Search

検索したいワードを入力してください

25歳の平均年収は?業種別でみる平均年収|25歳の転職事情

初回公開日:2019年07月11日

更新日:2019年08月09日

記載されている内容は2019年07月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回は「25歳の平均年収は?業種別でみる平均年収|25歳の転職事情」と題して、「25歳の平均年収・業種別でみる平均年収」をはじめ、25歳の転職事情を多角的にご紹介します。25歳からの転職ならではの必須情報をご紹介します。是非ご参考ください。

25歳の平均年収は?業種別でみる平均年収|25歳の転職事情

25歳の平均年収はいくら?

就活や転職を行なう上での「分岐点」などと言われる25歳時点での平均年収ですが、この年収の高低は職種によって大きく違い、また個々の仕事上のスキル・能力によっても大きく違ってきます。

有名な転職サイトの「ハタラクティブ」による25歳(主に20代)での平均年収としては、「20~24歳の平均年収は約258万円」、「25~29歳の平均年収は約351万円」(ともに全雇用形態)となります。

25~29歳の平均年収

先述でもご紹介しましたが、25歳から29歳までの全雇用形態での平均年収は「351万円」という傾向が見られ、大ざっぱにみて「350万円から400万円」程度と心得ておくと良いでしょう。

職種、個別スキル・能力によって優遇される状況が出てくるため、これらの年収というのは企業の待遇によって大きく違ってきます。そのため、自分が実際に就く仕事環境をはじめ、その企業の基本情報を調べることが必須となるでしょう。

28歳男性の場合の年収

次に28歳時点での男性の年収についてですが、これは前述でご紹介したように「350万円から400万円」程度とされ、詳細には「383万円」程度となる傾向があります(「ハタラクティブ」調査より)。

基本的に25歳から30歳までの男性の平均年収としては妥当な年収額に見込まれ、他のサービス関連業や新興企業での就職・転職情報を俯瞰した場合、さらに低い年収の場合もあります。自分が従事する企業によって違います。

28歳女性の場合の年収

次は「28歳女性の場合の年収」についてですが、この場合は男性の場合よりさらに少額となる傾向が見られ、一般的には「300万円から320万円」程度とされています。詳細には「309万円」と打ち出されている場合もありますが、この場合も個別で変わります。(ともに「ハタラクティブ」調査より)。

25歳時点、あるいは30代での平均年収を見る場合、一般的に男性よりも女性の方が少額の傾向があります。

【業種別・14選】25歳の平均年収

さて、ここから「【業種別・14選】25歳の平均年収」と題して、25歳時点での平均年収を業種別で見ていきましょう。25歳というのは将来性も考慮に含まれ、採用時にはかなり優遇される場合が多いでしょう。

将来性を確立させるためにも企業別の基本情報をしっかり把握しておき、自分の能力・スキルと見合う適職を探すことが大切になります。その点を踏まえ、職種によってどのように年収の違いがあるのかを確認しましょう。

1:金融・保険業

まず25歳時点で「金融・保険業」に就職した場合の平均年収ですが、これは一般的に「340万円」前後とされています。この場合でも、総合的な25歳時点での年収と比較して考慮することが大切になるでしょう。

全体的な年収統計において、人気の転職サイトdodaによる調査によれば25歳の男性の場合では「360万円」、女性の場合は「325万円」とされており、かなり平均的な年収になることがわかります。

2:電気・ガス・水道業

次に「電気・ガス・水道業」関連の職種に就いた場合の25歳時点での平均年収ですが、この場合は「380万円」前後で、主に建設に携わる技術職ならではの実務キャリアの活性が見られます。

基本的にクラフト業の年収は他の職種に比べて高い傾向があり、25歳時点を含む20代から30代での就職・転職の場合でもその平均年収は他の業種に比べて高いです。自分が実際に就く職種と、自己スキルとの見合わせによって把握しましょう。

3:情報通信業

次に「情報通信業」関連の職種に就く場合ですが、この場合の25歳時点での平均年収は基本的に「370万円から380万円」とされており、これは主にIT技術を生かした職種となるため、今後もニーズが非常に高い傾向が予測されます。

転職する場合でもそうですが、まずは企業ニーズ・顧客ニーズの合致を踏まえた上で、今後の就労環境が安定する方針を選んでおくことが大切です。この点でIT関連業は安定するでしょう。

4:不動産業

次に「不動産」関連の業種に就く場合の25歳時点での平均年収ですが、これは「340万円から380万円」程度とされ、その後のキャリアアップによってさらに昇給する機会も増えるでしょう。

これは先述のIT関連の業種の場合も同じですが、たいてい自己スキル・能力に加え実務キャリア・経験が豊富にある場合、そのキャリアが評価基準に含まれることにより、25歳時点でもさらに年収が上がることがあります。

5:建設業

次は「建設業」ですが、これは先述でも少し触れましたように主にクラフト業となるため、その専門性を生かす形でその年収も少々高くなります。一般的には「360万円」前後を基準とし、その上でキャリアアップによってさらに年収を引き上げることも可能になります。

25歳時点ではなかなか実務経験が乏しいこともあるため、この場合に年収を引き上げるためにはその時点での「資格の取得・技術の確保」が必要となります。

6:製造業

「製造業」に就く場合の平均年収ですが、これは基本的に25歳前後で就いても30代で就く場合でも、その基本給料はそれほど変動しない傾向が見られます。一般的には「350万円から370万円」前後となり、この場合は実務キャリア・実績が評価基準となります。

つまりキャリアを踏まえて実務経験を増やしていけば、それだけキャリアアップできるというシステムが見られ、その点では25歳時点でも有利になる場合があります。

7:運輸業・郵便業

次に「運輸業・郵便業」ですが、これもdoda独自の統計によれば「374.5万円」前後とされるようで、やはり実務経験の積み上げによって年収の昇給が認められる形となるでしょう。

基本的に運輸業・郵便業というのはクラフト業と言うよりはルーティン業務系になることが多く、そのぶん実務経験によってキャリアを充実させていく形が多くの場合で認められます。25歳時点でも、早期にこの職種に就くことで昇給を目指せます。

8:学術研究・技術・教育・学習支援業

次に25歳時点で就く場合の「学術研究・技術・教育・学習支援業」における平均年収ですが、この場合は「370万円」前後が基本とされ、キャリアアップによっては400万円程度の年収に引き上げることも可能になるでしょう。

いわゆる教育関連の業種というのは、予備校や大学の引き抜き講師などに見られるように、そのキャリアが買われて昇給する機会も多いため、それまでの実務経験によって25歳でも十分昇給はねらえます。

9:医療・福祉

次は「医療・福祉」ですが、いわゆる福祉関連企業に従事する場合の平均年収というのは、他の職種に比べて安くなる場合が多いでしょう。25歳時点での医療・福祉に就く場合の平均年収では「250万円から300万円」がその基準となる傾向が見られます。

しかし医療関連の業種といってもかなり多岐に渡るため、たとえば看護師と介護士との間には年収において大きな隔たりがあります。

10:複合サービス事業

次に「複合サービス事業」分野の職種ですが、これは正社員・準社員などの雇用形態によって大きく変わるでしょう。一般的な平均年収では「415万円」前後が基本的な年収とされており、その後のキャリアアップによってはかなりの昇給も認められます。

たとえば弁護士なら850万円前後となり、投資銀行業務の場合は800万円前後となるなど、年収の差異においてもかなりの幅が見られます。

11:卸売業・小売業

次は「卸売業・小売業」ですが、この業種はビジネス規模によって年収にはっきり差異が出るため、25歳時点での平均年収にしても、大きく変わってくる場合があります。この場合、一般的な平均年収では「500万円前後」が相場とされています。

しかし上記のようにビジネス規模を拡大した場合には、企業からの依頼も破格に増える場合もあるため、その点で優遇される形で年収がかなり昇給することもあります。

12:サービス業

サービス業というのは非常に多くの分野があるため、自分が実際に従事する職種・企業情報をしっかり事前にサーチしておくことが必須となります。基本的なサービス業での平均年収は「350万円から400万円」前後とされ、高い場合では500万円以上の場合もあります。

サービス業ではビジネス規模の拡大・縮小をはじめ、提携企業との関連によって昇給が約束される傾向もあるため、25歳時点でも高額となる場合もあります。

13:農林水産・鉱業

農林水産・鉱業に就く場合の25歳時点での平均年収では、基本的に「300万円から350万円」程度とされますが、これより安くなる場合もあります。手取りでだいたい12万円から15万円程度の場合もあり、残業手当にしても他の企業より安価な場合があります。

しかし、キャリアアップ・ビジネス規模の拡大などによってはさらに昇給する傾向が見られており、25歳時点での年収でも400万円を越える場合が増えています。

14:飲食サービス業・宿泊業

25歳時点で「飲食サービス業・宿泊業」に就く場合の平均年収ですが、この場合は一般的に「300万円から350万円」となり、この場合でもキャリアアップによってはさらに昇給する機会が増えることでしょう。

基本的に飲食サービス業・宿泊業というのは出入りが激しい職種でもあり、それほど継続して勤務するという雇用実態は見られません。しかしその場合でも実務キャリアの積み上げによってはさらなる昇給も見られます。

25歳の転職事情

ここからは「25歳の転職事情」と題してご紹介していきますが、最近では25歳時点での転職という傾向が増えてきており、いわゆる第二新卒からの転職事情の動向もかなり複雑かつ活発になってきています。

この場合、主に男性・女性問わずで転職する傾向が増えてきているため、男性でも女性でも「自分のスキル・能力に見合った適職」を見付けておくことは、今後の転職事情を俯瞰する上で必須の基準になるでしょう。

転職で年収を上げるためには?

転職することによって年収を上げるためには、まず「自己スキル・能力に見合った適職」を見付けることをはじめ、少しでも自分の能力が求められる企業・それによって優遇される企業を探すことが必須になるでしょう。

転職を繰り返していくことも1つの方法とされますが、基本的には「1つの職種で年収を上げること」が理想であり、一般には転職サイトなどを活用することでその課題解決に結び付けられるでしょう。

転職エージェントおすすめ5選

さて、先述では25歳時点での男性・女性に見られる転職事情についてご紹介しましたが、ここからは「転職エージェントおすすめ5選」と題し、25歳から転職する場合に少しでも年収を上げるための理想的な転職を支援する転職エージェントをご紹介していきます。

転職エージェントというのは転職サイトとは違い、適職への転職を具体的に教えてくれるサイトとなるため、25歳からの転職でも十分活用することができます。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、「若年層からの転職で必要な企業情報」を提供してくれる上で、企業研究・個別スキルとの見合わせに適した情報提供をはじめ、その企業に転職する場合の最適な方法を教えてくれるでしょう。

25歳から転職する場合の利点を図る場合でも、その状況に応じた情報のピックアップや、その企業ニーズを充足するための努力・スキルの上げ方などを具体的に示してくれるでしょう。

2:キャリアカーバー

ハイクラスの企業へ転職する場合でもそのキャリア形成が通用する転職活動法を伝授してくれ、適職を見付けるための「自己PRの活性法」を具体的に示唆してくれるキャリアカーバーです。

25歳から転職する場合では「現時点で活用できる自己PR」の充実を踏まえた上で、企業に求められるキャリアデザインを的確に提示し、さまざまな状況下にある求職者にとって非常に利用価値のあるエージェントでしょう。

3:リクナビNEXT

若年層から壮年層まで、多彩な転職希望者が活用する「リクナビNEXT」です。25歳から転職する際でも非公開求人情報を提供し、求職者各自の状況・実務キャリアのあり方によって幅広い支援をしてくれます。

転職に際して必要な方法を丁寧に教えてくれる上、未経験からでの転職斡旋率も状況に見合わせてかなり高いため、「求職者にとって適職」を見付ける土台を得ることができるでしょう。

4:JACリクルートメント

このJACリクルートメントは「個別キャリアの充実」によって求人情報を幅広く活用し、その時の求職者にとって必要な知識・スキルが提供されます。転職サイトランキングでも常に上位で、若年層から壮年層まで幅広い利用者が集まります。

転職に必要な情報を提示してくれる上、まず「転職に無駄のないステータス確保」に着目し、その後の転職活動をスムーズに展開させてくれます。

5:ビズリーチ

一般的にビズリーチでは個別能力に際した適職の情報を提示してくれます。25歳から転職する場合に「適職に関する多彩な職種分野」から求人情報をストックし、転職後のアフターフォローはかなり充実します。

近年でも、壮年層からの利用指示率が高くなってきており、就活を始める場合にはまずこのビズリーチを利用してみると良いでしょう。非常に活用しやすい有力なサイトです。

25歳は年収アップのチャンスがある!

いかがでしたか。今回は「25歳の平均年収は?業種別でみる平均年収|25歳の転職事情」と題して、「25歳の平均年収・業種別でみる平均年収」をはじめ、25歳の転職事情を多角的にご紹介しました。

25歳から転職する場合でも「適職を見付けること」とそれに見合わせた実務キャリアを充実させることは大事で、そのために転職エージェントの活用や、年収が少しでも高い企業の基本情報をストックすることが必須となるでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related