Search

検索したいワードを入力してください

男女別高卒の人のおすすめ転職方法|高卒で大手に転職する方法

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2019年06月18日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

高卒での転職は学歴の面では大卒よりも差がありますが、有利な点もあるのをご存知ですか?ここでは男女別の高卒での転職についての他、高卒で大手に転職を成功させる方法や高卒からの転職で有利な資格や転職した場合の給料などのついて解説します。参考にして下さいね。

男女別高卒の人のおすすめ転職方法|高卒で大手に転職する方法

男女別高卒での転職のすすめ

一般的に、同じ高卒であっても男女で転職先は違ってきます。メーカーや中小企業などの技術職などでもの作りの技術を身につけたり安定した公務員の現場から始める警察官や自衛官、など体力が重視される男子とコミュニケーション能力や細やかな気遣いなどを活かすことができる美容師や看護系や介護系の職業などがあげられる女子とに大まかに分けられるでしょう。

高卒男子の転職先

高卒の男子であれば、一般的にメーカーや中小企業などの技術職などの体力を使う仕事や土木・建築系の現場などに関わる仕事なども考えられるでしょう。また、警察官や自衛官などに入るなどの選択肢もあります。どの仕事も現場でやる気や体力が必要とされる仕事ですが、石の上にも3年、続けることで経験やスキルをつけてゆくことができます。

高卒女子の転職先

高卒の女子であれば、一般的に経理や受付、医療に特化した医療事務などの事務職系の仕事や美容師や介護系などの現場から始めることなどが考えられるでしょう。また、人とのコミュニケーションなどが好きであればアパレルを始めとした接客業を目指すなどの選択肢も考えられます。

高卒男女の垣根がなくなって来ている

上記のいずれの職業でも男女の垣根がなくなってきています。事務職や美容師などの職場でも男性が活躍するのはもちろんのこと、自衛官や土木現場、技術職などにおいても女性の姿を見かけるようになってきました。男女雇用機会均等法や女性の募集を応援するポジティブアクションなどが施行されている中で、女性が活躍する場所はこれからも増えていくのではないでしょうか。

高卒で大手に転職を成功させる方法

高卒で大手企業に転職をする場合、大きく分けて2つの場合が考えられます。ひとつは「新卒同様」の場合、もうひとつは卒業してからある程度年数が経過してから転職を行う「中途採用」の場合です。

新卒同様の場合

企業が高卒の人材を採用する目的の一つは若い人材を採用して一から育てたい場合です。
大卒の求人で人気がある年代として、新卒の他に「第二新卒」という年代があります。これは就職をして数年の社会経験の後転職活動を行う人材のことを指していう言葉です。

第二新卒は新卒と同じ程度の柔軟をを持ちながら、社会での基本的なマナーなどのスキルが身に付いているため、新卒よりも即戦力に近い人材として企業から人気があるのです。
同じ様に高校を卒業して就職し、時間をあまり置かずに転職をすることになった場合には、新卒と同じ扱いで社会での基本的なマナーを取得していることが武器になるかも知れないのです。

若さを武器にしてそうした企業への転職に挑むことになりますが、在学中から良い成績であったり、卒業してからも勉強熱心であったりする姿勢があれば、より一層。採用の確率は高くなるでしょう。

自動車メーカーや家電メーカー、製鉄、製造業(メーカー)や技術系の大企業の他、鉄道会社などなどでもの多く高校の新卒者の採用枠を設けています。それらの企業に必要不可欠な現場の熟練技術者になるには経験と年季が必要です。

そのためには優秀な若い高校卒業者が必要なのです。一般的な求人広告では高校生の正社員などの募集は禁止されているので、高卒から大企業への就職枠は無い様に考えられがちですが、子新卒の高校生で成績優秀であれば、各企業の必要とする人材であると言えます。

最近では一流大学を卒業してもなかなか大企業に就職がかなわないことも多いと聞きます。就職したい大企業があるのであれば、高校時代に頑張って好成績を残した方が大学へ通うよりも大企業へ入社できる確率は高いかもしれません。

高卒で中途入社の場合

高卒で新卒ではなく中途採用の場合でも、卒業してそれほど年数が経っていないのであれば、若さという大きな武器があるので、どの企業でどのような仕事に就きたいのかが明確であれば、熱意と志望動機をしっかりとまとめることで大企業の採用担当にアピールをすることができるでしょう。

卒業して年数が経過している場合は新卒と比べて社会経験が武器になる場合があります。社会経験があれば、企業の方は社会人のマナーなどを研修で教える手間が省けるので一つのアピールとなるのです。そして、新卒の場合と同じ様にどの企業でどの様な仕事に就きたいのかを明確にして、資格をとるなど、基礎的な勉強も進める必要があります。

高卒からの転職で有利な資格

高卒からの転職では資格を持つことで転職の際のスキルをアピールすることができます。美容師や簿記などの定番の資格の他、看護師や介護士、IT関連など時代とともに必要な資格も多様化しています。自分の目標や興味、転職希望の業界の必要性などに合わせて取得を考えましょう。

美容師

美容師になるには国家資格である美容師免許を取得する必要があります。美容師免許を取得するためには美容系の専門学校に入学して学び、国家試験に合格するしなければなりません。高卒の資格があれば美容専門学校へ入学することが可能です。

看護師や介護士

一般企業の経理などの事務職に転職する場合などには日商簿記や医療事務などの事務系の資格をとるのが役に立ちます。事務職と一口にいっても一般事務や経理事務、受付事務など他多くの種類がありますし、医療事務の分野でも薬局の事務や歯科の事務などでは行う仕事も違ってきます。目指したい企業や職種があればそれに沿った事務に関する資格を勉強するのが効率よいと言えるでしょう。

簿記や医療事務

一般企業の経理などの事務職に転職する場合などには日商簿記や医療事務などの事務系の資格をとるのが役に立ちます。事務職と一口にいっても一般事務や経理事務、受付事務など他多くの種類がありますし、医療事務の分野でも薬局の事務や歯科の事務などでは行う仕事も違ってきます。目指したい企業や職種があればそれに沿った事務に関する資格を勉強するのが効率よいと言えるでしょう。

英語やT関係

インターネットの普及により海外との取引やITを利用した企業活動なども増えてきました。TIEICや英検などの受験のため、英語関連のスキルを伸ばすことはオフィスの現場では必要になってくるのではないでしょうか。

また、公共職業訓練などでもプログラマーやWEBデザインなどを募集している所もあります。WEBの世界で活躍するためにプログラムやWEBデザインのスキルや知識を身につけることもこれからの時代には必要なスキルの一つだと言えるでしょう。

資格を取得する方法

資格を取得するにはテキストや問題集を使っての独学の他、通学や通信教育など様々な方法があります。転職のために集中して勉強するのであれば国の指定する公共職業訓練や民間に委託しての職業訓練なども安い費用での受講が可能です。

また、国から個人や企業経営者への補助制度もいくつかあるので利用することで資格取得にかかる費用を節約することが可能です。他にも転職エージェントなどでも資格取得をバックアップしている場合がありますので、問い合わせてみるのも良いでしょう。

高卒の転職で目指したい就職先

高卒であっても就職してそれほど時間がたたない転職や資格をとり、目的を定めた上での転職など、場合により、様々な職業への転職を行うことができるでしょう。

上場企業

高卒の学歴での転職での狙い目は、上場企業などで技術者などの募集です。経験と熟練を要求される技術者を若いうちから育成することが目的のことが多いので、高卒でも就職してすぐの転職などの場合には新卒と同じ様に挑戦できるのではないでしょうか。

大学卒で中小企業に就職するよりも高卒同様で大企業へ就職する方が待遇や給与の面では上回る場合も考えられます。また、転職活動を行う上では資格を持っておくことはスキルの証明以外にも勉強熱心であることの証にもなります。

公務員への挑戦

高卒の転職には、国家公務員や地方公務員など試験の高卒程度の試験を受けて合格し、公務員への道を目指す方法もあります。高卒程度の場合、高校を卒業していなくても、高卒程度の学力があることが要求されるので勉強の頑張り次第で合格することが可能です。宿主ごとに年齢制限が設けられていますが、高卒程度対象の場合、20歳前後とされているものから30歳過ぎまで可能なものもある様です。公務員は高校の新卒でも人気の職種ですので、競争倍率が高いものが数多くあります。しっかりと勉強をして臨む必要があります。

成長企業やベンチャー企業

アルバイトでの採用から正社員への登用を目指す方法もあります。同じ様にアルバイトから正社員に登用され、役職を経て経営者にまで上り詰めた人も何人も存在します。旅行会社H.I.S、牛丼チェーン吉野家、カレーショップCoCo壱番屋、回転すしのスシロー、GMOインターネットなどの経営者も高校卒業または高校中退などの学歴から企業の有数を勤めるまでになりました。急成長の企業や創業時、ベンチャーと呼ばれていた企業などにも大きなチャンスがあると言えるでしょう。

転職先の探しかた

高卒での転職で就職先を探す場合、昔であれば職業安定所(ハローワーク)や高校への求人募集などの機会しかありませんでしたが、インターネットの普及した現在では、ハローワーク以外にも転職サイトや転職エージェントなど、様々な方法で転職のための情報を得ることが可能です。

ハローワーク

高卒で就職をして、すぐに転職を行う場合などには新卒と同様の成長を見込んでくれる可能性があります。高卒新卒向けの正社員などの求人に関しては大卒などの求人と違い求人広告だけでの公募をすることができません。未成年が適切に就職先を探せるようにとの配慮のため、高卒の人材を採用したいと考えた場合には、まず所轄のハローワークへ求人の申し込みをしなくてはなりません。

また、学業に負担をかけない様にとの配慮から、募集ができる期日も7月1日以降に定められています。ですので、求人雑誌、求人折り込み広告、求人サイトなどで高卒の求人を扱うにはハローワークを通じて求人をされていることがまず必要になります。そこでハローワークでそうした高校の新卒向けの求人が解禁になるタイミングを狙い転職先を探すことで優良な企業に転職できる可能性があると言えます。

転職サイト、求人情報誌

転職サイトや求人情報誌、新聞の求人広告には多くの求人が掲載されますが、応募条件で高卒可としているものを探すと良いでしょう。また、最近では若い世代をターゲットとした求人サイトも存在します。若い世代を採用したい会社が募集をしているので、そうしたサイトなどを利用するのも良いかもしれせん。

また、看護師や保育士など、特定の業界に沿った募集をしていたり、業界に特化した転職サイトなどが運営されたりもしています。転職して進みたい業界が決まっている場合、資格試験の勉強をして資格を取得している場合や、同じ業界に転職したい場合などにはそうしたサイトなどを利用するのも良いでしょう。転職サイトでは働き方や給与などの条件を登録すると条件にマッチした求人をメールで通知してくれるサービスもありますので、在職しながらの転職活動には利用したいサービスの一つです。

転職エージェント

転職の際に希望に沿った求人を紹介してくれるだけでなく、業界に詳しい担当車のサポートを受けることができるのが転職エージェントです。また、中には働きながら資格取得を支援する制度を設けている…転職エージェントも存在します。「転職エージェント 高卒 おススメ」なとと検索をして、いくつかのサイトを見比べてみると応募すべき転職エージェントが見つけやすいと思います。

転職した場合の給料

出典: http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou... | 高卒 20~24歳 194万3,000円 25~29歳 223万7,000円
厚生労働省の行った平成27年賃金構造基本統計調査によると高卒の給与の平均額は以上の様になっています。高卒の同じ年代がどれ位の額をもらっているか知ることで、転職活動の目安になると思います。

しかし、これはあくまでも全体での平均に過ぎないということです。ネットの個人の給与情報などを見ても、事務職で手取り14万円というものもあれば、年収で400万円などというものも見受けられます。どの様な職種にどれだけ頑張って就職をするのか、就職をした後も頑張ることができるかで差は出てくるのではないでしょうか。

大卒の資格をとりステップアップする方法も

例えば、中学卒業であったり、事情があり高校へ通えない場合でも勉強をすることで高卒の資格を取ることができますね。同じ様に高卒であってもまた、働きながらでも、勉強をして大学の卒業資格とを取ることが可能です。企業などで肩書を得て給与に差が出てくるのは30代に入ってからが多く見られます。高卒であっても勉強をすることで大卒の資格を取り、キャリアにプラスすることが可能です。

自分の価値を高めること

高卒の転職では卒業して間もない頃であれば、新卒と同じ様に若さを武器にして転職活動をすることができます。また、社会に出て数年後であれば、基本的な社会経験と大学新卒や第二新卒などと同じ年齢であることを武器にすることが可能であると言えます。

また、公務員などであれば、20代から30代前半まで地方公務員から国家公務員まで様々な職種を目指すことが可能です。転職を成功する為に必要なことは志望企業や業界を決めて必要な資格を取るなど目的を絞ることの準備をしっかりと行うことがまず必要です。そして、転職エージェントなどの専門知識のある相談先にもアドバイスをもらいながら転職活動を進めることで高卒であっても良い転職ができるのではないでしょうか。

また、ハローワークの実施している職業訓練や国の補助制度なども利用することでよりリスクが少ない方法でスキルアップをすることも可能です。よく、高卒で良い企業い就職できなかった、人生おしまいだ…などの言葉も見られますが、社会へ出てからでも挽回は十分に可能です。様々な人や制度の力なども借りて、良い人生をつかむため頑張りましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related