Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月30日

【就活】人事からの印象をアップさせる女性の「就活メイク」

普段用メイクと就活用メイクが違うのはわかりますよね?あなたのメイクの仕方次第ではあなたの印象が良くも悪くも変わってしまいます。今回はそんな就活時の好感度を上げるメイクについてのお話しをしてきます。

【就活】人事からの印象をアップさせる女性の「就活メイク」
「履歴書ってどうやって書けばいいの?」
「面接でなんて話せば合格するんだろう」


そんな人におすすめなのが「就活ノート」

無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり!

大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。

登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「普段のメイク」と「就活メイク」の違い

「普段のメイク」は、「おしゃれを優先したメイク」の事を指します。「就活メイク」はそういったおしゃれを優先したメイクが不要です。人事担当者が見たいのはおしゃれにメイクされたあなたではありません。

人事担当者が見ている3つのポイント

それでは、人事担当者は一体どこを見ているのでしょうか?見ているポイントを3つ挙げていきます。

①「清潔感」

人は清潔感のある人には好感を持ちます。企業では職種によっては、取引先のお客様と接する機会もありますので、やはり清潔感を纏っている人がいてほしいものです。

②「知性」

企業で一緒に働くのですから、できる限り賢い人に働いてほしいものです。メイクでもそういった知性というものは見え隠れします。その場に適したメイクをできるというのも賢さや知性の証明になるでしょう。

③「健康的」

不健康そうな印象を持った人を人事担当者が見たとき。「この人、体調は大丈夫だろうか?長く働けるのかな?」と心配になってしまうでしょう。健康的に見えるメイクというのも重要なポイントです。

就活で相応しくないメイク例

就活で普段のメイクとの違いや、どういったポイントを見られているのかがわかりました。しかし人によっては捉え方はさまざまなので、どういうメイクだと就活で良くないメイクになってしまうのか見ていきましょう。

ファンデーションの厚塗り

ファンデーションを厚塗りしてしまうのはあまりよくありません。確かにくまやシミなどを隠すことはできます。しかし就活の面接では厚塗りしないほうが良いでしょう。本人は厚塗りしてないつもりでも、厚塗りしてるとなんとなくわかってしまいますよね。くまやシミなどを隠しつつも自然で健康的なメイクを心がけた方が良いでしょう。

アイラインがくっきりしすぎる

目の周りをアイラインで囲みすぎたり、目じりをはねるようなアイラインを書いてしまうのはよくありません。ペンシルなどでぼかしたラインや細筆で眉毛の間を埋める程度にした方が良いでしょう。

マスカラが濃い

マスカラが濃くなりすぎてダマになってしまうのはよくありません。黒々とボリュームをつけすぎるのもダメです。目力を出したいがために、ついつい下まつげにマスカラをつけすぎてしまうのもよくありません。マスカラの付け過ぎに注意しましょう。

付けまつげ

付けまつげも使わない方が良いでしょう。自然な方が良いでしょう。

チークがまんまる

頬の真ん中にチークを入れるのは可愛らしくて良いですが、就活中に使うのは辞めた方がいいでしょう。子供っぽく見えますし、色の具合によっては派手な印象になってしまいがちです。なるべく肌の色になじむ色のコーラルピンクやコーラルオレンジなどを使って、頬骨に沿った自然にいれるならいいでしょう。

グロスがてかてか

自然なつやを出しているつもりが、グロスを塗りすぎてしまい、唇がてかてかになってませんか?それは良くありませんよ。グロスを塗ると可愛く見えますが、就活の場にはふさわしくはありませんよね。グロスも口紅もてかりを抑えたものを選ぶべきです。色も赤みが強いものではなくピンクベージュなど肌になじんだ色を選んで付けましょう。

好感度をアップさせる就活メイクのポイント

それでは好感度をアップさせるメイクとはどのようなメイクでしょうか?ここからはメイクのコツをお伝えしていきますので、参考にしてみましょう。

ベースメイクのコツ

自分の肌の色を把握して色を選ばなくてはいけません。

・赤みがかった方

青や緑などの下地を選びましょう。

・黄色い肌の方

すこし明るめの黄色の下地を選びましょう。

・血色の悪い方

ピンク系の下地を選びましょう。

このようにご自分の肌の色に合った下地を選ぶことで肌のムラを均一にし透明感のある肌にしてくれるのです。ご自分の肌に合う色がわからない場合は、化粧品売り場の美容部員の方に相談されるほうが良いでしょう。

自然なファンデーションの塗り方のコツ

下地を整えたら次はファンデーションを付けていきます。ファンデーションの色は暗いものよりも明るめの色を選んでください。塗るコツはカバーしたいところだけを指の平で乗せていくようにすることです。

目の下のクマや小鼻や気になる部分には多めに塗りましょう。全体に塗ると厚塗りになってしまうため、塗る際は気になる部分をカバーすることだけに使いましょう。

チークのコツ

チークの色はピンクやオレンジ系が良いですね。茶色や赤色は避けましょう。濃くならないように優しくぼかしをいれていきましょう。チークを入れるときは大き目のブラシを使うときれいにチークを入れられます。

チークは顔の輪郭や印象で入れる位置を変えるとよいです。幼く見えてしまう方は笑ったときに高くなる位置から斜め上に向かってチークを入れると大人っぽい印象にすることができます。きつい印象になる人は笑ったときに高くなる位置から少しだけ下に入れて幼くやさしい印象に仕上げられますよ。

眉のコツ

アイペンシルやパウダーを使って自然な眉を作っていきましょう。眉マスカラ等を使って茶色く染めてしまったり細い眉毛などは良くありませんので注意しましょう。

眉を描く方法ですが、アイペンシルで先に眉毛の枠を描いてからパウダーで塗っていきます。仕上げに眉ブラシでアイペンシルで描いた枠をぼかして自然な仕上がりにして出来上がりです。枠を先に描いて塗るので左右対称高さも均一な高さになります。

アイシャドウのコツ

アイシャドウですが、自然な色のものでラメ感が強くないものを選びましょう。ブラウンやグレー系のアイシャドウだと年齢も上の方に見えてしまいがちで、印象もきつくなってしまうため使わない方がいいでしょう。自然な発色の色を塗ったほうが良いでしょう。おすすめはベージュやピンク系が良いでしょう。

リップメイクのコツ

唇の色がもともときれいな発色の方はリップクリームだけでも問題ありません。赤やピンクなどの派手な印象の物は控えた方が良いでしょう。自然な発色のピンクやベージュなど肌に合うものを選びましょう。塗り方は濃くなりすぎないように注意しながら塗りましょう。

まとめ

就活メイクのコツや失敗しないためになにをすればいいのかご理解いただけましたね。

あなたらしい素敵な笑顔で面接を受けてみてください。そうしたら人事担当者にもちゃんとあなたのことが伝わります。さぁ、リラックスして笑顔でがんばっていきましょう!

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related