Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月26日

マーケティングの仕事とは?求められる能力5つと活かせる資格5選

世の中のトレンドや動向をリサーチしながら商品開発などのビジネスへとつなげる仕事が「マーケティング」の仕事です。マーケティングは小売業や製造業に欠かせない部署の1つで、さまざまな能力が必要になります。今回はマーケティングに必要な能力と資格についてご紹介します。

マーケティングの仕事とは?求められる能力5つと活かせる資格5選

マーケティングとは

マーケティングとは、世の中のトレンドを把握し、商品の製造から販売まで行う全行程のことを意味します。英語では「Marketing」となり、Market(市場)で売買するという意味も持ちます。

企業におけるマーケティングは、商品やサービスが世の中のニーズとマッチし、より効率的に販売促進できるように計画を立てる仕事が主な仕事内容になります。

マーケティングの仕事の具体例

マーケティングの仕事は、ビジネスの分野によって少しずつ仕事内容は異なります。たとえば、アパレル企業におけるマーケティングの場合は、世の中のファッショントレンドと日本におけるトレンドの動向、またエリアや年代に分かれたトレンドの動向などを探ります。

そこからヒントを得て、新しいブランドビジネスを企画したり、新しいアパレル店舗を計画するなどのプランを立てます。

マーケティングの仕事に求められる能力5つ

マーケティングの仕事は常にアンテナを張りめぐらせ、世の中の動向に合わせてどんな顧客ニーズがあるかをリサーチすることが主な仕事です。

マーケティングの仕事は、「市場分析力」や「企画力」など、さまざまな能力が必要な仕事の1つです。ではマーケティングの仕事に就くためにはどんな能力が必要なのかをくわしく見ていきましょう。

マーケティングの仕事に求められる能力1:市場分析力

マーケティングの仕事では、その名のとおり「Market(市場)」を分析する能力が必要です。市場分析とは、顧客となる年代の行動パターンや嗜好などを理解し、今後のライフパターンを分析することを意味します。

市場分析にはさまざまな方法がありますが、1つは年代やエリア別の市場分析です。都市型と地方型では生活習慣や環境が異なるため生活パターンが異なり、顧客ニーズもそれぞれ異なる傾向にあります。

マーケティングの仕事に求められる能力2:企画力

マーケティングの仕事に求められる能力の2つ目は「企画力」です。企業がターゲットとする市場や顧客分析を行い、将来のマーケットに対して新たな商品やサービスを企画するのもマーケティングの仕事です。

マーケティング職では、新たな市場や顧客をターゲットとするため既存の商品やサービスにはない付加価値を付けたアイテムを企画する力が必要です。

マーケティングの仕事に求められる能力3:顧客行動分析力

マーケティングの仕事に求められる3つ目の能力は、「顧客行動分析力」です。顧客行動分析力とは、商品やサービスのターゲットとなる顧客の生活や行動パターンを分析し、商品やサービス開発に活かせるヒントを見つける能力です。

たとえば、妻帯者で子どもが2人以上いる家庭では自家用車を保有している確率が〇%のため、週末は車で出かける行動パターンが多いなど、年代や生活パターンなどから行動を分析します。

マーケティングの仕事に求められる能力4:コミュニケーション能力

マーケティングの仕事に求められる4つ目の能力は、「コミュニケーション能力」です。

市場や顧客分性を行う場合は、さまざまな取引先に協力を依頼したり、関係者をとおして競合他社の動向などを探るなど、さまざまな分野の人とコミュニケーションを取ることが重要な鍵となります。

どんな人に対しても自分から率先して話かけることができ、また上手に交渉できる能力も兼ね備える必要があるでしょう。

マーケティングの仕事に求められる能力5:仮説設定力

マーケティングの仕事に求められる5つ目の能力は、「仮説設定力」です。新たな市場や顧客をターゲットに新たな商品やサービスを展開するためには、顧客の行動を仮説として設定し、実際の消費パターンを想定する必要があります。

マーケティングの仕事の中でももっとも重要な仕事の1つで、市場や顧客分析はもちろんのこと、顧客の動向から得たヒントをもとに仮説を立てるのはセンスとひらめきも必要です。

マーケティングの仕事に活かせる資格5選

新たな市場や顧客ニーズを発掘し、新たな商品やサービスを売り込むための背策を考えるのがマーケティングの仕事です。マーケティングにはさまざまな能力が必要になりますが、マーケティングの仕事にも有効に活用できる資格もいくつか存在します。

マーケティングの仕事に就きたいと考えている方は、資格の勉強を行いながら先見の目を養うのもいいでしょう。

マーケティングの仕事に活かせる資格1:ネットマーケティング検定

インターネットの普及により企業広告をはじめ、さまざまなビジネスがネットを活用して行われる時代になりました。ネットマーケティング検定とは、インターネットにおけるマーケティングに必要なスキルを取得したことを証明する検定の1つです。

主にマーケティングやウェブデザイナーなどの仕事に就く人が所持していることが多く、企業における研修の一環として検定の取得を推奨する企業もあります。

マーケティングの仕事に活かせる資格2:中小企業診断士

マーケティングの仕事に活かせる2つ目の資格は、国家資格である「中小企業診断士」です。中小企業診断士とは、企業の財務から経営まで幅広い知識を網羅した経営コンサルタントです。

中小企業診断士は合格率が低いため難易度の高い資格の1つですが、マーケティングの仕事をする上でさらにステップアップしたい方にもおすすめの資格です。

マーケティングの仕事に活かせる資格3:IMA検定

マーケティングの仕事に活かせる3つ目の資格は、「IMA検定」です。IMA検定は、インターネットにおけるマーケティング分析や解析を実践的に行う検定で、資格取得後には就職サポートを受けられるメリットがあります。

マーケティングではより実践的なリサーチスキルが要求され、IMA検定を受けることでより実際の仕事に活かせる技術や能力を取得することができます。

マーケティングの仕事に活かせる資格4:TOEIC

マーケティングの仕事に活かせる資格の4つ目は、「TOEIC」です。TOEICは英語の能力をスコアで示す検定で、外資系のみならず一般企業でも必要とされているスキルの1つです。

スコアの目安は700点以上を目標に、国外におけるマーケット調査をする上で重要なスキルの1つといえるでしょう。

マーケティングの仕事に活かせる資格5:簿記検定

マーケティングの仕事に活かせる5つ目の資格は、「簿記検定」です。簿記検定は、企業の経営状態を把握するための財務諸表や決算書の内容を把握するために必要な知識を取得できる資格です。

マーケティングの仕事では、同業他社の業績や経営状態を把握するのも重要な要素の1つです。ビジネスマンとして基本的な経営学を学ぶこことができるので、どんな職種の方でもメリットのある資格の1つです。

年代別にみるマーケティング職の平均年収

小売業や製造業において欠かせない仕事の1つなのが「マーケティング」と呼ばれる職種です。マーケティングの仕事は他の職種よりもやや給与が高い傾向にあり、企業の業態や年代によっても年収が異なります。

ではマーケティングの仕事を行う場合の平均年収について年代別に見ていきましょう。

20代~30代の平均年収

20代から30代の年代がマーケティングの仕事に就く場合は、平均400万円の年収であることが多い傾向にあります。

20代から30代の場合は社会経験に乏しいというデメリットがありますが、顧客により近い視点でマーケット動向をリサーチできる点ではメリットの高い世代といえます。

業界によっても年収の金額は異なりますが、事務職などの仕事と比較すると50万から100万円程度の差がある傾向にあります。

40代~50代の平均年収

マーケティングの仕事の中でも40代から50代の場合は、平均500万円から700万円の年収であることが多い傾向にあります。40代以降になるとマーケティング職の中でも高いポジションに配置されることから、必然的に年収は上がる傾向にあります。

また外資系企業などでは固定給に加えて歩合がプラスされるケースも多く、自分の成果によって年収が変動する傾向にあります。

マーケティング職に就いてキャリアアップしよう

時代とともに変化する市場や顧客動向を常に分析し、新たな商品やサービスを開発するのがマーケティングの仕事です。マーケティングの仕事には、「市場分析力」や「コミュニケーション力」などのさまざまなスキルが必要になります。

これからマーケティング職を目指す方には、マーケティングスキルを身につけることができる検定の取得もおすすめです。創造力とセンスが試されるマーケティングの仕事でキャリアップを目指しましょう。

Related