Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月30日

【自動車業界】人気企業の「業績ランキング」「平均年収ランキング」

自動車を開発・生産している自動車業界は、経済的な観点から見ても、日本にとって欠かせない産業です。今回は、自動車業界企業にスポットを当てて、2種類のランキングをご紹介していくので、業界研究の一環としてお役立て下さい。

【自動車業界】人気企業の「業績ランキング」「平均年収ランキング」
「履歴書ってどうやって書けばいいの?」
「面接でなんて話せば合格するんだろう」


そんな人におすすめなのが「就活ノート」

無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり!

大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。

登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自動車業界企業ランキング

今回は、自動車業界企業の業績ランキングと平均年収ランキングを通して、業界研究をしていきたいと思います。

業績ランキングでは、自動車業界企業の売上高の高い企業をご紹介していきます。業績は、企業の現状や将来性について考える際に、非常な重要な要素です。自動車業界の場合は、開発・販売した自動車の売れ行きが業績に繋がっているので、各社の業績を把握することで、人気が高いメーカーを読み取ることもできそうですね。日本だけでなく、海外でビジネスを行っている企業もあるので、一概に「業績=メーカーの人気の高さ」と断言することはできません。しかし、その業績が高い企業の自動車は、安全性や信頼性などの魅力があり、一定の人気を得ていると考えて、間違いはないでしょう。

平均年収ランキングでは、自動車業界企業の社員の平均年収の金額について研究していきます。どんなにやりたい仕事や魅力的な業務であっても、働きに見合った給与が得られなかれば、労働者は生活していけません。近年は、労働時間に対して給与が安い企業などもありますが、自動車業界企業はどうでしょうか?業界の平均年収を把握することで、収入の相場が学べますよ。

消費者にとって身近な存在である自動車業界企業について、2つのランキングを通して研究していきましょう。

自動車企業ランキング:業績ランキング

まずは、自動車業界企業の業績について研究していきましょう。知名度や人気の高いメーカーが多数登場しているので、皆さんや皆さんの周囲の人が利用している自動車メーカーも、登場するかもしれませんね。

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの各社の売上高を元に集計されたランキングです。

出典: http://nensyu-labo.com/gyousyu_car.htm | 1位:トヨタ自動車 2位:日産自動車 3位:ホンダ(四輪事業) 4位:マツダ 5位:スズキ 6位:富士重...
上記のランキングを見ていると、自動車業界は他の業界と比較して、企業の数が少ない印象を受けます。一方で、1位~10位までの企業はどこも知名度や人気が大変高く、ランキングに登場した全ても企業の社名を耳にしたことがあるという方も、少なくないのではないでしょうか?このような背景から、自動車業界は少数精鋭のような業界であると言えそうです。

上位3位までの企業の売上高については、後程詳しくご紹介していきますが、全体としては1位のトヨタ自動車は、他社を圧倒するほどの高い業績となっています。また、4位~10位は、売上高1兆6852憶円~3兆338憶円と、売上高にほとんど差がない状態です。

それでは、上位3位までの企業の業績や特徴について、研究していきましょう。

業績ランキング1位:トヨタ自動車

自動車業界で首位に輝いたトヨタ自動車の売上高は、27兆2345憶円でした。前年度と比較して、この業績は横ばい傾向ですが、金額で考えると非常に高い業績です。自動車業界を牽引し続ける存在と言っても、過言ではないでしょう。トヨタ自動車は、自動車生産及び販売の部門で、アメリカのゼネラル・モーターズを抜いて、世界でも首位に輝いている企業です。

参考資料:※1

業績ランキング2位:日産自動車

トヨタ自動車に続いて、業績ランキング2位に輝いたのは、売上高11兆3752憶円の日産自動車でした。1位との差は大きいものの、こちらも1企業の業績としては、大変高いもの。また、前年度と比較すると、業績はやや増加傾向にあるようです。日産自動車は、フランス企業のルノーと相互出資の関係にあります。また、スズキや三菱自動車、マツダなどとも相互供給の関係です。

参考資料:※1

業績ランキング3位:ホンダ

売上高9兆6033憶円のホンダが、業績ランキング3位となりました。ホンダは、自動車のほかにも、二輪バイクの製造・販売を手掛けている企業です。特に二輪バイクに強みがあり、二輪業界では世界シェア1位となっています。特に、南米でのビジネスに注力しており、販売台数を増やし続けています。

参考資料:※1

自動車業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いて、自動車業界企業の平均年収について、ランキングを通して研究していきましょう。人気や知名度、業績が高い企業は、必然的に社員の給与も高いと考えがちですが、実際にはどうなのでしょうか?業績ランキングと順位の変動を比較しながら見ていくことをおすすめします。

出典: http://nensyu-labo.com/gyousyu_car.htm | 1位:トヨタ自動車 2位:日産自動車 3位:ホンダ 4位:いすゞ自動車 5位:三菱自動車工業 6位:マツ...
業績ランキングの結果と比較すると、平均年収ランキングでも上位3位は変わりませんでした。4位以降は、所々で順位の変動が見られますが、5位~10位は、平均年収626万円~700万円と、比較的僅差となっています。

また、自動車業界は全体的に、平均年収の水準が高いと言えるでしょう。業界や職種、役職などに関係なく集計されたデータによると、2015年の労働者の平均年収は、440万円(※2)となっています。この金額を標準とした場合、10位のスズキの平均年収は626万円となっており、ランキングに登場した全ての企業が、標準を大きく上回っていると言えます。

平均年収ランキング1位:トヨタ自動車

業績ランキングで1位だったトヨタ自動車ですが、平均年収ランキングでも首位に輝きました。その金額は、838万円。上記でご商秋した標準的金額・440万円を、400万円近くも上回る高額年収です。トヨタ自動車は、子会社として自動車業界の有名企業を多数抱えています。「日野自動車」「ダイハツ」なども、トヨタ自動車の子会社です。

参考資料:※1

平均年収ランキング2位:日産自動車

続いて、平均年収776万円の日産自動車が、ランキング2位となりました。日産自動車はたくさんの社員を抱える大企業で、社員数は平成26年4月1日の時点で、22614人でした。ちなみに、社員の平均年齢は42.7歳、平均勤続年数は20.4年となっています。

参考資料:※1

平均年収ランキング3位:ホンダ

ランキング3位のホンダの平均年収は、768万円です。2位の日産自動車と同様に、ホンダも22954人という多くの社員を抱えています。社員の平均年齢は44.8歳、平均勤続年数は23.5年となっています。二輪業界では世界トップのホンダですが、自動車業界でも世界7位に輝いています。

参考資料:※1

終わりに

いかがでしたでしょうか?今回は、自動車業界企業に注目して、2つのランキングをご紹介しました。ランキングに登場したのは、どこも知名度や人気が高い企業ばかりでしたね。

しかし、知名度や人気だけに注目するような企業研究や就職活動は、避けた方が良いでしょう。企業の魅力というのは、数値化してランキングなどで表現できる部分だけではありません。例えば、社員を労わる福利厚生が充実している企業や、社風が素晴らしい企業、社会貢献に注力している企業もあり、数字で表せる部分以外にも、企業の魅力はたくさんあります。

業界研究や就職活動をしていく上で、数字やデータを把握することは大切ですが、数字だけにとらわれず、あらゆる角度から企業と向き合うことも忘れないようにしましょう。

自動車業界は近年、好業績の傾向になってきているようです。世界的に、自動車の需要が拡大していることが大きな理由で、今後も世界市場は拡大していくという見方もされています。一方で、国内での需要は先行き不透明と見られており、今後の動向に注目していきたい業界の1つでもあります。

さらに自動車業界について詳しくなりたいという方には「図解入門業界研究最新自動車業界の動向としくみがよ~くわかる本」がおすすめです。
[参考資料・引用元]
※1「年収ラボ」
※2「doda 平均年収ランキング2015」
※3「業界動向.SEARCH.COM」

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related