Search

検索したいワードを入力してください

フリーターの就職活動と支援制度|有利な資格・就職できない時の対策

初回公開日:2017年02月17日

更新日:2017年03月31日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

フリーターとはフリーアルバイターの略で、正規に就職せずアルバイト勤務などで生計を立てている人のことです。フリーターになるいきさつは人それぞれですし日本の大切な労働力でもあるのは事実です。しかし、就職考えてどのような将来設計をしていけばよいかみていきます。

フリーターの就職活動と支援制度|有利な資格・就職できない時の対策

フリーターの現実

現在フリーターとなっている人の数は約170万人で年々増え続けています。その就職環境も厳しい状況で、厚生労働相では「2020年に若者のフリーターの数を半減する(120万人台へ)という政府目標を掲げています。

フリーターになるきっかけ

フリーターになる事情は人それぞれでしょう。何かしら夢や希望があって、そのために正規の就職はできずフリーターをしながらアルバイトで生計を立てている人、新卒での就職の失敗や就職後のトラブル、また心身の病気など明らかなきっかけがある人もいます。

また何となく正規雇用はまだされたくない、まだ自由でいたい、アルバイトの方が楽…などといういう人もいるでしょう。中には、大学時代にしていたアルバイトを辞められず、そのまま続けているというフリーターの人もいるようです。

しかし、実際にはフリーターとはそれほど気楽なものでは無い、という事が言えます。

フリーターの現状

実家暮らしであったり、ある程度支援がありながらフリーターをしている人もいます。その是非はここでは問いませんが、こういう状況で好きな時間にアルバイトだけしている人はそれほど切羽詰ってはいないかもしれません。

しかし、実際には諸事情でフリーターしかない、という人もいます。そういった人からは「生活するだけで精一杯」という声が聞こえてきます。収入と諸経費を差し引くと、ほとんど残らないという人がほとんどです。貯金などはほとんど無く、したがって結婚したり子どもを授かったりなどは考えられない、という人の割合が正規職員より多いのです。

フリーターの将来

また、フリーターは働いた分しか収入がありません。病気などで仕事を休めば、その分の時給は出ません。病気になって、医療費はかかるのに収入は減る、ということになります。

つまり若くて健康なうちは無理してでも働けますし、気楽で良い部分もあるかもしれません。しかし、年齢が上がってきて病気などにもかかりやすくなったり体力が落ちてきたりすると、フリーターは保障が無いため生活や人生が不安なレベルに上がってくるようです。

フリーターと正規職員の生涯賃金の差はなんと1億円近く違ってくる、という結果も出ています。正規職員は年齢が上がれば、基本給などの収入が上がってくるのが通常です。しかし、アルバイトはほとんど時給は変わりません。何かあっても保障のある正規職員と、全く保障の無いフリーターとは年齢が上がっていくほど差が出てくるのです。

フリーターの就職支援制度

現在フリーターでも正規職員として就職できるように、実際の就職活動と共に金銭面での支援など様々な支援制度があります。自分に合うものをうまく利用して、就職につなげていきましょう。

「わかものハローワーク」

フリーターには就職支援制度があります。厚生労働相は、フリーターの急増に伴って若者の貧困も問題になっている状況を鑑み、平成24年4月より「わかもの支援コーナー」と「わかもの支援窓口」を計204か所、全国のハローワークなどに設置することとしました。

就職活動をしている人は年齢問わず居ますが、フリーターとなっている若者の事情は特別な場合があります。貴重な労働力を活かすためにも支援強化策を打ち出しました。この制度では、一般的に窓口で行っているハローワークの相談から一歩踏み出し、求職者一人一人に専門職員を担当者として充て、正規雇用での就職の実現を目指します。

「わかもの支援コーナー」は県庁所在地など地域でも中核となる場所に設置され、前述したような専門職員が常駐します。「わかもの支援窓口」はおおむね45歳未満のフリーターを対象として、上記以外の市区町村に設置する形で「わかもの支援コーナー」より多少小規模になりますが、個別の支援が必要となればまた個別の相談窓口などを紹介してくれます。

わかものハローワークの就職支援内容

個々への支援として、初回利用時の「プレ相談」があり、それを元にして「正規雇用就職プラン」が作成されます。この相談内容とプランは求職者がどんな仕事に就きたいか、そのスキルは整っているか、そして現在就職ができていない理由などについて相談され、それを元に希望職種へ就けるような段取りを担当者と共に考えていくものです。

また各種セミナーが開催されます。それは求職者のスキルアップを目指したものです。フリーターになっている現状から就職するのは簡単ではありません。そこで、少しでも有利に就職するために専門職への道筋なども紹介されます。

就職者支援制度

フリーターから正規の就職を目指すためには、今現在持っている技術や知識、または資格だけでは難しいこともあります。そこで「求職者支援制度」というものがあります。求職している人材に「公共職業訓練」または「求職者支援訓練」という職業訓練をしてくれるもので、原則無料で受講できます。

また、この受講中・受講終了後もハローワークで就職支援をしてくれます。ハローワークとの関係性も密接になりますし、様々な情報も入りやすく訓練したことが就職につながりやすいでしょう。

職業訓練受講給付金

また、条件を満たした人のみではありますが、職業訓練受講中は収入が無いことを見込んで給付金が支給されます。職業訓練を受けているということは積極的に就職をしたいと望んでいることでもありますし、給付金が出れば訓練も受けやすくなるものです。

そういった効果を見込んでの給付金となりますが、自分がその対象となるかハローワークに確認してみると良いでしょう。

地域若者サポートステーション

働きたい、収入を得たい、しかしなかなか積極的な就活に踏み出せない人は、この時代少なくないでしょう。最初に就職した会社でのパワハラやセクハラなどで、精神的に積極的に慣れない人や障害や病気などで二の足を踏んでしまう人もいます。

また、現実的に自分がどんな仕事が向いているのか、またしたいのかが分からない、働くメリットが分からない、など若者特有の悩みを抱えている人もいることでしょう。

そのように働く、就職する、ということに対して悩みを抱えている15歳~39歳くらいまでの若者が、就職することや就活することに前向きになれるように支援する場所が「地域若者サポートステーション」です。管轄は厚生労働相ですが、厚労省から若者支援事業に対して実績がある、ノウハウを持っていると認められたNPO法人、株式会社、学校法人が実質的に運営しています。

全国で100か所以上設置されています。より現場に近い人々が悩みに対して相対してくれるので、現実的な相談ができるのではないでしょうか。

ジョブカフェ

管轄は都道府県です。各自治体が主体的になって、若者の就職支援を行う施設でその自治体主催ということで地域の特色を活かした支援が受けられます。就職セミナーや職業相談、個別のカウンセリングなどが主な活動ですが、カフェと名打っているのはできるだけ気軽に来てほしい、という狙いがあるからです。

働きたい、働かなくちゃと思ってはいてもいきなりハローワークなどで具体的な相談までする自信が無い人などに向いています。

地域の若者の就職支援をすることで、地域の働き手も増え地域が活性化すれば二重三重のメリットとなります。保護者向けのセミナーなどもありますし、カフェで休む気持ちで気軽によってみましょう。

若年者等トライアル雇用奨励金

若者は職業経験が乏しいのは当然のことです。しかし、今は即戦力ばかり欲しがる企業も多くなかなかゆっくり育ててもらえない現状もあります。雇用される側も様々な事情から、実際の雇用に及び腰になっていることもあります。

そういう状況の中一定期間(原則3か月)をトライアル雇用期間として定め、その企業や会社や団体などで就業してみるのです。雇用者側もその期間に対象者の適性を見ます。トライアル期間で対象者は働ける場所かどうか、雇用者は本採用しても良いかどうか、と互いに見極める期間を持つのです。
通常であれば書類選考や面接で適否を互いに決めていきますが、その自信が無かったりする場合にすぐ本採用としないで、ゆとりを持った面接を行うような感覚です。

ただ、対象者になるには要件があるので注意してください。
・学校卒業後未就職など、職業経験が全くない
・職業経験が浅く、且つ経験のない職種で就業を希望している人
・相当期間失業している人
でハローワーク所長が認めた人が対象者となります。

フリーターの就職活動

アルバイトとして働いていた職場で、そのまま格上げして正規職員になれるような状況が最もキャリアも積めますし良い方法と思いますが、なかなかそうはうまくいきません。

新卒の時のようにひたすら希望職種や希望する企業を面接して回る方法も、フリーターからの就職の場合は回り道になってしまうかもしれません。フリーター期間が長ければ長いほど、公的機関などを利用して積極性をアピールしたり、資格を取るなど就職に有利な方法を見つけることが必要です。

自分の環境を整備する

フリーターである程度心身が健康な状態で、なるべく早く正規に就職したいと思っている人はハローワークや地域の求職者支援制度などで、積極的に相談していきましょう。その際、自分の希望はきちんと伝えることは最も重要なことですが、自分の希望以外にも就活のプロが見ると向いている職種や企業団体があることもあります。ひとまず自分の意見をきちんと話し、尚且つ人の話も聞きながら就活を進めていきましょう。

フリーターから正規就職を目指している人の中にも、事情は十人十色であると思います。身体的な怪我や病気で就職が難しかった人は、まず健康状態をキープできるように病院などと調整しましょう。障害が残っている状態で就業しなくてはならない時は、それなりに可能な職業や職種、企業団体などを探すことも必要になってきます。

フリーターの人で正規就職しなくちゃと思いつつ踏み切れないでいるような状態、何をしたら分からない、という時にはジョブカフェや若者サポートステーションなどで現状を相談してみましょう。何か糸口やきっかけが欲しいときは、一人で考えず周囲に声を出すことが最も効果的です。
フリーターの今の自分はどんな環境にあるのか、何ができそうか、まずは自分の環境を整理してみましょう。

自分の履歴を作成する~ジョブカードの作成~

履歴を作成するとは、履歴書を作ることだけではありません。自分の過去のキャリアを整理し、今後をどう展開していくかを明確にしていく事です。

この作成が難しい人は、「履歴シート」「職務経歴シート」「キャリアシート」という内容で構成された「ジョブカード」があります。ジョブカードはハローワークなどで相談した際、キャリアコンサルタントなど就職支援員の指導のもとで作成できます。

ジョブカードを作っていると、雇用型訓練ができます。雇用型訓練とは、賃金の支払いを受けながら(賃金は正規雇用者とは異なります)、職業訓練を受けることです。
ジョブカードを作ることで自分自身が過去につまずいた原因や、本来自分がやりたかったこと、叶えたい未来像などが見えてくる可能性があります。自分だけで作成することもできますが、できれば第三者の意見を聞きながら、支援員と相談しながら作ることをお勧めします。

職業訓練を受けたり資格を取る

やはり一定期間フリーターとして働いていた人は、不本意ながら色眼鏡で見られてしまうのも現実です。そこに至るまでには様々な事情があるのですが、それを理解してもらうのは難しい時もあります。

そこで現状を有利にするには、正規就職に対する積極的な姿勢のアピールです。職業訓練を受けていたり、当該企業で役立つ資格を取得していれば、その姿勢は伝わりやすいことでしょう。どのような訓練や資格が良いかは、ジョブカードを作成しながら考えます。

トライしてみたいことがはっきりしてくれば、ハローワークでも地域の就業支援施設でも相談に乗ってくれます。

会社や企業選び

資格取得や職業訓練を受けている過程で、ある程度希望する会社などは見えてくるかもしれません。また、職種によっては転職サイトなども盛んなものもあります。いずれにしても、フリーターの人が飛び込みで面接などを申し込むよりハローワークや信頼できる人材会社などの仲介を受けることをお勧めします。

フリーターの人が正規就職にこだわると最終的には就職できれば良い、と思ってしまいがちですが、やはり自分自身をきちんと評価してもらわなければなりません。就職先に対して真摯な気持ちは大切ですが、雇ってもらうためにと自分と卑下する必要も無いのです。フリーターの人もそういったある程度対等な立場で面接交渉していくためには、自分一人より仲介者が居た方が良いでしょう。
焦らず自分が働きたい、と思える場所を探します。

面接、就職へ

面接時の細かい服装や注意点は、ハローワークや職業相談所などでも教えてくれます。就職が決まった後も、つまずくことがあれば相談に乗ってくれます。
自分一人で悩まず様々な人の力や、支援制度を活用しましょう。

就職に有利な資格

資格はただ持っていれば良い、というのではありません。医療系や司法関係の国家資格などは、持っているだけで就職できるものもありますが、持っているだけでは就職に結びつかないものもあります。
基本的には自分が興味を持っている職種につくために、取っておきたい資格を選ぶのが大切です。就職してからも事前に予習しているようなもので、仕事に役に立つでしょう。しかし、ただ履歴書を埋めるためだけの様な資格の取り方は、時間もお金も無駄になってしまいます。

IT関係

IT関係で就職したいと思っている人は、「基本情報技術者試験」は業界での認知度も高く認められる視覚になるでしょう。IT業界で働くために必要な基本知識や、情報処理に必要な考え方を学ぶことができます。受験資格が無いことも、フリーターからの資格取得に良いでしょう

不動産関係

不動産関係に興味がある人は、「宅地建物取引士」という資格があります。不動産取引においてその法律、税制度など一般的に煩わしいとも感じる問題に関する資格で、そのことから持っていると即戦力も期待される資格です。

認知度も高く、また不動産業界だけでなく金融業界でも使える資格なのでアピールできる資格になるでしょう。また、受験資格が無いので経験が無くてもトライすることができます。

福祉関係

福祉関係は現在非常に人手不足で、高齢化社会に向けてもっと伸びていくであろう業界です。ただ、人手不足だから簡単に就職して働けるだろう、と思うとまた違うのです。福祉の仕事自体、人の命を扱うことであり知識も技術も必要な仕事です。尚且つ、国の瀬策の問題ではありますが余裕で経営している施設はほとんどありません。そして評判や口コミに左右されることも多いのです。

人手はいくらでも欲しいけれど、金銭的な事情や評判を大切にしており、誰でも雇えるという状況ではないのです。そこで「介護職員初任者研修」や「ヘルパー二級・一級」といった資格を持った、きちんと学んでいる人を優先的に雇用するでしょう。

経理関係

経理関係に就職したい、数字関係に強い人などは「日商簿記」があります。3級からスタートして2級まで持っていると経理や会計の知識はあると思ってもらえます。
ただ、経理関係の就職先は多く、簿記資格が有利になるかどうかはその施設によります。

その他

国際的な展開をしている企業では「TOEIC」などの英語力をむしろ必須としている企業もあります。ただ、英語力を必要とする企業では、英語検定の実力だけでなくそのコミュニケーション能力も見ていることが多いようです。英語を駆使して、どんな仕事ができるのかが見られます。

また単純なことの様ですが「普通自動車免許」が必須の仕事もあります。営業などでは無くてはならないものとなります。

ある程度人気の職種と対応する資格を挙げましたが、挑戦したい就職先が決まっている場合は、その企業に合わせて働くのに予習となるような資格を取るのは当然のこととなります。

就職できないフリーターの改善点

なかなか就職活動が上手くいかなかったり、どんどん出世していく同期が居たりするとどうしても焦ってしまうものです。しかし、自己否定ばかりしていては先に進めません。逆に人のせいにばかりしていても現実逃避するばかりになってしまいます。

今現在の状況を正しく見極めて、この先どんな将来を希望するのか考えていかなくてはなりません。

フリーターがうまく就職できない理由

面接官や雇用主にも色々な方がいるので、相性の問題も実際にはあると思います。ただ、上手く就職につながらなり理由はいくつか挙げられます。

「就職することにあせって、職種や会社にこだわらない」
正規の就職に焦っているときは、金銭面がシビアになってきたり、年齢的に老後を考えたりなどの時も多いでしょう。そういう時は、福利厚生の整っている会社や年収の良い企業などに惹かれがちです。しかし、実際にどれだけその職種や企業について知っているか、面接で疑問を持たれてしまうケースがあります。
そうした人は面接でもしどろもどろになってしまい、面接官の信用を得られない結果にもなってしまうのです。少し長期的にみて、働きたい職種関連のアルバイトを探してフリーター期間を過ごして就活に挑むのも、一つの手だと思います。

「自分のこだわりが強い」
何が何でもIT業界が良い、これだけの年収は無いと、などこだわりが強すぎて就活の幅が広げられない人が居ます。自分の希望を通すことは大切です。しかし、他の可能性が無いかということも考えてみる必要もあります。自分の希望職種では無かったけど、アドバイスに従って働いてみたら意外と面白くなってきた、という人は実際に少なくないのです。

「アドバイスを受けない」
日曜日の広告の求人ばかり見ていたり、ひとりで就活するにはフリーターはハードルが高いのが現実です。転職サイトなりハローワークなりで相談する、そのはじめの一歩が踏み出してみましょう。
他者との対話の中で見えてくる自分もいます。そういった経験はむしろフリーターをしていた強みとしてアピールもできます。

フリーターに対する雇用主の目線

日本は新卒者を取りたがる社会です。上下関係を大事にして、年功序列の風習を重んじる傾向がまだ日本の中には根強く残っています。優秀な人材であれば、どんな履歴でも年齢でも性別でも雇用する、という考え方の企業も増えてはいますが、個人主義の欧米などに比べるとかなり違うといわざるを得ないでしょう。

そのような風習から、日本の企業は一般的に新卒がとりやすいのです。毎年決まった時期に一斉に入職してくるので一律の指導をすればよいので、無駄が無く手間もかかりにくい、そして新卒者は教えやすいということになります。

また、中途採用者でもどこかの企業団体でキャリアを積んでいれば魅力にもなりますが、フリーターとして働いていた場合、特にまったく関係ない職種で働いていた場合はどこまで働けるのか疑問に思われてしまうのです。人によっては、親のすねかじりではないかとうがった見方をしてくる雇用者もいます。

それまでフリーターとして働いていた仕事と関連性のある仕事であれば、ステップアップと受け止められるかもしれませんが、全く関係ないとどうして自分たちの企業を選んだのだろう、ということになってしまいます。
いずれにしても雇用者側から見て、フリーターという立場の人を雇うのは一種冒険なのです。

フリーターであったことも自分の履歴

新卒者が喜ばれる理由に、何にも染まっていない新卒者は教えやすいというのがあります。真っ白なノートに書き込むのは簡単ですが、先に書き込んであるノートを消して書くのは面倒という考え方です。
しかし、先に書き込んである内容をすべて消して新しいことを書き込む必要ばかりではありません。まったく違う仕事内容であっても、フリーターとしてでも働くことには責任が伴うものですし、対価を得るには大変なこともあったことでしょう。

フリーター期間で自分を見つめなおせた人もいるかもしれません。面接などの時、フリーターであったことやその期間については恐らく言及されることでしょう。その時は、その期間があったから今前向きになれたことや、その期間を通して学んだことなどを話してみるのも一つかもしれません。

また、フリーターとしての自分やその期間を恥じることばかりでは無いのではないでしょうか。むしろアピールポイントにできるくらいの大らかさで、正規就職を決め堂々と前進していければと思います。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related