Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月18日

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情

今回は「26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情」と題して、「26歳の平均年収・業種別でみる平均年収」をピックアップする上で、20代で就職する際のメリット・デメリットなどについて詳細にご紹介します。

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情

26歳の平均年収はいくら?

就職活動をしていく上では機転があるもので、たとえば25歳や26歳といった20代中盤辺りが指されます。この時点での平均年収ですが、個々の仕事上のスキル・能力によっても大きく違ってきます。

よく利用される転職サイト「doda」による26歳(主に20代)での平均年収としては、「26歳の全体平均年収は約363万円」、「26歳男性の平均年収は約380万円」、「26歳女性の平均年収は約338万円」とされます。

25~29歳の平均年収

次に「25~29歳の平均年収」についてですが、この場合は各年齢における平均年収を一度調べておき、その合計した平均年収を合算した年齢数で割ると出てきます。この場合、一般的には「375万円」前後となり、他の職種と比べても平均年収は安定するでしょう。

平均年収は250万円以上になれば普通に生活できる水準ともなり、これは福祉関連サービス業で見られる平均年収となるため、その数値は26歳でも基準になるでしょう。

26歳男性の場合の年収

先述でもご紹介しましたが、26歳男性の場合の平均年収は一般的に「380万円」とされ、26歳の全体的な平均年収に比べてみてもその金額は高額です。女性の場合と比べて仕事分野が多いことや、任される職種内容が広いことなどがこのデータに現れています。

26歳というのは男性にとっても、それまでの職種から新たな分野に羽ばたいていける機転に差し掛かるため、さらにキャリアアップによる昇給も期待できます。

26歳女性の場合の年収

次に「26歳女性の場合の年収」ですが、この場合は「338万円」前後とされ、男性の場合よりもやや少額になるでしょう。女性の場合は男性に比べて働き口がやや少ないことや、職先があっても仕事内容によって稼げない場合が多いため、その影響があるでしょうか。

女性の職先の特徴では、男性の場合と比べて「小刻みに稼ぐことができる」といったコツコツタイプの職種が多く見られるため、その点で平均年収が下がる傾向があります。

【業種別・14選】26歳の平均年収

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
ここからは「【業種別・14選】26歳の平均年収」と題し、26歳時点での平均年収を業種別でご紹介していきます。26歳というのは将来性が優遇され、そのビジョンにおいてはかなり昇給の機会も増えることが多いでしょう。

そのビジョンを確立させるためにも企業別の基本情報をしっかり調べておき、自己能力・スキルと見合う適職を探すことが大切でしょう。これらの点を踏まえ、各職種による平均年収の違いを確認しましょう。

1:金融・保険業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
まず26歳時点で「金融・保険業」に就職した場合の平均年収ですが、これは男性の場合「456万円」、女性の場合で「368万円」とされます。総合的な26歳時点での年収と比較して考慮することが大切になるでしょう。

総合的な年収統計において、年収ポータルサイトによる調査によれば26歳の男性の場合では「370万円」、女性の場合は「330万円」とされており、かなり平均的な年収になることがわかります。

2:電気・ガス・水道業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
「電気・ガス・水道業」関連の職種に就いた場合の26歳時点での平均年収ですが、この場合は「380万円から500万円」前後で、主に建設に携わる技術職ならではの実務キャリアの活性が見られます。

建設プロジェクトにおける職種は他種に比べて高い傾向があり、26歳時点を含む20代から30代での就職・転職の場合では、その平均年収が他の業種に比べて20万円程高いです。自己スキルとの評価によって把握しましょう。

3:情報通信業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次に「情報通信業」関連の職種に就く場合ですが、この場合の26歳時点での平均年収は基本的に男性の場合で「432万円」、女性の場合は「408万円」とされ、これは主にIT関連の職種となるため、今後もニーズが非常に高い傾向にあります。

転職する場合にはまず企業ニーズ・顧客ニーズの把握を踏まえ、今後の自分にとっての就労環境が安定するかどうかを確認しておくことが大切です。将来的にIT関連業は安定するでしょう。

4:不動産業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次に「不動産」関連の業種に就く場合の26歳時点での平均年収ですが、これは「350万円から400万円」程度とされ、その後の昇進・キャリアアップによってさらに昇給する機会が増えることでしょう。

基本的にどの業種の場合も同じですが、一般的には自己スキル・能力に加え実務キャリア・経験が豊富にある場合ならそのキャリアが評価対象に含まれるため、26歳の若さでもさらに年収が上がることがあります。

5:建設業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次に「建設業」ですが、これは主にクラフト業となるため、その専門性を生かす形でその年収もやや高くなります。一般的に男性の場合で「404万円」、女性の場合は「350万円」前後で、その後のキャリアアップによってさらに年収を引き上げることも可能です。

26歳時点では実質的な経験が乏しいこともあり、この場合に平均年収を引き上げるためにはその時点での「ステータスの確保と向上」が必要となるでしょう。

6:製造業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
「製造業」に就く場合の平均年収ですが、これは男性の場合で「371万円」、女性の場合は「318万円」とされ、26歳前後で就いても30代で就いても、その基本給はあまり変動しません。一般的には「350万円」前後が相場で、この場合は実務キャリア・実績が評価対象となります。

キャリアを踏まえて実務経験を増やすことで、実力・信頼を向上できるというシステムが強く、その点では26歳時点でも有利になるでしょう。

7:運輸業・郵便業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次に「運輸業・郵便業」ですが、これは男性の場合で「377万円」、女性の場合は「332万円」とされ、全体的には「350万円」前後となるでしょう。この場合もやはり実務経験によって平均年収の昇給が認められます。

運輸業・郵便業というのもクラフト業、ルーティン業務系になることも多く、実務経験・実績によってキャリアを充実させる形が多く認められます。26歳時点でも、早期にこの職種に就くことで昇給できるでしょう。

8:学術研究・技術・教育・学習支援業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次は26歳時点で就く場合の「学術研究・技術・教育・学習支援業」での平均年収ですが、これは男性の場合で「424万円」、女性の場合は「376万円」とされ、同じくキャリアアップによって400万円前後の年収に引き上げるでしょう。

教育関連業というのは、主にスカウト制によって成り立つ部分もあり、そのキャリア・信頼が買われて昇給する機会も多くなります。そのため26歳でも十分昇給できるでしょう。

9:医療・福祉

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
次に「医療・福祉」ですが、福祉関連企業に従事する場合の平均年収というのは、他の職種に比べて安くなる傾向があります。26歳時点での医療・福祉に就く場合、男性の場合で「403万円」、女性の場合は「368万円」前後とされます。

医療関連といってもかなり業種は多くなるため、看護師と介護士との間にはその平均年収において大きな差があり、また携わる仕事内容によって昇給の機会は変わります。

10:複合サービス事業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
「複合サービス事業」分野の職種ですが、これは正社員・準社員といった雇用形態により大きく変わります。一般的な平均年収では、男性の場合で「344万円」、女性の場合は「313万円」前後となり、キャリアアップによって昇給も認められます。

複合系の職種となるため、自分に見合った職種を探すことが優先されるため、昇給・平均年収を引き上げるためにも、少しでも好条件の職種を選びましょう。

11:卸売業・小売業

次に「卸売業・小売業」ですが、これはビジネス規模によってその年収にはっきり差異が出るため、26歳時点の平均年収も大きく変わるでしょう。男性の場合で「384万円」、女性の場合は「339万円」とされ、その平均年収は300万円台が相場とされます。

特定の企業でもビジネス規模を拡大した場合は、企業からの依頼なども増えるため、その点で昇給されて平均年収がアップすることもあるでしょう。

12:サービス業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
基本的にサービス業は多種の分野があるため、自分が実際に従事する職種・企業情報を事前にサーチしておくことが必須です。この場合の男性の平均年収は「368万円」、女性の場合は「347万円」前後とされ、400万円近くなるのが相場です。

サービス業でもそのビジネス規模の拡大・縮小をはじめ、提携企業との関連によって平均年収の誤差が出る傾向があり、26歳時点に関してしっかり調査するようにしましょう。

13:農林水産・鉱業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
農林水産系に就く場合の26歳時点での平均年収では、一般的に「350万円から400万円」程度とされますが、これより安くなる可能性もあります。

手取りでは約15万円程度の場合が多く、残業を含む他の諸手当は他の企業より安価な場合があります。キャリアアップやビジネス規模の拡大などによって平均年収が向上する傾向もあり、26歳時点でもその業種におけるスキルアップが望まれます。

14:飲食サービス業・宿泊業

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
26歳時点で「飲食サービス業・宿泊業」に就く場合の平均年収では、男性の場合で「350万円」、女性の場合は「315万円」前後となり、この場合でもキャリアアップによってはさらに昇給する機会が増えるでしょう。

飲食サービス業・宿泊業の場合は離職率も高いため、継続して勤務するという雇用実態はあまり見られません。その場合、実務キャリア・信頼によってはさらに昇給できる機会もあるでしょう。

26歳の転職事情

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
一般的には26歳時点での転職の傾向は非常に増えてきており、いわゆる第二新卒からの転職事情の動向の背景もかなり複雑かつ頻繁になってきています。

男性・女性ともに転職する傾向が増えているため、男性向け・女性向けの転職口もそのぶんも受けられ、その際には自己のスキルの向上を工夫しておくことが、今後の転職事情を好転させる上での必須の活動になるでしょう。

転職で年収を上げるためには?

転職することによって平均年収を上げるためには、「自己スキル・能力に見合った適職」を見付けることをはじめ、多少でも自分の能力が求められる企業・それによって優遇される企業を探すことが必要になるでしょう。

転職を繰り返す場合でも、基本的には「自分の理想の職種で平均年収を上げること」が魅力となり、一般には転職サイト・エージェントなどを活用することでその課題解決に結び付けられます。

転職エージェントおすすめ5選

26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情
ここまは「26歳時点での男性・女性に見られる転職事情」についてご紹介しましたが、ここからは「転職エージェントおすすめ5選」と題し、26歳から転職する場合に多少でも平均年収を上げるための実用的な転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの魅力は転職サイトの場合と違い、適職への転職を具体的に教えてくれるベースとなるため、26歳からの転職でも十分利用することができます。

1:リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、「多年層からの転職で必要な企業情報」を提供する上で、企業研究・個別スキルとの見合わせに適した情報提供や、その企業に転職する場合の最適な方法を教えてくれる利点があるでしょう。

26歳から転職する場合の利点でも、求職者の個別状況に応じた情報のピックアップ、その企業ニーズに応えるための努力・スキルの工夫や方法を具体的に示してくれます。

2:キャリアカーバー

上流企業へ転職する場合でもそのPR法が採用される転職活動法を伝授してくれ、適職を見付けるための「自己PRの活性法」を実践的に示唆してくれるのがキャリアカーバーです。

26歳から転職する場合では「現時点で活用できる自己PR」の充実を踏まえ、企業に求められるキャリア実績を的確に提示し、さまざまな状況下にある求職者にとって非常に利用価値のあるエージェントになるでしょう。

3:リクナビNEXT

年齢・状況など多彩な転職希望者が活用する「リクナビNEXT」です。26歳から転職する際でも独自にストックしている非公開求人を提供し、求職者の個別状況・実務キャリア・PRなどによって幅広い支援を行ないます。

転職に際して必要な情報を丁寧に教え、未経験・中途採用からでの転職斡旋率も状況に見合わせてかなり高く、「求職者にとって適職」を見付けられる土台が得られます。

4:JACリクルートメント

JACリクルートメントは「実務キャリアの充実」を大々的にPRする方法を幅広く伝え、その時の求職者にとって必要な実務スキルが示唆されます。転職サイトランキングでも常に上位にあり、若年層から壮年層まで幅広い求職者に利用されています。

20代の転職に必要な情報を提示してくれる上、まず「転職に必須なステータス確保」だけに着目し、その後の転職活動をスムーズに展開してくれます。

5:ビズリーチ

基本的にビズリーチでは個別能力に徹底した適職の情報を提示します。26歳から転職する場合にニーズの多い求人情報から順番に提示し、転職後のアフターフォローもかなり充実する点で魅力があります。

壮年層・中途採用からの利用指示率が高くなっており、就活を始める場合にはまずこのビズリーチを利用してみることがおすすめです。

26歳は年収アップのチャンス!

いかがでしたか。今回は「26歳の平均年収は?業種別でみる平均年収14選|26歳の転職事情」と題して、「26歳の平均年収・業種別でみる平均年収」をピックアップし、20代で就職する際のメリット・デメリットについてご紹介しました。

26歳から転職する場合では「幅広い職種をストックすること」が大事で、転職エージェントの活用を含め、平均年収が高い企業のピックアップにより生活の安定を目指すことが大切でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related