Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選

資格を得ることができれば、マーケティング業務は滞りなく進めることができるでしょう。ではマーケティングに必要な資格とは、どんなものなのでしょうか。数ある資格の中から、特にマーケティングに必要な資格と、資格取得に役に立つ書籍を紹介します。

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選

マーケティング職の業務内容

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選
マーケティング職の業務は、良い商品を適正価格で適切な方法で販売することです。

顧客にとって良い商品を作り、顧客にとって適正な価格で、適切な方法で販売するのが、マーケティング職の使命と言えるでしょう。

使命を達成するには、顧客について把握する必要があります。そして顧客が求めていることを追求するのが、マーケティング職の仕事です。

マーケティング職に必要な資格10選!

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選
マーケティング職に、必要となる資格を10個紹介します。

資格を取得できれば、マーケティングについての理解も深まるでしょう。顧客からの信頼を得ることにも繋がるので、結果を出すこともできます。

マーケティングの基礎が身につく資格から、応用が身につく資格まで揃えたので、参考にしてみて下さい。

マーケティング職に必要な資格1:マーケティングビジネス実務検定

マーケティング全般の実務知識を得るのならば、マーケティングビジネス実務検定です。

マーケティングビジネス実務検定は、国際実務マーケティング協会が主催している検定試験です。マーケティングに関する知識全般が問われる内容で、難易度によって、A級・B級・C級と分かれています。

合格率は公表されていませんが、難易度が低いとされているC級で60%です。

マーケティング職に必要な資格2:ネットマーケティング検定

ウェブマーケティングに関する知識を得るのならば、ネットマーケティング検定です。

基本的には企業のウェブ担当者に向けて、インターネットマーケティングの基本知識をはかる試験です。ただ個人でも受けることは可能なので、興味があれば受けてみてはいかがでしょうか。

なお検定試験の難易度は、62.9%です。もしネットマーケティングに従事している人なら、難なく受かることができるでしょう。

マーケティング職に必要な資格3:Webアナリスト検定

デジタルマーケティングに関する知識を身につけるのなら、Webアナリスト検定はおすすめです。

一般財団法人日本Web協会(JWA)が主催しており、googleアナリティクス分析を中心に出題されます。googleアナリティクス分析とは、google社が提供しているwebページアクセス解析ツールです。

合格率は公式的には公表されていませんが、テスト内容は難しくはありません。

マーケティング職に必要な資格4:データ解析士

ビッグデータを読み解き、分析や予測を立てる能力を身につけるのなら、データ解析士です。

データ解析士は、一般財団法人実務教育研究所が主催の資格試験です。申し込むと、まずは課題に取り掛かり、課題が終わったら自宅で認定試験を受けることになります。

データ解析士試験の合格率は発表されていませんが、難易度は中程度と見て良いでしょう。

マーケティング職に必要な資格5:ウェブ解析士

ネット上にあるデータを読み解きマーケティングに活かしたいのなら、ウェブ解析士の資格です。

ウェブ解析士一般財団法人ウェブ解析士協会が主催しており、難易度によって初級・上級・マスターの3段階に分かれています。

合格率は初級ウェブ解析士なら74%と簡単に得られますが、マスターウェブ解析士となると、合格率は57.2%の狭き門です。

マーケティング職に必要な資格6:IMA検定

ネットマーケティングの実務レベルをはかりたいのなら、IMA(Internet Marketing Analyst)検定の資格です。

クラウドマネージメント協会が主催している検定試験で、難易度によってStandardとProfessionalの2種類に分かれています。アクセス解析をもとにして改善策をレポート作成して実行することを重点的に置かれており、かなり実践的と言えるでしょう。

マーケティング職に必要な資格7:ネットショップ検定

ネットショップに関する知識を身につけるのなら、ネットショップ検定の資格です。

ネットショップに関する知識だけでなく、ネットショップで結果を残すための実務能力も問われます。一見するとマーケティングと無関係の資格に見えますが、取得して損はないでしょう。

ネットショップ検定の合格率は公表されていませんが、難易度は高くなく、手頃に取得できます。

マーケティング職に必要な資格8:Webライティング能力検定

Webライティング能力検定は、一般社団法人Webライティング協会が主催している資格試験です。

ライティング能力をはかる試験で、一見するとマーケティングと関係ないように見えます。しかしSEO対策に関する知識も問われるので、取得して損はない資格と言えるでしょう。

難易度は高く、合格率は50%を切っています。ただしっかりと勉強すれば、合格率50%以下でも怯むことはありません。

マーケティング職に必要な資格9:中小企業診断士

中小企業診断士は、マーケティング職にとって強みになる資格です。

企業の存亡は、マーケティングに全てかかっていると言っても、過言ではありません。市場動向やライバル会社の動きはもちろん、企業経営についても把握する必要があります。企業経営を把握するには、中小企業診断士の資格は助けになってくれるでしょう。

また中小企業診断士の資格は、キャリアアップにも一役買ってくれます。

マーケティング職に必要な資格10:MBA

MBAは、「Master of Business Administration」の略称です。経営学修士号、経営管理修士号とも呼ばれています。

MBAは国家資格のイメージがあるとおもいますが、実際は経営学の大学院修士課程を修了すると、授与される学位です。MBAの取得を目指すのなら、ビジネススクールや通信教育で得るしかありません。

取得が難しいMBAですが、得ることができれば心強い味方となってくれるでしょう。

マーケティング職に必要な資格について学ぶ!書籍5選!

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選
マーケティングに必要な資格取得に繋がるセミナーは、毎日のように開催されています。

しかしセミナーに参加するにしても、ある程度の知識は蓄えておいた方が有利です。また難易度が高い資格となると、セミナーだけで補うのに限界はあります。

マーケティングについて書かれている書籍の中から、おすすめを5冊紹介します。

マーケティングビジネス実務検定~ベーシック版テキスト~

マーケティングビジネス実務検定の受験を考えているのなら、「マーケティングビジネス実務検定ベーシック版テキスト」は、手に入れておきましょう。

国際実務マーケティング協会が編集している公式テキストで、テストは基本的に公式テキストから出題されます。マーケティングの基礎が凝縮されており、読み込むだけでも理解度は高まるでしょう。

検定合格を確実にしたいのならば、公式問題集と一緒に勉強することをおすすめします。

ネットマーケティング検定 公式テキスト

ネットマーケティング検定の受験を考えているのなら、公式テキストは手にしておきましょう。

内容はネット広告が中心ですが、マーケティングについての知識も学べます。1回分の過去問題も掲載されており、実践的な勉強ができるのが強みです。検定対策としては、基本的に公式テキスト1冊あれば十分でしょう。

もし公式テキスト1冊だけでは心もとないのなら、問題集も合わせて手にしてみてはいかがでしょうか。

Webアナリスト検定 公式テキスト

Webアナリスト検定のテスト内容は、公式テキストの文章を穴埋めする形で出題されるので、公式テキストは必携です。

ただしテストには計算問題も出題されるので、公式テキスト内容を暗記するだけでなく、内容も理解しておく必要があります。

さらに合格を確実のものにするのなら、メールで配布される試験問題集も抑えておきましょう。

ウェブ解析士認定試験公式テキスト

ウェブ解析士認定試験は基本的に、公式テストから出題されます。

各章ごとに演習問題が掲載されているので、理解度を確認することが可能です。ネックになっているのが値段の高さですが、ネットマーケティングについて学んでおきたいのなら、必携の1冊と言えるでしょう。

なおテキストだけで不安に感じるのなら、問題集も一緒に手にすることをおすすめします。

昨日届いたので、ページをめくりながらざっくり眺めてみたところの感想です。
ファーストインプレッションはこれまでと比べてページ数が増えて分厚く、情報量も格段にアップ。内容面では、これまではどちらかというと「資格を取るための教科書」という枠内に収まっていたものがそこから一歩外へ出てきたという感じを受けます

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E8%A... |

ドリルを売るには穴を売れ

これからマーケティングの資格を得るのなら、最初に「ドリルを売るには穴を売れ」を読んでおくことをおすすめします。

本書を読んだからとは言え、直接資格に結びつく訳ではありません。しかし、何も知らないまま資格取得を目指すのは、あまりにも無謀過ぎます。そこで事前に、マーケティングの基礎知識を身に着けておきましょう。

「ドリルを売るには穴を売れ」は、マーケティングの入門書としてオススメの1冊です。

事業を始める上での基礎中の基礎としてオススメされていたので買ってみました。
当たり前のことだけれど、まったくわかっていなかったと実感。店を出す前に、この本に出会えてよかった。
特に職人気質の強い方・知識がまったくない方には、この本ぜひ読んでみてほしいと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%8... |

マーケティング職に必要な資格を取得しましょう!

マーケティング職に必要な資格10選|資格について学ぶ書籍5選
今回は、マーケティング職に必要な資格について取り上げましたが、いかがでしたでしょうか。

紹介した資格の中には取得が難しいものも含まれていますが、難易度が高くない資格もあります。まずはできる範囲内だけで良いので、難易度が高くない資格から挑戦してみて下さい。

Related