Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月03日

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選

管理・事務の知財部門の具体的な業務内容とは、自社の知的財産権を守り、他社の知的財産権を侵害しないことです。知財業務では特許権・商標権・著作権・実用新案権などの権利を申請するため、専門的な知識が必要となります。知財部門に求められるスキルについて解説します。

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選

知財とは

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
知財とは、知的財産のことです。特許権・商標権・著作権・実用新案権など、さまざまな権利のこと位置づけられています。また、企業にとっては、開発した製品などを権利化することです。

知的財産権は大きく二つに分けることができます。「知的創造物についての権利」と「営業上の標識についての権利」です。特許権・実用新案権・商標権などは「絶対的独占権」、著作権や商号などは「相対的独占権」といわれています。

知財部の具体的な業務内容

知財部の具体的な業務内容とは、自社の知的財産権を守り、他社の知的財産権を侵害しないことです。

企業で知財業務を行う際には、特許権・商標権・著作権・実用新案権など申請したい権利について、法律と照らし合わせながら手続きをしなければなりません。

知財部は、自社の知的財産権を守ることだけではなく、他社の知的財産権を侵害しないことも大切な業務のひとつです。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門では、知財についての知識があることが求められます。専門的な知識や、調査・分析を行うスキルも必要です。また、特許を申請する際には書類の作成を行ったり、訴訟に対応するためのスキルも求められます。

語学力やコミュニケーション能力など、管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類についてご説明します。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類1:知財についての知識

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の1つ目は、知財の種類についての知識があることです。管理・事務の知財部門を担当する場合には、特許についての業務を中心の行うため知財についての知識があることが大切です。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類2:書類作成スキル

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の2つ目は、書類作成スキルです。知財部門では特許を申請するための書類や、そのほかにもさまざまな書類作成を行います。

企業の知的財産権を守るために特許を申請するための書類作成は、知財部門の最も重要な仕事です。書類作成のスキルは基本であるとともに、求められるスキルのひとつです。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類3:専門知識

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の3つ目は、専門知識があることです。知財部門では、特許を出願するために専門分野の技術を理解する必要があります。特許を出願するための書類には、申請したい技術を的確に表現して説明するため専門知識を学ぶことが大切です。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類4:調査や分析能力

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の4つ目は、調査や分析能力スキルです。知財部門では特許を申請するために必要な調査を行う必要があります。

特許を申請する技術が企業に対してどのような利益をもたらすか、調査や分析を行います。また他社の特許を利用したい場合にも、さまざまな調査を行ったうえで分析を行い総合的に判断をする必要があります。そのため、調査や分析能力というスキルが求められます。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類5:ライセンス契約交渉のためのスキル

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の5つ目は、ライセンス契約交渉のためのスキルです。知財部門のメインの業務として、ライセンス契約を行います。

自社の技術を他社に提供したり、他社の技術を自社で利用したりする場合にはライセンス契約を結ぶ必要があります。そのため、ライセンス契約交渉を円滑に行うことが可能なことは管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類のひとつとして重要です。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類6:訴訟に対応可能な知識

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の6つ目は、訴訟に対応可能な知識があることです。知財部門では、自社の知的財産権を守り、他社の知的財産権を侵害しないことが業務のメインです。

自社の知的財産権を守る場合だけではなく、他社の知的財産権を侵害していると訴えられた場合には、訴訟に対応する必要があります。訴訟に対応するためには、豊富な知識や経験が必要だと言えるでしょう。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類7:コミュニケーション能力

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の7つ目は、コミュニケーション能力です。知財部門は専門的な分野を担当しますが、自社だけではなく他社とも関わる部門のため、コミュニケーション能力を求められます。

電話対応や来客の対応を行う場合もあるため、円滑なコミュニケーションを取ることは大切なスキルの種類のひとつです。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類8: 協調性

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の8つ目は、協調性があることです。知財部門の業務内容は、個人で作業を進めることが多いです。しかし、自社の権利を主張したり、取引先に対しての対応を行う場合にはチームとしての協調性が必要です。

自社の利益を守り、他社の利益を損なわないという関係からも、人と人との関わり方も知財部門を担当する際に重要なスキルの種類のひとつです。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類9: 発言力

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の9つ目は、発言力があることです。知財部門では特許や商標の申請だけではなく、開発者の意向を尊重しながら業務を進める必要があります。

開発者の意向を尊重しながら権利の取得を目指したり、権利の取得を行うために企画や発案を行うこともあるため、求められるスキルの種類として発言力は大切です。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10:語学力

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類の10こ目は、語学力があることです。知財部門を担当する際には、海外の企業を対応しなければならないこともあります。

ビジネスに必要な語力だけではなく、コミュニケーションを円滑にするためにも求められるスキルの種類として、相応の語学力が必要です。

管理・事務の知財部門に求められるスキルを学ぼう!おすすめの書籍5冊

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門に求められるスキルを学ぶために、おすすめの書籍を5冊ご紹介します。知財部門に必要な基本的な知識から、実務について書籍で学んでスキルを高めましょう。

はじめての著作権法

管理・事務の知財部門では、著作権に関わる業務を行うことがあります。まずは、著作権法についての知識を深めるためにおすすめの本です。知財部門ではさまざまな特許の申請を行います。著作権もコンテンツや商品の開発に関わる権利のひとつです。

著作権侵害はトラブルになる可能性が高いため、知財部門に必要な著作権法について学んでスキルを高めましょう。

法律の解説は読んでると堅苦しくなりますが、絶妙なタイミングで箸休めのコメントが印象的でした。
楽しく読書ができ、買って良かった一冊です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1QS3L1XS6Q3... |

知的財産戦略

管理・事務の知財部門では知的財産を活用して、企業に利益をもたらす方法を考える必要があります。そのため、知的財産戦略について学んでスキルアップすることが大切です。この本は、研究開発と知的財産を連携させて活用するための戦略について学ぶことができます。

企業が研究、開発した技術を知的財産としてどのように生かしていくのかを学ぶことで、知財部門を担当するためのスキルアップを目指しましょう。

事業戦略を知的財産をかんがえずにたててる経営者、コンサルタントにぜひ読んでほしいです。知的財産の理解なしには、明日の経営はなりたたないはずです!
また知的財産、研究部門のひとには、事業戦略の理解をうながす素晴らしい一冊

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2SOPK9BRHNL... |

事業をサポートする 知的財産実務マニュアル

この本は、知財部門を担当する新人社員を主人公としたストーリー仕立てになっていて、知財部門としての実務についてわかりやすく解説しています。知財部門の担当として実際に実務を行う際に必要な知識を学ぶことができます。

管理・事務の知財部門では、さまざまな知識が必要となります。実務を行う場合には、知識を生かして対応する必要があるため、この本で仕事の進め方を学んでみましょう。

特許だけでなく、知財全般のことが結構詳しく書かれていて、コスパは高いと思います。
マンガやイラストもあってわりととっつきやすいですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2ZSXCT6XOBJ... |

応用自在!契約書作成のテクニック

管理・事務の知財部門では、さまざまな書類を作成します。この本では、実際に契約書を作成する際に想定されるパターンをわかりやすく解説しています。契約書を作成するときのポイントや、注意すべき点についても解説されています。

知財部門としての契約書作成のテクニックだけではなく、契約書の基本から賃金や労働に関する契約についても学ぶことができます。

特許明細書の書き方

この本は、知財部門で多く扱う可能性のある、特許明細書の書き方を学ぶことができます。特許法の改正にも対応した内容や、判決例についての説明も書かれています。外国出願のための特許明細書の書き方や、特許明細書を書く前の段階のプロセスも解説されています。

管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類を把握しましょう!

知財とは|管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類10選
管理・事務の知財部門に求められるスキルの種類は、専門的な知識から、コミュニケーション能力までさまざまな種類が必要です。

求められるスキルの種類を把握して、学びを深めて管理・事務の知財部門の担当を目指してみましょう。

Related