Search

検索したいワードを入力してください

インテリアコーディネーターの仕事内容・平均年収・フリーと企業所属

初回公開日:2017年01月21日

更新日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年01月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

今回はインテリアコーディネーターの仕事内容や年収についてまとめてあります。転職を考えている人、もしくは現在インテリアコーディネーターで年収を上げたくてフリーランス化を考えている人にも有益な情報になるように仕上げてありますので参考にしていただけたらと思います。

インテリアコーディネーターの仕事内容・平均年収・フリーと企業所属

インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターとはファッションで言う所のスタイリストです。インテリアもただ設置したいからと設置するだけだとごちゃごちゃした締りがない家になってしまいます。
インテリアの配置をきれいにしたり、毎日を生活を効率化するような配置など家具や生活用品のスタイリストやプロデューサーというような認識をしてもらえればわかりやすいでしょう。
またシンプルに見えて奥深い仕事内容なので勉強してみると理論だけでは説明できないことなど様々な課題がでてきます。
以下内容ではどのようなことをして生活をしているのか?またどれくらい年収があるのか?というところ触れて行きたいと思います。

インテリアコーディネーターの仕事内容

インテリアコーディネーターの必要性

皆様もよりキレイで心地よい生活をしたいと考えたことはあるのではないでしょうか?
かならず人によって「ここの照明は明るいほうがいい!」や「ここは雰囲気を出したいから暗めの照明がいい」など様々な生活のスタイルに対する欲求があります。また好みの色を使ったり、趣味をライフスタイルの一部に混ぜて行くことによって部屋の風景が変わってきます。ただこれらを知識がない状態でこれらを配置していくてまとまりのない乱雑なお部屋になってしまったりします。これをキレイにまとめてより心地のいいライフスタイルを提案するのがインテリアコーディネーターです。
ごちゃごちゃな部屋より清潔感があり、自分の趣味などが反映された部屋は心地いいですよ!

どのように提案していくの?

まずインテリアコーディネーターは「どのようなお部屋にしたか?」や「どのような生活をしたいか?」というようにお客様のヒアリングを元に提案内容を考えていきます。
「このような雰囲気の生活をしたい」などお客様からなるべく抽象的に話をヒアリングし、お客様に合わせた提案をしていき的を絞って具体的な提案し、お客様のニーズに沿った空間を提案していきます。
ここでお客様とインテリアコーディネーターの認識のズレがないようにする必要があります。お客様の目線に立てなければ「言っていることが理解できない人だな」と判断されてしまったり、使えない人というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。
これらをしっかり判断できるようお客様からしっかりヒアリングをしてインテリアや家具情報など商品知識を活かしてお客様のご自宅をトータルでプロデュースをするのがインテリアコーディネーターの仕事内容になります。

インテリアコーディネーターの仕事をするには?

インテリアコーディネーターを目指す方がいらっしゃるようであれば参考にしていただければと思います。
インテリアコーディネーターとして働く方の多くはインテリアコーディネーターの資格を取得していす。この資格を軸にインテリア業界や住宅関連企業に就職をしていくようです。そこから5年位修行し、企業専属のインテリアコーディネーターになるかフリーランスという形で自分で仕事を受注するか働き方に変化がでてきます。

新卒を利用すべし、中途なら事前準備をしっかり行えば大丈夫!

新卒とかであればインテリア業界に入れる確率が高いようです。
ただ中途入社を検討しているようであればバックボーンやどのような業務をしていたかによって就職できるかどうか変わってくるでしょう。大手住宅メーカーや大手インテリア企業だとインテリアコーディネーターの資格を持っている云々ではなく、4年制大学卒業という経歴を持っていなければだめだと言ってくる企業もあるようなのでご自身が入りたい企業が決まっているなら入社条件を予め確認してから転職や入社を考えましょう。

インテリアコーディネーターの求められるスキル

インテリアコーディネーターに求められるスキルはセンスと美的感覚が求められてきます。
やはりお客様のニーズに沿った空間デザインが業務になってきますのでセンスや美的感覚重要視される傾向が強いでしょう。
もし転職を考えているなら予め美的センスが磨かれる環境に身を置いておくか、日頃から美的センスを磨くように心がけましょう。デザインやコーディネーターの関しては仕事を効率よくこなしていくことよりもいかに相手の関心や興味を引き寄せられるかが勝負になってきますのでセンスを磨くように頑張りましょう。

インテリアコーディネーターの需要

またインテリアコーディネーターの需要は年々増加傾向にあります。その理由が現在は土地を新たに購入して家を建てるというよりはリノベーションやリフォームといった形で今ある家を活かして生活空間をデザインしていくことが多いからです。
ここで活躍するのがインテリアコーディネーターです。
キッチンコーディネートなど色々な分野があること職業ですが、身の回りでも関わってくる職業になっています。
もしリフォームとかリノベーションを考えている人はかならずインテリアコーディネーター関わっているので気になるようであればご自身の家のデザイナーがどんな方が担当したのか調べてみてもいいのではないのでしょうか?
逆にこの流れにのって転職をすればフリーランス化した時に年収を上げる手段にもなるということです。

インテリアコーディネーターの年収

インテリアコーディネーターの年収は企業専属もしくはフリーランスかによって年収がかなりの金額変わってきます。
一般的な企業務めの年収でいうと平均年収は300万円〜450万円程と決して高くはない年収と言えるでしょう。また内約としては基本的に固定給で自身が定められています。インテリア販売などであればノルマを達成できればインセンティブという形をとっている企業さんがほとんどのようです。
この制度を利用してインセンティブを取得できる人は年収も上げることができます。

フリーランス化で年収UP!

また実力次第になってきてしまうのですが、企業である程度力をつけてきたら退社し、フリーランスになるという選択もあります。こちらはご自身の技量次第となってしまうのですが、フリーランスであれば年収1000万円も不可能ではありません。インテリアコーディネーターとして働きたいという方は一生企業に貢献するという考え方よりインテリアコーディネーターとしての技量を磨いてフリーランス化を視野に入れて勤務している方が多いです。企業に属してまいということは収入が保証されるわけではなくなるのでリスクは伴いますが年収1000万円以上を目指す方はスキルを磨いて検討されてもいいでしょう。

資格取得で年収を底上げできる!

インテリアコーディネーター検定や2級建築士の資格を持っていると専門職手当が出る場合もあるようなのでインテリア業界への転職を考えている方はインテリアコーディネーター検定や2級建築士の資格を取得すれば年収を上げることも可能です。転職検討している方は取得しても損はない資格でしょう。

インテリアコーディネーターの独立

インテリアコーディネーターの独立は現在の年収で納得いかなかったり、現在のスキルで食べて行けるという確証があれば検討してもいいと思います。
しかし独立は年収が上がったり、好きな時に仕事ができるといった反面いままで勤め先の会社が負ってくれていた責任を自分で持つようになります。当然食べれなくなったり倒産のリスクマネージメントもしなくてはなりません。リスクが怖いなら今の会社にいるべきです。しかし自身の成長や年収アップできるといった内容もあるので倒産のリスクは抱えますが検討してみてもいいと思います。
また最初は法人化しなくても個人事業主という形でアルバイトをしながら仕事をする手もありますね!
独立するメリットは会社ではできなかった価格設定とかもご自身ですべてできるようになります。最初資金がかかると思いがちですが実際は経費で落とせる物が多いのでいきなり設備を充実させるのではなくこれらのバランスを考えた上で支出管理ができればいきなり初月から黒字化させることも可能です。
倒産のリスクというのはかなり大きなリスクなりますがやり方次第では年収1000万円以上も狙えるので一歩踏み出すのもよろしいかと思います。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related