Search

検索したいワードを入力してください

JACリクルートメントの平均年収・年齢別給与|近い会社3つ

初回公開日:2019年05月29日

更新日:2019年05月29日

記載されている内容は2019年05月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化した転職エージェントの1つです。なので、求職者に紹介する企業の年収が高いことが多く、そのためJACリクルートメントの年収も高いと思われることがあります。しかし、JACリクルートメントで年収は年功序列では上がりません。

JACリクルートメントの平均年収・年齢別給与|近い会社3つ

JACリクルートメントとは

同じ職場に長く勤めることは良いことです。しかし、さらなるステップアップやキャリアアップ、新しい職場環境を求めるなどの理由で転職する人も増えてきています。

転職活動では転職エージェントを利用する人が増えています。JACリクルートメントもその転職エージェントの1つです。転職エージェントはそれぞれ持っている特徴が異なります。そのため、JACリクルートメントにはJACリクルートメントの特徴があります。

リクルートメントコンサルタントの仕事内容

JACリクルートメントは転職エージェントです。なので、転職サイトのように、自分で企業を検索して、条件に合う企業に自ら応募するというわけではありません。

まず、JACリクルートメントに登録をすると、キャリアアドバイザーとの面談が行われます。面談で求職者の経歴や希望条件などを聞き、登録された企業情報とマッチングを行って、最適な企業を紹介してもらうことができます。

JACリクルートメントの年収はいくら?

JACリクルートメントで仕事を探す人もいれば、JACリクルートメントで仕事をしている人もいます。

そのJACリクルートメントは転職エージェントの中でも、ハイクラス転職に特化しているという特徴を持っています。そのため、JACリクルートメントのサービスを利用する人の中には、非常に高い年収を求める人もいます。

そのため、その仕事を紹介するJACリクルートメントの年収も高いと思われていることがあります。

JACリクルートメントの平均年収・給与

ACリクルートメントの年収は勤続年数や能力、実績などによって変わります。しかし、その年収の平均額は520万円ほどと言われています。この年収の額は、一般的な平均年収とほぼ同等です。

そのため、ハイクラス転職に関わる仕事をしているからと言って、その年収が非常に高くなるようなことはありません。また、JACリクルートメントでは重視していることもあり、ボーナスの目標設定値も高く、達成が難しいと思う人もいます。

JACリクルートメントの手取り

上記で述べた通り、JACリクルートメントの平均年収は520万円ほどです。しかし、この年収の額がそのまま手元に入るわけではありません。

年収から社会保険料、所得税、住民税は必ず引かれることになります。もし、年収が520万円であった場合、社会保険料は約75万円、所得税は約15万円、住民税は26万円となります。なので、年収の520万円からこれらの額を引かれた404万円ほどが手取りとなります。

JACリクルートメントの20代の平均年収

JACリクルートメントの平均年収は520万円ほどです。ただし、これはJACリクルートメントで働く人の全体の平均年収です。なので、勤続年数や実績などを積み重ねている人などは、520万円以上の年収をもらっている場合もあります。

ですが、20代であれば、仕事を始めたばかりです。そのため、まだ経験は浅く、実績も積み重ねている最中となるため、その年収は350万円前後となり、平均年収よりも低くなります。

JACリクルートメントの30代の平均年収

30代になれば、仕事の経験をある程度は積んでいるので、年収が上がりやすい年代となります。JACリクルートメントに勤務する30代の平気年収は500万円ほどになります。

ただし、先に述べた通り、JACリクルートメントでは実績を重視していることがあるため、目標の達成率が高かったり、実績があれば、しっかりとインセンティブとして返ってくるので、平均年収は努力で上げられる場合もあります。

JACリクルートメントの40代の平均年収

40代にもなると、経験や実績を十分に積んでいることが多いため、年収も上がってきて、600万円ほどになります。

ただし、先に述べた通り、JACリクルートメントでは実績を重視されることがあるため、40代になるまでに積み上げた実績や経験によっては年収は600万円を超える場合もあります。また、40代であれば役職に就く人もいます。役職に就けばさらに年収は上がります。

JACリクルートメントの役職者年収

上記で述べた通り、JACリクルートメントでは役職に就けば年収が上がることになります。役職によって年収は変わりますが、係長であれば570万円ほど、課長であれば750万円ほど、部長で960万円ほどの平均年収となります。

役職に就ける頃には、ある程度の年齢を重ねていることも多いため、年収が上がっているところに、さらに役職の手当がつくことになります。

JACリクルートメントの初任給・生涯賃金と勤続年数

JACリクルートメントに限らず、企業に勤める際には、初任給よりも勤続年数を重ねた方がその年収は上がることになります。そのため、JACリクルートメントで働き始めたばかりの20代の人よりも、JACリクルートメントに長く勤めている人の方が年収は高くなります。

その年収の上がり方によって、人生設計の組み方は変わってくるため、入社前から把握しておきたいという人もいます。

JACリクルートメントの初任給

もし、20代でJACリクルートメントに入社した場合、その年収は先に述べた通り、350万円ほどです。この場合、給与が月に22万円から25万円ほどで、ボーナスが60万円ほどになります。

ただし、大卒や高卒などの学歴や、転職者の場合は職歴などによって年収の条件が異なる場合もあります。なので、初任給は求人情報などから事前に確認しておく必要はあります。

JACリクルートメントの生涯賃金

JACリクルートメントに65歳まで勤め続けたとすると、その生涯年金は2.3億円ほどになると言われています。この額は同業界において、ほぼ水準の金額となります。

ただし、JACリクルートメントでは年収の額の判断で実績を重視したり、役職に就くことで年収が増えたりなどすることもあります。そのため、JACリクルートメントで得られる生涯年金には個人によって差は出ます。

JACリクルートメントの勤続年数

JACリクルートメントの20代の平均年収は350万円ほどです。30代の平均年収が500万円ほど、40代では600万円ほどになります。

JACリクルートメントでは実績が重視されることや、役職などによって年収に差が出る場合もありますが、10年の勤続年数を重ねると、100万円から150万円ほど年収が上がることになります。

人材サービス業界とJACリクルートメントの年収比較

JACリクルートメントのような人材サービス業界への就職や転職を希望する人の中には、同業界の他社の平均年収や、業界としての平気年収も把握しておくべきでしょう。

JACリクルートメントにはハイクラス転職に特化しているという特徴があるように、他社の転職エージェントにもそれぞれ特徴があります。人材サービス業界での企業選びでは、年収だけでなく特徴も併せて判断すると良いでしょう。

人材サービス業界の平均年収と給与

JACリクルートメントの平均年収は520万円ほどです。人材サービス業界の平均年収は524万円ほどと言われています。なので、JACリクルートメントの平均年収は人材サービス業界の平均年収とほぼ同等となります。

ただし、転職のニーズは増えてきているので、人材サービス業界は今後大きくなる可能性があります。そのため、人材サービス業界全体の平均年収が上がる可能性もあります。

人材サービス業界の会社1:リクルートキャリア

就職活動や転職活動を始める際には、求人情報の数の多さや、ブランド力、認知度の高さなどによって、ひとまずリクナビやリクナビNEXTに登録はしておくという人は多いです。そのリクルートもリクルートエージェントとキャリアカバーという転職エージェントを運営しています。

リクルートグループは国内で非常に規模の大きな企業で、その平均年収も870万円と高くなっています。

人材サービス業界の会社2:パーソルキャリア

パーソルキャリアはアルバイトなどの求人情報サービスのanや、転職エージェントのDODAなどを運営しています。

DODAはテレビなどでよくCMが流れているため、その認知度は非常に高いです。また、転職エージェントとしても、大手3大エージェントのうちの1つとなっています。そのパーソルキャリアの平均年収は658万円ほどと言われています。

JACリクルートメントと年収が近い会社3社

転職や就職を行う際に、年収を重視するという人もいます。また、人材サービス業界にこだわらず、第2希望、第3希望と希望業界や職種を幅広くして転職活動や就職活動を行う人もいます。

なので、JACリクルートメントの平均年収ほど収入があれば、第2希望、第3希望の業界や職種でも構わないという人は、幅広く業界研究や企業研究を行うと良いでしょう。

会社1:ブラザー工業

ブラザー工業は愛知県名古屋市にある大手電機メーカーです。家電量販店などに行けば高い確率でブラザー社製のプリンターやファックスなどが販売されています。また、ブラザー社製のプリンターやファックスはアメリカでSOHO向けシェアが人気です。

ブラザー工業の給与形態はJACリクルートメントと異なり、基本的には年功序列です。ただし、目標を達成するなどの評価で基本給が上がることもあります。

会社2:ヤマハ発動機

ヤマハ発動機は楽器製造で有名なヤマハの二輪部門が独立して誕生しました。ヤマハ発動機は主にオートバイを製造するメーカーとなっています。また、その二輪の売上規模は世界第2位と非常に規模が大きいです。

さらに、二輪以外にもモーターボートなどのマリン製品や、スノーモビル、バギー、汎用エンジン、産業用ロボットなど、多くの製品を取り扱っています。

会社3:アサヒホールディングス

アサヒグループホールディングスはアサヒビール、アサヒ飲料、アサヒグループ食品などを傘下に持つ持株会社です。アサヒビールはキリン、サッポロ、サントリーと並んで日本の大手ビールメーカーの4社となっています。

また、アサヒ飲料では缶コーヒーのWANDAや、炭酸飲料の三ツ矢サイダー、乳酸菌入り飲料のカルピス、アサヒグループ食品では栄養調整食品の1本満足バーなど、非常に有名な商品を多く取り扱っています。

JACリクルートメントはインセンティブで高給も狙える

JACリクルートメントはハイクラス転職に特化した転職エージェントです。なので、求職者に紹介する企業の年収が高いことは多いです。そのため、JACリクルートメントの年収も高いと思われることがあります。

しかし、JACリクルートメントの平均年収は人材サービス業界の平均年収とあまり変わりません。ですが、JACリクルートメントでは実績が重視されることがあるため、インセンティブで高給を狙うことができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related