Search

検索したいワードを入力してください

自分に自信がない人の特徴|仕事/子育て/恋愛で自信を取り戻すには

初回公開日:2017年03月23日

更新日:2017年03月23日

記載されている内容は2017年03月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自分に自信がない人とはどのような人なのでしょうか。また、自信を持つためにはどうしたらいいのでしょうか。自分に自信がない人にみられる特徴と、自信をつけたい、取り戻したいと思っている人にやってもらいたいこと、おすすめすることをまとめてみました。

自分に自信がない人の特徴|仕事/子育て/恋愛で自信を取り戻すには

自分に自信がない人の特徴は?

突然ですが、あなたは自分に自信がありますか?自分に自信を持つことはいろいろな場面で良い影響を与え、それが自分自身の成長に繋がり、またさらに自信をつけることができます。自分に自信を持っている人は、キラキラ輝いて見えるなんて言いますね。では、反対に自分に自信がない人にはどのような特徴があるのでしょうか。自分に自信がないと思っている人にみられる特徴を上げてみました。

言いたいことをはっきり言わない

自分の意見をはっきり言える人とそうでない人がいますが、自分に自信がない人は、思っていることを言えずに相手の意見に合わせてしまう印象があります。本当は違う意見を持っているのに言えず、こんなはずじゃなかったのにという結果になって悔しい思いをしている人もいるかもしれません。周りに合わせることも大切ですが、自分の思いをちゃんと相手に伝えることも大切なコミュニケーションの一部です。

失敗を恐れて行動できない

自分に自信がないと間違いや失敗を過剰にとらえてしまいがちです。仕事でミスをしてしまったら上司にどう思われるだろうか、今の自分が好きな人に告白する資格なんてない、など、行動する前から不安になったり怖がったりしてしまいます。自分自身で課題のハードルを上げてしまっている人も多いかもしれません。

褒められることが苦手

褒められて悪い気になる人はほとんどいないと思いますが、自分に自信がないと思っている人はそれを素直に受け入れられないことが多いようです。また、コンプレックスをたくさん抱えていることもあるので褒められること自体を嬉しく思えない人もいます。謙虚な気持ちは大切ですが、時には、褒めてくれた相手の優しさや思いをちゃんと受け取ることができるようになれるといいですね。
このように、自分に自信がないと思っている人には、感情を表に出したり積極的に行動することが苦手で、内向的で大人しいイメージという特徴があります。オドオドしている、否定的な言葉が多いなど、ネガティブなイメージを抱く人も多いようです。しかし、本当にマイナスな印象だけしかないのでしょうか?

自分に自信がない人はすてきな人

例えば、自分の意見を言わずに相手に合わせてしまうような場面では、意見が割れていざこざが起きてしまうのを防ぐことができます。自分に自信のない人は他人の反応に敏感なので、周りを気づかって合わせようとします。

間違いや失敗を恐れる人は、少しでも不安を減らそうと情報を集めたりして準備を念入りに行います。失敗したら嫌だから関係のありそうなことは全部調べる、起きる可能性のありそうなことを想像する、そういった行動はとても真面目で妥協しない人だという印象にもつながります。

褒められて素直に喜べないことは、もしかしたら成長の兆しがあるからかもしれません。もっと上手くできるはず、まだまだ納得できていない、そう思っていると褒められても嬉しくないですよね。自分を甘やかさず向上心があるんだなと考えることもできます。

自分に自信がない人の見方を変えてみると、実はとてもすてきな人に見えてきませんか?謙虚で控えめで周りを気づかうことができ、自分に厳しい真面目な人というイメージです。本当はとても優しくて気づかい屋さんが多いのかもしれませんね。

自分に自信がない人が自信をつけるには?

自分に自信がない人はすてきな人と言いましたが、やはり少しでも自信を持って生きていきたいというのが本音です。自信がない、失敗続きで自信をなくしてしまったという人が自信を取り戻すためにはどうしたらいいのでしょうか?

まずは自分自身を信じる

自分は何をやってもうまくいかないと思っていませんか。それを周りに言われてしまうこともあるかもしれませんが、まずは自分が自分を信じてあげることからはじめましょう。たとえうまくいかなかったとしても、それまでにしてきたことは決して無駄にはなっていません。知識や努力は自分の経験です。その経験が自分自身のためになっているんだと信じることが自信をつける第一歩です。小さな成功を積み重ねてこそ大きな成功につながるのです。

周りに頼ってみる

苦しいとき、つらいとき、ひとりで抱え込むと余計に深みにはまってしまうことがあります。自分の悩みなんて人に話すべきじゃないなどと思わず、不安なことは周りに相談するようにしてみましょう。話すだけですっきりしたり、もしかしたら同じことを悩んでいる人がいるかもしれません。自分だけがいろいろと悩んでいるわけじゃないんだと気づくことも必要です。案外、これっぽっちのことで悩んでたんだと思うこともありますよ。

ひとつのことを継続する

小さなこと、些細なことでいいので、何かを続けることをしてみます。『毎日同じ時間に起きる』『月に3冊は本を読む』『通勤時に一駅歩く』『週に3日は自炊をする』『500円貯金をする』などたくさんありますが、自分にとって楽しいと感じることの方が継続しやすいでしょう。健康が気になっている人であれば、『毎日20分ウォーキングをする』『お酒は週に2回まで』なんていうのもいいですね。始めることは簡単ですがそれを続けるというのは結構難しいものです。仕事や家事で忙しく大変かもしれませんが、まずはひとつ、続けることをしてみましょう。続けることができるということが自信につながります。

前向きな言葉をつかう

「でも」「だけど」「どうせ」などをよく使っていませんか。言葉が人に与える影響は大きいといいますが、ポジティブなことをよく言う人は明るく元気なイメージがありますよね。反対にネガティブな発言の多い人は暗く塞ぎがちな印象を受けます。自分に自信がないとどうしても否定的な言葉を使ってしまいがちですが、まずはそれをやめるようにします。そして、良い言葉、前向きな発言を意識しましょう。それだけでも自分自身に良い影響を与えてくれるはずです。

自分を褒める

自分に自信がない人は、自身を否定することが多く褒めてあげることが苦手です。真面目で自分に厳しいことも大事ですが、やはり自分の努力は自分自身にしか分かりませんよね。少しでも頑張ったことやできるようになったことがあれば、それはしっかり褒めてあげることが必要です。「今日は頑張ったからご褒美でケーキを買う」というのもいいでしょう。他人に褒められる以上に、自分で自分を褒めることが自信をつけるためには大切です。
自分に自信がないのは自信をつけるための経験が少ないからだといいます。成功も失敗も、良いことも悪いこともすべては自分の経験です。人は経験してこそ成長する生き物ですので、結果だけにこだわるのではなく、その結果に至った経緯をちゃんと分析して考え次に生かすことで自信がついてきます。自分を信じて行動してみることが、自分に自信を持つきっかけにつながるのかもしれませんね。

自分に自信がないことは成長の証

「やりたいことはあるけれど自分に自信がないから挑戦するのが怖い」「好きな人に告白したいけれど自分に自信がないからできない」「自分に自信を持ちなさいと言われるけれどどうしたらいいのか分からない」と今まで悩んできた人は、まずは現在の自分を受け入れてあげることから始めましょう。自分のことをまず自分が一番の理解者にならなければ、どんな自分になりたいのかも分かりません。
今は自分に自信がないと思っていても、これから様々な経験を通して成長し、それが自信につながります。自分に自信がないことが悪いことだとは思わずに、できることを少しずつやっていくことが大切なのではないでしょうか。そして、時々は自分を褒めてあげて、成長している自分を実感することも忘れずに。一度きりの人生、悩んでばかりいるよりも思い切り楽しまないともったいないですよ。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related