Search

検索したいワードを入力してください

2016年12月05日

離職率が高い業界・企業の特徴と共通点、離職率が高まる理由

将来を左右する転職は慎重に行いたいものですが、応募する企業のことを事前にしっかり調べきれていますか? チェック項目のひとつに離職率がありますが、そこにはそれなりの理由があるようです。そこで今回は離職率の高い業界とその理由について調べてみました。

離職率が高い業界・企業の特徴と共通点、離職率が高まる理由
「履歴書ってどうやって書けばいいの?」
「面接でなんて話せば合格するんだろう」


そんな人におすすめなのが「就活ノート」

無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり!

大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。

登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

離職率が高い会社には共通点がある!

求人を探し応募して、作成した書類を手に面接へ…。何かと手間のかかる転職活動を経て、ようやく決まった会社に入社したのはいいけれど数日後には辞表を書く羽目に…。

そんな状況は絶対に避けたいですよね? 転職の失敗を避ける為のチェック項目はいくつかありますが、そのひとつに応募する会社の離職率があります。そんな離職率の高い会社には共通点があり、その理由を知ることが転職のリスクを回避する大切なポイントとなります。

人が残らない職場の条件とは

その1:オーバーワークで体力的に辛い

「ブラック企業」などを上げられる会社のほとんどが、連日の深夜残業や土日まで休み返上で働かされることが多く、精神的にも肉体的にもついていけず、ドロップアプトする人が続出します。すると残された人の労働時間がさらに増え更に悪循環に。これは主に企業側の問題と考えられる為、そんな状況を見て見ぬふりする会社には良い人材は残らないと考えられます。

その2:給料が低く生活できない

働いた分の対価として払われる給料ですが、これが低いとモチベーションもあがりません。またそもそもの生活自体に余裕がなくなり働くことに疑問を持ってしまいます。

その3:人間関係が希薄

通常仕事はチームワークで行うものですが、社内の風通しが悪く、情報の伝達や連携がうまくいってない会社では仕事の成功体験を得ることが難しく、ストレスばかりが溜まり職場の雰囲気が悪くなることも。さらにひどい場合はいじめなどもあり、いじめを受けている本人以外の人もその雰囲気に嫌気が差し辞めてしまうということもすくなくないようです。

離職率の高い業界ランキング

離職してしまう理由を踏まえた上で、厚生労働省の資料を元に、具体的にどんな業界の離職率が高いのか見て行きましょう。

離職率の高い職場TOP5

1位=飲食・宿泊業(居酒屋、ファストフード店、飲食チェーン店、ホテル、旅館経営居酒屋、ファストフード店、飲食チェーン店など)

決まった休日が取れず、残業もサービスになることが多く肉体的にキツイ。過酷な労働に反して給料は安い為長く続かない人が多く、現場は常に人手不足。残った人だけがさらに厳しくなるという負のスパイラルのような職場。

2位=生活関連サービス業(クリーニング屋、美容室、温泉、旅行代理店、ブライダル関連、葬儀関連、映画館、競馬・競輪、パチンコ店など)

「人のヘアスタイルを美しくデザインしたい」「仕事でたくさんの海外旅行に行きたい」「人生の門出に立ち会えるなんてステキ」など生活関連のサービス業はとても華やかで夢のある仕事に見えます。しかしいざ就職してみると、世間一般がお休みの土日は忙しく休みが取れない上にお給料もそこそこな為、現実を見て続かないと感じてしまう人が多いよう。

3位=教育・学習支援(公立私立学校法人、通信教育、学習塾、ピアノ教室、英会話スクールなど)

ドラマやマンガの影響もあって、将来は教育者として「人を育てる仕事がしたい」という希望を胸に入社。しかし、なかなか休みが取れない上に給料も少ない、さらには最近話題のモンスターペアレントのような親からのストレスで精神的なダメージを受けてしまう人も少なくないよう。さらに小子化けるなどの影響で、今後間違いなく先細りする業界なので、未来に展望が見出せないなど退職に追い込まれる理由が様々。

4位=サービス業(廃棄物処理業、派遣業、レッカー車業、自動車整備、機械修理など)

車でゴミを拾って片付ける廃棄物処理業やオイルまみれになって働く機械修理などほとんどが肉体労働な上に「危険・キツイ・汚い」の代名詞。また職場は昔ながらの職人気質な人も多く、辛くても気軽に相談できないなど若手にはなかなか厳しい現実が待ち受けているよう。

5位=小売業(スーパー、コンビニ、百貨店、アパレル、専門店など)

アパレルや百貨店は年齢に関係なく、正社員でも売り場に出て接客など立ち仕事をするのが基本。またクレーマーの対応などもあり精神的にも肉体的にツライというWパンチで人の定着がイマイチといえるよう。

転職成功のためには、会社調べは入念に!

いかがでしたか? 現在転職活動中の方、または転職を考えている方も、入社前にその企業の離職率の高さを調べておくことが今後の自分の将来に大きく影響することがお分かりいただけたと思います。転職サイトなどで離職率の高さが話題になった口コミ投稿数が多かったり、常に求人募集をしているなどは怪しい企業の目安です。応募の際にしっかり確認すのがおすすめです。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related