Search

検索したいワードを入力してください

マーケティング学習にオススメの本一覧|初心者向け・ベストセラー

初回公開日:2017年02月04日

更新日:2017年02月04日

記載されている内容は2017年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

企業、個人に関わらず商品を売ってお金を稼ぐためにとても重要となるマーケティング。今回は「マーケティングとは何か?」の簡単な解説、マーケティングを学ぶのにオススメの「初心者向けマーケティング本5選」「ベストセラーマーケティング本5選」をご紹介いたします。

マーケティング学習にオススメの本一覧|初心者向け・ベストセラー

マーケティングとは?

時代の変化に伴い定義も流々と変化してきていますが、マーケティングとは商品が効率的に売れるよう販売戦略を構築し市場活動をする、またビジネスモデルというお金が回る仕組みを構築する事の総称です。収益の部分だけをビジネスモデルという場合もあるようです。企業や個人事業主に関わらず商品を売るために必ず必要で重要な作業です。マーケティングスキルは会社員や販売員、個人事業主、起業家に限らず、今の時代高校生や学生も知っておくべきといえるスキルです。買う側でなく売る側の視点になることで普段の景色や物の見方が180度変わるでしょう。

具体的に言うと

どこから集客するのか、どんなお客を集めるのか、どんな方法でその商品をアプローチするのか、売れた商品をどうやって発送するのか。他にも心理学や市場調査を用いた細かい戦術・戦略が組み込まれていますが、こういった一連の仕組みをマーケティングもしくはビジネスモデルと言います。

マーケティングには様々な形があります。集客で言うと昔はテレビCMやチラシ、広告を使った方法を取るのが主流でした。テレビCMなんてやろうと思うとかなりの出資が必要になりますね。ですがインターネットの登場によりマーケティングの幅もかなり広がりました。今の時代だとネットを使ったマーケティングが最も主流であり効率もいいのではないでしょうか。

例えばTwitterやFacebookなどのSNSで宣伝し、ランディングページへ集め、お客に買ってもらったら(買ってもらわなくても)SNSで共有してもらい、そこからまたお客が来る。このように集客にSNSを使う方法はSNSマーケティングまたはバズマーケティングと呼ばれています。他にもネットマーケティング(Webマーケティング)としてブログマーケティング、アナライズマーケティング、バズマーケティングなどがあります。

用語解説

覚えておくといいマーケティングにおいてよく使われる用語と意味をピックアップします。

ペルソナ・・・理想の顧客(ターゲット)の特徴。理想像。
ブランディング・・・ブランドの価値を上げる事。客から見た自身(企業)の価値を上げていくマーケティング戦略の事。
メリット・・・商品の良い所
ベネフィット・・・商品を使うことで得られる顧客の未来の利益。
バズ・・・口コミの事。
ランディングページ・・・ウェブの商品紹介ページ。

初心者にも分かりやすい!オススメマーケティング参考本5選

まずは初心者が導入に読むのにオススメの本を紹介していきます。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

<著者>森岡 毅<ページ数>261ページ<出版社> KADOKAWA/角川書店 (2016/4/23)
Amazonでもベストセラーとなったマーケティング入門書です。USJの経営をV字回復させた実績をもとに書かれており、説得力もあります。高校生にも分かるように、専門的でありながらシンプルで実現をイメージできるという点を重視して構成されており、学生やこれからマーケティングを勉強するという初心者にもオススメの一冊です。

いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

<著者>宗像 淳、亀山 將<ページ数>200ページ<出版社>インプレス (2015/10/23)
今からWebマーケティングを始めるといった人に必ず役立つ教本です。コンテンツマーケティングとは見込み客の求めるコンテンツを提供することで見込み客をファン化し、商品を買ってもらうというアクションまで導く方法。具体的な実例や対策は書かれていないので既にある程度Webマーケティングの知識がある中級者には少し物足りない内容かもしれません。コンテンツマーケティング解説から実践までの全体を分かりやすく解説した一冊です。

Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

<著者>株式会社日本SPセンター<ページ数>192ページ<出版社>エムディエヌコーポレーション (2015/12/18)
初心者向けにコンテンツマーケティングの考え方、ペルソナ設定、実践方法等の解説が充実しており、更にある程度勉強してる人にも役立つノウハウがつめこまれていて、こちらは初心者から中級者までにオススメ出来る良書です。

超入門 コトラーの「マーケティング・マネジメント」

<著者>安部 徹也<ページ数>288ページ<出版社> かんき出版 (2014/1/22)
フィリップ・コトラーのマーケティング・マネジメントの原書は1000ページにもわたり高価です。本気でマーケティングを続けていくといった人にはその一冊があれば後はもう何もいらないというほどの物なのですが、ページ数と値段に躊躇する場合はまず超入門を読んでみるのがオススメです。マーケティングの全体的な流れの解説がされています。

ドリルを売るには穴を売れ

<著者>佐藤義典<ページ数>256ページ<出版社>青春出版社 (2006/12/23)
タイトルには、「商品を売るには顧客にとっての”価値”から考えよ」といった意味があります。マーケティングの基本を小説にして解説しています。ストーリーをなぞりながら学べるので分かりやすく面白いです。一読の価値はあります。

ある程度勉強している人にもオススメ!Amazonベストセラー本3選!

次に前提の知識はある人がさらに実力をつけたい人向けの本を紹介していきます。

SNSマーケティングのやさしい教科書。

<著者>株式会社グローバルリンクジャパン、清水将之<ページ数>208ページ<出版社>エムディエヌコーポレーション (2016/10/3)
SNSによるマーケティングのノウハウを解説している本です。YoutubeやFacebookなど、SNSごとの強みや弱み、活用方法が分かりやすく説明されていて読みやすいです。またここで解説されているLINE@は企業向けのアプリだったですが、最近個人でも使えるようになったのもあり、そういった新しいノウハウが学べるのも魅力的です。

本物のデータ文章力が身に付く本

<著者>河村 真一 、日置 孝一 <ページ数>204ページ<出版社>日経BP社(2016/6/22)
ネットマーケティング(Webマーケティング)の強みの一つは”細かいデータを分析・計測してより精密な予測を立てれるという点です。本書はExcelを使ったデータ分析の方法を解説しています。分析力を身に付けるのに最適な一冊です

USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?

<著者>森岡 毅 <ページ数>245ページ<出版社>KADOKAWA/角川書店 (2016/4/23)
マーケティングの学びとしてだけではなく、普通の人が読んでも面白い内容になっています。初心者にも分かりやすい!オススメマーケティング参考本5選でもご紹介した、「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」にもあったV字回復の話はこちらでも語られています。経営が傾いていたUSJを一体どのような戦略で乗り越え復活させたのか?戦略におけるアイデアの出し方、イノベーション・フレームワークについての解説など。マーケティングやビジネスに興味のある方には特にオススメの一冊です。

フィリップ・コトラーについて

様々なマーケティング・マネジメントの参考書やネットの情報を見ているとコトラーという人物が出てくると思います。マーケティングをこれから学ぶのであれば特に知っておいたほうが良い人物ですのでご紹介しておきます。

フィリップ・コトラーとは、アメリカの経営学者です。そしてマーケティングの第一人者であり、STP理論やマーケティングの6Pといったマーケティング理論を提唱した人物です。今では「マーケティングの父」「マーケティングの神様」などと呼ばれることもあります。書籍も多く出版しており、多くが今でも使えるノウハウとしてマーケター達の教科書となっています。興味のある方は是非自分の手で調べてみて下さい。

マーケティングを学ぼう

あなたに最適な本は見つかったでしょうか?あるいはマーケティングへの興味を持って頂けたなら幸いです。マーケティングスキルは仕事をする上で様々な分野で役立つスキルです。しかもマーケティングのノウハウの基礎というのは簡単には廃れません。そういった一生使えるスキルは一度得てしまえば自身の財産となります。ご紹介した本を参考に是非習得してみて下さい。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related