Search

検索したいワードを入力してください

リケジョの長所と短所|活躍している職業とおすすめの就職先

初回公開日:2017年02月17日

更新日:2017年02月17日

記載されている内容は2017年02月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

論理的思考力と共感力両方を兼ね備えている人が多いからか、リケジョは企業から戦力になると思われています。就職するリケジョが増えれば日本の経済に影響を与え、職場環境も変化すると思われます。リケジョの長所、短所、就職先について紹介し、リケジョの実態に迫ります。

リケジョの長所と短所|活躍している職業とおすすめの就職先

リケジョとは

リケジョはSTAP細胞問題により今では随分世間に浸透してきたため、改めて説明する必要はないかもしれませんが、主に大学で理工学、薬学、農学、医学などを専攻している理系女子の事です。男子は理数系科目が得意で女子は文系科目が得意という先入観を覆しているため世間から注目を集めるのかもしれません。リケジョは研究にしか興味がないといった偏ったイメージを持たれることがありますが、ごく普通の大学生です。

リケジョの長所

粘り強い

理系の大学ではほとんどの人が卒業論文を書くため研究室に所属します。コアタイムが決まっているところは9時から17時まで研究室にいなければなりません。植物や動物など生き物を扱う研究室では予定通り進まないことも多く21時、22時まで実験しているリケジョも珍しくありません。そのため長時間同じような作業に耐えられる粘り強さを持っている人が多いです。

論理的

日々実験をしてデータを集め分析し、結果をもとに考察しているので、論理的に考える習慣が身についています。そのため問題が起こっても感情的に怒る人が少なく、淡々と事実を述べ話し合って解決しようとします。

深い人間関係

理系の研究室は少人数のところが多く、毎日同じ人と顔を合わせなければなりません。どうしても関係が狭くなりがちなため、一度関係がこじれると本人達だけでなく周りにも影響を及ぼします。いざこざを起こさないため表面的に付き合い、関係が希薄になるのではないかと思う人がいるかもしれません。しかし実験ではうまくいかないことの方が多く同期、先輩、後輩と協力しなければ良い結果を得ることはできません。助け合ううちに信頼が生まれ、本音で言い合える関係を築くことができます。

向上心

リケジョは目標を持っていることが多く、それに向けて情報収集したり努力したりすることを惜しみません。実験で一つ結果が出たからといって終わりではないので次々と目標を立てあらゆる手段を試しながら研究に没頭します。将来やりたいことが決まっている人が多いので、目標にどうやったら近づけるのか常に考え行動しています。

リケジョの短所

一つのことに没頭しすぎる

リケジョは自分の研究内容に関連したことなど好きな分野に関しては、探求心と集中力を発揮しますが、興味の幅が狭く興味のないものには消極的になってしまいます。

理屈っぽい

リケジョは感情的に話す人が理解できず人間味がないと思われることがあります。実験なら理屈で通せますが人間関係では理屈ではどうにもならない感情が混ざってきます。そのため相手の感情を読み取り共感して、時には相手が間違っていても自分から折れることも必要になってきます。

マイペース

リケジョは集団より少人数か一人を好む人が少なくありません。人に合わせてペースを乱されるのが嫌で単独で行動しマイペースな人と思われることがあります。一人のほうが無駄なく合理的に進むので結果は出るかもしれませんが、学校や会社など組織に属して上手くやっていくためには、ある程度妥協して周りに合わせることも必要なのかもしれません。

リケジョが活躍している職業

リケジョがどのような職場で活躍しているのかすぐにはイメージできませんよね。どのようなとこで活躍しているのか見ていきましょう。

就職先①食品関係

普段誰もが口にする食品は身近な存在でイメージがつきやすいからか、食品会社はリケジョからの人気がとても高い就職先です。食品会社と一口に言っても色々あり、消費者にものを売るメーカーだけでなくBtoBといって企業にものを売る会社もあります。消費者ではなく企業相手に取引をしているため一般の人に知られていない企業も多いです。有名な食品メーカーが製造していると思っていたら実は作ったのは名前も知らない企業だったということが多々あります。就職活動では誰もが知っているメーカーだけでなく、BtoB企業にも目を向けると就職の選択肢が広がります。

食品会社の職種

食品会社には様々な職種がありますが理系の人は主に生産管理職、品質管理職、商品開発職、研究職に配属されます。生産管理職は、食品をパックに詰めたり、並べたりするパートやアルバイトに指示を出したり、商品の管理をしたりします。そのためタイムマネジメント力や変化に気づく力、臨機応変に対応できる力を持った人が向いています。女性は細かな気配りができる人が多いので、そこが活かせます。

品質管理職は、食品に微生物が繁殖していないか検査したり、従業員や工場の衛生状態を保つため環境を整えたりします。時には自分より年上の人にも注意しなければならず責任感と強い意志が必要になります。工場に数名しか必要ないため品質管理職の競争率は必然的に高くなります。

商品開発職は、新商品を考え取引先にプレゼンしたり、試行錯誤しながら実際に作ったりする仕事です。アイディアを出すためにプライベートでも様々なものを食べに行って考えなくてはならず、イメージとは裏腹に地道な努力が必要です。アイディアがあっても工場の設備や取引先の要望など考慮すべき点が多く商品化されるのはごくわずかです。そのため本当に好きでなければ続けるのは難しい職種といえます。男性だけでなく女性の視点からも開発できると新たな客層のニーズをつかめるためリケジョは企業から求められています。

研究職は商品の改良や新しいものを作るための研究をします。生物、化学の知識が必要でリケジョにとって一番学んだことが活かせる職種ですが、採用数も少なくかなりの難関です。自分が研究し改良された商品が世に出回った時にやりがいを感じる人が多いです。

就職先②化学関係

薬学部、理工学部、農学部のリケジョは製薬会社へ就職する人が多いです。研究職は薬学部、修士以上の専門知識を持っている人や技能がある程度身についている人がほとんどで、学部生はMRになる人が多いです。MRとは医者に薬の情報を提供し売る営業のような仕事です。患者に薬の飲み方や効果などの情報を提供したり、クレーム処理をしたりすることもあり、正確な情報提供が必須で命に関わる仕事のため、責任の重い仕事です。しかし大変なだけでなく病気の治療や健康に関わることができるため、人によってはやりがいを感じると思います。

農学部のリケジョは農薬会社への就職を希望する人が多いです。農薬会社では農薬の効果を実証するため植物や昆虫を使うことがあり、化学だけでなく生物の知識も必要です。農学部では実習で観察力も鍛えられているため実証試験で活躍できる可能性が高いです。専門的知識を持っているため営業職に就いても科学的な視点で意見を述べることができ顧客と信頼を築きやすいといえます。

就職先③公務員

理系の人は事務職に就くこともできますが、土木系や農学系、建築系など技術職の方が大学で専攻したものと直結しているため、学んだことを活かせる職種です。しかし、公務員は育児休暇や有給休暇をとりやすいため女性にとって働きやすい就職先と言えます。実際に公務員になりたいリケジョは多いです。そのため公務員の農業職・建築職に就く人もいます。農学職を例に挙げると仕事内容は研究だけでなく普及、行政など数年おきに様々な仕事を経験します。普及は農家に技術を教え、現場の問題を解決していきます。行政は国、県、農業団体などと協力しながら農業政策に関わり、体制を整えていきます。あらゆる側面から問題を解決し住民をサポートできるということも公務員の魅力の一つです。

就職先④環境関係

環境系の会社といっても様々なものがありますがここでは動植物の調査や水質、土壌などの分析をしている会社を紹介します。公務員の環境職の人も大気や水質の分析や環境保全のための調査を行っていますが、民間でも川の水質や動植物の調査をしている会社があります。水質や土壌を分析して安全性を実証したり、含まれている物質を依頼された会社に報告したりします。信頼性が重視されるため環境計量士などの資格保持者が求められる場合もあります。現場に行って自ら水や土を採取したり、森に入って動植物を観察したりすることもあり体力が必要な場合もあります。環境保全に関心がある人にとってはとてもやりがいがある就職先といえます。

就職先⑤教育関係

理工学部や農学部出身者の中には中学や高校の化学や生物の教師になる人がいます。大学で教職課程を履修し単位を取得し、教員試験を受ける必要があります。取得しなければならない単位が多いため、教師になる気はないがとりあえず資格だけほしいと思って始めた人は挫折する可能性が高いです。生物や化学が好きで教えることが得意な人にとっては適した就職先と言えそうです。

生物系の学部の中には学芸員の任用資格を取れるところがあります。教職課程より取得すべき単位が少ないので授業や研究との両立は可能です。見学実習で博物館や美術館に行きバックヤードに入ったり、館長や学芸員の話を直接聞いたりできるため動植物の知識だけでなく博物館の実態も知ることができます。

博物館や美術館で正規で就職することは難しいと言われていますが、教養を深めたい人にとって資格を取得することは例え就職が難しくても意義があると思います。学芸員を目指すリケジョは主に自然科学系の博物館や水族館、動物園に就職します。運よく正社員になれることもありますが、非正規やアルバイトで働く人もいます。学芸員の仕事は調査研究、資料収集だけでなく、来館者の誘導、展示説明、クレーム対応など多岐に亘ります。雑用に追われ調査研究や収集の時間を十分取れず勤務時間外にそれらの仕事をする人もいますが、自分の好きな分野を研究できるため一生学芸員として働く人も多いです。

就職先⑥農業関係

農学部出身者の中には親や祖父母が農家の人も多いです。そのため就職活動をせず、大学を出てすぐに農家になる人もいます。大学で学んだ知識や技術を直接活かせます。女性がいる農家の方が農産物の販売金額が高い(農水省調べ)というデータも出ており、観察力や現実的思考力を持つという女性の強みを活かせる職業であると考えられます。農業はリケジョが活躍できる可能性を秘めているのかもしれません。

JAや全農で活躍するリケジョもいます。JAは農産物を販売したり農業資材を供給したりして農家の手助けをします。その他に金融事業や共済事業も行っていて窓口で相談に乗ったり商品の提案をしたりします。女性は窓口で働くことが多いです。全農では試験研究などもしていて試験研究では栽培試験もするため農学部で栽培技術を学んできた人にとって知識を活かせる就職先といえます。

その他に種苗会社に就職するリケジョもいます。育種、研究、営業、栽培管理など様々な職種があります。育種では一つの品種を作るのに10年かかることがあり、粘り強さが求められます。農家と接することも多くコミュニケーション力が求められることもあります。農業と同じで年中圃場で栽培や管理をするため体力があり農作業が好きでないと続けるのが難しいかもしれません。農学部を出た多くのリケジョは野菜や花の品種改良に憧れているため種苗会社の研究職の倍率は高くなっています。修士以上を採用する企業が多く専門的な知識を要求されます。また新しいものを作るためには創造力が必要なためか発想力を試す企業もあります。粘り強い性格と一つの事に熱中しやすい性質を持ったリケジョは育種や研究に向いているのかもしれません。

リケジョにおすすめの就職先

専門知識や技能を活かせる就職先

公務員技術職  

それぞれ大学で専攻した分野の職種を選択すれば知識や技能を活かすことができます。やりがいを持つことができ、プライベートとの両立もしやすい働きやすい就職先といえます。

食品会社などの研究職

一つの事に継続して取り組める能力や忍耐力、発想力を兼ね備えた人にとっては適した就職先です。大学時代していた研究を仕事でもできるということに魅力を感じる人はたくさんいます。しかし仕事では納期があり結果もシビアに求められるため思った以上の熱意とプレッシャーに耐えられる精神力が必要かもしれません。自らの手で商品を改善したい、世の中を変えたいという信念を持った人にとっては没頭できるやりがいのある仕事だと思います。

文章力を活かせる就職先

出版社や新聞社

理系大学ではレポートを書いたり論文を読んだりする機会が多いため文章を書くのが好きなリケジョも多いです。そのような人の中には科学関連の本や雑誌を編集している出版社や新聞社に就職する人がいます。文系の人よりも科学の知識があるためより深く掘り下げて取材することができます。論理的思考力が身についているため難解な専門用語をわかりやすく論理的に説明し一般の人に伝えることができます。

継続力や観察力を活かせる就職先

分析会社

食品や土壌の分析を専門にしている会社があります。他の企業から依頼を受けたらサンプルを預かり、分析機器で分析して結果を報告書にまとめ、依頼された企業に渡します。小さな違いに気づける観察力を持った人、コツコツと細かい作業をすることが好きな人やデータを分析することが好きな人には向いている就職先だと思います。

リケジョの就職先は幅広い

論理的思考力、忍耐力、コミュニケーション力など大学の研究室で培った能力はあらゆる就職先で活かせます。企業が求めていることと自分の能力、やりたいことが合致したら双方にとってプラスになります。就職活動では様々な企業を知って、可能性を狭めずに挑戦してみて下さい。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related