Search

検索したいワードを入力してください

管理・事務の人事の仕事内容3つ|管理・事務におすすめの書籍5選

初回公開日:2019年10月01日

更新日:2019年10月01日

記載されている内容は2019年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

管理・事務の人事の仕事には、どのような種類の内容があるのかご存じでしょうか。人事という仕事に興味があるのなら、本記事でご紹介する管理・事務を理解できる書籍も参考にし、人事として行う仕事の種類などについて理解を深めていきましょう。

管理・事務の人事の仕事内容3つ|管理・事務におすすめの書籍5選

管理・事務とは?

業務の現場で行われる事務、オフィス部門で行われる事務、どちらの種類も管理・事務と呼ばれます。オフィス部門で行われる事務には、総務・人事・教育・広報・経理・財務などがあり、専門分野に特化した業務を担当します。

オフィス部門で行われる事務は、会社経営をバックアップする仕事だと理解しましょう。現場で行われる事務は、現場の人間をバックアップし、会社本体との橋渡しともいえる位置づけになります。

管理・事務の種類7つ

管理・事務に分類される事務分類を7つご紹介します。ここでご紹介する7つの分類を見れば、管理・事務のイメージが浮かびやすくなるでしょう。

各管理・事務の業務内容を理解し、自分が担当してみたい業務か、スキルが足りているかなど、照らし合わせてみると、その業種への適性も判断しやすくなります。

管理・事務の種類1:OA事務

OA事務は、OA機器と呼ばれるコンピュータやFAXなどを活用する事務職のことを呼びます。最近は1人1台パソコンを貸与する会社が増えており、誰もがパソコンを使うのが当たり前になったため「OA事務」を聞いたことがない人も多いでしょう。

求人の種類で「OA事務」と記載されている場合は、データ入力作業要員を指していることもあります。

管理・事務の種類2:営業事務

営業事務という管理・事務の種類は、本来営業担当が行うべき事務作業をオフィスにいる「営業事務」の人が変わって行うという仕事です。

営業担当者は、顧客訪問が大切な仕事であることから、社外にいることが多く、社内でしなければならない事務作業が後回しになりがちです。

営業担当者が外回りに注力できるように、営業事務の人が請求書などの書類作成、受発注データの入力、社内会議用資料の準備などの事務業務をサポートします。

管理・事務の種類3:経理事務

経理事務という管理・事務の種類は、帳簿仕訳、転記、会計ソフトへの入力、現金の出納管理などを行います。給与計算や年末調整なども重要な業務のひとつです。給与計算などは人事部門が担当するという業務割り振りも多く見られます。

給与計算時期、四半期・年度末などの期末処理など、繁忙期と閑散期が明確にわかれる管理・事務業務です。

管理・事務の種類4:人事事務

管理・事務業務の中の人事事務に分類される種類の業務は、人事部が担当する仕事の書類作成や手続き業務などを通してサポートする仕事です。人事部が担当する業務の種類として、採用、労務管理、給与支払いなどがあります。

人事部で扱う情報は、秘密情報が多く、情報開示日までは社内に対しても公にはできないため、管理・事務業務の中でも特に口の堅い人が求められる種類の業務です。

管理・事務の種類5:法務事務

法務事務という管理・事務の種類は、会社の活動に関わるすべての法律関係を把握し適切に対応することを求められます。

企業法務の仕事内容は業界・業種、規模などによって異なりますが、「契約・取引法務」「組織法務」「コンプライアンス法務」「紛争対応法務」という種類に分類されます。

法務担当者の指示に従い、各法務に応じた手続き書類を作成しなければならないため、作業の正確さが求められる仕事です。

管理・事務の種類6:貿易事務

貿易事務という管理・事務の種類は、事務の名称どおり「貿易」関連の事務仕事です。貿易に関わる輸出入には、煩雑な手続きが必要になります。作成しなければならない書類も多く、外国語能力を求められることも少なくありません。

貿易関連の業務では、輸出入の手続きを行い、それぞれの通関手配や通関書類作成、運送手配などが必要になります。

管理・事務の種類7:医療事務

医療事務という管理・事務の種類は、医療費の計算をしたり保険者に診療報酬を請求したりする仕事です。診療報酬の計算など事務室での作業だけでなく、来院した患者の応対や受付も業務のひとつです。

そのため、医療費の計算という事務スキルと患者に対する接遇スキルの双方が求められます。医療機関へ行ったときに、最初に応対してくれる人が医療事務の担当者です。

管理・事務の人事の仕事内容3つ

ここでは、管理・事務の中から「人事事務」を取り上げ、主な仕事内容3つをご紹介します。ご紹介する仕事以外にも、社内の異動に関する手続きや周知文の発行などもあり、人事事務担当者には秘密保持ができる堅い人材が求められます。

管理・事務のなかでも、人事事務を担当したいと考えている人は、「事務処理のスキル」という観点と、「人事向きの資質」という観点から、自分が各仕事内容に適性があるか確認してみましょう。

管理・事務の人事の仕事内容1:入社手続き

管理・事務の人事の仕事は、入社・退職という、会社へ所属する最初にも最後にも関わる仕事です。どちらも手続きが多く、本人が提出する書類の種類も複数あるので、手続きまでの準備とスケジュール管理が不可欠です。

入社時は、労働基準法や、雇用保険や健康保険などに関係した手続きが必要になります。入社する社員から提出を受ける書類の種類には、「卒業証明書」「成績証明書」「入社誓約書」「身元保証書」などがあります。

管理・事務の人事の仕事内容2:退職手続き

社員が退職するときは、会社として従業員に貸与しているという形式をとっているものを、人事として回収しなければなりません。退職日にきちんと持参するよう、通知文などで周知しておく必要があります。

【本人から回収する書類の種類】
・健康保険証(本人および扶養親族の分)
・社員証
・社外秘資料
・制服・パソコンなど

管理・事務の人事の仕事内容3:給与計算・支払い

人事の仕事の種類として、入退職手続きのほかに給与計算とその支払いもメイン業務のひとつになります。給与計算に必要な残業時間情報などを収集し、月締め処理に間に合わせなければなりません。

近年は、業務エリアへの入退出管理で勤務時間を管理している会社が多いものの、それでも月締めで勤務時間の修正や補正を自己申告で行います。きちんと勤務時間の修正・補正期限を守らせることも人事の仕事になります。

勤怠・賃金・個人情報の収集と変更

人事の給与関係の業務の種類のひとつに「勤怠・賃金・個人情報の収集と変更」があります。タイムカードや入退出記録などから収集した、勤務時間を実働に合わせて修正するよう依頼したり、管理するのも人事の仕事です。

給与振込先が変わるなどの個人情報の変更情報を収集し、給与計算処理に合わせて変更反映させるのも人事が担う仕事の種類です。

支給額の計算

従業員から収集した勤務時間や勤務時間帯に応じて、給与計算を行い、税額など控除した支給額を算出することも、人事の給与計算業務の中にある仕事の種類になります。

支給額合計、税金、税金控除後の給与口座振込額などの計算は、すべて一括して人事として行う種類の仕事です。

給料明細書などの作成

給与関連の金額をすべて算出したら、従業員に手渡すための給料明細書を作成します。給料明細書の作成作業も、人事部門の給与担当者が行う種類の仕事です。

多くの企業が、給与計算から明細書の出力まで行える給与計算システムを導入し、電子管理しています。統合したシステムを導入していない企業では、給与計算と明細書印刷が別システムになっている場合もあるので、データを連携させる仕事を人事が担うこともあります。

給与の振込み

給与の振り込みも人事部門の業務です。給与計算システムの中で、銀行への振り込み指示まで行える場合もあります。大きな会社でない場合は、人事担当者が振り込み指示をする場合もあります。

人事がしなければならない仕事の種類が多すぎる場合は、統合した人事管理システムの導入を検討することになります。

社会保険料や税金の納付

社会保険料や税金は、企業負担分とあわせて、毎月末までに企業が払い込む必要があります。複数種類の税金はそれぞれ、毎月の給与計算の中で算出される額に応じ、人事担当者が払い込みを行います。口座振替で納付することも可能です。

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍5選

ここでは、管理・事務業務を習得したい人におすすめの5冊をご紹介します。広く業務全体を知ることができる「導入書」として位置づけられる書籍も、効率化を突き詰めるための書籍も含まれているので、ご自身の求める種類の書籍を手に入れましょう。

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍1:小さな会社の経理・人事・総務がぜんぶ自分でできる

本書では、中小企業の管理・事務処理全般に関する手続きが解説されています。管理・事務業務に携わる人への導入書という位置づけで、管理・事務業務の概要と具体的な手続きを図解を交えて解説されているので、理解しやすいでしょう。

各業務の詳細な実行スケジュールも掲載されているので、これから携わる管理・事務業務のスケジュール感もわかります。各種書類の書き方のポイントも丁寧に解説されています。

自分のような初心者にはわかりやすかったです。
でもこれからもっと先のことを学ぶとなるとこれだけでは足りないのかなと感じます。

出典: https://amzn.to/30Vo8I8 |

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍2:小さな会社の事務がなんでもこなせる

大企業と異なり、小さな会社では、管理・事務と名のつく仕事をすべて、ひとりあるいは数名のスタッフでこなすことになります。その前提で、本書では、総務・経理・人事・労務・法務といったあらゆる管理・事務のコツと知識を網羅して解説されています。

「管理・事務」業務の内容を知りたいという人におすすめの1冊です。広い分野にわたり扱っている分、深くはないので、深い知識を必要とする場合は不向きです。

入門書として評価出来ます。
深く知識を得ようと思った場合、もう少し専門的な内容の書籍が必要かもしれません。
(※特に法務関係の内容についてそう思います。)
労務関係の知識、債権法や手形小切手法の知識、簿記の知識、社会人としてのマナー、最低限必要とされる知識が記載されています。
読む側を考えた頁の構成、読みやすさと本の内容は、評価できると思います。
入門書として読み、それ以上の深い知識を得るために専門書で学ぶか、授業料を払ってでも誰かに教えてもらうか、
読んだ後に考えれば良いのではないでしょうか?

出典: https://amzn.to/2JRHkAR |

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍3:「事務ミスゼロ」の仕事術 とにかく簡単!ミスをとことん防ぐ50の小ワザ

本書は、総務・経理・人事などの事務職の人から、営業、企画・開発、経営者、フリーランスの人、すべてのビジネスパーソンに役立つおすすめの1冊です。

紹介されている小ワザは、どれもすぐ実行に移せます。「朝ダンドリの習慣」「机上整理」「集中タイムを作る」といったビジネスの基本から、「ミス日記をつける」「聞き耳を立てる」というすぐできるけれど気づかなかったワンポイントまで、楽しく解説されています。

明日にも試したいアイデアがあり、実践的に活用できる内容が書かれています。
本に付箋を貼って活用しています。

出典: https://amzn.to/32Mjvlg |

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍4:もっと仕事をラクにしたい人のための 最強のデスクワーク術

「スーパー事務員」として知られる著者が明かす「デスクワーク効率化ワザ」いわば、事務処理のノウハウ本です。

「机のレイアウト」「ファイリング」「文房具」といった自己管理に近い部分から、管理・事務全体としての「書類フォーマット」などまで記載されています。

少しの工夫で仕事の効率を2倍にも3倍にもできる「気づき」を提示してくれている本なので、きっとあなたのお役にも立つことでしょう。

事務中心の仕事ですので、
本書に書かれてる各種テクニック、ノウハウは
非常に役立ちます。職場の同僚にも紹介し、購入を勧めました。

「自分も同じことをしているけどね。」というものもありましたが
それを言うと見栄っ張りと思われてしまいそうですので
ここには書きません。(書いてるか?苦笑)

出典: https://amzn.to/30S95Pb |

管理・事務を学びたい人におすすめの書籍5:テンプレート仕事術―日常業務の75%を自動化する(作者: 信太明)

ルーチンワークをテンプレート化して、効率的に仕事を進めたいと考える人は少なくありませんが、テンプレート化に成功する人はそれほど多くはありません。

本書では、そんな「テンプレート化構想」に失敗したことのある人でも再挑戦できるような、テンプレート化のポイント・ノウハウを解説してくれます。

実践的なノウハウが提示されているので、ポイントをつかんだらすぐにテンプレート化に進んでみましょう。

テンプレートを作ると仕事が効率化することはイメージで分かっていたのですが、How toが分からずに今までテンプレート化に消極的でしたが、この本のお陰でテンプレート化が効率よく進められました。

出典: https://amzn.to/2JREQCx |

管理・事務の人事について知識を深めよう

管理・事務には複数種類の事務分野があります。管理・事務の中でも人事事務に興味があるという場合は、まず人事業務の内容を確認してみましょう。

人事の業務内容を理解したうえで、ほかの種類の仕事よりも魅力的に感じたら、業務を効率よく進めるノウハウにも目を通してみましょう。

希望が叶って人事部門へ配属されたときに、積極的に戦力となれるよう、ノウハウやスキルはあらかじめ身につけておいても損にはなりません。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related