Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

管理職のメリットデメリット各10コ|おすすめの転職エージェント5選

皆さんこんにちは、今回は「管理職のメリットデメリット各10コ|おすすめの転職エージェント5選」と題し、「管理職のメリットデメリット各10コ」をピックアップし、その際におすすめの転職エージェント5選を具体的にご紹介します。ぜひご参考下さい。

管理職のメリットデメリット各10コ|おすすめの転職エージェント5選

管理職の仕事とは?

管理職というのは基本的に、どの会社でも必ず必要とされる根幹的な仕事となるため、職種を学際的に網羅した上での「複合的な職種」として認めることができます。

つまり管理職から別の転職先を見付ける際には非常に多くの職先が認められ、特に営業、総務職、管理職、コンサルタント、カウンセラーまで、「人と関わる内容をその主な仕事とする職種」であれば多くの分野からニーズが得られるでしょう。

管理職のメリット10コ

まず管理職に就く際に必要とされるのは「人を見る目・人の力量を見極める際の視点」であり、その眼力をどれだけ持っているかが必ず求められることになるでしょう。この点をもって、多くの転職ニーズを満たせる点にメリットがあります。

理想の人材の実力を見定めるという能力により、すべての社員にとって「実務能力を発揮できるビジネス環境の提供」につながることになるため、企業成果においても十分な利益になります。

管理職のメリット1:経営陣の考え方を学ぶことできる

管理職のメリットの1つに「会社を実際に経営している役職にある人の考え方を学べる」という大きな成長基点があります。その企業で実際に経営しているあらゆる部署から非常に近いポジションに管理職があります。転職時はこの点を上手く活用してみましょう。

経営陣というのはこの場合、社長、部長、課長、係長などの主に上司の類をはじめ、他の宣伝部や企画部などを指し、転職の際でも管理職のメリットになります。

管理職のメリット2:数字に強くなる

これは経理担当の場合もそうですが、管理職というのは主に「人材配置・能力査定・企業発展のための事業計画」などを数値で割り出すことが課されるため、その点で数字に強くなるというメリットがあります。

このメリットを最大限に生かす形で他の職種への転職を検討したり、あるいは個別経営(独立開業)に際する将来ビジョンの発展にも生かすことができるでしょう。

管理職のメリット3:精神的に強くなる

これについては各職種に就く人によって大きく変わるメリットになりますが、実際に管理職を担当する人というのは「どんな環境・状況に見舞われても企業発展のための礎を築く」という役職の下で、人材管理・企業で行なう役職管理に精進することになります。

この点では、逆境に強いメリットを得られる傾向が強くなり、あらゆる企業の困難を抜本的な改革力をもって躍進していけるという理想の人材像の形成に約立てられます。

管理職のメリット4:多少の事では動じなくなる

これも先述の「精神的に強くなる」という場合と似たメリットになりますが、常に企業形態を考え、その上で人材管理を概略的・根本的に検討していく管理職にとっては、多少の事ではまったく動じなくなるという人間的に強い形成基盤が得られます。

このメリットをもって企業の今後に必要なビジネスプランの設計にも精を出すことができ、さらに企業側からの信頼を勝ち取ることもできるため、出世にもつながるメリットになります。

管理職のメリット5:自分で方針を決めることが出来る

管理職というのは企業内でもかなり上位に位置する役職になります。そのため、その管理職の権限によって取り決めた物事(企業方針やビジネス設計など)は簡単に覆るものではなく、その決定がそのままその後の企業方針に取って代わる場合も多々あります。

つまりこの場合のメリットでは、「自分の采配が企業を実際に左右している」という(錯覚にも似た)充実度が得られ、自分の決定に責任を強く持てる実力を獲得できます。

管理職のメリット6:自分で仕事の判断をすることが出来る

管理職の仕事は「企業経営のための抜本的・根本的管理」になるため、管理職に就いた人は「自分で仕事の判断をし、その上でその仕事の成果がどのように企業利益に直結するか」という点を常に検討する役職内容になります。

そのためこの場合のメリットでは、「自分で仕事の判断をすることができる」という点に加え、意思決定の強さをあらゆる場面で持つことができ、企業側からの信任も厚くなります。

管理職のメリット7:自由に動ける

企業は一般的に組織的協働によって事業が展開されていくため、平社員は普通、企業の上層部の決定に従うこと、また同僚として働く社員との協調性を十分持つ義務が課されます。

しかしこの管理職のメリットでは、自己意思によってある程度の職務内容を取り決めることができるため、「上層部」というポストが自分の役職となり、他の平社員はすべて「自分の決定に従うべき従業員」となります。

管理職のメリット8:自分で仕事の仕組みを作ることが出来る

企業で仕事を行なう際に「ノルマ・事業計画・職務内容のフレームワーク」などを決定することができるのは、主に社長、部長、課長などをはじめとする、いわゆる管理職のみとなります。

管理職というのはこのように、部下に従える社員を率先して事業計画を進めていける権限を持っているため、自分で仕事のあり方・仕組みを変えることが普通にでき、それによってあるていど自由に職務を賄うことが可能になります。

管理職のメリット9:仕事にやりがいを感じるようになる

仕事にやりがいを感じるというのは非常に大きなメリットになります。このやりがいや覇気をもって、たとえば転職後でも仕事定着率が破格に伸びる土台になっています。

管理職では先述のように、「その企業でなすべき仕事のフレームワークをあるていど自分の意思によって自由に決められる」という決定権を持っているため、仕事そのものへのやりがいを持つことができ、やがては自己成長のためにも大きなメリットになるでしょう。

管理職のメリット10:マネージメント力が付く

マネジメント能力というのは主に経営コンサルなどに見られる「企業経営を根本的に担うための必須の能力」となるため、この実力・スキルを身に付けておくだけで、独立開業時・転職時にも大いに役立つ土台になってくれます。

管理職はこのマネジメント能力を最大限に発揮できる唯一のポストともされやすく、その点では自分の将来設計においても非常に強い味方になってくれるでしょう。

管理職のデメリット10コ

さてここからは「管理職のデメリット10コ」と題して、実際に管理職に就く場合に被るデメリットのほうを具体的にご紹介していきます。

管理職に就く場合にはメリットのほうが多いと言われますが、しかし実際にその職務に就いてみるとかなりしんどいことも多く見られます。

管理職のデメリット1:時間のコントロールが難しい

管理職は企業のビジネスプランの設計をはじめ、企業内が円滑にローテーションしていくための土台を作らなければなりません。そのため、自分のプライベートの時間を削ってでも会社のためのプランニング設計を任されやすく、この点で充実しない確率が高まります。

管理職のデメリット2:長時間労働になる可能性が高い

日曜出勤や時間外労働などを含め、管理職は「1つの事業プランを遂行させるためには時間を惜しまずに働く」という姿勢を取らされます。これは日系企業の場合を問わず外資系でも大いに採用されるシフト体制となるため、十分注意しておくことが必要です。

トータル的な労働時間が平社員よりも遥かに多い場合がほとんどで、中には会社に住み込みの形で働く管理職の人もいる程です。

管理職のデメリット3:部下のモチベーションを上げないといけない

管理職の仕事は企業内でなされる仕事を円滑に進めることになるため、部下のモチベーションアップを常に考えておき、いつでも企業実績・利益を上げる努力をしなければなりません。

この点も場合によっては非常にしんどい仕事となり、自分の仕事を後回しにして社員のモチベーションを図るための土台設計をすることも必要になります。

管理職のデメリット4:部下から嫌われるようになる

管理職によくありがちな悩みが、この「部下から嫌われるようになる」という点です。会社の口コミサイトなどを見てもわかるように、「あの社長は嫌だ」や「あの課長は自分のことしか考えていない・ワンマンだ」などといった、誹謗中傷に似た内容が散見されます。

部下・平社員としては、ただその管理職の決定に従って働くことが課されるため、この点で少しでも不満が上がる事業決定をしてしまうとそれだけで嫌われます。

管理職のデメリット5:孤独になる

これは「部下から嫌われるようになる」という場合に似たデメリットになりますが、管理職の立場というのは常に「社員でも識別された立ち位置」となりやすく、その点で強い孤独感を味わうことがあります。

一度このような孤独感を味わってしまうと、たとえ管理職と言えども明日仕事に行くのがしんどくなる場合があり、管理職の隠れた大きな悩みとも言えるでしょう。

管理職のデメリット6:タスクが重くなる

これは当然のことですが、管理職の場合は平社員よりもその仕事達成に関わる責任が破格に重くなります。その仕事を必ず達成・成功させなければならない、またはそれなりの何らかの成果を上げなければならないといった、日常的な重圧が課されることになります。

管理職のデメリット7:トラブルが起きやすくなる

会社内でのトラブルが起きた場合、管理職はそのトラブルを円滑に収めなければなりません。もしその時点で収まらなければ、次は管理職側がその矛先を向けられることもあります。

このようにトラブルと管理職との関係は密接なものである場合が多く、二次的・三次的なトラブルの火種によって、管理職に就く人自身がトラブルに巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

管理職のデメリット8:ストレスを抱えやすくなる

先述してきましたデメリットによっても、管理職の責任の重大さはかなり重いもので、それだけで十分ストレスを抱える原因になってしまうでしょう。

人によってはそのストレスで会社を辞める場合もある程で、せっかく管理職になれたのにすぐ辞めてしまうという、ビジネス上ではきわめて悪循環に見舞われてしますことも多くあります。

管理職のデメリット9:給料がそこまで上がらない

一流企業などでは管理職の昇給に関する機会は多く用意されていますが、中小企業や(特に)サービス関連企業などにおいては、この管理職に就いている場合でも昇給の機会が破格に少ない場合、また昇給されても微々たる昇給しかされない場合が多々あります。

これによって管理職を辞任するケースも非常に多く、企業としては管理職を求めているのにその職場環境のせいで管理職が得られないという、自虐型の例もよく見られます。

管理職のデメリット10:プライベートとの両立が難しくなる

これは先述でもご紹介しましたが、管理職に就く場合には日曜出勤や残業、またその他の時間外労働に関する時間が破格に多くなるケースが日常的に見られます。

これによって家にいても気持ちが休まらず、また旅行先でも電話が掛かってきて出勤させられるといった、きわめて「重労働を押し付けられ、こき使われるシフト体制(雇用形態)」が日常化して見られます。これも精神的には大きなデメリットになるでしょう。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント5選

さてここからは「管理職に転職したい人向けの転職エージェント5選」と題し、実際に管理職で勤続していく際に、そのキャリアアップを(事前に)約束してくれる転職エージェントをご紹介していきます。

転職エージェントのメリットは「求職者にとっての理想的な適職を見付け、その企業への内定率を着実に向上させてくれる点」をメインにするため、転職活動時には欠かせないサイトになる点にあるでしょう。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント1:JACリクルートメント

求職者のスキル・環境に徹底配慮したサポート力に定評があり、転職エージェントを利用する上では職務経歴書などでの自己PRを確実に仕上げてくれる上で、求職者の条件に最適な転職先への内的がサポートします。

管理職でニーズとして求められる「コンサル系・人事系の企業情報」についても詳しく提示してくれ、マネジメント関連の職種で必要とされるメリットを教えてくれる魅力的なサイトとなるでしょう。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント2:マイナビエージェント

管理職に転職する場合にも勧められ、さらに転職エージェントランキングでも常に上位にある「マイナビエージェント」のご紹介です。

当エージェントでは特に「IT関連・マーケティング関係に職種に強い転職エージェント」として認められ、特にコンピューター関係のスキルが高い求職者にとってはかなりメリットが高いです。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント3:リクルートエージェント

リクルートエージェントを利用するメリットは「求人情報が豊富な点」と「サポート力の高さ」で、当エージェントを利用した場合にはほぼ確実に「自分の能力・スキルにとって理想的な職先が見付かる」という画期的なメリットがあります。

管理職へ転職する場合でも多くの利用者が見られ、職務経歴書の魅力的な作成方法をはじめ、人事関連・経営コンサル関係に必要なステップも用意してくれるでしょう。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント4:ビズリーチ

高い年齢層の転職希望者に利用され続ける「ビズリーチ」で、この転職エージェントのメリットは「中途採用による転職後のキャリアアップの充実性」です。さらにアフターフォローサポートが優れている点が大きなメリットとなります。

管理職への転職の場合でも、ハイクラスの企業層から内定をもらえたり、またビジネス設計・プランニングや自己管理の最適なステップアップをはじめ、転職活動へのサポートに非常に優れています。

管理職に転職したい人向けの転職エージェント5:ロバートウォルターズ

ロバートウォルターズでは日系IT企業への転職斡旋、さらにビジネス規模を拡大している大手企業への転職斡旋率が高く、その際に必要となる実務能力・面接でのハウトゥをしっかり教えてくれる点にメリットがあります。

管理職に転職したい場合でも、特に個別スキルにこだわらず「ネイティブ感覚で仕事能力を身に付けること」に重点を置き、オールマイティな実力をもって転職を有利にする場合は最適なエージェントです。

管理職になる際のメリットデメリットを把握しよう

いかがでしたか。今回は「管理職のメリットデメリット各10コ|おすすめの転職エージェント5選」と題し、「管理職のメリットデメリット各10コ」をピックアップし、その際におすすめの転職エージェント5選を具体的にご紹介しました。

管理職に転職する場合には、まず自分にとってのメリット・デメリットを想定し、転職活動に必要な情報収集・スキルの確保に加え、転職後の定着率や安定性に配慮する必要があるでしょう。

Related