、数字を見てみると、平成27年度よりも多少年収が上がったと言えます。

ちなみに、男女別は、男性の平均年収は約540万円、女性の平均年収は約290万円とまだ男性の割合が高かったです。この数字を見てみると、年収500万円を稼ぐ人は給与所得者の中で上位に位置づけられることがわかります。

平成29年の年収500万円の割合

平成29年の平均年収は418万円と言われており、年収500万円の割合はかなり低く、10%未満と言われていました。そのため、多くの家庭で家計が苦しいと言われていました。

ちなみに、男女別で見てみると、男性は約7割、女性が約3割という割合で年収500万円の収入がありました。この数字を見てみると、年収500万円を稼ぐ人は給与所得者の中で上位に位置づけられるということがわかります。

平成30年の年収500万円の割合

平成30年の平均年収は450万円と言われており、年収500万円の割合は上がりつつあるも、まだまだ年収500万円の割合が低い傾向にありました。ですので、多くの家庭で家計が苦しいと言われていました。

ちなみに、男女別では、男性の平均年収は約558万円、女性の平均年収は約380万円でした。この数字を見る限り、年収500万円の人は給与所得者の中で上位に位置づけられていると言えます。

年収500万円の職業5つ

年収500万円の仕事は意外と少なく、日本全体の割合の10%と言われています。また、副業の収入を合わせて届く人も増えつつあります。しかし、中には、年収500万円以上稼ぐことができる仕事もあり、就職活動をするときに吟味する必要があります。

今回は、年収500万円の職業である「薬剤師」「社会保険労務士」「ホクト」「早稲田アカデミー」「福島銀行」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

年収500万円の職業1:薬剤師

年収500万円の職業の1つである「薬剤師」は、人口1,000人あたり2人の割合で日本全国にいます。薬剤師は、医薬品全般についての知識を有している薬の専門家であり、薬剤師全体の平均年収は514万円と言われています。

加えて、30代の後半には年収500万円を目指すことができる水準にあります。このように、薬剤師は、若くして年収500万円を目指すことができる職業です。

年収500万円の職業2:社会保険労務士

年収500万円の職業の1つである「社会保険労務士」は、全国で約41,000人おり、日本全体で約3%の割合を占めています。社会保険労務士は、企業における人材に関して国家資格を必要とする専門家であり、社会保険労務士全体の平均年収は520万円と言われています。

加えて、30代で年収500万円を目指すことができる水準にあります。このように、社会保険労務士は、若くして年収500万円を目指すことができる職業です。

年収500万円の職業3:ホクト

年収500万円の職業の1つである「ホクト」は、ホクト株式会社であり食用のキノコを製造している会社です。CMを活用し、「美味しいキノコはホクト」という頭に残るキャッチフレーズが有名です。ホクト株式会社全体の平均年収は約505万円と言われています。

年齢が上がり役職に就くことができれば、年収500万円以上の収入を得ることが可能になります。

年収500万円の職業4:早稲田アカデミー

年収500万円の職業の1つである「早稲田アカデミー」は、中学や高校、大学受験の進学塾などの教育関連の事象を行っている上場企業です。早稲田アカデミーは有名私立大学の進学が高く、特に慶応大学に進学する割合が高い傾向にあります。

早稲田アカデミーの平均年収は507万円と言われています。早稲田アカデミーも、若くして年収500万円を目指すことができる職業です。

年収500万円の職業5:福島銀行

年収500万円の職業の1つである「福島銀行」は、福島県に本店を置く第二地方銀行です。福島県だけでなく、仙台市や水戸市、さいたま市などに支店が設置されています。福島銀行の平均年収は、約503万円と言われています。加えて、役所に就くことでさらに年収を上げることができます。

福島銀行は、個人の能力次第で、若くして年収500万円を目指すことが可能な職業です。

年収500万円のライフスタイル

年収500万円の人の中には、独身で比較的余裕のある生活を送る人や、家庭を持ち節約をしながら生活をする人などさまざまです。自身の生活を考えた上で、お金の使い方や貯金の仕方を考えておくことが重要です。

今回は、年収500万円の人の「貯金額」「家賃」「マイホーム」「車」「独身世帯と家族持ちの違い」について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

貯金額

年収500万円の貯金額は、約800~1,000万円と言われています。また、500万円以上貯金している割合は、約40%と言われています。この割合は、子どもが多くいる家庭や住宅ローンの返済がある家庭などもあるため、そこまで高くない割合だと推測できます。

しかし、毎月決まった額とボーナスの一部を貯金することができれば、500万円以上貯金することは可能です。

家賃

年収500万円の人の家賃の相場は、独身や既婚によって異なりますが、約8~10万円と言われています。家賃は年収の20~25%が望ましいと言われており、年収500万円の場合は、100万円~125万円になります。月換算すると、8.3万円~10.4万円になります。

ちなみに、独身の方は、ある程度自由に使えるお金があるので、家賃10万円以上の部屋に住んでいる方もいます。

マイホーム

年収500万円でもマイホームを建てることは可能です。しかし、しっかりとした返済計画を立てる必要があります。前述したように、年収500万円の人の手取りは約30万円前後と言われており、住宅ローンに回すことができるお金は、約10万円前後になります。

そうなると、3,000万円~3,500万円の物件であれば、マイホームを購入することができます。

マイホームと同じように、返済計画をしっかりと立てることができれば、年収500万円の人も車を購入することができます。自動車ローンは、年収の30%~40%で組むことができ、150万円~200万円のローンを組めます。しかし、頭金を貯金していれば多少金額が高くても購入しても問題はありません。

このように、返済計画をしっかりと立てることで、好みの自動車を購入することも可能です。

独身世帯と家族持ちの違い

年収500万円の収入があっても、独身の方と家庭を持っている方では、お金の使い方や貯金の仕方が異なります。独身の方は、自分の好きなように使うことが可能ですが、家庭持ちの場合は、子どもの人数によって、お金の使い方や貯金の仕方を吟味する必要があります。

子どもがいる家庭は、大学まで通わせることを考えて、1人につき1,000万円必要であると言われています。年収500万円の中でやりくりしなければなりません。

年収500万円を目指そう

年収500万円の人の割合は低いですが、比較的余裕のある生活を送ることができます。現在は、働き方改革によって、残業がなくなったり副業を解禁する企業が増えたりと、今後は年収500万円の割合が増える可能性があります。

また、年収500万円になると、返済計画をしっかり立てることで、マイホームを購入したり車を購入することができます。スキルやキャリアを身につけて年収500万円を目指してみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related