Search

検索したいワードを入力してください

働きがいのある会社の特徴とランキング|働きがいとのバランス

初回公開日:2017年02月13日

更新日:2017年02月13日

記載されている内容は2017年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会社を評価する1つの指標となっている、働きがいのある会社ランキング。この働きがいのある会社ランキングですが、そもそも働きがいがあるとされる会社はどのような理由でそうみなされるのでしょうか。また、働きやすいと働きがいは何が違うのでしょうか。徹底検証してみました。

働きがいのある会社の特徴とランキング|働きがいとのバランス

働きがいのある会社ランキングとは?

そもそもですが、働きがいのある会社ランキングとはどのような指標なのでしょうか。

働きがいのある会社ランキングとは、世界的に展開しているマーケティング機関「Great Place to Work」によるランキングのことです。

従業員1000人以上の部門と100人から999人の部門、それから25人から99人の部門に分かれて格付けされており、特設ページも設立されています。

働きがいのある会社として人気の企業、株式会社cs-c

働きがいのある会社として人気を博している「CS-C」。
CS-Cはマーケティングやメディアに関する事業、またコンサルティング事業をしており、同社は「クライアント(Client)と消費者(Consumer)、国(Country)や地域(Community)、子供(Children)などを事業と公益資本主義(※)で幸せにする」をビジョンにしています。

※公益資本主義とは、経済活動で得た利益などを足りない人に分配する資本主義のこと

従来型の利益をひたすら追求する企業とは違い、全く新しいビジョンで経営されている企業です。

働きがいのある会社ランキング 4年連続有数になったアカツキ

また、働きがいのある会社ランキングでは4年連続ベストカンパニーに選出されているアカツキ。

そんなアカツキはスマホゲームの制作に多く携わっており、人気声優を多数起用した話題作の制作も行っています。

「従来のIT企業と変わらない」と感じる人もいるかと思いますが、アカツキの場合は社内コミュニケーションの多さや、グローバルに事業を展開している点が評価されています。

働きがいのある会社と呼ばれる理由は?

ここまで2つの働きがいのある会社を見ていきましたが、働きがいのある会社と呼ばれるのにはどのような理由があり、またそのような企業にはどのような特徴があるのでしょうか。

明らかにされている評価基準では…

出典: https://hatarakigai.info/job_satisfaction/worth_doing.html | 従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感を持てる会社

出典: https://hatarakigai.info/job_satisfaction/worth_doing.html | 「信頼」に満ちた環境で、ひとつのチームや家族のように働きながら、個人の能力を最大に発揮して、組織目標を達成できる職場

働きがいのある会社の特徴とは?

信頼関係がある

働きがいのある会社の特徴としてまず挙げられるのは、信頼関係が存在している点です。

この信頼関係は、噛み砕くと
・正直であること
・お互いに尊敬の関係があること
・一緒にいて安心すること

などから成り立ち、お互いに信頼関係がなければ会社ではストレスが溜まるばかりとなってしまいます。

ブラック企業の場合はそのような状況下で多大な仕事を任されることもありますが、こうなってくると働きがいを求める以前に精神的なストレスが重なってメンタルヘルス系の病気にかかることも珍しくないようです。

仕事に誇りを持てている

当たり前ですが、仕事に誇りが持てなければ働きがいは生まれません。
例えばあなたが「入社して40年も経つのに入社当初からずっとお茶くみをやっている」状況で仕事に誇りが持てるでしょうか。

多くの場合は「持てない」と答えるかと思います。
サラリーマンの、仕事に誇りが持てる/持てない
・その仕事が好きになれるか
・会社内での立場はどうか
・生産性はどうか

で決まるため、働きがいのある会社ランキングにランクインしている企業の多くでは、社員が好きになれるような仕事を振り、会社内での立場をしっかり調整し、一人一人に生産性を感じさせているようです。

仲間がいると思える

最近では「仲間がいなくても平気」だと思う人も増えていますが、人間は仲間がいる方が楽しいと思える生き物です。

働きがいのある会社ランキングにランクインしている企業では、社員に「仲間がいる」と思わせることができており、そしてそれが仕事での信頼関係や仕事の誇りに繋がっています。

ブラック企業ではあえて仲間を作らせないところもあるようですが、仲間がいなければ社員は誰にも悩みを相談できず、安心感を得ることができません。

そういった視点で言えば、これも働きがいを追求する以前の問題だと言っても良いでしょう。

働きがいと働きやすさの違いとは?

「仲間」「仕事への誇り」「信頼」が働きがいのキーワードだとすれば、では働きがいと働きやすさはどのような点が異なるのでしょうか。

働きやすさの定義とは?

そもそもですが、どのような環境のことを「働きやすい環境」と呼ぶのでしょうか。

出典: http://the5seconds.com/easy-company-to-work-6460.html | 評価制度が明確 努力した分だけ評価 無駄な残業がない パワハラ・セクハラがない 福利厚生がしっかりしている...

評価制度と努力した分だけの評価は…

働きやすい会社の条件として、まず挙げられた明確な評価制度と努力が報われる環境。

会社で働く上で、
・結果を出しておらず、しかも社長に気に入られている新人がいきなり昇進
・結果は出しているが、部下に全く仕事を振らない課長が部長に昇進
・結果を出した中堅社員がいつまでも平社員に甘んじている

このように不平等な評価制度が与えられている場合、間違いなく働きづらくなるでしょう。

最近では「結果主義」が導入されている会社もありますが、結果主義が導入されても二番目のような出来事が起こると、社員は働きづらいと感じる事が多くなり、会社に対して信頼を失っていきます。

ここで信頼の言葉が出てきましたが、この2つの働きやすい会社の条件は、会社と社員のお互いの信頼が元になって完成するものなので、働きがいのある会社と働きやすい会社は似ているのかもしれません。

新人を育てる雰囲気と風通しの良さに共通しているものとは?

また「新人を育てる雰囲気がある」と「風通しの良さ」には「仲間がいる」と「信頼がある」という共通項があります。

誰だって最初は緊張しますが、そんな時に先輩社員が優しく迎え入れてくれれば、仲間がいると認識できて安心感が持て、仕事に対してやりがいを見出すことができるでしょう。

また、それと同時に新人と先輩社員の間には信頼感が生まれます。

「風通しが良い」も同じで、ぎこちなくなりやすい後輩と先輩の間に仲間意識と信頼関係が生まれれば、仕事に対してやりがいを見出しやすくなります。

パワハラやセクハラがない会社は仕事への誇りを持たせている

パワハラやセクハラが多発している会社は働きづらい会社の一種ですが、それがないだけでも社員はグッと働きやすくなります。

また、近年ではお給料だけではなく休日の日数や取りやすさを重視する人も増えています。時代に合わせていくには、福利厚生の多さも働きやすい会社づくりのヒントになります。

さて、パワハラやセクハラがない会社と福利厚生が多い会社に共通しているのは、社員に対して仕事へ誇りを持たせていることです。

2017年の日本では、パワハラやセクハラは前時代的な行為とされており、されている社員は仕事への誇りを持ちづらくなります。(もちろんされている側の価値観にも影響されますが)

また福利厚生が充実していると、社員は「うちは社員を労ってくれているんだな〜」と感じることができ、これも仕事への誇りにつながります。

働きがいのある会社と働きやすい会社は全く同じ

このような視点で働きやすい会社の要素を分析していくと、働きがいのある会社と働きやすい会社は全く同じであることが伺えます。

タイトルを決めた時点では働きがいと働きやすさのバランスについても調査しようかと思っていましたが、調べれば調べるほどバランスを取るものではなく働きがいと働きやすさは両立されるべきものであることが分かりました。

昭和時代は、働きがいと働きやすさについて相反された言葉で語られることも多かったものの、ブラック企業問題などで働きやすさが重視されるようになった結果、比例する価値観になりました。

これを見て、働きやすい会社に改革していくか、それとも働きがいを追求するシステムに変えるか、何もアクションを起こさずじっとするかは、読者次第でしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related