Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月17日

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由

社会人や学生の皆さんは、いくつ位資格を持っていますか。職業によっては必ず必要になる資格があったり、出世する時に有利になる資格があります。幅広い業務に対応するためにも、自分の職業に合った資格取得が必要です。出世する時に役立つ資格を紹介します。

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由

出世に資格は必要?

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
世の中にはとても多くの資格がありますが、出世に役立てる事はできるのでしょうか。これから資格取得を考える人は、仕事に役立つ資格にチャレンジしたいです。資格によって待遇面に差が出るなど、取得する事でメリットがあるのか考えてみましょう。

資格の有無は給与決定に関わる

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
資格を取得すると給与は上がるのか気になります。多くの企業では資格取得のために費用を援助しているケースがあります。企業によっては支援機関を設けたり、受験回数を制限している所もあるでしょう。

しかし、実際に給与に反映されるケースは3割程度の企業だけです。お祝い金を支給する企業もありますが、仕事に繋がる資格を取得しても給与が大きく変わることは無いでしょう。

資格は評価に影響する

資格を持っていると評価に直接影響する事はあまりないでしょう。就職をする時にも履歴書に資格を記入しますが、合否の判定に直接関わることは無いと言われています。資格を取得して出世を狙うなら、稼げる資格を取得する事です。

独占業務が行える資格を取得する事で年収アップは目指せます。しっかり稼げる職業に就くために資格を活用しましょう。

上司の評価が低くても出世できる

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
資格の有無で出世に関わるケースはあまりないでしょう。しかし、会社によっては資格にポイントが付けられており、一定のポイント数を稼ぐことで昇格が行われています。このようなタイプの会社ですと上司の評価が低くても出世できると考えられます。

資格の有無で評価している会社は中堅クラスの企業が多いでしょう。上司の評価が低くても資格で評価がプラスになる事はあります。

出世に有利になる資格9選

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
資格の種類はとても多くあります。資格を必要としない職業の人はひとつも持っていない人もいるでしょう。職業によっては資格を持っている方が出世した時に役立つことがあります。自分の職業に合った資格を探してみましょう。

出世に有利になる資格1:ファイナンシャルプランナー

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
フィナンシャルプランナーは個人や中小企業のお金の相談を聞き、資産に関する情報を分析して資金計画を立てる仕事です。アドバイスするには専門の資格が必要になります。国家資格のFP技能士1~3級と、日本FP協会が認定する民間資格のAFP、CFPがあります。

この資格を取得すると銀行や証券会社、不動産会社などで働く時に役立ちます。将来的に出世をしてある程度経験を積んでいくことで、独立開業もできます。

出世に有利になる資格2:リテールマーケティング

リテールマーケティングの検定資格は、販売技術や接客技術、マーケティング、経営管理まで幅広く学ぶことができます。流通や小売業で働く人に役立つ試験です。働く形態も正社員、パート、アルバイトとライフスタイルにあわせて自由に選べます。

将来出世をしてお店全体の販売促進を考える時、企画や部下の育成に活かせる知識が学べます。取得しやすい資格ですから、販売の仕事をしている人におすすめです。

出世に有利になる資格3:中小企業診断士

中小企業診断士は中小企業支援法に基づいて、中小企業の経営を診断してアドバイスを行います。主に、経営コンサルとして会社の経営にアドバイスする立場として活躍できます。独立開業する人が多いですが、自治体や民間のコンサルティング会社に勤務するケースもあります。

出世して管理職を目指すなら有利な資格と言えるでしょう。日本は中小企業が多くありますから、需要が多く安定した収入が見込めるでしょう。

出世に有利になる資格4:日商簿記検定

日商簿記検定はとても人気のある資格です。簿記は幅広い企業で役立てることができ、1級に合格すると税理士受験の資格を与えられる資格です。簿記に求められる仕事は企業にとって必要なもので、安定した需要があります。

企業によっては出世して役職者になるタイミングで資格の奨励をする企業もあります。簿記検定の内容を理解していると公認会計士や中小企業診断士などの資格に役立てられます。

出世に有利になる資格5:TOEIC

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
TOEICのテストは世界約150か国で実施されています。ETSによって開発された試験で、英語コミュニケーション能力を評価するテストで、能力の評価はスコアによって発表されます。

TOEICのテスト高スコアを出した人は、商社や外資系企業への就職が有利になります。就職先で英語を重視してるなら、出世して海外駐在員になっても困らないように660点以上のスコアを取得しておきたいです。

出世に有利になる資格6:IT分野の資格

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
IT分野の資格はとても多くあります。どの資格を取得するのか迷ったら仕事に役立てることができる資格を取得しましょう。IT分野の資格には国家資格もあります。

将来、出世した時に役立つ資格が「ITパスポート」「ネットワークスペシャリスト試験」「情報セキュリティスペシャリスト」「データベーススペシャリスト」といった資格です。難関資格が多いですが、転職の時にも役立つ資格です。

出世に有利になる資格7:メンタル管理の資格

ストレスを抱えている人が多い社会ですが、メンタルストレスの悩みを抱えている人に寄り添える資格があります。このタイプの資格は医療や福祉の現場だけではなく、学校や企業で求められる事も多くなっています。

メンタル管理資格は民間資格が多いです。国家資格のような難しさが無くハードルが低い種類が多いです。中には通信講座で取得できる資格もあります。人事部で出世を考えるならメンタルヘルス・マネジメント検定がおすすめです。

出世に有利になる資格8:社会保険労務士

社会保険労務士は会社に勤める人たちが安心して働ける環境づくりを手助けします。労働環境の整備や社会保険関連の手続きをする専門家として働けます。

社会保険労務士の資格を取得すると、まずは企業に就職して働くことになります。ある程度の経験を積むことで独立開業する事もできます。非常に難関な試験ですが、人事部で働く人で出世を考える時にプラスになるでしょう。

出世に有利になる資格9:公認会計士

公認会計士は経理や会計の世界では最高峰と言われる資格です。とても多くの業務がありますが、どれも社会的な責任が重く公平性が求められます。将来出世をしてしっかり稼ぎたい人におすすめの資格です。

公認会計士の資格は国家資格です。合格率が1割に満たない超難関の試験を受けることになります。試験に合格したら、多くは監査法人に勤務して実務経験を積んでいきます。人によっては独立開業をして収入アップを目指します。

資格取得の前に考えるべきこと

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
世の中にはとても多くの資格があります。出世のために資格取得をしても、あまり活かされないまま無駄になってしまう事もあります。資格取得はお金と時間がかかります。働きながら合格を目指す事は簡単ではありません。

せっかく合格しても宝の持ち腐れにならないように、資格取得の前に考えておくことを調べてみましょう。

自分が何をしたいのか

資格を取得する時は、合格する事を目標にするのではなく「取得後にどうするか」を考えましょう。難易度の高い資格取得を目指す人ほど、合格して目標達成した気分になりがちです。

人気の資格と言われる宅建は毎回多くの人が受験しています。中には、不動産業と関係の無い人も多く受験し、せっかく合格しても活かされないまま働いている人がいます。まずは、自分が何をしたいのかを考えて、その職業に活かせる資格を取得しましょう。

自分のキャリアプランに合った資格は何か

自分のキャリアアップに合った資格なら有利になります。将来出世してしっかり稼ぐなら、自分の能力を最大限に発揮できる資格を選びましょう。例えば、営業なら「宅地建物取引士」や「ファイナンシャルプランナー」の資格があります。

エンジニアなら「基本情報技術者」や「基本情報技術者」の資格が最適です。資格ありきで考えてしまうと判断ミスを招きますから、自分の仕事に合った資格を取得するようにしましょう。

出世に有利な資格を知ろう

出世に有利になる資格9選を紹介|出世に資格が必要だといわれる理由
出世と資格は深く関わっていませんでしたが、会社によっては資格によって評価される事がありました。資格は将来出世した時、仕事の幅を広げるために必要な知識が学べます。自分の職業に合った資格を取得する事で、仕事に活かすことができ有利になるでしょう。

Related