Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月11日

法人営業職の業務内容|法人営業職に必要な資格10選!|書籍5選!

法人営業職の業務内容|法人営業職に必要な資格10選!と書籍5選!についてご紹介します。法人営業といえば、マーケティング力やお客様との接客マナーなどが浮かびます。そんな、営業に必要な知識を補える、資格がたくさんあるのでぜひとも取得しましょう。

法人営業職の業務内容|法人営業職に必要な資格10選!|書籍5選!

法人営業職の業務内容

法人営業とは、営業職のなかでも企業のみを受け持つ仕事をしています。業務内容としては、客先の要望のヒアリングや見積り作成などがあります。顧客満足度を得るために、クライアントとの日々のコミュニケーションも欠かせません。

また、法人営業を行う上で大切なことは、市場調査です。社会の動きも把握しておく必要があり、新聞なども情報収集の材料になります。そんな、法人営業に役立つ資格をご紹介します。

法人営業職に必要な資格10選!

法人営業を行う上で、ステップアップを目指す際に必要な資格をご紹介します。資格を取得することで、会社が手当を支給している企業もあります。しかし、資格は自分の仕事の質をあげるためにも有効で、知識やスキルを身につけることができます。

法人営業の業務をより幅広く行うことができるようになるために、自己啓発に取り組みましょう。

法人営業職に必要な資格1:日商簿記

法人営業を行う上で、お金に仕組みを知っておくことはとても重要です。そのため、日商簿記は持っておくことをおすすめします。日商簿記試験は3級、準2級、2級とありますが、3級はクリアしておきましょう。

法人営業の場合、お客様も企業の方であり、職種によっては、幅広い経験を持たれている方が窓口となります。請求関係における相談をされることもあるので簿記資格を持っていると役立ちます。

法人営業職に必要な資格2:TOEICテスト

国内での法人営業であっても、日本自体がグローバル化しているので、TOEICスコアは持っておきましょう。TOEICスコアは点数で評価するものですが、資格の欄に書くことができます。

目標としては、600点以上を目指しましょう。600点以下の場合、英語ができないことを示してしまうため、伏せておく方がよいです。

法人営業職に必要な資格3:英語検定

最近では英語の資格というとTOEICやTOEFLなどが人気になりましたが、英語検定を受ける方もたくさんいます。法人営業でも海外に携わる業務になると英語力は求められます。

特に、英語検定であれば、最低でも2級以上を取得することが好ましいです。準2級からは、面接試験もありますので、ライティング、リスニング、リーディングだけではなく、スピーキングも強化しておきましょう。

法人営業職に必要な資格4:秘書検定

法人営業を行う際に、客先へ訪問することはよくあります。お客様は基本的に目上の方に接することと同じように、敬いの姿勢を見せるべきです。秘書検定では、秘書業務に特化した内容が多いですが、その中の多くは、法人営業にも関係することもあり取得しておくと良い資格です。

マナーや待遇の中では、名刺の正しい受け取り方や、言葉遣いに関することなど、相手に失礼のない行儀作法を習得できる資格です。

法人営業職に必要な資格5:営業士検定

営業士検定を初めて耳にされる方もいるかとおもいますが、簡単に言えば、営業業務のことで、マーケティングなどの知識を得られます。

法人営業は、メーカー、商社、代理店など、どの立場になるかは企業により異なりますが、いずれの視点での販売目線を取得することができる資格です。立場がかわると事情も異なりますので、双方の立場を理解しておくと、営業促進に繋がる可能性も高いです。

法人営業職に必要な資格6:セールスレップ

セールスレップも法人営業に必要な資格の1つです。セールスレップは営業士検定と似ていますが、セールスレップは特にマーケティングに特化した資格となります。

セールスレップは「Sales Representative」の略であり、直訳すれば、「外回りの販売員」という意味があります。マーケティングを強化するにあたり、顧客からのヒアリングを基に、メーカーへ提案をしたりする役割を教わります。

法人営業職に必要な資格7:営業力強化検定

法人営業を行う上でも、王道の資格と言われている、営業力強化検定です。資格の内容は、顧客のヒアリング、提案型資料の作成方法、顧客情報の管理、クレームの対応など、法人営業を行う上で全てが必要になります。

営業力強化検定はWEBテストを導入しており、受験は随時行っています。自宅で受験できることもあり、とても受けやすいので取得する方が増えています。そして、WEB受験料が1000円と安い事も人気の1つです。

法人営業職に必要な資格8:ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとは頭文字をとってFPとも呼ばれています。法人営業を行う上で、お金の動きを知ることはとても重要なことです。

ファイナンシャルプランナーは、収入と支出に関するプロフェッショナルで、資金運用、保険、住宅ローンなどに関するアドバイスができます。不動産関係に関する、法人営業であれば特に必要である資格の1つです。

法人営業職に必要な資格9:販売士検定

販売士検定は、法人営業に有効な資格の1つで、リテールマーケティング検定とも言われています。流通や小売業界で人気な資格となっており、販売に関する技術を磨く事ができます。マーケティングのみならず、仕入れや在庫管理の知識も養えます。

営業に欠かせない、マナーに関しても含まれており、サービス業などの店長や経営者も多く受けられています。販売士検定は1級から3級までレベルにあわせて受けることができます。

法人営業職に必要な資格10:メンタルヘルス・マネジメント検定

日本で社会的にも問題になっている「メンタルヘルス」に関する検定が存在します。働き方改革などが活発になってきておりますが、法人営業でも無関係の話ではありません。

営業といっても、営業事務や製造部門など間接する部署は多く、また、部下や同僚との付き合い方に関しても配慮は必要です。そこでおすすめの資格は、メンタルヘルス・マネジメント検定です。今後はより一層、この資格が有効になること間違いなしです。

法人営業職に必要な資格について学ぶ!おすすめの書籍5選!

法人営業に必要な資格をする際には、参考書やテキストがおすすめです。参考書などは、オンラインショッピングで購入することができるので、お忙しい方も書店に行かなくても購入ができます。

では、おすすめの書籍をチェックしていきましょう。

法人営業職に必要な資格1:秘書検定集中講義 2級

秘書検定を目指す際には、2級の取得を目標にする方が多いです。秘書検定の勉強をしたことがない方でも、基本から身に付けることができると評判がよいです。ケーススタディ方式も取り入れている書籍なので、勉強が苦手な方でもわかりやすく、身になりやすいです。

社会人経験のある方は不要かもしれませんが、基本から学べてとても役に立ちました。秘書としての心構えがよくわかります。長く働いているので、自己判断が多くなってきているなと反省しました。実務に役立てたいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3KEDWTDO1AZ... |

法人営業職に必要な資格2:販売士(リテールマーケティング)2級 スピードテキスト

販売士検定を短期で取得したい方におすすめの書籍です。仕事をしていると自己啓発の時間を取ることが難しいという声も多く、できる限り、時間をかけずに資格を取り実務に役立てたいと考える社会人が多いです。

法人営業職に必要な資格3:TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問

TOEICテストのリスニングとリーディングを鍛えることができる書籍です。いくら単語を覚えても文法がわからなければ、高得点は目指せません。履歴書に有利になるための点数を取りたい方におすすめです。

これは私自身のTOEICスコアも955→985まで上げてくれましたし、私がコーチングしている方の文法、語彙を上げスコアアップ出来ました!TOEICスコアアップ目指すなら必須の1冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3KHF0G63RFF... |

法人営業職に必要な資格4:メンタルヘルス・マネジメント検定試験 II種ラインケアコース 過去問題集<2018年度版>

メンタルヘルスマネジメント検定と聞いても、どのような勉強をすればよいかわからないという方におすすめの、過去問題集です。持ち運びにもぴったりなサイズなので、隙間時間で勉強することができます。

問題集をするだけで、資格に合格している方が続出しています。比較的取りやすい資格の1つです。

資格試験のために購入、書籍サイズが丁度よいので持ち運びに便利だった

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1C7V7IV5NB8... |

法人営業職に必要な資格5:【音声アプリ・ダウンロード付き】2019年度版英検2級過去6回全問題集

英語検定をパスするためにおすすめの書籍です。おすすめする理由の1つが、アプリで音声を聞くことができるので、リスニングの対策にも適しています。スマホであれば、移動時間や外出先でもリスニング強化をはかれるため、とても便利です。

友達との待ち合わせや隙間時間で勉強ができるので、自分のペースで英語力を見つけることができます。

法人営業職に必要な資格を取得しましょう!

「法人営業職の業務内容、法人営業職に必要な資格10選と書籍5選」のまとめはいかがでしたか。法人営業は直接お客様と接する仕事なので、接客マナーなどはきちんと知っておくべきです。

また、これからは英語が必須になっていく傾向が強いので、英語の資格も取っておくとよいでしょう。必要な資格を1つでも多く持っていると、転職時や現状の仕事にも活かせること間違いなしです。まずは、勉強に取り組みましょう。

Related