Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月24日

経理の転職とキャリアプラン5つ|キャリアアップに必要な資格5つ

皆さんこんにちは、今回は「経理の転職とキャリアプラン5つ|キャリアアップに必要な資格5つ」と題し、「経理の転職とキャリアプラン5つ」をピックアップし、その際にキャリアアップに必要な資格5つを具体的にご紹介します。ぜひご参考下さい。

経理の転職とキャリアプラン5つ|キャリアアップに必要な資格5つ

経理の役割と目的

基本的に経理職の仕事は「特定の組織における金銭出納・財産に関する事務処理」のことを指しており、その業務に関するあらゆる作業に対しても「経理」と称されることで知られます。

経理・経理事務の仕事を円滑にこなす上では「管理システムの取り扱い・経理職でキャリアアップに必須とされる資格の取得」などをはじめ、経理に就くための転職活動のあり方・充実度などが求められるでしょう。これらの点を十分考慮しましょう。

日系金融機関へのキャリアアップ

現在において日本国内で見られる企業形態には「日系企業」と「外資系企業」の2つが大きく認められますが、この場合、日系金融機関で経理職に就いて働く際にはそれまでの活動実績と、経理職に就くために必要な資格取得、学歴、キャリアアップのための土台が必要です。

日経金融機関では従来の形で経理職に就くことができ、将来的にも安定して定職とすることができるでしょう。

外資系金融機関へのキャリアアップ

外資系金融機関で経理職に就く場合には、従来の日経金融機関での経理職の場合とは少々違ったシフト体制・雇用形態で働くことになるため、転職する場合でもその点はしっかり押さえておき、自分にとって理想的な職場環境をまず想定することが重要になります。

外資系金融の場合は特に語学力・コミュニケーション能力・資格取得などが転職採用時のメインの基準となりやすく、また海外出張なども想定する必要があります。

事業会社からの転職は?

最近では20代30代での事業会社からの転職がよく見られており、従来は男性がその転職時のメインパーソンになりがちでしたが、最近では女性の転職者数もかなり増えてきました。転職成功率はかなり高いです。

この場合でも経理職に就く場合にはかなり転職率・(転職後の)定着率が増えてきており、経理職に就くことが社会的ステータスを固めるための重要な土台となる程、内定をもらうことに重点が置かれるようになっています。

経理の転職とキャリアプラン5つ

さてここからは「経理の転職とキャリアプラン5つ」と題して、実際に経理職で働く場合に必要となるキャリアプランを具体的にご紹介していきます。経理職で求められる理想的な人材像では、コツコツタイプや真面目に勤続できる人材がまる優先されるでしょう。

上記に加えて、経理に関する資格取得の重要性や、それまでの実務キャリアにおける経理担当の実力などを踏まえ、即戦力性があることを全面的にPRすることが大切です。

経理の転職とキャリアプラン1:ITに強い経理を目指すキャリアプラン

現在において、経理職に就く場合に強いとされるキャリアプランの1つには「IT関連スキルを向上させておく」という点があげられます。IT技術を向上させておくことによって、経理で任されるほぼすべてのノルマを達成することができ、将来も安定するでしょう。

つまり、パソコンスキルによって経理で担当するべき職務をどれだけ賄えるか、という点が期待され、そのために必要な関連スキル・資格取得などがメインになります。

経理の転職とキャリアプラン2:大手企業でのキャリアプラン

次に「大手企業でのキャリアプラン」ですが、この場合は入社後1年から3年間において経理の基礎を学び、中堅社員として働くための土台を踏まえ、経理主任や経理課長といったあるていど重役のポストに就くことが役立つ一般的なプランとされやすいです。

日頃から株式市場・債券市場などを確認し、M&Aに関する知識・実務キャリアを習得しておき、企業から経理部長・財務部長として候補にあげられるよう努力しましょう。

経理の転職とキャリアプラン3:外資系企業でキャリアを積みながらキャリアアップをはかるプラン

外資系企業で経理職に就く場合には、特に実務キャリアの獲得が必要となり、クライアントとの協働作業の充実、また外資系企業のファイナンスマネージャーとしてどれだけ実力を発揮できるかが大きなポイントとなるでしょう。

外資系金融で働く場合でも、記帳代行・給与計算・申告書作成・税務相談などに関する知識をしっかり持っておき、主に経営コンサル系の知識を獲得することが重要になります。

経理の転職とキャリアプラン4:経理のプロフェッショナルを目指すキャリアプラン

「経理のプロフェッショナルを目指すキャリアプラン」についてですが、この場合は経理職に特化したキャリアプランを踏まえた(出世を目指すための)プランニングとなります。キャリアというのは信用に関わるため、できるだけ正確に蓄積することが大切です。

入社後1年目から3年目までは経理としての基礎を築く期間としておき、その後、経理のプロフェッショナルとしてさらに専門知識を深めるためのステップアップをしましょう。

経理の転職とキャリアプラン5:小規模な企業での経理キャリアプラン

次に「小規模な企業での経理キャリアプラン」ですが、この場合は総務・人事・営業、そして経理を含め、ほぼすべての仕事が任される傾向が増えてくるでしょう。

中小企業というのは大企業の場合とは違い、1人がその特定の役職に就きながら、他の仕事を兼任させられる状況が非常に増えてきます。そのためこの場合でも、経理職に関する知識・キャリアアップだけでなく、他職種のスキル内容も熟知する必要があります。

キャリアアップに必要な資格5つ

ここからは「キャリアアップに必要な資格5つ」と題し、実際に経理職に就く場合に必要となる資格についてご紹介していきます。経理職で働く場合に活用できる資格は非常に多くあり、それぞれの資格を利用して出世を図れる状況も多々見られています。

そのため、取得できる資格はなるべく早期に取得しておき、自分のキャリアアップのための土台としながら、少しでも安定した将来設計をすることが勧められます。

キャリアアップに必要な資格1:簿記能力検定(全経)

いわゆる簿記検定になりますが、経理職に就く場合に簿記能力はほぼ必須の資格となるでしょう。簿記能力がある場合には、企業側から主にデータソートに関する信頼度がかなり高まることになり、経理職でメインに培うべきキャリアアップに非常に役立ちます。

キャリアアップに必要な資格2:税理士科目

経理職に就く場合に「税理士科目」は最近特に必要性が大きく見られ、この資格は経理職と切り離せないほど学際的な役職を果たせる資格になります。

税理士科目というのは一般的に「税理士になるための試験科目全般」を指し、すべての科目を勉強した上で、さらに履修を検討する必要もあります。難易度は高いですが、法人税法・消費税法などをしっかり勉強することで取得でき、キャリアアップに近付けるでしょう。

キャリアアップに必要な資格3:経理・財務スキル検定

「経理・財務スキル検定」というのは、一般に経理職で課される作業全般の知識が問われる試験内容となり、この検定資格を所有しておくだけで「経理職のエキスパート」ともされるほど、企業側からの信任も厚くなります。

主に「財務関係の資格取得」に関する内容ですが、この場合はBATIC(国際会計検定)やUSCPA(米国公認会計士)などの関連資格との併用によってキャリアアップが可能なので、ぜひその点も検討しましょう。

キャリアアップに必要な資格4:日商簿記検定

経理事務に就く場合には、資格取得・その提示利用は必ず役立ちます。その場合、日商簿記資格・給与計算検定・ビジネス会計検定、経理・財務スキル検定、経理事務パスポート検定、MOSなどを含め、経理事務で一般に求められる資格取得が効果的です。

経理を志望するに当たって、自分の熱意をPRし、このような取得した資格の提示は「企業側にとって大きな保険」になるため、その土台をもって仕事でも信用されます。

キャリアアップに必要な資格5:BATIC(国際会計検定)

先で少し触れましたが、これは「国際会計検定」の資格になり、USCPAの場合と似たような活動領域が得られます。特にグローバル企業・外資系企業に就職し、そこで経理職を任される際には、かなり高いキャリアアップに近付けます。

基本的には国際的な公認会計士として活動することになるため、日系企業でのポストだけでなく、さらに幅広い分野での経理職に携わることになります。

経理の転職とキャリアについて理解を深めよう!

いかがでしたか。今回は「経理の転職とキャリアプラン5つ|キャリアアップに必要な資格5つ」と題し、「経理の転職とキャリアプラン5つ」をピックアップし、その際にキャリアアップに必要な資格5つを具体的にご紹介しました。

経理への転職とキャリアプランを検討する場合は、「転職に際して自己スキルがどれだけ求められているか」、「転職に必要な資格の有無」などの確認が必要になるでしょう。

Related