Search

検索したいワードを入力してください

ネクタイピンの位置と付け方・人気のブランド・ネクタイピンのマナー

初回公開日:2017年01月24日

更新日:2017年01月24日

記載されている内容は2017年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人の男性のおしゃれである、ネクタイピンについてご紹介しています。ネクタイピンの役割や基本的な付け方、ベストな装着位置などをまとめています。また、年代別の人気ブランドや、シーン別のネクタイピンのマナーなどもご紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

ネクタイピンの位置と付け方・人気のブランド・ネクタイピンのマナー

社会人として覚えておきたい!ネクタイピンに関するマナー

社会人になると、スーツを着用する機会が増えます。特に男性の場合は、会社からスーツを着て出勤するように決められている場合があり、スーツは欠かせないものの1つと言えます。

男性のスーツ姿と言うと、ネクタイを連想する方も多いと思います。ネクタイは、社会人の男性の象徴とも言えるアイテムですよね。
そんなネクタイを、よりおしゃれに、そして機能的に着こなすには、ネクタイピンが必要です。ネクタイピンは、社会人の男性ならではのおしゃれと言っても過言ではありません。

今回は、そんな「ネクタイピン」をテーマに、ネクタイピンの付け方やマナー、またおすすめの年代別ブランドなどをご紹介していきます。

ネクタイピンは、機能性とファッション性を兼ね揃えたアイテム

ネクタイピンの付け方やマナーについて学ぶ前に、そもそも何故、ネクタイピンを付ける必要があるのか、考えていきたいと思います。

ネクタイピンをあまり装着したことがない方からすると、ネクタイピンは単なるアクセサリーのように見えるかもしれませんね。
確かに、ネクタイピンはアクセサリーです。ネクタイピンを付けることで、大人の男性おしゃれを楽しむことができます。

しかし、ネクタイピンは、単におしゃれにスーツを着こなす為のものではありません。
ネクタイにつけて挟むことで、ネクタイがズレたり揺れたりすることを防ぐという機能もあるのです。

つまり、ネクタイピンとは、アクセサリーであると共に、スーツをより機能的に着こなす為に欠かせないアイテムでもあるというわけです。

ネクタイピンの種類

ひとまとめに「ネクタイピン」と言ってしまっていますが、ネクタイピンにも種類があることをご存知でしたか?

ネクタイピンの種類は、大きく分けて5種類。それぞれの種類や形状によって、つけるのに適しているシーンやシチュエーションがあります。

・わに口式ネクタイピン
・クリップ式ネクタイピン
・タイタニック
・ショートクリップ
・スティック・ピン

それぞれ、ビジネスに向いているものや、お祝い事に適している形状などがあるので、状況やシチュエーションに合わせて使い分けることをおすすめします。

ネクタイピンの付け方

ネクタイピンの形状や種類がいくつかあるように、ネクタイピンの付け方も複数あるようですが、特に一般的と言われている付け方について、ご紹介していきたいと思います。

ネクタイピンの形状にもよりますが、クリップなどで挟むタイプの場合は、ワイシャツとネクタイを挟むようにして装着します。
その際、ネクタイピンは、ワイシャツとネクタイの大剣小剣の両方を挟むようにして装着するのがポイントです。

また、刺す方向にもルールがあり、右から左に向かって装着するようにしましょう。

ネクタイピンを付ける位置

上記で、ネクタイピンの付け方についてご紹介しましたが、上下の位置としては、どの辺りに刺すのがベストなのでしょうか?

今度は、ネクタイピンを付ける際の、ベストな位置について考察していきます。

上着を着用している場合

ネクタイピンを付けるベストな位置は、上着を着用している時とそうでない時で、異なります。
まずは、上着を着用している時の、ネクタイピンのベストな位置について見ていきましょう。

上着を着用している際のネクタイピンの丁度良い装着位値は、「第一ボタンの少し上(※1)」と言われています。
上着の第一ボタンよりも少し上の位置でネクタイピンを刺すと、上着を着ていてもさりげなくネクタイピンが見えるので、おしゃれな印象になります。

ワイシャツのみの場合

では、屋内などで上着を脱いで、ワイシャツのみとなっている場合は、ネクタイピンはどの位置につけるのが良いのでしょうか?

結論から言うと、上着を着用していない場合は、「第4と第5ボタンの間か、それより下(※1)」で留めると良いとされています。

業務中、しゃがんだりお辞儀をしたりした際、ネクタイの剣先が固定されてズレないので、機能性としても良くなりますよ。

年代別に見る、人気のネクタイピンブランド

ネクタイピンは、さまざまなデザインがあり、そういった点も大人の男性のおしゃれとして注目され続けている理由だと言えそうです。

デザインだけでなく、ネクタイピンにはブランドもあり、こだわりのブランドや好みのブランドのネクタイピンをつけて、スーツのおしゃれを楽しんでいる男性もたくさんいます。

そこで、ここでは20代・30代・40代の年代別に、特に人気の高いネクタイピンブランドをご紹介していきたいと思います。

20代に人気のネクタイピンブランド

まずは、20代に人気が高いネクタイピンブランドをご紹介していきます。
20代というと、社会人になり立てのイメージがあり、ネクタイピンでのおしゃれも、フレッシュに決めたいものですよね。

そんな20代に人気のネクタイピンブランドは、以下のようなブランドです。

・ティファニー
・ダンヒル
・グッチ
・オロビアンコ    など

ネクタイピン以外にも、アクセサリーなどで人気のブランドが多く、名前を聞いたことがある方も多いでしょう。

店頭では、店員が個々に合ったネクタイピンを選んでくれる場合もあるので、20代前半でネクタイピンをまだ持っていないという方も、安心して自分にぴったりのネクタイピンを選ぶことができますよ。

30代に人気のネクタイピンブランド

続いて、30代に人気が高いネクタイピンブランドをご紹介していきます。

20代と比較すると、30代は社会人としても一人前になり、外見にもフレッシュさだけでなく、貫禄や頼りがいが欲しいところですよね。
ネクタイピンによるおしゃれも、フレッシュな印象を重視したものから、社会人らしさや大人っぽさを意識したものにしてみましょう。

・タテオシアン
・プラダ
・アルマーニ
・バーバリー    など

アルマーニなどは、ネクタイピンだけでなくネクタイも取り扱っています。ネクタイとネクタイピンをセットで購入すると、より上品なおしゃれが楽しめるかもしれませんね。

40代に人気のネクタイピンブランド

20代・30代とキャリアを積み、管理職などになる方も多い40代。ネクタイピンによるおしゃれも、より渋さや貫禄、高級感などを重視したものに変わっていきます。

・ルイ・ヴィトン
・ボール・スミス
・ブルガリ など

シーン別に使い分けよう!ネクタイピンのマナー

ネクタイピンの留め方は、上着の着用の有無などの他に、シチュエーションやシーンでも異なる場合があります。

そこで、今度はシーン別にネクタイピンの留め方のマナーやルールなどを見ていきたいと思います。

結婚式の場合

結婚式の際の男性の服装は、礼装が基本と言われています。
その為、個性を発揮しにくく、いつも同じような服装になってしまうこともあります。

そんな時に、ワンポイントのおしゃれを楽しめるのが、ネクタイピンです。
結婚式では、ネクタイピンをつけなければならないという義務はありませんが、反対につけてはいけないというルールもありません。

あまり派手で目立ち過ぎなないものであれば、ワンポイントとしてネクタイピンをつけて出席しても良いでしょう。
尚、結婚式におけるネクタイピンの留め方ですが、上記でご紹介したネクタイピンの留め方と、基本的には同じです。

就活の場合

では、就活の場合はどうなのでしょうか?
就活では、あくまでも清潔感と無難さが重視される為、おしゃれやファッション性は後回しにされがちです。

そもそも、就活の場合、ネクタイピンはつけても良いものなのでしょうか?
結論から言うと、就活生はネクタイピンをつけてはいけないというルールはありませんが、つけた方が良いというわけでもありません。

基本的には、就活の際はネクタイピンをつける必要はありません。
しかし、どうしてもつけたい場合は、上記でもご紹介したような位置やマナーでつけるようにしましょう。

ネクタイピンを使って、大人の男性のおしゃれを楽しもう

いかがでしたでしょうか?今回は、「ネクタイピン」をテーマにして、ネクタイピンの役割や付け方、人気のブランドなどをご紹介しました。

社会人になると、男性はスーツを着用する機会が大幅に増えます。
スーツは、働く為の服装でもある為、おしゃれをするという発想には、なかなかなりにくいかもしれませんね。

しかし、ネクタイピンには、ネクタイを固定するという役割があり、スーツでも動きやすくするという機能性も備わっています。
ネクタイピンを正しくつけて、大人の男性のおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか?

出典: http://kashi-kari.jp/lab/post-3304/ | ※1:第一ボタンの少し上・第4と第5ボタンの間か、それより下

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related