Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方

転職エージェントと転職エージェントの選び方についてまとめています。転職活動をサポートしてくれる心強い存在である転職エージェントですが、それぞれに特徴がありサポート内容も異なります。どのサービスが自分には合っているのか考える参考にしてみてください。

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方

転職エージェントとは

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
転職エージェントとは、転職活動をしている人に代わって転職活動のサポート全般を請け負う代理人のことを指します。

転職エージェントのサポート内容は多岐に渡ります。例えば、求職者の性格や経験から、企業とのマッチングサービスを行ったり、職務経歴書などの会社提出書類の記入の仕方やチェックもしてくれます。

転職エージェントは、求職者の転職活動がうまくいくようサポートしてくれる心強い存在であると言えるでしょう。

おすすめ転職エージェント12選

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
一言でエージェントといっても、たくさんの種類があります。しかも、エージェントによってサービスやサポートの種類も違います。

この記事では、たくさんあるエージェントの中からおすすめの12選を紹介していきます。自分にあったエージェントを見つけて、ぜひ転職活動に役立ててください。

おすすめ転職エージェント1:リクルートエージェント

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
まず一つ目に紹介するおすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは、非公開求人を含む求人情報が20万件以上あるのが特徴です。非公開求人を豊富に取り揃えているので選択肢が多くたくさんの求人情報を見つけることができるでしょう。

さらに、エージェントが企業への提出書類や履歴書などの添削も行ってくれるので転職が初めてでも安心して使える転職エージェントと言えるでしょう。

おすすめ転職エージェント2:doda転職エージェント

2つ目におすすめの転職エージェントは、doda転職エージェントです。

doda転職エージェントは、非公開求人を含む求人情報が10万件以上あるのが特徴です。たくさんの求人の中から自分に合う仕事がわからない場合でも、エージェントが聞き取りを行い合う企業を教えてくれます。

応募書類の提出や面接の日程など、あなたの代わりにエージェントが行ってくれるので転職活動を何から始めれば分からない人にもおすすめです。

おすすめ転職エージェント3:パソナキャリア

3つ目におすすめの転職エージェントはパソナキャリアです。

パソナキャリアは、総合人材サービスのパイオニアという背景を活かして、たくさんの求人情報を持っているのが特徴です。さらに専任のアドバイザーがカウンセリングを通して、転職活動に役立つ「強み」や「スキル」を引き出してくれます。

退職交渉や入社日の調整もフォローしてくれるので、入社日までしっかりとサポートしてくれるのも安心です。

おすすめ転職エージェント4:ビズリーチ

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
4つ目におすすめの転職エージェントはビズリーチです。

ビズリーチは、企業やヘッドハンターから直接スカウトが届くのが特徴です。さらに経営幹部や企業の中核を担うような高年収求人が多数あるのも、大きなポイントと言えるでしょう。

登録した職務経歴書に企業から直接アプローチが届くので、スピーディーな転職活動を行うことができます。

おすすめ転職エージェント5:マイナビエージェント

5つ目におすすめの転職エージェントはマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは、新卒採用でも有名なマイナビが運営するエージェントです。そのため、たくさんの企業の採用担当者や現場責任者の本音を熟知しており入社後のミスマッチも防げると言えるでしょう。

エージェントによる面接対策や提出書類のチェックも、応募する企業に合わせて必要なアドバイスをしてくれたりなどきめ細かいサービスが特徴です。

おすすめ転職エージェント6:type転職エージェント

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
6つ目におすすめの転職エージェントはtype転職エージェントです。

type転職エージェントは、利用者の満足度87パーセントを獲得しているサービスです。それぞれの職種にあったキャリアアドバイザーが在籍しているため、自分の働きたい分野について細かいアドバイスを受けることができます。

転職エージェントとの面談では、ミスマッチを防ぐために転職で実現したいことをしっかりと確認してくれます。

おすすめ転職エージェント7:JACリクルートメント

7つ目におすすめの転職エージェントはJACリクルートメントです。

JACリクルートメントは、年収600万円から2,000万円のミドル・ハイクラスの転職に特化したエージェントサービスです。

日本で29年以上転職エージェントとしての実績をもっているため、採用企業の社風や募集背景なども踏まえた転職サポートが可能です。さらに、マネジメントや専門職など業界や職種に合わせたアドバイザーがサポートしてくれます。

おすすめ転職エージェント8:ワークポート

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
8つ目におすすめの転職エージェントはワークポートです。ワークポートは、「転職コンシェルジュ」による細かい転職サポートを受けられることが特徴です。

求職者が転職先で実現したいことに合わせて、より質や専門性の高いサービスを受けることができます。希望する業界や職種に合わせて、専門性の高いアドバイスを受けることができます。さらに「転職コンシェルジュ」によるマンツーマンでの転職支援が可能です。

おすすめ転職エージェント9:ハタラクティブ

9つ目におすすめの転職エージェントはハタラクティブです。

ハタラクティブは、20代フリーターや第二新卒など未経験から正社員への就職サポートを行なっていることが特徴です。

エージェントが将来の目標経験を聞き取り、あなたにおすすめの仕事をいっしょに考えてくれます。そのため、就職活動のやり方が分からないという人にも安心のサービスと言えるでしょう。

未経験で転職に不安な人にはぴったりの転職エージェントです。

おすすめ転職エージェント10:Spring転職エージェント

10個目におすすめの転職エージェントはSpring転職エージェントです。

Spring転職エージェントの特徴は、転職先を見つけるだけでなく将来のキャリア構築まで相談に乗ってくれるのが特徴です。自身のスキルや得意を活かして転職活動を行いたい人にはおすすめの転職エージェントと言えるでしょう。

専門的な分野を知り尽くしたコンサルタントがいるので自身の強みをうまく汲み取り、適切な転職先を提案してくれます。

おすすめ転職エージェント11:エンエージェント

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
11個目におすすめする転職エージェントはエンエージェントです。

エンエージェントは、限定非公開求人に応募できるため最適な業種や企業をピンポイントで選ぶことができます。よって、転職希望者にとっても無駄の少ない転職活動が可能となります。

さらに、模擬面接や職務経歴書の指導もしてくれるので転職活動を行ううえで不安に感じていることもいっしょにサポートしてくれます。

おすすめ転職エージェント12:アイデムスマートエージェント

12個目のおすすめ転職エージェントはアイデムスマートエージェントです。

アイデムスマートエージェントは、一気通貫型の転職エージェントが特徴です。自身の専門分野に特化したアドバイザーがおすすめの求人を提案してくれます。対応領域は広告系やアパレル、製薬や医療従事者まで多岐に渡ります。

さらに、転職に役立つ支援セミナーや企業の採用担当者と話せるイベントなども行なっているのでそちらに参加するのもおすすめです。

自分に合った転職エージェントを選ぶ方法6つ

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
これまでたくさんの転職エージェントを紹介してきましたが、自分に合う転職エージェントはどれがいいのか悩んできた人もいるのではないでしょうか。

ここからは、自分にあった転職エージェントを選ぶ方法のポイントを踏まえながら紹介していきます。自身の今の状況や経験などと照らし合わせながら、最適な転職エージェントを選んでみてください。

転職エージェントを選ぶ方法1:年齢で選ぶ

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
転職エージェントには、それぞれサポートを受けるのに最適な年齢があります。転職エージェントの中には、若い世代への転職を得意としているところもあるためです。

「ワークポート」のHPには、転職者の年齢分布が20代の50%に対し、40代以上の転職者は15.5%とほぼいないことが記載されています。反対にリクルートエージェントの場合には、「幅広い年齢層の方が転職を実現されています」と記載があります。

転職エージェントを選ぶ方法2:転職回数で選ぶ

若い世代で転職回数が2回以上ある人は転職回数が多いという印象を受けやすくなります。転職回数の多さはあくまでひとつの指標に過ぎませんが、「長続きしない人」という印象を企業に与えかねません。

選考の場では転職回数をポジティブなイメージとして企業に伝える必要があるため、最初の面接や職務経歴書の段階から一緒に考えてくれるエージェントがおすすめです。伝え方次第で企業への印象が変わります。

転職エージェントを選ぶ方法3:業界で選ぶ

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
転職エージェントは、得意とする業界があるので自分の行きたい業界に強い転職エージェントを選ぶことをおすすめします。

例えば、IT業界なら「マイナビIT エージェント」というIT業界に特化した転職サービスがあります。同じようにアパレル業界ならリクルートエージェントがアパレル職への転職に強いと言われています。

このように、自身の就職したい業界が決まっていればその業界への転職に強いエージェントを利用しましょう。

転職エージェントを選ぶ方法4:サポート内容で選ぶ

転職エージェントはそれぞれサポート内容が異なります。職務経歴書の採点や面接の練習など、主に似通ったサポートをしてくれる転職エージェントはいくつかありますがその中でもどの部分を重視しているかは転職エージェントによって異なります。

あなたが転職活動をするにあたりどの部分を最も重視しているのか、どの部分をサポートして欲しいのかを明確にして転職エージェントを選ぶのをおすすめします。

転職エージェントを選ぶ方法5:求人件数で選ぶ

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
転職エージェントによって、それぞれ持っている求人件数には差があります。求人件数が多ければ多いほど自分に合ったおすすめの企業を紹介してもらえる可能性が広がり、マッチングの制度も高まります。

さらに、通常の求人サイトには公開していない非公開求人をたくさん掲載されているエージェントもあります。そのため、求人件数の数は転職エージェントを選ぶうえで大きなポイントと言えるでしょう。

転職エージェントを選ぶ方法6:プライバシーマークの有無

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
プライバシーマークとは、一定の要件を満たしている団体や事業者などに対し一般財団法人日本情報経済社会推進協会が使用を許諾している登録商標です。

転職エージェントは転職希望者住所や職務経歴までたくさんの情報を取り扱います。プライバシーマークを取得している転職エージェントは、それらの情報に対して正しく扱い管理している証拠です。

転職エージェントを選ぶ指標としてプライバシーマークの有無は大きなポイントです。

おすすめの転職エージェントを参考にしよう

おすすめ転職エージェント12選|自分に合った転職エージェントの選び方
一言に転職エージェントといっても、たくさんの種類がありそれぞれサポート内容にも特徴があります。自身が転職活動を通して成し遂げたいことを明確にして、自分のニーズを明らかにすることが大きなカギとなるでしょう。

自身の希望がはっきりすると、どの転職エージェントが自分には合っているのか自然と見えてきます。それさえも分からない場合は、まずどこかの転職エージェントに登録し相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

Related