Search

検索したいワードを入力してください

2019年10月01日

人事のキャリアパス・パターン5つ|人事の役割とコンサルタント経由

人事のキャリアパス・パターン5つと人事の役割とコンサルタント経由についてご紹介します。人事は会社の中でも重要な部署の1つで、組織にとっては欠かせません。人事でキャリアパスを作るには、人事の役割や重要性をしっかりと理解する必要があります。

人事のキャリアパス・パターン5つ|人事の役割とコンサルタント経由

人事職の4つの役割

会社の中でも重要なポジションである人事職ですが、人事職でといっても仕事内容は様々です。人事職と聞くと、採用が真っ先に頭に浮かびますが、実際はそれだけではありません。人事職に配属になる前に、4つの役割を確認しておきましょう。

また、人事職のポジションへの転職をお考えの方にも必見です。仕事内容をしっかりと把握してから応募することで、失敗しない転職をすることができます。ぜひともご参考にしてください。

人事の役割1:採用業務

人事職なかで大事なお仕事内容の1つが、採用業務です。採用業務では、中途採用、新卒採用があり、中途採用に関しては、職務経歴書と職種を確認して慎重に採用を進めなければなりません。

応募書類の精査をしたり面接などがある他、現状の社内での部署別での仕事量や配属人数の調整も行わなくてはありません。それに対して、人員や増員を決定します。他部署の仕事の管理をする必要もあり、とてもやりがいを感じることができます。

人事の役割2:労務管理

人事職のなかには労務管理というお仕事があります。一般的に労務管理とは、労働時間の管理を行ったり、給料の計算などがあります。会社によっては、社内イベントのプランニングを行うこともあります。

労働組合に加入している企業では、労働組合との折衝を行ったりと、人事職のなかでも労務管理はとても幅広いお仕事があります。さらに人事異動などの管理を行うため、会社全体を見なければなりません。

人事の役割3:人材育成

人事職のなかでの大切な仕事の1つが、人材育成業務です。企業は人材育成をすることにより、良いサービスや技術力のアップなど今以上のサービスを行うことができます。

社員のスキルアップのために、人材育成講習を行う企業や、積極的に社外の育成を図る企業も珍しくはありません。

人材育成のために欠かせない自己啓発心を向上させるために、例えばTOEICテストのスコアによって、達成手当を支給する企業も数多くあります。

人事の役割4:人事制度の企画・運営

人事職の仕事内容の1つで、人事制度の企画や運営があります。人事制度のベースとしては、労働基準監督署より設けられた規定をクリアする必要があります。

また、最近では多くの企業が働き方改革を行っており、人事制度の見直しを行っています。

社員が働きやすい環境を与えることで、仕事へのストレスを取り除き、社員の活性化を図ります。そのために企画を考え、運営していくことがマストになります。

人事のキャリアパス・パターン5つ

人事職に従事する上で、キャリアパスを伸ばすための運営をご紹介します。キャリアパスとは、個人のスキルアップを目指すために有効であり、どのようなことをしたいかと見つめなおすにもおすすめです。

また、プロフェッショナルな社員を育成するためにも、キャリアパスを運営することで社員を向上させることができます。キャリアパスの運営方法を考えて、社員のモチベーションアップや自己啓発への取り組みを考えてみましょう。

人事のキャリアパス・パターン1:採用スタート・育成・制度へ人事キャリア拡張

人事職でのキャリアパスを図る際に、採用の段階で見定める必要があります。人事キャリアパスを拡張する際には、人事職経験者を採用することも得策です。そして、人事職で欠かせない採用業務に関して重点的に学ぶことでキャリアアップをすることができます。

採用業務は人事職でとても重要なポジションであり、キャリアを求められます。面接での質疑応答や、応募書類の精査など人員を見極める力を必要とされます。

人事のキャリアパス・パターン2:採用スペシャリスト・リクルーター

人事職でのキャリアを築くためには、採用のスペシャリストを目指しましょう。採用スペシャリストを目指す上で、応募者を見極めることはもちろんですが、それ以前に応募者を収集するための活動も必要となります。

リクルートエージェントや転職エージェントなどで求人を行うことから始まります。求人を掲載するときの求人内容の精査を行い、どこのエージェントで求人を掲載するかもとても重要なことです。

人事のキャリアパス・パターン3:労務スタート・制度へ人事キャリア拡張

人事職のキャリアアップを図るには、労務制度に関しての知識と経験を積む必要があります。人事職でのプロフェッショナルになるめには欠かせない分野の1つです。

労務職に関して、どこの企業でも日本で定められた雇用制度を基に制定されていますので、経験がある方は転職するときにも有利と言われています。

労働基準監督署の規定は改定されることがあるため、常に現状をチェックし、知識を更新していくことが求められます。

人事のキャリアパス・パターン4:労務スペシャリスト・社労士

人事職では労務のスペシャリストを目指すために、社労士の資格を取る方が多いです。社労士とは、会社の中での人材に特化した資格であり、人事職に欠かせない知識を学ぶことができます。

社労士とは「社会保険労務士試験」を受けることで取得ができ、オンライン講義で勉強される方も珍しくはありません。社労士は国家試験であり、難易度は中級と言われており、自力で勉強したり、業務に携わることで取得される方も多いです。

人事のキャリアパス・パターン5:研修担当・ダイバーシティ担当

人事職のなかでは、社員のスキルアップを期待して、積極的に研修を行う企業も増えています。その中でも、何かに特化するだけでなく、ダイバーシティといって多様性を目的に行う研修も増えている傾向があります。

人事職ではこれらの研修に取り組むために、人事で日々研修内容の見直しをしており、人材育成に取り組んでいます。よって、これらの研修開催について知識を増やしキャリアパスに取り組むことが求められます。

コンサルタント職を経由してキャリアパスを広げる

コンサルティングとは、業務の改善指摘から実際に業務改善をすることを言います。そのため、コンサルティング業務を行う方は、経営陣や役職の高い方が多いです。言い換えると、役職をあげようと思えば、コンサルティング力が必要になります。

より専門的な知識を身に付けるノウハウをあげていきます。キャリアパスを広げるためには、コンサルティングに目を付けるとよいでしょう。

コンサルタント職を経由1:人事制度コンサルタントからのキャリアパス

コンサルティングを行える知識をつけることで、人事職のキャリアパスを形成することができます。コンサルティングを行えるようになることは、現状の問題解決や仕事の展開を広げることができ、キャリアアップにつなげることができます。

コンサルタント職を経由2:人材育成・研修コンサルタントからのキャリアパス

人事職では人材の育成をはかるために、研修に関してのコンサルティングを強化することでキャリアパスを行うことがあります。キャリアパスを作るなかで、社員のキャリアアップをさせることは最も重要なことです。

それに伴い、人事職でのキャリアアップをはかるためにも、研修などの機会を設けることでキャリアアップが期待できます。社内における研修と、社外以外から講師を招くなどもあり、研修の方法は何通りもあります。

コンサルタント職を経由3:キャリアコンサルタントからのキャリアパス

キャリアコンサルティングとは、仕事に対してキャリアアップするために何をする必要があるか、どのようなことを目指すべきかなど、具体的に目標が持てない方にアドバイスをしてくれます。

キャリアコンサルティングは、数多くの職業に対しての特徴や必要事項を持ち備えているため、人事職でのキャリアアップを求めている方にも的確なアドバイスができます。

将来のキャリアに向けて着実にこなす事で間違いなくキャリアはのびます。

人事のキャリアパスについて理解を深めよう!

人事のキャリアパス・パターン5つと人事の役割とコンサルタントについてのご紹介をしました。人事のキャリアパスの作り方はいくつもあります。キャリアパスをより理解することで、ステップアップを早期に叶えることができます。

Related