Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月19日

マインドセットを変える方法6つ|マインドセットの成功者と失敗者

「マインドセット」という言葉を聞いたことのある方も多いでしょう。マインドセットは、「自分を変えたい」「成功したい」と思うときにとても重要なものです。この記事では、マインドセットの意味や変え方、成功者と失敗者のマインドセットの違いなどをご紹介します。

マインドセットを変える方法6つ|マインドセットの成功者と失敗者

マインドセットとは

マインドセットとは、個人の経験や教育、先入観から形成される思考の様式や心理状態をのことです。マインドセットには主に、個人の思い込みや価値観、信念などが該当します。

マインドセットという言葉は、「人の意識や心理状態などの一面的な捉え方はできず、多方面から見てセットされたものが、マインドの全体像を表している」という考え方に由来している言葉です。

グロース・マインドセット

グロース・マインドセットとは、自身の成長は努力や経験で向上できるという考え方です。

このマインドセットを持つ人は、どのような失敗も恐れずに挑戦し続け、学び続ける姿勢があります。また、他人の意見に左右されることなくステップアップすることで、主体性や創造性も養われていきます。

このため、教育界だけでなく、ビジネス界でも必要不可欠なマインドセットとして注目を集めています。

フィックスト・マインドセット

フィックスト・マインドセットは、グロースマインドセットとは対極の意味を持ちます。

グロース・マインドセットがプラス思考で挑戦的であることに対して、フィックスト・マインドセットは、マイナス思考と捉えることができます。

フィックスト・マインドセットとは、他人からの意見や失敗を恐れる考え方です。そのため、新たな挑戦ができず、諦める癖がつき、自己成長につながりづらいという特徴があります。

マインドセットを変える方法6つ

マインドセットには、その人の思考や価値観などが影響するため、すぐに変えることは難しいことでしょう。しかし、マインドセットを変える方法はいろいろなものがあり、自分に合った方法を取り入れることで、マインドセットを変えることは可能です。

ここでは、マインドセットを変える方法を項目ごとに順を追って説明していきます。どの方法が自分に合うかを考えながら読んでみてください。

マインドセットを変える方法1:自分を知る

マインドセットは、思い込みや価値観、信念が該当することですから、自分を知ることでマインドセットを変えることができます。

しかし、自分を知るといっても、難しく感じる方もいらっしゃるでしょう。自分を知るには、周囲を観察することから始めるのがおすすめです。

たとえば、周囲がイライラしていたら自身もそうなっている可能性が高いといえます。周囲は自分を写す鏡だと思い、チェックしてみましょう。

マインドセットを変える方法2:行動を変える

行動を変えることで、マインドセットを変えることができます。具体的には、ポジティブな考え方をする人たちと行動をともにすることで、自らもポジティブ思考となり、徐々に行動自体が変わってきます。

他にも、小さな成功体験を積み重ねることで自信がつき、「その気になれば何でもできる」というポジティブな考え方に変わっていきます。ポジティブ思考になることで、挑戦する勇気が出てくるでしょう。

マインドセットを変える方法3:見方を変える

見方を変えることで、マインドセットを変えることができます。見方を変えるといっても抽象的なので、まずは自分が今置かれている環境に対する見方を変えてみましょう。

現在置かれている環境を今のままの見方で見ているままでは、今以上の成果を生み出すことは難しいです。ですから、現在の自分の環境を客観視することで、現時点での自分のポジションが分かり、見方や思考も変わってくるでしょう。

マインドセットを変える方法4:知らないことを知る

知らないことを知ることで、自らの知識となり、新たな気づきとして自分の考え方にインプットされていくことで、マインドセットを変えることができます。

新たな考え方が自分にインプットされると、考え方が変わることに加えて、見方や行動も変わるので、新たなマインドセットを得ることにつながります。

知らないことを知ることは、マインドセットを変えるときに重要な意味を持ちます。

マインドセットを変える方法5:悪い癖をやめる

悪い癖をやめることで、マインドセットを変えることができます。たとえば、思い込みや考え方の悪い癖というのは誰でもあることでしょう。

そのため、これらの思考を変えること、つまり悪い癖をやめることで、マインドセットを変えることができます。自分の持つ古い考え方や悪い癖を洗い出し、それらを捨てることで、新たな思考や考え方を取り入れられるため、物事が前に進む可能性があります。

マインドセットを変える方法6:目標に沿って軌道修正する

目標を決めても逸れてしまうこともあります。そのときには目標に沿って軌道修正することで、マインドセットを変えることができます。

目標を達成できない原因の一つとして、取り組み方が間違っているという可能性があります。当然ですが、取り組み方が誤っていれば、目標を達成することはできません。

これを修正して正しい取り組み方を考案し、軌道修正をすることによって、マインドセットを変えることができるでしょう。

マインドセットの成功者と失敗者

マインドセットの成功者と失敗者には、大きな違いがあります。

マインドセットの成功者は、思考が肯定的で新しいことに挑戦し続けて自らの可能性を広げ続けることのできる人です。逆に、失敗者は、思考が否定的・保守的で、失敗を恐れて新しいことに挑戦できない人が多いです。

ここでは、失敗者と成功者を項目ごとに分けて順を追って説明していきます。

成功者の考え

成功者の考えは、常に肯定的でプラス思考であることが多いです。

マインドセットで大事なことは、肯定的な考え方やプラス思考であり、これらを継続することによって成功者へと近づくことができます。

考え方がプラス思考になることで、その行動パターンも変化していくことでしょう。続いて、思考者の行動パターンを詳しく解説していきますので、参考にしてください。

成功者の行動パターン

成功者の行動パターンには、新しいことに挑戦し続けるという特徴があります。

成功者は失敗を恐れず、仮に失敗しても、そこから成功への道筋を検証し、同じ失敗は繰り返さないようにすることで成功へと至ります。このように、成功者は挑戦し続けることで、自らの可能性を広げていきます。

失敗者の考え

失敗者の考えは、否定的でマイナス思考であることが多いです。

マインドセットにおける失敗者の考え方は、成功者とは逆で、否定的でマイナス思考であり、保守的な考え方が多い傾向にあります。

はっきりとした目標を持たず漠然としているため、考え方にも具体性がなく、抽象的であることが多いです。

失敗者の行動パターン

失敗者の行動パターンには、失敗を恐れるために新しいことに挑戦するのが難しいという傾向があります。

失敗者の行動パターンは、考え方とリンクしており、保守的でマイナス思考のため、新たな挑戦をすることを避けて、現状維持に甘んじるという傾向があります。これにより、新たな自身を発見することは困難になってしまいます。

マインドセットを変えて成功者になろう

ここまで、マインドセットを変える方法やマインドセットの成功者と失敗者についてご紹介してきました。大事なことは、マインドセットを変えることで、これまでにない新たな自分を発見することができることです。

考え方が変われば行動が変わり、周囲の人も変わっていきます。マインドセットの成功者と行動することで、自分自身が成功者となることもあります。「成功したい」と思っている方は、マインドセットを変えてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related