Search

検索したいワードを入力してください

市場調査の方法とおすすめの会社ランキング|マーケティング活用方法

初回公開日:2017年02月17日

更新日:2017年02月17日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

市場調査という言葉は聞いたことはありますか?最近では、市場調査というキーワードがあらゆるところで出てきます。市場調査とはどんなもので、どんな方法で市場調査するのでしょうか。今回は、市場調査の方法やおすすめの会社ランキングについてまとめました。

市場調査の方法とおすすめの会社ランキング|マーケティング活用方法

市場調査とは?

市場調査とは何か知っていますか?市場調査とはどんな目的で誰が行うのでしょうか。簡潔に言うと、商品を売るために現在の市場を分析することです。
より具体的にすると以下です。
企業がある商品を開発し、売ろうと考えています。もしくは、これから売りたい商品を開発しています。他の商品と差別化を図り、より利益を出すためには、どんな商品にして、誰にどんな広告を打てば良いのか知る必要があります。そのためには、この商品に興味を持ちそうな客層や、競合商品の特徴や売れ行きなどを調べる必要があります。これが市場調査の目的です。

世の中のニーズに合わせ、販売促進やこの商品の分野では、どのくらいの消費者が買っているのか?価格はどのくらいなのか?などのデータを集め、分析することでより良い商品を生み出せるでしょう。

市場調査でおすすめ会社

市場調査というのは、思い付きでできるような簡単なものではありません。たくさんのデータを扱いますし、そもそもデータを収集するのもかなり大変です。一から自分でやるのはデータの量と質共に不安だという場合はやはり、プロの会社に頼むことがおすすめです。より確実にたくさんのデータが手に入ります。以下におすすめの企業を紹介します。

第三位 マクロミル

インターネット調査などで有名なマクロミル。お小遣い稼ぎにとアンケートに答えたことがある人もいると思います。年間約20,000件の調査を行っており、取引社数も約5,000社で信頼できます。実績はもちろん、市場調査のノウハウなどもかなり備わっています。

マクロミルという会社は、ホームページなどでも書かれていますがグローバルな会社であり、主にアジアを中心としているそうです。世界13か所のところで、拠点が34と展開しております。日本だけの市場調査だけではなく、世界などでも対応などしているので、海外進出を考えている企業や、外人向けの商品やサービスに対してデータが欲しい場合も有効でしょう。

マクロミル独自で開発をしているリサーチシステム『AIRs』を使い、よりスピーディに実行し、実査や集計をなどをしているそうです。さらには、オリジナル集計ソフトもあり、なんとそれは無償提供されるそうなので、もし詳しくお知りになりたい方は下のリンクをクリックしてください。

第二位 ビデオリサーチ

ビデオリサーチという会社は、テレビなどの視聴率や、ラジオ番組の視聴率などを中心に調査している会社です。市場調査も、もちろんやっています。現在はドラマの視聴率など、よくニュースや掲示板で取り上げられます。どの時間にどのくらいの人が視聴しているのかという情報から、どの広告を出すべきか決めたりするのに活用されます。

東芝や電通など、合わせて18社が共同で出資し設立した会社です。もちろん、日本テレビや毎日放送、フジメディアなども関わっているのでテレビの視聴率の調査に関しては群を抜いていますが、動画はスマホでも視聴可能なので一気に調査結果の活用範囲が広がります。

マクロミルは直接顧客や一般人の意見を聞く調査方法が多いですが、ビデオリサーチはテレビやスマホなどの媒体を使っている人からデータを取る方法がメインです。そのため、ビデオリサーチの方が不特定多数のデータを収集することができます。

第一位 インテージ

インテージは、聞いたことがある人も多いかも知れません。市場調査に関して、最近一番
おすすめされている企業です。ホームページ内にも書かれていますが、日本国内最大の『マイティモニター』を活用して手織り、より素早く手軽さもある利点があり、素人でも利用しやすい会社です。

日本で唯一パネル調査網を持っている企業で、市場調査を行う上場企業として有名です。信頼性も高く、品質に関しての自信があり、それに伴い実績もあります。「マイティモニター」には685万人のモニターがおり、より確実な情報が手に入るのは間違いないでしょう。インテージ独自のオリジナル調査画面でデータを収集しているので、データ分析もやりやすいです。

市場調査のやり方

どのように市場調査は行われているのでしょうか。市場調査のやり方は、多種多様な方法があります。以下に紹介するのは、一般的に使われている調査方法です。調査の方法は技術の進歩と共に変化しているので、今後はもっと正確にたくさんのデータが収集できるようになるはずです。

アンケート調査

アンケート調査というのは、やったことがある人も多い簡単な調査方法です。学校でおこな会われる、先生の評価アンケートが一番身近な例です。最近は媒体も増えていて、アンケート用紙を配布するケースでも鉛筆で塗り潰す解答方法と、文章で答える方法があります。ネットでアンケートを取る際も画像をクリックして質問に答える方法や、選択肢を用意するケース、文章で答えるケースがあります。

用意されている回答に、アンケートを受けている人が選択して調査するのが一般的なアンケート調査です。この場合、予想外の答えができないため、よく回答文を考えて置かないと効果を得られない可能性もあります。

パネル調査

パネル調査と聞いてもあまり想像つかない人が多いと思います。パネル調査の特徴は、調査対象の人により継続的に、同じ内容の調査の回答をしてもらうところです。同じ調査方法で、同じ質問、しかも長期でやるのことに意味があるのか?と疑問に思う人もいると思いますが、ある人の考え方や興味の変化を調べることができます。

パネル調査で得られる情報は、その調査対象が求めたものがより具体的にわかるのがメリットです。継続してアンケートを取ることで、データ分析した行動パターンから、将来の行動予測を立てることができます。

市場調査に欠かせない項目

絶対に必要な市場調査の項目があります。これが良く分からなければ、無駄足を踏んでしまいます。ですので、素人が市場調査を始めるのは危険なのです。市場調査で自分の欲しい情報を上手く引っ張ってくるためには、どんな質問をすれば良いのでしょうか。

下記に書かれた項目は必須事項です。最低限の質問項目なので、市場調査の目的に合わせて上手くアレンジしましょう。

顧客満足度

すでに使っている商品はどんなもので、どれだけ満足しているか知る必要があります。現状満足している人は、どこが気に入っているのか、不満がある人は、どこがネックになっているのか細かく知る必要があります。

他の企業と上手に差別化を図るためには、現在の満足度を正確に知るべきです。質問方法としては、商品画像を並べて、どれを使っているか使ったことがあるか、その中で一番使うのはどれか、どんな基準で選んでいるのか、どこが気に入っていてどこが不満なのかと、深堀りしていく必要があります。

デモグラフィクス

デモグラフィックスの単語の意味は、人口統計です。この商品はどんな人が買ったのか?という情報は今後の戦略に大きく関わってきます。性別、年齢、家族構成、年収、学歴などなど、より細かい情報が手に入れば、広告をどこに載せるべきか、どんなパッケージにするのかという点でとても参考になります。

年代に合わせて、もしくは性別に分けてなど、分析できれば幅広い分野で活躍します。多少時間はかかりますが、確実性の高い情報を得るためにも手間をかけることをおすすめします。

情報こそが強み

情報社会となった今、どれだけ情報を持っていて上手く活用できているかどうかという点が、企業の運命を決めるといっても過言ではありません。情報がなければ競合に勝てませんし、売り上げを伸ばすために何をすれば一番効果的なのかわかりません。市場調査を行いデータを手に入れ、強みにすることが大事です。厳しい競争を勝ち抜くためにも、データを上手く活用しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related