Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月15日

宅地建物取引士に転職する際に必要な10個のスキル|現状と将来性

宅地建物取引士は人気があり、ニーズの高い資格です。将来性のある資格だと言えるのはなぜか、さらに宅地建物取引士に必要なスキルはどんな点があるでしょうか。宅地建物取引士は多くのメリットがあります。そこで、必要になる具体的なスキルを10個挙げてご紹介します

宅地建物取引士に転職する際に必要な10個のスキル|現状と将来性

宅地建物取引士とは?

宅地建物取引士は、不動産会社で土地や建物の売買・賃貸の契約の取引を仲介する専門家です。宅地建物取引士だけが重要事項を説明し、契約書に署名押印をします。

今、企業のニーズも取得側の人気も1番高い資格です。宅地建物取引士になるなら独立して起業することも可能になります。

お客様の取引がスムーズにいくように詳しい専門的な情報を伝え、建築・金融の機関からの信頼も得られ、自社やお客様の他の売買取引にも関われます。

宅地建物取引士業界の現状

今の宅地建物取引士業界では、全体的な傾向は好調です。少子化問題といった課題もありますが、適切な取り組みが行なわれているため、安心できます。

IT化が進み、お客様は多くの情報を取り入れ、取引面でも多くのサービスを提供できています。宅地建物取引士はその中で、お客様のニーズに応えたサポートをしています。

ブロックチェーンでコストも削減されていますが、宅地建物取引士の役割は引き続き大きく、代わりはいません。

宅地建物取引士業界の将来性

IT化・ブロックチェーンを挙げましたが、情報網と無店舗が実現している企業もあります。しかし、企業が拡大、コスト削減をしてもやはり取引には建物取引士が必要です。

そして、継続してIT・ブロックチェーンの技術を活用していく必要があります。どんどん技術を応用して不動産業界のネットワークは拡大し、従来の形態から変化した産業になるでしょう。

宅地建物取引士も、多少の技術面でスキルアップが必要になると思われます。

宅地建物取引士に転職する際に必要な10個のスキル

これから宅地建物取引士に転職する際に必要なスキルを10個取り上げます。それは全て転職後にもキャリアアップに役立つので、ぜひ身につけたいスキルです。

・タイムマネジメントスキル
・セルフマネジメントスキル
・プレゼンスキル
・人の感情を把握するスキル
・ヒューマンマネジメントスキル
・情報収集スキル
・自己啓発スキル
・変化適応スキル
・信頼関係構築スキル
・交渉・折衝スキル

では、それぞれのスキルをご紹介していきます。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル1:タイムマネジメントスキル

宅地建物取引士は、日々の業務に加えて特に契約が交わされる事の多い日があるため、仕事のスケジュールを効率よく行なうタイムマネジメントスキルが必要です。

顧客に合わせて物件を見に行くことも、スケジュール管理ができているなら容易に可能になります。

契約が速く交わされるなら、お客さまも満足でき信頼を得られます。会社での業務も捗り、質の良い仕事ができるでしょう。

そのためにもタイムマネジメントスキルは重要です。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル2:セルフマネジメントスキル

宅地建物取引士で必要なスキルでセルフマネジメントスキルもあります。自己管理して仕事を行うことですが、それには時間の配分、自分で考えて成果を出す、仕事の優先順位をつけて行なうことが含まれます。

忙しい業務の中でセルフマネジメントスキルが必要になりますが、顧客のニーズに応えるためどの業務・物件を優先させるかが重要です。

スケジュール管理が必要ですし、その時に応じた対応もできる業務体制も整えておきましょう。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル3:プレゼンスキル

宅地建物取引士の仕事内容には、企画・提案・営業が含まれるため、それを書類や言葉で伝えるプレゼンスキルが必要です。

建物のオーナー・お客様への情報伝達、自社でのプレゼンで必要なスキルです。書類作りからプレゼンまで、一貫して筋道立てた分かりやすい表現をし、その案が通る具体的な理由や数字を用意できます。

詳細な情報を活かせるかはプレゼンスキルにかかってきます。経験が重なるならさらにスキルアップできます。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル4:人の感情を把握するスキル

不動産で取引が成立するには、顧客の希望と物件が合っていると思えなければなりません。条件が幾つかありますが、全てではなくてもある程度満足できる必要があります。

そのためには、宅地建物取引士が人の感情を把握するスキルを用いて、どこまで顧客の願いに近づいた物件を紹介できるか、さらに顧客の気持ちを動かせるかという点が取引を大きく左右することになります。

確かに人の感情の心理に通じていることは必要なスキルです。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル5:ヒューマンマネジメントスキル

宅地建物取引士は、物件のオーナーとさらに取引をしたい顧客とのヒューマンマネジメントスキルが必要です。

ヒューマンマネジメントスキルは、円滑なコミュニケーションで情報を伝達し、意見を聞いてそれに応えることでもあり、その結果信頼関係から契約につながることもあります。

先程のプレゼンスキルにもつながる部分で、まず人とのコミュニケーションができていることからその人との契約までの仕事が始まるとも言えます。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル6:情報収集スキル

宅地建物取引士は、取引や業務に関する詳細で幅広い知識が必要なため、情報収集スキルが重要になります。書類の記載方法、広告宣伝、法律に至るまで情報を自分でも取り入れ続けることがスキルアップになります。

さらに、不動産業界でのネットワークが拡大しているので、常にその情報に通じている必要があります。自分でインターネットや本などでの情報収集を先にすることをお勧めしますが、情報を提供してくれる団体も存在します。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル7:自己啓発スキル

宅地建物取引士の仕事を続けてスキルアップする上で、精神的な強さを身につけ成長するために勉強することは役立ちます。不動産・金融業界・パソコン・英語・その他仕事上役立つことを勉強し、スキルや資格を身につけることもできます。

宅地建物取引士は、職種や業界が異なる企業やオーナー・人々との取引に関わるため、事情や心理的な情報に通じておきたい職種です。幅広い知識を得て成長し、健康的な精神状態で仕事ができます。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル8:変化適応スキル

どの職場でも職場環境や業務体制など変化し、社会的変化にも対応する必要がありますが、宅地建物取引士も同様、変化適応スキルが求められます。

日々の業務は場所や職場の職員・時間帯・対応する顧客などで変動します。それに応じて自分の業務を合わせる必要があります。

さらに社会的な動向で少子化や空き家といった問題に伴う対策がなされている今、情報に通じる、会社のサービス提供方法に適応するスキルを身につけましょう。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル9:信頼関係構築スキル

宅地建物取引士が快く取引を成功させるためには、信頼関係構築スキルが必要です。

顧客は宅地建物取引士からその不動産会社を信頼できるかを判断します。信頼関係があるので取引は成立しますし、銀行でも融資が可能となります。

そのために、正確な必要事項を事前に伝える、時間や約束を守る、書類の記入や管理・個人情報を適切に管理する、その1つ1つが信頼構築へとつながります。

お客様のニーズに合わせる姿勢も重要です。

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキル10:交渉・折衝スキル

物件の交渉では、お客様の希望の物件・条件と宅地建物取引士が売りたい物件・条件に多少の差が出てきます。

それをお客様が満足できるよう取引まで導くために、交渉・折衝スキルが重要になります。顧客に前向きな提案をし、この条件ならというメリットを考えてもらいます。

同じ物件で違う条件を提示する、あるいは全く違う物件でさらに良い条件を提案することで、お客様のメリットが大きくなるなら満足した取引ができるでしょう。

宅地建物取引士のスキルを学ぼう!おすすめの書籍5選

ここで、宅地建物取引士に必要なスキルを学べるおすすめの書籍を5冊ご紹介します。どれも基本から資格取得にまでわかりやすく知識を習得できるる本です。

初心者でも理解し覚えやすいように工夫されているものばかりです。用語・図やイラスト・キャラクターが使われていて楽しく学ぶことができ、資格取得の近道となります。

ぜひ手に取ってご覧になることをお勧めします。

みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 [スマホ学習対応(例題付)] 2019年度 (みんなが欲しかった! シリーズ)

人気No.1の本で、宅地建物取引士について良くわかると好評です。専門用語や知識が応用でも載せられていて覚えやすい本です。

カラーの図やイラスト、キャラクターが登場して分かりやすく楽しく学べます。分かりづらいところも丁寧にポイントが説明されています。

使い勝手が良く、初心者の私でも分かりやすく、理解してから過去問を解くと8割以上はその年の合格点をクリアできました。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%8... |

わかって合格(うか)る宅建士基本テキスト 2019年度 (わかって合格る宅建士シリーズ)

TACの建士試験対策の本です。宅建士が合格に近づく試験対策を分析・投入しています。フルカラーの本で4分冊構成になっています。

合格できる十分な知識を学べて、問題を解くのがスムーズにできるようになれます。とても読みやすく、理解できる試験対策の本です。

要点や重要ポイントが記載されていて、本試験にしっかり備えられる本です。独学で勉強するのに適していますし、ビデオの教材も用意されています。

ダラダラと長々と書かれている、と評されているようですが、個人的には性に合ってて読みやすい。
覚えるべき項目に下線が引いていて、そこに「H24 H30」などと、過去のどの年の試験でその部分が出題されたかが書かれており、キーワード単位で覚える重要度が分かりやすい。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%8... |

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 2019年度 [バラせる4+4分冊] (スッキリわかるシリーズ)

合格まで最短で効率よく学べるスッキリシリーズの本です。過去問題と一体化して宅建士の最終形態まで理解します。

全体像をつかんでから頭の中で地図を作り、スムーズに理解できます。4つのステージをイラストでわかりやすく全体を学べます。

15年分の過去問題から97問出題されていて、こちらも4分冊で取り分けて使えます。スッキリシリーズは読むだけでも理解しやすく、読書感覚で手軽に勉強できます。電子版もあります。

この宅建士のテキストは宅建業法・法令上の制限・権利関係前半・権利関係後半、そして4分野それぞれの過去問スーパーベストと合計8つの分冊に分かれており、一冊で宅建士の学習から過去問演習まで一通りのことができるように作られています。
そのため厚みもありますが、切り離せば楽に携帯もできます。
テキストでは実際の不動産取引のイラスト入りの事例が豊富に紹介されていますので、これらを頭に入れながら本文を読み進めていけば、より内容が頭に入りやすくなるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%8... |

2019年版きほんの宅建士合格テキスト【フルカラー / 軽量分冊製本】(きほんの宅建士シリーズ)

初めて宅建を勉強する方に向いています。宅建の基本をしっかり勉強できる本です。知識と解説でフルカラーの図解で初心者にやさしい説明です。

A、B、Cの重要度ランクが表示されていて、復習や試験前に勉強し抑えるポイントがわかります。3分冊で持ち歩きやすく、いつでもどこでも勉強できます。

かわいらしいイラストや図解が特徴で、オリジナルキャラクターの付箋付きです。そして試験に外せない知識を取り入れます。

宅建の教則本としては有名なものでらくらく宅建、スッキリなどがありますが、情報の網羅性、整理の仕方は
さすがに名著だけあって読みやすいですが、文章や図表などは圧倒的にこちらのテキストが見やすいです。
全ページカラーで、イラストも非常にわかり易く、文章表現も法的素養がない方でもすんなり理解できる
俗的な表現になっており、とてもわかり易いです。

出典: https://www.amazon.co.jp/2019%E5%B9%B4%E7%89%88-%E3%81%8D... |

2019年版らくらく宅建塾 (らくらく宅建塾シリーズ)

わかりやすさと覚えやすさを特徴としている本です。講義のような覚えるための工夫が盛り込まれています。

難しい法律用語も簡単な日常言葉で説明されているため、読みやすく理解しやすく書かれています。図や表、イラストに加えて語呂合わせや替え歌で頭に残ります。

これなら覚えられてわかる、そして楽しいというおすすめの1冊です。

独学にて受験するため、購入しました。本屋にて同じ項目を見て比較したうえでの購入。平坦な言葉で書いていて、どこがポイントなのか非常に分かりやすいです。他のテキストはイラストや文字だらけというものが多い中、本書は文字もイラストも必要最小限なので勉強嫌いな私でも読み進めることができます。おすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/2019%E5%B9%B4%E7%89%88-%E3%82%89... |

宅地建物取引士に転職する際に必要なスキルを身につけましょう!

宅地建物取引士はとても人気が高い職業です。社会的に事情が変化しても引き続き需要が高く、今後さらに必要とされるでしょう。

これまで宅地建物取引士に求められる10個のスキルを取り上げました。1つずつどれも重要で、身に着けるなら宅地建物取引士に転職できるだけでなく、その後もずっとスキルアップできるものばかりです。

ぜひ、宅地建物取引士に必要なスキルを身につけて、転職やスキルアップに役立てていきましょう。

Related