Search

検索したいワードを入力してください

20代における税理士の年収とキャリアその背景|未経験者採用ポイント5つ

初回公開日:2019年10月01日

更新日:2019年10月01日

記載されている内容は2019年10月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんこんにちは、今回は「20代における税理士の年収とキャリアその背景|未経験者採用ポイント5つ」と題して、「20代における税理士の年収とキャリアその背景」をメインに取り上げ、その際に注目される未経験者採用ポイント5つをご紹介します。ぜひご参考にして下さい。

20代における税理士の年収とキャリアその背景|未経験者採用ポイント5つ

税理士

税理士というのは、基本的に「国税庁公認において税理士関連の職務に従事する法人」を意味し、税理士業務に関連してなされる記帳代行や会計業務、また税理士業務を円滑に進めるためのスケジュール調整を含め、主に税理担当の社員を指します。

税理士は、一般に税理士事務所がする税務に関しての相談・申告書など作成をはじめ、対税務署に対する手続きの代理代行などがメインの業務に課されます。

20代税理士

20代で税理士になる際にはまず「税理士資格」を取得することを踏まえ、それなりの下準備が必要になるため、かなり速い時期からのキャリアアップが必要になるでしょう。

税理士のキャリアを図る上では基本的に「実務キャリアのストック」がどうしても必要になる場合が多く、その場合、20代ではそのキャリア形成が不十分であることがほとんどです。そのため、自己スキルを引き上げることが大切で、そのための努力が強いられます。

税理士の平均年収と他の職業との違い

まず税理士の平均年収ですが、これは一般的に「400~500万円程度」とされており、たとえば30代40代の平均年収と比べると、50万円から200万円程度の高低が見られることになります。

基本的に税理士は公務員発信の仕事でもあるため、安定した将来像が望めますが、この場合でも男性・女性の税理士業務によって年収の格差が見られ、さらに20代となるとそのキャリアの積み重ねによる優遇も変わります。

20代における税理士の年収とキャリアその背景

さてここからは「20代における税理士の年収とキャリアその背景」と題して、20代で税理士になるためのキャリア形成についてと、その場合のキャリアに見られる背景について具体的にご紹介していきます。

20代で税理士になるためには先述のように「実務キャリア」のストックと活用が必須となるため、高収入を得るためにもまずが確実な自己分析を踏まえ、その能力を発揮できる分野の確保が大切です。

会計事務所の規模と給料の関係

まずはやはり会計事務所の規模が大きい事業所に勤めることが大切で、その場合でもスタッフが50名から100名程度は働いている状況が理想的です。

この場合でも実務キャリアのストックにより優遇度合いが大きく変わり、20代で安定した税理士事業に就く際には、キャリア形成への努力が必要です。

スタッフが50名以上であれば大手中小企業とされ給与は800万円程度、大手企業では1,000万円以上の給与も期待できます。

進む会計事務所の大型化と税理士採用ニーズの高まり

税理士は基本的に会計事務所で働く事・そこでの支援サポート的な業務に就く事が課されるため、先述のように「大規模事業所」で働く事が重要な土台になります。

税理士はその会計事務所でもかなり役職ニーズが高く、給与の面でも優遇されることが多いため、大型化をねらっている事業所での就労をまず期待し、目指すことが大切になるでしょう。20代であれば将来性も約束されるため、この場合のキャリア形成も大切です。

税理士採用ニーズの高まり:若手の税理士や税理士受験生が減っている

20代の若手税理士であれば「将来性の確約」もあり、どの事業所でも確実に採用雇用が見られがちですが、実際には20代30代の若手税理士の採用が減っている状態にあります。

これは主に「税理士試験を受ける人・税理士になりたいとする若者」が減少している世情背景が見られるためで、もし20代で実務キャリアを持ち、その上で税理士として働きたいという場合であれば、すぐにでもポストが約束される世情にあるでしょう。

税理士採用ニーズの高まり:高まる20代・30代若手人材の市場価値

先述のように「20代30代の若手税理士が減少している」という世情にあるため、もし20代で税理士になりたいとする若者が現れれば、企業側はその求職者を即採用の形で雇う傾向があるでしょう。

つまり「若手税理士が少ないからその市場価値は高まる」という形になっており、実務キャリア・キャリア形成をしっかりした上で将来的な勤続を確約できるようであれば、その求職者が採用されるのは当たり前のことになります。

税理士への転職は何歳までが目安?

税理士になる年齢の目安として、従来最も有力説としてあったのは「35歳まで」という基準でした。しかしこの年齢帰順も年々変わってきており、いくつでも税理士になるための(勤続するための)実力があれば就職・転職可能という傾向が備わってきました。

そのため20代で税理士になりたい場合でも40代で税理士になりたい場合でも、その実務キャリア・キャリア形成がしっかりできていれば問題ではありません。

未経験での転職を歓迎される年齢は20歳代まで

先述では「税理士になる場合の年齢制限」は柔軟になってきたとご紹介しましたが、それは実務キャリアがある場合のお話で、もし税理士関連の職務が未経験の場合であれば、その優遇される年齢はやはり「20代まで」とされる傾向にあります。

これはひとえに「将来性の確約・勤続することがメイン」とされる雇用形態・制度に見られ、未経験でも実務キャリアを積み上げることで成長できる事に期待された歓迎の形となります。

未経験者が採用されるために覚えておくべきポイント5つ

ここからは「未経験者が採用されるために覚えておくべきポイント5つ」と題して、20代・未経験で税理士に就く場合に押さえておくべきポイントを5つの形でご紹介していきます。

未経験者の場合は実務キャリアが1からの積み重ねとなるため、どうしても経験者よりも優遇されるケースが少なくなります。だからこそのステップアップを図れる準備が必要であり、そのためのキャリア形成をしっかりできる下準備をしておきましょう。

未経験者が採用されるポイント1:税理士試験には1~2科目は合格しておく

税理士試験では一般的に、「必修科目(簿記論、財務諸表論)、選択必修科目(法人税、所得税)、選択科目(相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、事業税又は住民税、固定資産税)」などが課されます。

これらの試験科目の内せめて1~2科目は合格しておき、それを実務キャリアの代わりとすることが勧められるでしょう。これはいわゆる資格・学歴の類に含まれる信用の土台となるため、未経験者にとっては必須の課題です。

未経験者が採用されるポイント2:転職理由は明確にする

転職する際には必ず「前職を辞めた理由を明確にしておくこと」が大切で、その理由を第三者(この場合は企業側)へ納得してもらえるよう仕上げておくことが大切です。

前職の転職理由があいまいであれば、「次に転職した場合も同じような理由でまた辞める・転職するだろう」との予測が立てられ、簡単に不採用の理由にさせられることがあります。

未経験者が採用されるポイント3:税務に関するアルバイトを経験しておく

アルバイト経験による有利な立場の確保になりますが、この場合も「アルバイト経験」は実務キャリアのストックの代わりとなり、少しでも「税理士の職務を経験した事」へのキャリアに置き換えることができます。

税理士関連の職種を何も経験していないよりはいくらか前進しているといった具合になり、20代でも30代でも、このようなちょっとした経験を大事にすることは採用への近道を見付けることになります。

未経験者が採用されるポイント4:社会人経験がある方が優遇される場合も

社会人経験をしている事は、ビジネス上での大きな前進につながることが多々あります。それは「社会でも一度は揉まれた」というビジネス上での自信につながる部分もあり、その求職者にとっての人間性への信頼につなげられる場合があるためです。

社会に出て何らかの実務訓練・実務キャリアのストックがあれば、税理士に就く場合に、たとえ別の職種への従事であってもその職務が学際的に流用される可能性があります。

未経験者が採用されるポイント5:年齢は若いほうが望ましい

これはすべての職務に就く場合に言われることですが、やはり将来性の確約ができる以上、壮年層よりも若手のほうが好まれる傾向がどうしても見られます。

特に未経験者の場合では、「これから実務キャリアを積んでいって成長する事」が前提となるため、その成長期間を想定する場合でも若いほうが都合が良く、その点で若手(20代から30代前半まで)が優遇されるチャンスが広がるでしょう。

目標年収に応じたキャリアパスを考えておくことが重要

働く上では必ず「報酬」を目当てにした働き方・ビジネスプランを設計しておくことが大切です。その報酬はもちろん給与のことで、給与を引き上げるためにも実務キャリアの積み重ねをしておき、それまでの職務で培った能力を次の職先で生かす努力が必要です。

この積み重ねによって、未経験者の場合でも「転職先での新たな成長が飛躍的に可能になる」という二次的な自己発展につながり、企業側にとっても嬉しい展開になるでしょう。

20代税理士のキャリアについて理解を深めよう!

いかがでしたか。今回は「20代における税理士の年収とキャリアその背景|未経験者採用ポイント5つ」と題して、「20代における税理士の年収とキャリアその背景」をメインに取り上げ、その際に注目される未経験者採用ポイント5つをご紹介しました。

20代で税理士に就職する場合には、まず実務キャリアのストックと、学歴・資格などの充実が必要となり、その後のキャリアプランではキャリアパスの併用が効果的となります。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related