Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

将来残る弁護士のキャリア10選|法律事務所の弁護士のキャリア3つ

弁護士として新しい時代を生き抜くには、どのようにすればいいのでしょうか。今の働き方を見つめ直してもう一度キャリアプランについて考えてみませんか。弁護士としてのキャリアプラン10個と法律事務所の選び方についてご紹介します。

将来残る弁護士のキャリア10選|法律事務所の弁護士のキャリア3つ

弁護士のキャリア

近年、弁護士のキャリアが多様化してきているといわれます。

かつては「弁護士は法律事務所で働くもの」というイメージがありましたが、企業内弁護士、営業系弁護士や海外系弁護士、はたまた主婦系弁護士など、今や弁護士としての働き方はさまざまです。

働き方の選択肢が多くなったのはいいことなのですが、「どのキャリアを目指せば良いのか迷う」という方も多いのではないでしょうか。

弁護士

弁護士とは、クライアントからの依頼によって訴訟を行ったり、法律事務の手続きを行う人のことです。訴訟だけでなく交渉など、弁護士はさまざまなトラブルを解決するために働いています。

キャリア

キャリアとは今まで積み重ねてきた経験や経歴のことですが、将来を見つめるときにもキャリアづくりが重要になってきます。情報収集を怠らずに長期的なキャリアプランを考えましょう。

将来残る弁護士のキャリア10選

では弁護士として自分らしいスタイルで将来も働き続けるには、どのようなキャリアプランを立てればいいのでしょうか。弁護士としての働き方を10パターンご紹介しますので、ぜひキャリアづくりの参考にしてみてください。

将来残る弁護士のキャリア1:職人系弁護士

キャリアアップして企業内弁護士として活躍したいとお考えでしたら、特定分野の専門知識に詳しい弁護士を目指してみてはいかがでしょうか。ある意味職人系弁護士といえるでしょう。

特定分野の訴訟を積極的に手掛けることで、最初はたいした知識がなくても訴訟をこなすうちに専門知識は深まります。そうしてキャリアを積み上げることで、特定の分野に特化した弁護士として企業にアピールすることができます。

将来残る弁護士のキャリア2:営業系弁護士

中小企業で、営業に強い弁護士としてキャリアを積むという方法もあります。

中小企業は大企業と違って細かく組織化されていないぶん、社員一人一人に与えられた仕事の範囲が広いのが特徴です。だからこそ、弁護士として中小企業に就職すると経営に関わるチャンスがあります。

法律を利用することでビジネスを有利に展開する方法を分かりやすく提案してキャリアを認められると、経営者の右腕になることも可能です。

将来残る弁護士のキャリア3:ベンチャー系弁護士

経営者の右腕としてではなく経営者になるのもアリではないでしょうか。言ってみればベンチャー系の弁護士です。

例えば、わかりやすい法的サービスのアプリを開発するなど、従来の法的サービスを見直し、弁護士みずから新しいニーズを掘り起こします。法律は一般の方にとってわかりにくいことですので、新しいビジネスチャンスになるでしょう。

中見出し:将来残る弁護士のキャリア4:人情系弁護士

人生は自分の思いどおりにはいきません。世間にもまれて生きていくと道を踏み外すこともあることでしょう。予期せぬ事態に陥ってしまった人たちの問題を解決するのが人情系の弁護士です。

人情系の弁護士としてキャリアを積み重ねることで、いろいろな人の人生観に触れることができ人としても大きく成長することができます。

将来残る弁護士のキャリア5:政治系弁護士

将来的に政治家を目指すという方法もあります。

政治と法律は切っても切り離せない関係です。政治系の案件を一つずつ着実にこなしながらキャリアを築いて人脈をつくり、将来は自分も選挙に立候補するというのはいかがでしょうか。政治家になることで、弁護士としてだけ働くよりも多くの名声を手にすることができます。

将来残る弁護士のキャリア6:海外系弁護士

最近増えてきているのが、国際問題を扱う弁護士になりたいという方たちです。国際問題に強い弁護士はこれからも需要が増していくことでしょう。語学が得意で外国人とのコミュニケーションに自信がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

将来残る弁護士のキャリア7:主婦系弁護士

仕事よりも家庭を大切にしたいという方は、パート勤務のような短い時間で働く弁護士になるのはいかがでしょうか。言ってみれば主婦系弁護士です。

通常の仕事の場合は、高収入を得るためには家庭を犠牲にしなければならないこともよくあります。しかし弁護士の場合は家庭と仕事を両立することも可能です。家庭を犠牲にしない程度の労働時間で高収入を得ることができます。

将来残る弁護士のキャリア8:教育系弁護士

学校で起こるさまざまな問題に対処する弁護士のことをスクールロイヤーといいます。

犯罪は一般社会でだけ起こるのではありません。学校現場での、いじめや体罰、教師同士でのパワハラやセクハラは深刻な問題となっています。そこで、学校というある意味閉ざされた世界に弁護士として入り、問題を解決するのがスクールロイヤーの仕事です。

スクールロイヤーは将来的にも必要とされる可能性が高く、注目を集めています。

将来残る弁護士のキャリア9:課題解決系弁護士

ブラック企業問題、巨大詐欺事件、環境問題など、社会問題の課題を解決する弁護士を目指すという方法もあります。

社会問題はさまざまな要因が絡み合って起きるケースが多く、解決が難しいだけに尻込みしてしまう弁護士も多いのが現実です。とはいえそのような難しい問題だからこそ、法律の専門家である弁護士が解決することができます。弁護士としての腕の見せどころといえるでしょう。

将来残る弁護士のキャリア10:フリーランス系弁護士

自分らしい働き方で無理をせずに仕事を続けていきたいという方は、思い切ってフリーランス系の弁護士として働くのはいかがでしょうか。特定の組織に縛られることなく、自分がやりたいと思った仕事だけを引き受ける弁護士です。

通常の仕事では、そのように自由に働いていたのでは十分な収入が得られませんが、高収入が見込める弁護士だからこそできる働き方といえるでしょう。

法律事務所のキャリア3つ

将来なりたい弁護士像にむかってキャリアを積み重ねていくためには、法律事務所選びはとても大切です。なぜなら、法律事務所自体もまた長年にわたってキャリアを積み重ねてきており、それぞれの法律事務所によって得意分野が違ってくるからです。

法律事務所を企業法務系法律事務所、総合系法律事務所、一般民事系法律事務所の3つに分類し、それぞれの特色をご説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

法律事務所のキャリア1:企業法務系法律事務所

企業法務系法律事務所は企業を相手に仕事をする法律事務所です。クライアントになるのは主に大手企業で、企業法務の基本的な業務であるジェネラルコーポレートはもちろん、専門知識が必要なM&Aや、プロジェクトファイナンスといった問題も手掛けます。

複雑な契約書類の作成も多く、依頼者のニーズをくみ取った有意義な提案が必要になる難しい仕事ですが、そのぶん弁護士としてかなりの高収入を見込めるでしょう。

法律事務所のキャリア2:総合系法律事務所

総合系法律事務所では企業だけでなく個人もクライアントの対象になります。そういった意味では企業法務系法律事務所よりも業務の幅は広く、弁護士としてのキャリアの幅を広げることができます。

法律事務所のキャリア3:一般民事系法律事務所

一般民事系法律事務所は、主に個人をクライアントとする法律事務所です。個人が抱えるさまざまな民事問題を解決するのが仕事で、ひとりの人間として共感できる案件に関わることができるのが魅力です。

しかし、ひと口に一般民事系とといってもさまざまな民事事件がありますので、どの分野の民事事件を中心にこなすのかという仕事の方向性は決めておいた方がいいいでしょう。

司法試験合格者の就職先の傾向

司法試験合格者の就職先の傾向としては、組織内弁護士を志す人が増えてきています。また首都圏で働きたいという司法修習生が多く、特に東京で大手の弁護士事務所に入るのは難しいでしょう。

弁護士のキャリアについて理解を深めよう!

弁護士はいつの時代も人気の職業です。近年、弁護士の数が増加傾向にあり弁護士のキャリアも多様化してきています。新しい時代の弁護士として生き抜くには、いかに人と違う経歴を作っていくかにかかっているといっても過言ではありません。

弁護士のキャリアについて理解を深め、将来の夢を確実にたぐり寄せましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related