Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選

管理・事務の広報・IRの担当者として活躍するためには、どのような種類のスキルが必要なのでしょうか。広報・IRの仕事の内容と求められるスキルの種類10選、そして、それぞれのスキルを学ぶためのおすすめ書籍5冊をご紹介します。

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選

広報・IRとは

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選
広報やIRと聞くと、会社の表舞台に立つ花形というイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。実際に表に立つ仕事が多いのは確かですが、泥臭い側面がある仕事でもあります。

そんな広報やIRの仕事をするためにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。このページでは、管理・事務の広報・IRの仕事に必要なスキルをご紹介します。

それぞれの仕事内容について理解して、必要なスキルとは何か紐解いていきましょう。

広報の具体的な仕事内容

管理・事務の広報は、PR(Public Relations) とも言い、社会一般(public)に対して、自社事業や商品の魅力を伝えたり、企業の活動や取組みをアピールしたりすることを目的とした業務を行います。

管理・事務の広報の具体的な業務は、大きく社内広報と社外広報に分けられます。

社内広報の仕事

社内広報とは、企業が自社の社員に対して行う広報活動のことです。

主な業務は社内報の作成で、会社の方針や取組みを発信したり、社員の紹介や各部門の紹介を行うなどして、社員同士のコミュニケーションを促進する目的もあります。

社外広報の仕事

社外広報では、テレビや新聞などのメディアに向けて情報を発信し報道してもらうことで自社の活動内容や商品・サービスなどを広めます。

そのために、プレスリリースや社外報を作成して、自社の情報に関連しそうなメディアに送ったり、興味を持ってた記者からの対面や電話での取材対応をしたりします。

また、クレームや事故など、会社にとって不都合があった際には、その謝罪対応なども広報の仕事です。

IRの具体的な仕事内容

管理・事務のIRは、Investor Relations の略であり、企業の経営や財務状況など、投資に必要な情報を株主、投資家に提供するのが仕事です。

具体的には、決算説明会などで株主や投資家に対して自社の経営理念や方針を紹介します。また、事業年度終了後には、財務状況や経営戦略をまとめたアニュアルレポートを作成します。

そのほかにも、有価証券報告書や決算短信などの作成、IRのHP用の公開資料も準備します。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選

では、管理・事務の広報・IR職に就くためにはどのような種類のスキルが求められているのでしょうか。

管理・事務の広報・IRになるために、必ずとっておかなければならない資格のようなものはありません。ただし、会社の顔ともなる広報・IRは高いスキルが求められます。

そこで、今回は広報・IRに必要なスキルの種類10選をご紹介します。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類1:コミュニケーション力

管理・事務の広報・IR職に求められる1つめのスキルの種類は、コミュニケーション力です。どちらも多くの人と接する広報・IRの仕事にとっては絶対に必要な能力です。

広報はマスコミの取材に応じたり、時には自ら自社製品を売り込みに行くことも必要ですし、IRについても投資家との関係を構築する必要があります。

さらに、問い合わせや非難などを受けた場合には相手を不快にせず会社のためになる主張をする力が求められます。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類2:情報収集力

管理・事務の広報・IR職に求められる2つめのスキルの種類は、情報収集力です。

広報・IRは、社内外はもちろん、業界全体の最新情報を把握し、最適なタイミングで必要な情報をマスコミ関係者や投資家へ提供することが求められます。

そのためには、常に最新情報を把握しておかなければいけません。日ごろから新聞を読み、ニュースを観て、SNSをチェックするといった情報収集を継続して行っていく必要があります。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類3:文章構成力

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選
管理・事務の広報・IR職に求められる3つめのスキルの種類は、文章構成力です。

例えばプレスリリースは、各メディアへ掲載してもらい、それを見て興味を持った記者に取材してもらうことを目的にして作成します。

しかし、忙しい記者は長ったらしくて読みにくいプレスリリースには目を通してはくれません。そのため、ぱっとみた瞬間に「読みたい」と興味をひかせるような文章作成ができる文章構成力が必要とされます。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類4:日本語力

管理・事務の広報・IR職に求められる4つめのスキルの種類は、日本語力です。

マスコミや投資家など、広報・IR担当者が接する相手は企業の専門家ではありません。そのため、業界だけでしか通じない専門用語や言い回しを使っても、内容を理解してもらえません。

アピールしたい内容を、誰にでもわかりやすい言葉で誤解なく伝えられる文章を作成することが重要です。そのためには、正しい日本語の知識がとても大切です。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類5:語学力

管理・事務の広報・IR職に求められる5つめのスキルの種類は、語学力です。広報・IR活動を行う相手はなにも日本人だけとは限りません。

大手企業や業種によっては、海外向けにもプレスリリースを作成したり、外国人投資家からの資本が入っている場合には資料を英語で作成したり、質問に直接答えたりする機会もありますので、語学力も必要です。

特に、英語や中国語が堪能だと活躍の場はぐんと広がります。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類6:プレゼンテーション力

管理・事務の広報・IR職に求められる6つめのスキルの種類は、プレゼンテーション力です。

広報・IRは人前に立って話す機会もとても多い職種です。例えば、記者会見司会をしたり、組織を代表して公式な見解を述べたりする場面があります。

また、IRでは投資家や株主に向けて説明会を開き、事業報告や質疑応答対応を行います。そのため、どちらも高いプレゼン能力が問われる仕事です。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類7:PCスキル

管理・事務の広報・IR職に求められる7つめのスキルの種類は、PCスキルです。

プレゼンのための資料作成やプレスリリースなどの文章作成が多い仕事のため、Word、Excel、PowerPointといったOffice系ソフトのスキルは必須です。

例えば、数字が並んだ経理資料を見やすいグラフや図示にして作成し、よりわかりやすく、伝わりやすい資料を作成する必要があります。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類8:会計知識

管理・事務の広報・IR職に求められる8つめのスキルの種類は、会計知識です。

特にIRでは財務情報を取り扱うため、最低限の会計知識が必要です。例えば、株主総会や決算説明会、面談などで、投資家や株主の知りたい企業の経営数値を理解し、説明する必要があります。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類9:経営知識

管理・事務の広報・IR職に求められる9つめのスキルの種類は、経営知識です。

広報・IRともに、企業の経営理念や経営戦略を説明しなければならない場面がありますので、経営企画の知識や経験が必要になります。

特にIRは投資家や株主に対して経営状況や方針などを説明しなければならないため、企業としての経営理念、戦略に通じていることが必要不可欠です。そのため、財務や経営企画で経験を積んだ後でなる人も多くいます。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10:ソーシャルメディア戦略

管理・事務の広報・IR職に求められる10つめのスキルの種類は、ソーシャルメディア戦略です。

これからの広報はマスメディアだけではなく、ソーシャルメディアの活用が必要不可欠です。近年、企業がFacebookやTwitter、Instagramといったソーシャルメディアを活用したPR活動が増えてきています。

ただし、これらのSNSは、「炎上」といったリスクも伴うため、正しい知識と運用が必要不可欠です。

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルを学ぼう!おすすめの書籍5冊

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選
管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類を学ぶために役立つ、おすすめの書籍を5冊ご紹介します。

こちらで紹介した本を読み、管理・事務の広報・IR職になるためのヒントを得ていきましょう。

図解でわかる現場の仕事 広報・IR部

テルモ株式会社広報室長が、管理・事務の広報・IRの仕事の種類、求められる役割、未来像までを書き記した一冊です。

著者はテルモ株式会社での、企業・商品広報・社内広報に加えIRの責任者としての経験をもとに本書を執筆しています。

近年ますます重要度が高まっている広報・IRの仕事に必要とされるスキル、社内外で求められる広報・IRの役割が記されていて、初めて広報・IR担当になるというかたにぴったりです。

わかりやすく面白い!広報・IRという活動を通じて、会社と社会のつながりがよくわかる好著である。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RM01PK45VWVX... |

イチから知る! IR実務

企業の管理・事務の広報・IR担当者や、業界の関係者や投資家向けに、IR業界のベテランである著者の米山 徹幸氏が、IRの実際の仕事の種類について書いた入門書です。

IR初心者の人にもわかりやすいように具体例も多く、丁寧にかかれています。さらに、具体的なチェックリスト付きで実用的な一冊です。また、今注目のコーポレートガバナンスコードや、スチュワードシップコードについても触れられています。

突然IR担当になった人には一番役に立つと思うが、IRの仕事に興味のある人にもちょうど良いと思う。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1XTXFG9QBPL... |

才能に頼らない文章術

編集スキルをもとにしたエディトリアル・コンサルタントとして活躍する上野郁江氏が、編集スキルを31種類の編集文法として体系化し、短期間で文章力をアップさせるための方法論をまとめた一冊です。

実際の校正例も掲載されており、いまいち伝わりにくい文章を直して、解説がされていますので、今までの自分が作成した文章と照らし合わせて、どう書けば伝わりやすい文章になるのか、具体例を見ながら学ぶことができます。

編集のビフォー・アフターの具体例をとおして「より伝わる書き方」が紹介されていて、プロの編集者の頭の中を覗くようで参考になった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2MFEGFHSYN8... |

最強のPRイノベーターが教える 新しい広報の教科書

株式会社ぐるなびで広報担当を務め、数々のブームを生み出してきた栗田朋一氏が生み出した、従来の「広報の常識」をくつがえす新しい広報メソッドが紹介されています。

ベテラン広報であった筆者が書いた一冊なため、広報担当者にとってはすぐに実践できる内容が掲載されています。特に新人広報担当者には大変参考になる内容だらけで、広報担当者必読の一冊です。

広報をよく知らない経営者の方、広報の卵の方には是非読んでいただきたい本です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2AO4O82VI8J... |

戦略思考の広報マネジメント

優れた広報活動とは何か、また広報力を向上させるためには何をすべきかを8種類の視点から考察した一冊です。

日本企業の広報の強みと弱みを踏まえながら、8つにまとめた広報力を具体的に解説しています。また、大手企業の広報担当者へのインタビューも掲載されており、実際の広報の仕事内容を詳しく知ることができます。

日本広報学会賞「教育・実践貢献賞」を受賞している良著です。

なんの知識もなく広報やってと言われて何冊か本を読みましたがこの本は他のプレスリリース出して対応してっていう感じの本ではなく8つの要素だったり大企業の広報担当者のインタビューなども載っており広報の仕事内容が詳しく知れて満足でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3HI2GYVNDOV... |

管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類を把握しましょう!

広報・IRとは|管理・事務の広報・IR職に求められるスキルの種類10選
管理・事務の広報・IRには、以上のスキルの種類が求められることがわかりました。

どの種類のスキルも、広報・IRにとってとても大切なスキルです。

企業によって、広報・IRの仕事内容や責任の程度はことなりますが、どの企業でも、担当者の仕事は、会社の顔となる重要な仕事であることに変わりはありません。

管理・事務の広報・IRに求められるスキルの種類を理解し、スキルの種類10選を今後の業務に役立てていきましょう。

Related