Search

検索したいワードを入力してください

スタイリスト|仕事内容と年収・アシスタント時代の仕事内容と年収

初回公開日:2017年02月12日

更新日:2017年08月10日

記載されている内容は2017年02月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

このページでは、スタイリストの仕事内容や平均年収などをご紹介しています。また、スタイリストになる為のステップの1つである、スタイリストアシスタントにも注目。スタイリストアシスタントの仕事内容や平均年収などもまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スタイリスト|仕事内容と年収・アシスタント時代の仕事内容と年収

スタイリストやスタイリストアシスタントの仕事について

「スタイリスト」という職業がありますが、皆さんはどのような印象をお持ちですか?
オシャレなイメージや洗練された印象をお持ちの方も、多いと思います。
今回は、そんな「スタイリスト」という職業をテーマにして、仕事の内容や年収などをご紹介していきます。
また、一人前のスタイリストになる前に、アシスタントとして働くケースもありますが、その場合はどのような生活になるのでしょうか?
スタイリストアシスタントとしての生活や年収がどのようなものなのかもご紹介していきたいと思います。

スタイリストという職業について

スタイリストという職業は、比較的よく耳にするものなので、世間的な知名度も高いと思います。
しかし、具体的にどのような仕事をしているかというと、詳しく知らないという方も、案外多いのではないでしょうか?
そこで、まずはスタイリストとしての働き方や仕事内容について確認していきたいと思います。

スタイリストとしての働き方は2種類ある

まず、スタイリストとしての働き方についてご紹介していきます。スタイリストとしての働き方は、大きく2種類に分けることができます。1つ目の働き方は、企業や事務所などの所属する働き方です。その場合は、企業や事務所などが、他の企業などから依頼された案件を割り振るので、割り振られた案件を担当して働くような働き方になることが多いようです。
出勤時間や勤務時間が定められていることは少なく、担当する案件によって、出勤時間などは異なります。その為、サラリーマンと比べると、不規則な生活になる可能性は高いと言えるでしょう。
2つ目の働き方は、独立したりフリーランスになったりする働き方です。
上記のように何処かの企業などに所属せずに、クライアントから自分で仕事を請け負って働きます。企業であれば営業がやるような案件の獲得や、経理が行うような経費の精算なども自分で行わなければならない為、フリーランスでスタイリストとして働くのは、なかなか難しいと言えるでしょう。しかし、仕事の内容や出勤時間、仕事の量などは、自分の希望を優先して決められるので、自由度はかなり高い働き方でもあります。

スタイリストの仕事内容

続いて、スタイリストの仕事の内容について見ていきましょう。
スタイリストは、名前の通り、服やファッションなどのスタイルをアレンジしたりコーディネートしたりすることを主な業務内容としている職業です。
スタイリストが服などのコーディネートをする対象は、モデルやタレントといった芸能人が多いと言われていますが、依頼や案件次第では、一般人のコーディネートなども仕事で行うことがあります。

スタイリストの平均年収

高い専門性やスキルを駆使して働くスタイリストですが、収入としては安定しているものなのでしょうか?
続いては、スタイリストの平均年収について見ていきましょう。
一言で「スタイリスト」と言っても、立場や知名度、人気などは、人によって大きな差があります。
例えば、業界でも名前を誰もが知っているような有数スタイリストであれば、年収は年収800万円~1200万円(※1)程と言われており、大変な高額収入と言えます。
また、所属している企業や事務所の規模によっても、年収は大きく変わると言われています。
小規模な会社のスタイリストの場合は、年収は308.9万円(※1)程。中規模な企業であれば、平均年収は340.8万円(※1)くらいまで増えます。
大企業や有名な会社のスタイリストになると、411.8万円(※1)が平均年収となり、小規模な企業や事務所の平均年収と比較すると、100万円以上の差が出ることになります。
全体的に見たスタイリストの平均年収は、200万円〜500万円(※2)だそうです。

スタイリストアシスタントとしての生活

スタイリストになって活躍する方法はさまざまですが、誰もがすぐに一人前のスタイリストになれるわけではありません。
スタイリストは、センスやテクニックが問われる仕事なので、才能だけでなく、経験値や体験が物を言う場合もあります。
その為、スタイリストになる前に、スタイリストをサポートするポジションである「スタイリストアシスタント」として働き、経験を積むという方も多いようです。
スタイリストアシスタントとは、どのようなポジションなのでしょうか?
また、スタイリストアシスタントとして働く場合、どのような生活になるのか、ご紹介していきます。

スタイリストアシスタントの仕事内容

スタイリストアシスタントは、文字通りスタイリストのアシスタントというポジションです。スタイリストというよりは、スタイリストのサポートや雑用を任されることが多いようです。スタイリストが快適に仕事に励めるよう、環境を整えたり準備を進めたりすることこそが、スタイリストアシスタントの業務内容だと言えるでしょう。具体的な仕事内容としては、荷物持ちや、「リース」と呼ばれる、仕事で使う衣装などをお店から受け取ったり返却したりすることが挙げられます。アシスタントの業務内容は、基本的には雑用がメインなので、大変なのに地味な仕事が多くなるでしょう。その為、スタイリストアシスタントとして働くことを辛いと感じる方も多いようです。しかし、スタイリストアシスタントとして経験を重ねることで、業界でのコネを作ったり、現場で働くのに必要な知識を得たりすることができます。

スタイリストアシスタントの平均年収

では、スタイリストアシスタントとして働く場合、収入はどのようになるのでしょうか?
結論から話すと、スタイリストアシスタントとしての収入は、あまり安定しているとは言えないようです。
具体的な金額としては、年収は0円~150万円程度(※2)と言われており、大変な仕事の割に、決して高額な収入とは言えません。

スタイリストアシスタントとして生活していくには

上記で、スタイリストアシスタントの平均年収が決して高額ではないことをご紹介しました。
収入は、生活を送っていく為には欠かせないもの。
しかし、スタイリストアシスタントのように、大変な仕事であるにも関わらず、収入があまり安定しない職業の場合は、どのようにして生活を送っていけば良いのでしょうか?
答えは人によって異なりますが、中にはスタイリストアシスタントとして働きながら、別のアルバイトなどをして生計を立てている方もいるようです。
「二足の草鞋」で生きていくことは、決して楽なものではありません。
しかし、スタイリストアシスタントの仕事をしてスタイリストとしての経験を積みながら、アルバイトやパートを掛け持ちして働く程の情熱がなければ、有数スタイリストとして活躍するのは、なかなか難しいことなのです。
上記のような背景から、スタイリストアシスタントとして生活を送っていくには、体力や情熱、また上手な時間の使い方が鍵となると言えそうです。

アシスタントの経験があるからこそ、スタイリストとして輝ける

いかがでしょうか?
今回は、「スタイリスト」という職業に注目して、働き方や仕事の内容、平均年収などをご紹介しました。
スタイリストになる為のステップとして、スタイリストアシスタントとして働くという選択肢も存在します。
スタイリストアシスタントとして働くと、現場の仕組みや業界のコネ、またスタイリストとしての経験が積めるので、将来的には素晴らしいスタイリストになれる可能性もあります。
スタイリストアシスタントは、収入が不安定で、仕事も地味ながらも過酷なものが多いので、大変な職業ではありますが、その経験はいつか必ず役に立つことでしょう。
有数クラスのスタイリストを目指すのであれば、スタイリストアシスタントとしての経験を積み、その経験からさまざまなことを学ぶのが大切なのです。

出典: http://heikinnenshu.jp/beauty/stylist.html | ※1:800万円~1200万円・308.9万円・340.8万円・411.8万円

出典: http://careergarden.jp/stylist/salary/ | ※2:200万円〜500万円・0円~150万円程度

Related