Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

転職でステップアップするポイント5点|転職先にあると嬉しい制度とは?

キャリアのために転職をして、ステップアップをしたいと考える人も多いのではないでしょうか。今回は「ステップアップとは何か」という基本的な部分から、「ステップアップするためのポイント」や、「転職先のステップアップしやすい制度」などをご紹介します。

転職でステップアップするポイント5点|転職先にあると嬉しい制度とは?

転職のステップアップの定義とは?

ステップアップするというのは具体的に何を目指せばよいのでしょうか。ステップアップとは、「進捗する、向上する」などの意味があります。

転職でのステップアップ、つまりキャリアアップを目指すことともいえます。キャリアアップとは、特定分野での専門知識や能力を向上させて経歴を高めることや、高い地位や給料が見込める職種へ転職することです。

どのようなことが転職のステップアップになるのか、具体的に3つご紹介します。

年収を上げる

転職のステップアップと聞いて年収を上げることを考えた人も多いのではないでしょうか。良い待遇の会社に転職するのもステップアップの一つです。

しかし「転職での年収アップ=自分の市場価値の向上」ではありません。年収はそれぞれの会社が決めた基準であり、自分の価値が高くなったと一概には言えません。

また、人が集まらないという理由で高い年収を設定している可能性もあります。転職の際はしっかり見極めましょう。

今より上の役職に就く

現在よりも有名な企業に転職する、役職や肩書きを良いものにするというのもステップアップです。しかし、入社数年で実績を出すのはなかなか容易ではありません。入社してすぐに転職をするのではなく、業務に慣れ、実績づくりや経験をしっかり積むことも大切です。

例えば、現在の職場で成績トップの業績を上げているのに、年功序列制でステップアップが望めない、などといった状況であれば転職の良い機会と言えるでしょう。

新たなスキルを身に付ける

業務上必要な資格や能力など、スキルを身につけると最終的なキャリアアップにもつながります。

スキルアップを目指す場合は、どのようなスキルを身につけられるかをイメージして転職先を探すことが大切です。働きながら資格取得を目指せたり、資格取得手当を支給する企業もあります。

しかし、年齢が上がるほど新たな資格や新しい業種への転職は難しくなります。年齢や希望職種の現状をしっかり見極めて転職に臨むことも重要です。

転職でステップアップするポイント5点

転職してステップアップするために、実際にどのようなことをすれば良いのでしょうか。ステップアップに向けての転職で後悔しないように、転職のタイミングやキャリアプランについてポイントをご紹介します。

もちろん、今の会社に残ってステップアップを目指すというのも一つの手段です。会社に残るという選択肢も含めて転職でステップアップするポイントを参考にしてください。

転職でステップアップするポイント1:転職のタイミング

ステップアップを順調に進めるためにも転職のタイミングは重要です。「今より上の役職に就く」でも書きましたが、年功序列が強固で業績を上げてもステップアップできない場合などは転職を検討する良いタイミングです。

また、現在の仕事のキリがいいときも良いタイミングと言えるでしょう。どんなに良い転職先を見つけても現在の仕事がやめられなければ意味がありません。繁忙期などは避け、スッキリと転職できるようにしましょう。

転職でステップアップするポイント2:キャリアプランを明確に

転職する際に面接などで必ずと言っていいほど聞かれるのがキャリアプランです。キャリアプランはステップアップするためにもとても重要です。自分をしっかりと分析し、キャリアプランや価値観を明確にしましょう。

キャリアプランはまず最終的にどうなりたいかである長期ビジョンを考え、次に中期ビジョンを決めます。最後にそれらを達成するためにの短期ビジョンを決めていきましょう。

長期的ビジョン

長期的ビジョンは難しく考えず、最終的にこうなっていたら理想だなという未来を考えてみましょう。「社長になりたい」や「年収〇〇を目指したい」など仕事のことでも、「家族と一緒に幸せな老後を過ごしたい」という仕事以外のことでも良いでしょう。

キャリアプランはあくまでも計画なので、絶対に実行しなければならないものではありません。長期ビジョンでは理想を描いてみましょう。

中期的ビジョン

次に中期的ビジョンを考えます。最終目標である長期目標を達成するために何が必要かを5年、10年単位で考えてみましょう。「10年後に役職に就く」など最終的な目標につながるビジョンを描きましょう。

最初に立てるキャリアプランはあくまでも大まかな目標です。中期的ビジョンは10年後という最も見えずらい未来でもあります。定期的にキャリアプランを見直し、目標の確認や修正をしていくことも大切です。

短期的ビジョン

最後に短期的ビジョンですが、短期的な目標は現実的なものでなければなりません。例えば社長を目指すというゴールであれば、経営知識を身に付ける必要があります。そのためにまず、マネジメント領域に進むというのも一つの方法になります。

このように目標を決めていき、短期的な目標に向けて日々できることをアクションプランに落とし込むことでステップアップへと確実に繋がっていきます。

転職でステップアップするポイント3:面接の際の伝え方の工夫

転職を成功させるためには、面接で自分のアピールポイントや転職の理由をうまく伝えることが重要です。

「なぜ転職を希望するのですか」と聞かれたときに「前の職場でキャリアアップができなかったから」と答えたら、本人の力不足ではないかと思われてしまう可能性もあります。

ネガティブな転職理由ではなく、自分の理想としているキャリアプランに近づけるために転職するという具体的な理由を面接で伝えることが重要です。

転職でステップアップするポイント4:キャリアに詳しい人に相談

転職でステップアップしたいと考えても、そもそも転職をすべきか、どんな職種や業種を目指すべきかなど一人では判断が難しい場合もあります。転職で失敗しないためにも、一人ですべて決断するのではなく、キャリアコンサルタントなど転職に詳しい人に相談をすることも大切です。

近くに相談できる詳しい人がいない場合は、転職エージェントなど無料で相談できる方法もあるので相談サービスなどを上手に活用しましょう。

転職でステップアップするポイント5:転職サイトを活用する

転職するためには上記でご紹介した以外にも、履歴書や職務経歴書などの書類や面接対策、スケジュールなどやることがたくさんあります。円滑に転職をすすめるためにも転職サイトの利用をおすすめします。

特に転職エージェントでは、求人の紹介はもちろん、転職に関する相談や書類選考や面接対策、スケジュール管理までサポートしてくれます。相談に乗ってくれるエージェントもあるので、上手に活用して円滑に転職をすすめましょう。

ステップアップしやすい転職先の制度3選

転職先でステップアップを確実にするためにも、転職先の制度はしっかりと確認しておきましょう。

ステップアップしやすい制度のほかにも、福利厚生や賞与なども重要です。転職エージェントなどを利用した場合はコンサルタントに聞けば詳しく教えてもらえるので気になる制度や福利厚生はしっかりチェックしておきましょう。

転職先で上手くキャリアアップするために、ステップアップに重要な制度を3つご紹介します。

ステップアップしやすい転職先の制度1:研修制度

入社してからのOJT研修はもちろん、知能や技能を高めるための研修制度が整っている会社だとステップアップしやすいです。入社後の定期的な研修や、役職別研修などがある会社だとステップアップしやすいと言えます。

しかし、研修制度がなければステップアップできないというわけではありません。研修制度よりも他の制度や福利厚生の充実など重視するものがあれば絶対の条件ではありません。会社の体制をしっかり見極めましょう。

ステップアップしやすい転職先の制度2:社内キャリアパス

キャリアパスとは、キャリアアップのために必要になる社内基準や条件を明確にすることで、社員が意欲的にキャリアアップを目指せるようにする制度です。

たとえば、「昇格するには毎年行われる成績査定で上位〇%に入ることが条件」といったもので、どのようにすればキャリアアップできるかが明確にわかります。自分のキャリアプランが「5年以内に役職に就く」などであればこのようなキャリアパスがあると目指しやすいです。

ステップアップしやすい転職先の制度3:資格取得のサポート

資格取得を目指すのであれば、資格取得支援制度がある会社だとステップアップしやすいです。資格取得をサポートしてもらいたい人は、資格取得支援制度のある会社を探してみるのもおすすめです。

資格取得の援助方法としては、「受験料や講習参加費用などの援助」「資格取得時の奨励金支給」「取得後の資格保有者に対する手当」などがあります。中には資格取得の奨励金が10万円超えという企業もあります。

年代別のステップアップのポイントとは

これまで転職のステップアップのポイントをご紹介しましたが、年代によって異なるポイントもあります。20代、30代でのステップアップのポイントをそれぞれご紹介します。


40代以降の方であれば、ハイキャリアや役職・管理職専用の転職エージェントなどもあるので、まずは自分に合った転職エージェントに登録することをお勧めします。

20代でのステップアップポイント

20代の人は、未経験の職種や業種へ転職するチャンスがまだまだあります。だからこそ、上記で紹介したキャリアプランをしっかりと考えて、転職先を選択することをおすすめします。

20代では給料や大手企業への憧れでの転職ではなく、自分に合った業種や職種を見極めて転職した方が、10年後、20年後の待遇が良くなる可能性が高いです。キャリアチェンジも視野に入れてキャリアプランやステップアップを考えましょう。

職種や業種の適性

今の職種が営業であるならば、同じ職種に転職した方が待遇は良くなる可能性が高いです。しかし、今の職種が自分に合っていない可能性があります。自分の適性をしっかり把握し、どんな職種や業種で活躍できるかを見極めましょう。

20代であれば「事務から営業職」になることも「営業から企画職」になることも可能です。もちろん転職でなく、勤めている会社内で異動できる可能性もあるので一度人事に相談してみるのも良いでしょう。

自分の強みを振り返る

適性を見極めるのに必要になるのが、自分の強みを振り返るということです。一定の仕事に深くいかせる「専門スキル」や、どんな仕事にも生かせる「汎用スキル」をしっかりと考えましょう。

例えば、「専門スキル」はプログラミングや生産管理、税金・会計の知識などがあります。反対に「汎用スキル」とは、コミュニケーション能力や論理的思考などがあります。

自分の強みを理解し、業種や業界の適性を見極めましょう。

30代でのステップアップポイント

30代以降でもキャリアアップの転職は不可能ではありません。30代を超えると20代の時よりは転職の難易度は高くなりますが、未経験業種でなければ、即戦力として求めている企業も多くあります。

30代になると、ステップアップを目指した転職をするためのポイントは20代とは全く異なります。30代の転職で求められるのは、即戦力になるための経験や、マネジメント経験です。

マネジメント経験のアピール

30代を超えると管理職を視野に入れた募集も多くなるため、マネジメントの経験や能力を求める企業が多いです。

マネジメントの経験がない場合も、スタッフの育成をしたことがあったり、リーダーとしてチームをまとめたことがある場合有利に転職をすすめられます。チームのリーダーになった経験や後輩指導の経験などを具体的なエピソードを交えてアピールしましょう。

転職でステップアップしよう

いかがでしたでしょうか。理想の未来があるとステップアップへの第一歩を踏み出しやすいです。まずは、自分にとってのキャリアアップがどのようなものか、転職で何を求めているのかを考えてみましょう。

焦って転職して失敗してしまわないように、キャリアプランと自分の適性をしっかりと考えて転職をして、ステップアップしましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related